カリナビ

今すぐ10万円お金借りるには?

カリナビTOP | 一本化 | 審査基準
お気に入りに追加
10万円お金借りるおすすめの方法

今すぐ10万円借りるための方法

どうしても今すぐお金を借りたいとき、どんな方法が一番いいのか冷静に判断する必要があります。
なぜならば、お金を借りるということは、同時に返済する必要があるからです。

例えば冠婚葬祭などで急にお金が必要になると、10万円ぐらいの金額は用意しておきたいところですね。
結婚式などはご祝儀のほかにも二次会三次会の飲み会代、新郎新婦に送るプレゼント代など、結構お金がかかるものです。

今すぐ急にお金が必要になったときは、どんな方法でお金を借りたら一番いいのか、それを事前に知っておけばそのときになって慌てることなくスムーズにお金を用意することができるでしょう。

勝手な思い込みで「大丈夫」「簡単だよ」などと思っていると、場合によっては勘違いで「借りられると思ったのに駄目だった!」と切羽詰ってしまうことも考えられます。

ここではどんな方法で10万円を借りるのがいいのかご紹介していきましょう。

10万円借りるために適した方法とは?

その人のライフスタイルによって、10万円借りる適した方法は違うのではないでしょうか。

例えば、ボーナスの有り無しによってまとまったお金が入るか入らないかという違いがあります。
あとでまとめて払うことができるという場合と、月々でなければ返済できないという場合があるので、自分の返済能力にあった方法でお金を借りることを見極めるといいかもしれません。

また、立場的に会社に勤めてまだ少ししか日が経っていない場合は、審査が通りにくいという話がありますね。
業者に借入を申し込んでも審査に落ち、借りたいけど借りることができないことも考えられるのです。

無職の場合も審査に落ちる可能性が高いです。現在がもし無職であったら業者からお金を借りることは難しいと考えておきましょう。

お金を貸してくれる業者には消費者金融や銀行のカードローンなどがあります。10万円程度であればクレジットカードのキャッシング機能も使えます。

業者以外ですと親や知り合い、友人から借りるという方法もあります。

このように、自分の返済能力とライフスタイルなどから適した方法を見つけることで、賢くお金を借りることができるでしょう。
今日中に借りたいという状況になったときのために予め調べておくといいかもしれませんね。

→今日中にお金借りる方法の詳細

できれば即日お金を借りたいけれど・・・

どうしてもその日のうちにお金を用意したいという場合がありますね。
即日お金が必要になる場面は誰にでも訪れるものです。

今すぐお金を借りたいならどうしたらいいのか、それはどんな方法でお金を借りるかがポイントになります。

例えば業者からお金を借りる場合は、申し込みが必要になりますね。
申し込みをした後には審査が行われます。審査が通って初めてお金を借りることができるのです。
これには時間を要します。「即日融資」を可能にしている業者なら、申し込みをした時間帯にもよりますが、申し込み当日にお金を借りられます。
急にお金が必要になったときは即日融資を謳う業者をご利用になってはいかがでしょうか。

10万円程度なら、クレジットカードのキャッシング枠を利用してお金を借りることができます。キャッシングであれば、コンビニATMでもすぐに借りれるので、即日10万円を借りることができます。

知り合いなどからお金を借りる場合は、当日に相談してもその日のうちに用意できる方は少ないかもしれませんね。

10万円というまとまった金額なので、急にその日に「今すぐお金を借りたい」と言われても、言われたほうも困惑してしまうはずです。
知り合いなどにお願いするときは当日に用意して欲しいという相談は避けたほうがよさそうです。

→お金を即日で借りるには?

消費者金融と銀行のカードローンはどっちがオススメ?

お金を貸してくれる業者は色々ありますから、どこからお金を借りるか今のうちに吟味しておくといいかもしれません。

10万円借りるなら、例えば消費者金融と銀行のカードローンを比較してみませんか?

