カリナビ

お金を借りたい人必見!お金借りる方法情報サイト

カリナビTOP | 一本化 | 審査基準
お気に入りに追加

お金を借りる方法

一口にお金を借りると言っても、方法はさまざまです。誰から借りるのか、どこでかりるのか、それぞれメリットデメリットがあります。借りたい金額や自分の現状などを考慮して、借りやすい方法を見つけましょう。ここでは、親や家族、親戚からお金を借りる方法や、友達に頼んでみる方法、恋人や知人からお金を借りられるかなど、気になる情報をまとめてあります。

銀行でお金を借りる方法

銀行でお金を借りるためには、審査に通過した上で返済の意思があることを分かってもらう必要があります。銀行はお金を借りたい人をしっかり審査をする、借りたい人は銀行に対してきっちり利息を払う、一番確実なお金を借りる方法です。
銀行からお金を借りると聞くと、住宅ローンやマイカーローンなどの多額の融資を想像しがちです。しかし、急な出費や生活費の足しに使える、使用目的が自由なカードローンというものもあります。カードローンはインターネット上から申し込みをすることもできますし、条件さえ合えば最短でその日のうちに現金を借りられます。
一見便利な銀行カードローンですが、しっかりとしたお金の貸し借りの契約を結ぶことになるので、いくつかの条件があります。年齢や住所はもちろん、現在の職業や年収を詳しく聞かれます。必要な書類も多いため、早くお金を借りたいのであれば事前に銀行の審査基準を知っておく必要があります。

消費者金融からお金を借りる方法

サラ金とは消費者金融のことを指します。アコムやアイフル等の会社が有名で、銀行に比べてお金が借りやすいことが特徴です。もちろん審査はありますが、勤め先や収入がある程度しっかりしていればそう難しい内容ではないと言われています。消費者金融から借金すると聞くと後ろめたいことだと思いがちですが、そんなことはありません。利用している人はたくさんいますし、返済をしっかりしていれば何も問題ありません。
消費者金融からお金を借りる方法は簡単です。銀行のカードローンと同様でインターネット上から24時間365日受け付けています。しかし銀行との一番の違いは審査の早さです。最短30分で審査が終了し、即日振り込みも可能なのが消費者金融の特徴です。とにかく今すぐにお金を借りたい人向けです。
そんな便利な消費者金融ですが、審査の為に必要な書類やお金を借りるための条件などを予めチェックしておきましょう。

市役所でお金を借りる方法

本当にお金に困っていて最低限の生活すら危ういという場合は、市役所でお金を借りることができます。社会福祉協議会の職員と面談をして、将来的に返せる見込みがあると判断されれば現金を借入することができます。
これは生活福祉資金貸付制度と呼ばれるもので、生活を立て直す目的や教育の為に必要などのはっきりとした理由があれば利用できます。例えば、就職をすれば返済ができるが、就職活動をするためのお金がない時といった緊急事態の際にこの制度を活用します。市役所なので、市民の生活を保護することを目的とし、決して営利目的ではない所がポイントです。条件を満たし、連帯保証人がいれば無利子でお金を借りることができます。
しかし、生活福祉資金貸付制度を利用するための条件はかなり細かく定められています。現在すでに借金がある場合は利用できるのか、生活保護と併用できるのか、またどんな審査が行われるのか等、知っておきたい情報は数多くあります。

※市役所でお金借りるときの詳細

キャッシングで現金を借りる方法

現在クレジットカードを持っている方であれば、キャッシングを使ってお金を借りることが可能です。キャッシングとはコンビニや銀行のATMから手軽にお金を借りる方法です。キャッシングはクレジットカードの利用実績などに応じて、あらかじめ利用枠というものが設定されています。その利用枠以内の借り入れであれば、審査が不要で今すぐにお金が借りられます。
キャッシングは返済方法が一括払いに限定されていることが多く、急な出費であるが翌月には全額返せるといった一時的な借金の時に便利です。
これからキャッシングでお金を借りたい場合には、キャッシングカードを発行してもらう必要があります。これには当然審査が必須であり、会社によっても金利や利用枠がバラバラです。審査にもいくつかの条件があるので、借りたいお金の総額で会社を選ぶのが良いでしょう。そうなると、審査条件や申込方法などが気になるところです。

国からお金を借りるには?

家族も知人も頼れない。金融機関も断られた。そんな時に頼れるのは国です。国や市町村では、どんな制度があっていくらくらいお金を借りることができるのでしょうか。困ったときに活用したい制度から国の教育ローンを使う方法まで、国からお金を借りる方法をまとめました。

国の教育ローン

日本政策金融公庫には「教育一般貸付」と呼ばれる国の教育ローンがあります。これは独立行政法人日本学生支援機構の奨学金制度とは違い、保護者が直接国からお金を借りることができます。限度額は1年に350万円で、学校入学後に貸与される奨学金とは違い学校入学前でも借りることができます。
その他にも「低所得で子供の進学を諦めるしかない」「障害があって満足な収入を得られていない」といった人を対象にした、教育支援資金制度と呼ばれるローンもあります。教育支援資金制度は、他の金融機関などで教育ローンを断られてしまった方でも利用が可能なのが特徴です。収入を理由に満足な教育を受けられない子供を支援するための制度なので、進学を諦めてしまう前に利用を検討してみましょう。
教育一般貸付にも、教育支援資金制度にも当然審査があります。利用できる条件や必要な書類、申し込む窓口などもそれぞれ違いますので、国の教育ローンをきちんと把握しておきましょう。

生活福祉資金貸付制度

失業して生活費が足りなくなり、日常生活を送るのが困難な場合に国からお金を借りる方法があります。お金が必要な時は突然やってきます。それでも、低収入を理由に金融機関から融資を断られた時には国に相談をしましょう。国には、生活福祉資金貸付制度というものがあり、低所得者や高齢者や障害者の生活を支えてくれます。
それらの人が経済的に自立できるように、お金を貸してくれる上に、社会福祉協議会とハローワークが就職の支援も行ってくれます。国には生活困窮者に対する貸付制度がいくつかあるので、どんな人が利用できるのか、どんな書類が必要なのかを確認してみましょう。

※国から借りる方法の詳細

親にお願いする方法

お金を借りる時に、やはり頼れるのは親という人も多いのではないでしょうか?面倒な契約や審査もないし、金利もないし気軽にお金を借りられると思っている方も少なくありません。でも、実は親から借金する時でも借用書や金利の設定は必要なんです。これは税金が絡んでくることで、親子間といえどもしっかりしておかないと後で税金絡みで少し面倒な問題になってしまいます。
それでも、やっぱり親は頼りになるものです。生活費に困ったときはもちろん、金融機関からの借金に苦しんで返済に困っている等、他ではできない相談ができます。親から借金する時は、親しい間柄だからこそ言い訳はせずに正直に事情を話しましょう。嘘の理由はすぐに見透かされてしまいます。
親からお金を借りる時、なんと言って事情を説明したらいいのか、どんな書類を用意する必要があるのかが気になるところです。

※親からお金借りるときの詳細

親族にお金を借りる方法

親の次に頼れるのは親族です。両親からお金を借りられなかったとしても、お兄さんやお姉さんなどの家族なら頼れるかもしれません。急な出費や一時的にお金が足りない時は親族にお金借りることも検討してみましょう。その時に気をつけなければいけないのは、親族にとっても無理じゃない金額をお願いすることです。親ほど親密な血縁関係ではない分、どうしても情は薄くなりがちです。これは、親族に限らず遠い親戚にも当てはまります。
関係が薄くなるほど借入の敷居は高くなります。厳格な借用書や返済期間を定めた上で、少しの滞納も許されないでしょう。万が一、親戚にお金を借りてトラブルになったときは親に連絡がいく可能性があります。
親戚から多額のお金を借りるのであれば、理由もしっかり話した上で、借用書と返済計画書も併せて用意しましょう。少しでも信頼をしてもらうことで借りやすくなります。
この場合も、書面や毎月返済している証拠を用意しておかないと贈与とみなされてしまう可能性があります。しっかり借金であることを証明する書面は作っておきましょう。

友達にお金を借りる方法

親や親戚に話せないことでも、気心の知れた友達になら相談できるといった場合もあります。友達にお金を借りるのは多少気が引けるけど、他に頼れるところがない状態であれば、一度友達に相談してみるのも良いでしょう。その時は、困っていることを少しでも伝える為に直接会って話をしましょう。
お金を貸す友達の身になって気持ちを考えた時、他人にお金を貸すわけですので理由はしっかり知っておきたいはずです。自分勝手な理由ではなく、それなら仕方ないと理解してもらえる理由をきちんと用意しておきましょう。安易な言い訳や嘘は友達関係に傷を付けてしまうので気をつけましょう。
友達からお金借りる時にはどんな書類を用意する必要があるのか、その書類はどうやって用意すればいいのか、友達に納得してもらう理由はどんなものがあるのか等、気になることも多いでしょう。

※友達からお金借りるときの詳細

彼氏/彼女にお金を借りる方法

大切な人だからこそ、頼りにされたら力になってあげたいものです。恥を忍んで彼氏や彼女にお金を借りるというのも一つ方法です。しかし、恋人というのは友達よりも関係が親密な分、色々注意しなければいけません。彼氏や彼女は、大体が相手の収入状況や生活状況を把握しています。どんなに立派な言い訳をしても、なぜお金が足りないのか、どうしてお金借りたいのかというのもすぐに予測がつきます。
つまり、遊びすぎて生活費が足りないなどと言った理由では間違いなくお金は借りられません。やむにやまれぬ事情があれば、隠し事をせずに正直に話しましょう。仕方がない理由であれば、彼氏や彼女からお金を借りることができるかもしれません。
また、彼氏や彼女の経済状況も考えてから相談しましょう。どんなに困っていても、恋人にもお金が無ければお金を貸すことはできません。そんな状態で相談をしてもトラブルを招くだけになってしまいます。