どちらもまとまったお金を貸してくれる業者ですし、即日融資が可能な業者もあるので、今すぐお金を借りるときなど大変便利です。
どちらも身近に利用できる業者ですが、それぞれの特徴を比較すれば、自分にとってどちらが利用しやすい業者か判断することができるはずです。
今すぐお金を借りたいときのために是非お役立てください。

まずは消費者金融業者の場合、即日融資が可能な業者が比較的多いことで知られています。
しかし、銀行のカードローンに比べると少々金利が高く設定されているのも特徴的です。
業者にもよりますが、30日間無利息で融資しているところもあるので、30日間の間に全額返済可能であれば、借りたお金だけ返済すればいいので大変お得ではないでしょうか。

銀行のカードローンの特徴は、消費者金融に比べると金利が低いことが大きなメリットではないでしょうか。
月々返済していくことを考えると、少しでも金利が低いほうがお得に利用できます。
あくまでも体験談の中の話ですが、消費者金融よりも少し審査が厳しいという印象があるようです。

10万円借りる前に必要な物を用意しよう

消費者金融や銀行のカードローンなどでお金を借りるとき必要になるものがいくつかあります。

今すぐ10万円を借りたいという場合、申し込みのときに何が必要になるのかというと、本人であることを証明できるものです。
それには「健康保険証」「運転免許証」「パスポート」などを用意します。
郵送などで申し込む際にはコピーを送ることになりますね。
これらを提示することで本人が申し込んだという確認を取ることができます。

それから業者によって、借入する金額が大きい場合は所得証明書が必要になることもあります。
しかし、10万円という範囲内であれば本人確認ができる書類等があれば問題なく借入することができます。

審査に通りやすいコツってあるの?

お金を借りるために業者へ申し込む場合、必ず審査が行われます。申込者の信用を確認するわけですね。
過去の借入が滞ったままになっていないか、トラブルがあったかどうかを確認するわけです。
トラブルが放置されたままだとブラックリストに掲載されている可能性が高く、新たに融資を受けるのは難しいでしょう。審査が通らないという結果になります。

今すぐ10万円借りたいのであれば、最短で審査に通るコツを勉強しておきましょう。

また、申し込んだ内容にウソがあった場合も審査が通りません。
現在暮らしている住所や勤めている会社にウソがあった場合などです。
うっかり間違えた場合でも、申請した内容が正しいと判断されるわけですから「うっかりしてました」という言い訳は通らない可能性があります。

審査をスムーズにクリアさせたいなら、申し込み内容に間違いがないか、不備がないかしっかり確認してから提出しましょう。

今すぐお金を借りたいという場合は審査もスムーズに通ってもらいたいものですね。

急にお金が必要になったときの対処方法

お金が必要なケースというのは、急を要するときもありますね。
例えば出来るだけ早く10万円を借りるためにはどうしたらいいかという場合、今すぐ何とかしたい場合にオススメの方法があります。

それは即日融資をかかげている業者に申し込むことです。
即日融資というのは、申し込んだその日にお金を借りることができるサービスのことです。
もちろん業者にもよりますが、その日のうちに申し込んでも結果的にお金を借りることができたのが翌日だったという体験談もチラホラ聞こえてきます。

即日融資をうけられるかどうかは、申し込んだ時間帯や曜日などが関係しているのです。
受付時間ギリギリに申し込んだ場合は、その後に審査などが行われるので即日融資が難しくなります。
それがもしも金曜日だった場合は月曜日の朝まで待たされてしまうこともあるのです。

即日融資を希望するなら、営業開始時間すぐに申し込んだり、インターネットからの申し込みであれば営業時間外でも営業開始時間前に申し込むことができますので、時間に余裕を持って申し込みしておきましょう。

総額返済する金額はいくらぐらい?

お金を借りるなら、利息についても知っておく必要があるでしょう。
元金に利息がプラスされた金額を返済していくことになりますので、返済計画を立てるためには把握しておくと便利です。

例えば消費者金融から10万円借りるとします。
業者にもよりますが、平均すると18%の利息が発生するので、10万円借入には18,000円の利息がプラスされると考えてください。

銀行のカードローンの場合は消費者金融よりも低く設定されているところが多く、平均すると14.5%で借入することができます。
10万円借入には14,500円の利息が発生します。

利息だけ見た場合は銀行のカードローンが有利になりますが、その他にもそれぞれ特徴がありますから、メリットデメリットを比較してご利用ください。
今すぐお金を借りたいときこそ情報収集が大切です。

お得に10万円を借りる方法とは?