知人にお金を借りる方法

頼れる人がもういないから、あまり親しくはないけど知人からお金を借りたい。そんな時にはいくつか事前に準備をしておきましょう。知人にお金を借りる方法はかなり難易度が高くなります。まずその知人とどれくらい親しいのかが重要なポイントになってきます。プライベートでの付き合いがない顔見知り程度であればお金を借りるのはまず無理でしょう。
ある程度親しい知人であれば、お金が必要な理由と借用書、返済計画書を用意して相談してみる方法が有効です。電話やメールではなく、直接先方に出向いて話をしましょう。消費者金融と交わすほどのしっかりした書類を用意することで、知人に真剣さをわかってもらう必要があります。
それでも、知人からはどうしてお金が必要なのかをしつこく聞かれるかもしれません。その上で融資を断られることも十分ありえますので、知人からお金を借りることは大きなリスクを伴うことを頭に入れておきましょう。結果、関係に亀裂が入ってしまう可能性もあるので、知人に相談をする前には一度じっくり考える時間を設けましょう。

お金を借りる理由

お金が必要になるタイミングは突然やってきます。急な出費に備えるためにも日頃から貯金をしておきたいところです。それでもどうしようもない時があることは、誰もが経験していることでしょう。お金が足りない時には必ず理由があるはずです。ここでは、どんな理由でお金を借りることが多いのかをまとめています。

生活費

自分の収入の範囲内で生活ができることが理想ですが、必ずしも安定してそんな生活が送れるとは限りません。冠婚葬祭や急病による急な出費があって生活費が足りないといったこともよくあります。そういう場合は、銀行や消費者金融で生活費としてお金を借りることができます。実際、幅広い年代でカードローンの利用目的として数多く挙げられるのが生活費と言われています。つまり、みんな生活費が足りなくてお金を借りることはよくあるのです。生活費をまるまる借金で補うのはいつか破綻するので非常に危険です。しかし、一時金として足りない分を補うのであれば、しっかり返せば何の問題もありません。
生活費を借りるのであれば、審査が早くすぐに現金が借りられるカードローンがおすすめです。数あるカードローンの中から、借りたい金額や自分の収入にピッタリ合うものを選択しましょう。

事業資金

事業資金を借りたい時にはビジネスローンを利用しましょう。銀行や消費者金融のカードローンは、借りたお金を事業資金に使うことを禁止しています。もし、禁止されているにもかかわらず借りたお金を事業資金に使った場合、一括返済を求められることもあるので絶対にやめましょう。
事業拡大に伴う設備投資などの場合は、日本政策金融公庫で貸し出しをしてくれます。しかし、借入金の入金までには20日程度かかるため、長期的な計画の中で利用を検討する融資と言えそうです。運転資金やつなぎの資金、従業員の給与支払いなど、緊急を要する時には消費者金融でお金を借りる方が早く済みます。審査も即日で終わりますし、すぐにお金を借りたい時に便利です。
ビジネスローンは総量規制の対象外です。年収の1/3以上でも借りることができますが、審査基準が個人向けローンとは異なります。

学費

進学が決まった時には奨学金を借りることができます。しかしこの奨学金、借りることができるのは入学後であることをご存知ですか?入学金や前期の授業料は、入学前に支払いをしなければいけないので、最初のお金は奨学金を頼ることができません。
蓄えがあればそこから支払うことができますが、受験費用などで全て使い切ってしまっているのであれば一時金としてカードローンを利用する手もあります。キャッシング等であれば一括返済なので金利を節約できます。これなら、奨学金が振り込まれてから一括返済するという使い方も可能です。
現在、学生でまだアルバイトしていないという状況であれば、親や家族から借りることも検討しましょう。すでに入学してアルバイトをしており、奨学金を借りているが一時的に学費が足りない場合にはカードローン利用が可能です。

教育費

進学に多額の出費はつきものです。入学金や学費、引っ越しを伴う進学の際にはその費用もかかります。教育費用を借りる方法は主に2つあります。学生本人が借りる奨学金と保護者が借りる教育ローンです。奨学金を借りるためには細かい条件があります。進学する学校では学費がいくらなのか、自宅から通学するのか下宿をするのかなどの条件によって借り入れできる金額が変わります。金利が発生するタイプと無利子のタイプがあり、成績によって変わります。
教育ローンは保護者が直接契約し、350万円を上限に借りることが可能です。奨学金との併用も可能なので、教育費用に総額でいくら掛かるのかを計算し、奨学金をいくら借りて教育ローンをいくら借りるのかをしっかり計画する必要があります。教育ローンにも種類がたくさんあり、国が貸してくれるもの、民間企業が貸してくれるもので条件や必要な書類が変わります。