お金を借りると金利が発生する、皆さんご存知の通りですが、できるだけ金利を抑えたいというのが本音ではないでしょうか。

例えば10万円というまとまったお金を今すぐ借りたいという場合、少しでもお得にお金を借りる方法を知っておくと便利でしょう。

やはり金利が低いところを選ぶことが一番いい方法かもしれませんね。
10万円という金額にかかる金利はどこが一番低いのか、業者の特徴を比較して一番低いところを選ぶようにしましょう。

また、消費者金融の中には期間限定で無利息融資を行っているところがあります。利息が一切つかないのです。

30日間という期間を設けているところがほとんどで、お金を借りてから返済するまで30日間以内であれば、元金だけ返済すればOKという仕組みです。

これなら利息を払う必要がないので大変お得ではないでしょうか。

消費者金融からお金を借りたときの注意事項

今すぐお金を借りるときは、自分にとって便利でお得に利用できる業者を選ぶことが大切です。
今後返済していくことを考えれば、安心して利用できるのが最低条件ではないでしょうか。

例えば消費者金融から10万円借りるとします。
このときの注意事項を予め確認しておくのです。

やはり計画的に返済できるかどうか、これは必ず確認しておく必要があるでしょう。
月々の収入からいくらぐらいずつなら返済できるのか、無理のない返済計画を立てます。

そのほかにも、借入を申し込む業者が本当に信頼できるかどうかも必ず確認します。

例えば賃金業協会の会員かどうか、これを確認するだけでも信頼できる業者か悪徳業者か見極めることができます。
テレビなどで宣伝されている業者はすでに多くの実績もあり信頼できる業者としてお勧めしますが、あまり聞きなれない業者の場合は必ず確認しておきましょう。

借入したのはいいけれど返済が厳しくなったから、という理由で他の消費者金融からまたお金を借りるという方法はオススメできません。
一時的にお金が足りる状態になったとしても、結局月々の返済額が多くなってしまうからです。

ご利用金額は無駄のないよう、本当に必要な分だけ利用するように心がけましょう。

知り合いや両親からお金を借りるときの理由は?

お金が必要になる状況は人それぞれなので、知り合いや親からお金を借りるときも、その状況をそのまま伝えることが大切です。

例えば10万円という金額は結構まとまったお金ですから、どうしてそれだけのお金が必要になってしまったのか、相手が納得できる説明が必要になります。
そのため「ウソをついたほうがいいかもしれない」ととっさに考えてしまう方もいるようなんですね。

しかし、お金を貸す側にしてみると、ウソをつかれたことほどショックなことはありません。
信用してもらってないんだと悲しくなるのです。

どんな理由でお金を借りたいのか、正直に話すことが一番重要で誠意が伝わるのではないでしょうか。

今すぐお金を借りたいという切羽詰った状況だからこそ、誠心誠意自分の状況を伝えましょう。

親からお金を借りる方法

子供を育てるためにお金のかかる時代になりました。
部活動や塾など思っているよりかなりお金がかかるものなんですね。
親に対するありがたみを感じていないわけではなく、むしろ自分もお金を稼ぐようになって親に対する尊敬する気持ちなども沸いてくるのではないでしょうか。

だからこそ、親にだけはお金を借りることを言いにくいわけですね。

親にしてみればいつだって頼ってくれたらいいのに、と考えているわけですが、これまでも十分世話になったのに、という気持ちがどうしてもぬぐえない方も多いのではないでしょうか。

特に、今現在が無職だったりすると、銀行や消費者金融からは10万円であれ借りれません。無職だと審査に通らないからです。
そんな時には多少心苦しいですが親からお金を借りましょう。

しかし、どうしても今すぐ10万円が必要となったとき、可能であれば業者から借りるより親から借りたほうが安心ではないでしょうか。

信頼できる人からお金を借りる、信頼できる人にお金を貸す、お互いに信頼できる関係性が保たれているからこそ相談してみてはいかがでしょうか。

友達にお金を借りる方法

どうしてもお金が必要になったとき、今すぐなんとか10万円を借りる方法はないものか、頭を悩ませていたとき、ふと親しい友達のことが頭を過ぎることがあります。
信頼関係があるからこそ相談したい、話を聞いてもらいたいと思えるわけです。

しかし、お金が原因で友達関係が悪化するという話も聞こえてきます。

何年も信頼してきた間柄なのに、お金が原因で関係が駄目になるのは悲しすぎますね。
できれば友達からお金を借りることは避けて通りたいところです。

何のトラブルもなくお金の貸し借りができた場合でも、なんとなくギクシャクしてしまうという話もチラホラあるようです。
親子関係ぐらい親密な関係を保てる友達であれば相談してみてもいいかもしれませんね。

もちろんお金の貸し借りですから、借用書を作成するなどしっかり誠意を見せる必要があります。
誰が、誰から、いつ、いくらお金を借りたのか、返済方法などについて記した借用書を2通作って、お互いに一通ずつ持っています。
返済が終わるまで保管しておきましょう。