引っ越し費用

転勤などで急な転居が必要な時、引越し費用を借りる方法もあります。引っ越しとなれば、新居の敷金や礼金、家具や家電を揃える費用、現在の家の荷物を運ぶ費用などで数十万円の出費になってしまいます。そんな時、一番手っ取り早い方法が親や家族に借りることですが、それが無理な時には使用目的が自由なローンを活用します。キャッシングやカードローンであれば使用目的を聞かれることはありません。
もちろん銀行のフリーローンを使うこともできますが、フリーローンは借りられる金額も300万円〜500万円と非常に高額です。少額で審査を申し込むこともできますが、少額を借りるのであればキャッシングやカードローンでも十分対応できます。わざわざフリーローンを申し込むメリットはあまりないでしょう。引っ越し費用が数百万円になることはほとんどないため、数十万円であればカードローンの方が手軽に現金を借りられます。
このように、目的と必要な費用から逆算して最適なローンを選ぶのも早くお金を借りる有効な手段です。

車の購入費用

新車や中古車を購入するためには、まとまった資金が必要です。一括払いで購入できるのが一番の理想ですが、車ともなれば数十万円〜数百万円は必要です。車の購入費用を借りるのであれば、目的がはっきりしている分審査にも通りやすいです。銀行でも自動車購入専用の低金利なマイカーローンを用意しているので、お金を借りる敷居はその他の理由より下がります。
車は非常に高額なので、まずは金利を重視してローンを探しましょう。車のローンには、ディーラーローンと残価設定型ローン、銀行などのマイカーローンがあります。それぞれ特徴があるので、しっかり中身を確認してから選びましょう。

住宅購入費用

住宅購入と言えば、大半の人が人生で一度しかない機会といえるでしょう。数千万円クラスの大きな買い物なので、ほとんどの人が住宅ローンを利用すると思います。住宅ローンは金利が低くても、借り入れるお金が高額のため利息もそれなりに支払うことになります。一番良いのは親から資金を出してもらうか住宅購入資金を貸してもらうことです。その際、よく確認をしないと贈与税がかかりますので気をつけましょう。
住宅ローンを組むのであれば、公的ローンや民間ローンが利用できます。一番有名な住宅ローンは、住宅金融支援機構と民間金融機関が提携して提供しているフラット35が挙げられます。長期固定金利で借りられるのが特徴で、長期に渡って返済額が固定なので返済計画が立てやすいといった特徴があります。メリットが多い分審査基準も厳しいので、借りる前に条件を確認しましょう。住宅ローンは種類も多い分、確認しておきたい条件も多いと言えます。

示談金の為にお金を借りる

何らかの事情で示談金が必要になった時、急いで現金を用意しなければなりません。示談金の支払いができるかどうかで、今後に大きく影響してくるようであればなおさらです。示談金ともなれば何かしらの事情があるはずですし、現金を用意すると言ってもなかなかお金を借りる理由としては言いづらいものです。もし、親に相談できる内容であれば親に相談してみてはどうでしょうか。
親族や親戚に頼れないようなら、カードローンなどの使用目的を聞かれないものを利用するのも手です。悪いことにお金を使うわけではありませんが、使用用途を聞かれるローンだと慰謝料に使うことを話さなければいけません。これは非常に苦痛であるため、できれば避けたい事態です。カードローンの限度額で支払える金額であれば、こちらを利用してみましょう。

お金を借りるなら何が必要?

いざお金を借りるとしても、何が必要なのかはすぐにわからないものです。担保や保証人は必要なのか、保証人は誰に頼めばいいのか、わからないことは意外と多いはずです。担保が必要なローンと不要なローンの違いや、保証人がいるのといないのではどんな違いがあるのか等、お金を借りる時に必要なものをまとめました。

担保は必要?

担保とは借りたお金を返さなかった時に代わりに取り上げられてしまうものを指します。お金を借りる以上、貸主は貸し倒れのリスクを懸念します。その際に「万が一借りたお金を返さなかったら代わりにこれはいただきます」というものを差し出すことがあります。これを担保ローンといいます。担保とは一般的に不動産などが該当します。
担保は必要なローンと不要なローンがあります。不要であるのが一番ですが、当然無担保ローンにはそれなりのデメリットがあります。一般的に多くのカードローンやキャッシングでは担保不要とされています。その代わり、貸し出せる金額が少なかったり、金利が高いといった特徴があります。
逆に、有担保ローンは貸し出せる金額が多く金利が安くなります。これは、貸したお金が帰ってこなかった時には、担保として預かったものを売って返済に充てるためです。有担保ローンとして有名なのが住宅ローンです。住宅ローンは、これからお金を借りて購入しようとしている家を担保にします。これを抵当権といい、万一支払いが滞った時にはその家を競売にかけられます。
つまり、担保はなければ借りられる金額は少なく金利が高く、担保があれば借りられる金額は大きく金利が安くなります。抵当権の契約は個人の自由ですが、契約を拒否するとお金が借りられません。借りたい金額が少なければ無担保ローン、多ければ有担保ローンにするのが良いでしょう。

保証人は必要?

保証人が必要かどうかは、時と場合によります。保証人とは、お金を借りた人が何かしらの理由で返済できなくなった時にその人に変わって借金を返済する人のことを指します。保証人は人的担保とも言われ、担保の1つです。つまり、仕組みは担保と同じです。保証人が必要なローンはその分金利が安く借りられる額も大きく、保証人が不要なローンは金利が高く借りられる額も少なくなります。
保証人になる人には特にメリットはありません。万一の時には自分が責任を負わなければいけないため、多くの場合保証人を頼むと嫌な顔をされます。ですので、保証人を頼むのであれば親や親しい親族などの深い関係のある人にしましょう。そして、当たり前ですがその人に迷惑がかからないようにローンを返済しましょう。
カードローンの場合は保証会社が保証人の代わりになるため、保証人は不要です。限度額は低くなりますが手続きが簡略化されるため、審査に早く通過するというメリットがあります。保証人不要のローンはすぐにお金を借りたいときに便利です。

お金を借りるのに気をつけること

ネットやATMで簡単にお金が借りられるようになった反面、よく気をつけておかないといけないことも多くなりました。手軽に使えるものほど注意が必要です。数ある種類のローンから自分に一番合ったものを見つける方法や、どんな業者に気をつけるべきか等、知っておきたい情報をまとめてあります。

そのお金は本当に必要?

最近ではカードローンもネットで申込みができるため、非常にお金が借りやすくなりました。キャッシングやカードローンならコンビニのATMで24時間お金を借りられるため、ついつい少額を何度も借り入れてしまいがちです。1,000円単位から借り入れ可能なカードローンも多いため、ちょっとした出費にも大変便利です。
しかし、たとえ数千円であっても借金であることは忘れてはいけません。お金を借りるということは、必ず返さなければいけないのです。返さないことで信用情報に傷がつき、少額でブラックリストに載ってしまうこともあります。ブラックリストに載ってしまうと、スマホが分割払いで購入できなくなるといったデメリットも発生します。今後住宅ローンを組む時に影響が出ることもあります。
お金が借りやすくなった分、本当にそのお金は必要なのか?借金をしてまで購入するものなのか?ということをしっかり考えて無理のない範囲でカードローンを利用しましょう。

自分に合ったローンを選ぶ

ローンは種類が豊富です。数万円〜数十万円を手軽に借りることができるキャッシングから、数百万円を借りることができるカードローン、使用用途自由のフリーローンや目的がはっきり決まっている自動車ローンや教育ローンまでさまざまです。住宅購入には数千万円が借りられる住宅ローンまであります。このように、目的や借りたい金額に応じて自由に契約するローンを選べます。
ローンは国が貸し出しているものもあれば、民間金融機関が貸し出しているものもあり、それぞれ条件や審査基準が異なります。自分の状況に応じて、最低金利で借りられるローンを正しく使い分けることが重要です。後で気づいて後悔するより、事前に下調べをして賢いローン選びをしましょう。

悪質な業者に注意

無職でも借りられる、ブラックでも借りられると謳っている悪質な業者には注意しましょう。銀行や消費者金融の審査に落ちてどうしようもない時、甘い言葉についつい惹かれてしまいます。しかし、無職でもブラックでもお金を貸してくれる所は間違いなく悪徳業者です。法外な利息を請求されたり厳しい取り立てをされたりします。
収入がないけどどうしてもお金が必要な時には、正当な理由さえあれば市役所でお金を借りることができます。相談だけでもできるので適切なアドバイスをもらうこともできます。悪質な業者に手を出す前に、まずは最寄りの市役所へ相談に行ってみてはどうでしょうか。

市役所へ相談するときの詳細

即日お金を借りたい時には?

急いでお金が必要でも、どうしていいのかわからない場合って多いですよね。必要な手順を知っておけば、焦らずすぐにお金が借りられます。急いで失敗しないためにも、即日お金を借りる方法を知っておきましょう。

審査が早いカードローンを選ぶ

生活費が足りない、支払いの期日が迫っているなど、すぐに現金が必要な時でも、即日審査のカードローンなら今すぐにお金を借りられます。特に消費者金融のカードローンなら、最短で審査が30分程度で終わる所もあります。申し込みもインターネットで簡単にできますし、無人契約機なども利用できます。無人契約機ならその場で審査が完了してカードが発行されるので、すぐにお金を借りられます。郵送申し込みだと、カードが届くまでに数日かかってしまう場合もあるので、即日お金を借りたい時には無人契約機で契約をしましょう。最近では、ネット契約でも銀行の営業時間内であれば、即日お金を振り込んでくれる会社もあります。

即日で現金を借りるには?

クレジットカードのキャッシング機能を使う

すでにクレジットカードをお持ちの場合には、キャッシングで現金を借りることができます。クレジットカードには限度額が設定されており、通常の買い物で使えるショッピング枠と、お金を借りることができるキャッシング枠というものがあります。このキャッシング枠を使うとすぐにお金が借りられます。
クレジットカードのキャッシング枠はインターネットで確認ができます。各社のマイページからログインをすることで、自分には今いくらのキャッシング枠が用意されているのか見られます。その金額以下であれば審査不要です。
利用方法はコンビニATMでクレジットカードを入れるだけです。キャッシングを選択したらそのままATMでお金を下ろす感覚で借りられます。便利な半面ついつい使いすぎてしまうため注意が必要です。

誰でもお金を借りれる?

お金を借りるのには色々条件があります。誰にでもいくらでも貸してくれるわけではありません。現在の職業や年収に応じて貸し出せるかどうかが判断されます。現在の職業はパートやアルバイトでも構わないのかどうかも気になります。他にも、過去にブラックリストに入った人は、一定期間はお金を借りることができません。ここでは、どんな人がお金を借りることができるのかをまとめています。

ブラックでもお金を借りれる?

ブラックリストとは、個人信用情報機関に登録されている個人の金融事故情報のことです。ブラックリストというものがあるわけではなく、個人信用情報機関に過去の滞納や自己破産、債務整理の履歴が残っている状態のことを言います。金融機関借り入れする時には審査があります。その審査の際に必ずチェックされるのが個人信用情報機関のデータです。
その個人信用情報機関に「過去にお金を借りたけど返さなかった」と登録があったら、間違いなく審査に落ちます。金融機関としても貸したお金を返さなかった人に新たにお金を貸すことはありません。
この個人信用情報機関のデータは、大半の金融機関で共有していますので、どこで審査を申し込んでも審査には通りません。ローンを返さなかった会社以外で審査を通せば大丈夫ということはありません。そういう意味でも全社共通のブラックリストと呼ばれているのでしょう。
つまり、ブラックではお金を借りることができません。返していない借金を先に返済する、滞納しているお金を返すといった対策が先決です。どうしてもお金がない時には債務整理も検討しましょう。ブラックリストは、借金の完済あるいは自己破産の面積確定から5年〜10年ほどで消えます。その後は普通にお金を借りることができます。もし、督促を無視している状態であればその間は永遠にブラックリストに登録されたままですので注意しましょう。

自己破産していてもお金を借りられる?

自己破産をした後は、一定期間全てのキャッシングやカードローンが使用できなくなります。自己破産は裁判所で免責が認められた後、JICCやCIC、全国銀行協会にその事実が記載されます。これは、いわゆるブラックリストと言われるものに登録されることを意味します。
JICCとCICではこの事故情報を5年間保有しており、全銀協に関しては10年間保有しています。事故情報が保有されている5年〜10年は銀行や消費者金融では一切お金を借りることができません。
一部のクレジットカード会社では、審査の際に全銀協のデータを参照しないところもありますので、その場合には5年経過以降であればカードの作成が行えます。念のため自己破産をしてから5年経った後、JICCとCICに登録されている情報を開示してみるのも良いでしょう。
基本的に、自己破産後すると一定期間は金融機関からお金を借りられなくなります。まれにブラックでも融資可能と謳っている金融機関がありますが、法外な利息や厳しい取り立てを行う悪徳業者である可能性が高いので注意しましょう。
どうしてもお金を借りたい時には、親や家族に相談をするのが一番安全です。

生活保護でもお金を借りられる?

生活保護を受けている間は、民間の金融機関ではお金を借りることができません。もし仮に生活保護を受けていることを隠してお金を借りたことが発覚すると、生活保護自体を打ち切られます。生活保護費を借金の返済に使うことは認められていないので、詐欺罪に問われる可能性もあるので注意しましょう。
生活保護を受けているがどうしてもお金が必要で借りたい時には、最寄りの自治体の生活保護を担当している部署に相談をしましょう。生活保護という制度が、最低限の生活を送るための資金を援助するものですので、基本的にはお金が足りなくなるという事態は発生しません。
もし、お金が足りなくなってしまったのであれば受給している生活保護費の使い方を見直す必要があるでしょう。急な出費で正当性が市町村に認められた場合にだけ、特例でお金が借りられる可能性があるので、まずは福祉事務所のケースワーカーに相談するのが良いでしょう。

アルバイトでもお金を借りられる?

アルバイトでもお金を借りることは可能です。ローンの審査をする上で、一番重視されるは「安定した収入があるかどうか」です。アルバイトでもフルタイムで勤務していればある程度安定した額の給料が毎月支払われているはずです。そのような状態であれば審査に通過するのはそう難しくないでしょう。
しかし、アルバイトを始めたばかりで安定した収入がない時には注意が必要です。アルバイトでも勤続年数1年以上は必要です。勤続年数が極端に少ない時は消費者金融のカードローンやすでに持っているクレジットカードのキャッシングを利用しましょう。
ただし、どちらの場合もカードローンの利用が初めてであれば借りられるお金は10万円程度でしょう。初めてのローンは限度額が低めに設定されます。最初に借りたお金を問題なく返済したら、次回はもう少し高額を借り入れることができるでしょう。それでも、消費者金融では総量規制の関係から現在の年収の1/3以上は借りることができません。また、仮に銀行のカードローンに申し込む場合でも100万円を超える融資を申し込む時には収入証明の提出が必要にです。
このように、アルバイトでお金を借りる際には細かい条件があるので事前に確認しておきましょう。

専業主婦でもお金を借りられる?

専業主婦でもいくつかの条件をクリアしていればお金は借りられます。まず、一番可能性が高いのは自分でパートをしていることです。パートをして給料をもらっていれば、安定した収入とみなされ審査の際にも非常に有利です。専業主婦とは言え、一人の社会人と同様の審査基準でお金が借りられます。
次に、配偶者に安定した収入があれば、例え自分が無職であってもお金を借りることができます。これは配偶者貸付と呼ばれるもので、配偶者の収入を審査で考慮してくれるというものです。しかしこの配偶者貸付は対応している会社が限られますので、事前に確認をしておきましょう。
その他にも専業主婦は必要な種類が多いので、予めチェックをしておきましょう。

※主婦がお金借りる時の詳細

学生でもお金を借りられる?

学生でも、20歳以上でアルバイトをしていればお金を借りることは可能です。基本的に、カードローンは20歳以上でなければ利用できません。18歳、19歳でお金を借りたい時には、学生でも作れるクレジットカードを作成し、キャッシング枠を利用するという方法があります。
20歳以上でも、現在アルバイトをしていなくて収入がない場合はカードローンの利用はできないでしょう。返せるあての無い借金は非常に危険です。まずはアルバイトを始めましょう。
最近では、銀行でもカードローンの申込みを受け付けているところもあります。どの銀行なら学生でもお金が借りられるのか、必要な書類は何があるのか、親や学校に内緒で借りられるのかを確認しておきましょう。

無職でもお金を借りられる?

無職でお金を借りるためには、家族に安定した収入があることが必須です。例えば、親が勤続年数の長い正社員であれば、親の収入を審査で確認することになります。その際、金融機関によっては家族の年収を記載するだけで審査をしてくれるところもありますが、家族の収入をあてにして審査を通すわけですし、事前に事情を話しておくことをおすすめします。
他にも、無職の期間が長いと今後も就職する予定がないとみなされて審査に落とされてしまいます。失業や転職のタイミングなどで、今が一時的に無職である場合には、再就職の予定があることを審査で伝えるのが良いでしょう。

就職してすぐお金を借りられる?

就職してから最初の給料が振り込まれるまでにはしばらく期間があります。でも、就職後は何かと出費が多いのも事実です。こんな時、すでに働いているから返済は心配ないとして、そもそもお金は借りられるのでしょうか?
きちんと就職をしていればカードローンなどでお金を借りることが可能です。入社前にアルバイトをしていればその時に借りることもできますが、正社員の方がより良い条件でローンを契約できる場合もあります。そのため、額が大きい借り入れをしたい場合は最初の出社日まで待ちましょう。出社さえしていれば、会社に在籍確認の電話があったとしても問題ありません。
まだ内定の段階で入社日までは時間がある時には、在籍確認の必要な金融機関からはお金を借りることができません。現在の状況に応じて申し込めるローンが変わってきますので、金利や審査条件などと併せて各社のローンの詳細を確認しましょう。

社長でもお金を借りられる?

一般的に社長といえば羽振りがよいイメージですが、社長であっても全ての会社の経営がうまくいっているとは限りません。個人事業主も立派な社長です。そんな社長は、お金を借りるためのハードルはサラリーマンに比べて高いと言えます。最大の理由は「収入が不安定である」ことです。個人事業主の収入は全て自分の仕事次第で決まります。例え今の年収が多くても数年後にも同じ年収である保証はどこにもありません。
収入が不安定だと返済計画が立てにくいことから、金融機関は個人事業主に対しての審査が厳しくなります。提出する書類もサラリーマンに比べて多くなるので確認をしておきましょう。
また、事業資金としてお金を借りたいのであればビジネスローンを選択する必要があります。個人で契約したカードローンを事業資金に使うことはできません。事業資金の借り入れであれば総量規制の対象外になるので、設備投資のための高額の借り入れもできます。しかし、ビジネスローンの利用にはいくつもの条件があります。満たしておかなければいけない最低条件などもありますので、一度確認しておきましょう。

自営業/個人事業主が借りる場合

借金するのは悪いこと?

借金と聞くと聞こえは悪いですが、はたしてお金を借りることは悪いことなのでしょうか?悪いことならテレビで消費者金融のCMを放送しているはずがありません。お金は借りた後が大事です。「じゃあ、お金を借りるのは悪くない?」そんな疑問を解消します。

お金を借りるのは悪いことではない

カードローンやキャッシング、借金に関連する言葉はどうしても後ろめたさがあります。借金にはあまりいいイメージがないのも事実です。でも、お金を借りること自体は何もわるいことではありません。なのに、どうして借金に悪いイメージが有るのでしょうか?それは、借りたお金の使いみちに問題があることが多いからです。
例えば遊ぶお金やギャンブルに使うために借金をしているのであれば、それはあまりいいことではないでしょう。きちんと返していたとしても、ギャンブルは自分のお金で無理のない範囲で楽しむものです。
また、借りたお金を返さないことは絶対に悪いことです。安定した収入がある人が、今月だけ生活費が足りないから借金するといった使い方は問題ありません。しかし、身の丈に合わない生活をして、その足りない分を借金で補うという生活はいつか破綻します。
カーローンや住宅ローンなど、ローンを日常的に利用している人はたくさんいます。お金を借りること自体が悪いのではなく、用途が間違っていたりお金を返さなかったりすることが悪いことと言えるでしょう。

嘘の理由を言ってもいい?

お金が必要でも、理由は人に知られたくない時もあります。そんな時にはとっさに嘘をついてしまいがちですが、嘘の理由を行ってお金を借りたらどうなるのでしょうか?

嘘の理由でお金を借りてはいけない

もし今、お金を借りるための嘘や言い訳を考えているのであればやめましょう。言い訳や嘘は必ずバレます。お金の貸し借りは信用が第一です。そのための審査でもあるわけですし、信用を見極める審査の際に嘘をつくのは間違いなく悪いことでしょう。お金借りる理由は人それぞれです。もちろん人に言いにくい理由もあるでしょう。しかし、嘘の理由でお金を借りることはできません。例えば、マイカーローンのように用途が決まっているローンを別の用途に使うことは禁止されています。用途を限定することで金利を安くしている場合もあるので、嘘が発覚したら全額返済をしなければいけません。お金を借りる理由を人に言いにくい時には、使用目的が自由なフリーローンやカードローンを利用しましょう。これらのローンは使用目的が自由なので、何に使うのかを根掘り葉掘り聞かれることはないでしょう。

お金を借りられる場所は?

知っておきたいのは、どこでお金が借りられるのかです。銀行や消費者金融と契約をしても、お金はどこに振り込まれてどこで引き出すことができるのでしょうか?お金を借りる方法と、お金を引き出す方法をまとめました。

コンビニATM

カードローンやキャッシングのカードを持っていれば、コンビニのATMでお金借りることができます。契約しているカードローンの限度額内であれば、借り入れも返済もいつでも自由に行えるのが特徴です。深夜に突然お金が必要になった時や、急な出費に即時に対応できるのは大きなメリットです。しかし、そのためには事前にカードローンの契約をしておかなければいけません。
また、コンビニATMではクレジットカードを使ったキャッシングも使えます。こちらも、クレジットカード契約時のキャッシング利用枠内の額であれば自由に借り入れができます。
一見便利なコンビニATMでの借り入れですが、注意点がいくつかあります。まずは利用時間がコンビニATMやカードローン会社によって異なるということです。カードローンの会社によっては対応していないコンビニがあったり、24時間利用ができなかったりする場合があります。カードローン契約時には、自分がよく利用するコンビニで使えるかどうか、利用時間が24時間かどうかを確認しておきましょう。
次に手数料です。基本的には手数料無料ですが、ATMの利用手数料がかかる場合があります。自分がよく使うコンビニATMが、キャッシングやカードローン利用時にいくらの手数料がかかるのかもしっかり確認をしておきましょう。

金融機関から

住宅ローン等の高額借り入れは、銀行の窓口で相談してお金を借りることもできます。各銀行の窓口に専門の担当者がいるため、不安な点は相談することが可能です。高額のローンになるのでしっかり疑問点は担当者に聞いてみましょう。
また、カードローンでも窓口で申し込むことができます。必要書類を持って窓口に行けば担当者が受付をしてくれます。初めての申し込みで不安な人は窓口で申し込みをするのも良いでしょう。

スマホでお金を借りる方法

お金はスマホでも借りることが可能です。最近では、多くのカードローンがスマホから申し込みができます。スマホであれば24時間365日カードローンの申し込みができるので、急な出費にも即対応可能です。金融機関がカードローン申し込みのアプリを用意している場合はそのアプリから、スマホ用のホームページを用意している場合はそのホームページから申し込みましょう。身分証などの必要書類はスマホのカメラで撮影して送るだけでOKです。
申し込みが完了したら審査をし、無事審査に通過したらお金が自分の口座に振り込まれるようになっています。

海外

海外旅行で急にお金が必要になった時は、海外でもお金を借りることができます。一番手軽なのはクレジットカードのキャッシング枠を利用することです。自分が使っているクレジットカードの種類を確認し、海外のATMがその種類に対応していることを確認したら、あとは日本国内と同じ方法で利用できます。

VISAカードであれば「PLUS」マスターカードやJCBカードであれば「Cirrus」マークが目印です。手数料はかかりますが、急な出費でも現金を引き出すことができるのは大きなメリットでしょう。

また、一部の消費者金融では海外キャッシングに対応したカードローンも取り扱っています。海外旅行する機会が多く、もしかしたら海外でお金を借りる可能性があるかもしれないといった方は、事前に海外キャッシングが使えるカードローンを契約しておくことをおすすめします。

海外でお金を借りることができるのは、日本国内在住の方が一時的に海外で利用する時に限ります。日本国外在住の方が日本の金融機関からお金を借りることはできないので注意しましょう。