カリナビ

1万円必要なときにお金を借りるには?

カリナビTOP | 一本化 | 審査基準
お気に入りに追加
お金を1万円借りるには

1万円を借りるときのオススメ方法を知りたい

それほど大きな金額ではなく、給料日までの生活費として1万円あれば助かる、という状況が訪れたとき、どうやって借りたらいいか、どこに借りたらいいか頭を悩ませる方も多いでしょう。
1万円なら次の給料がきたときに返せる範囲だから、小額キャッシングの方法を知っておけば、いざというとき助かりますね。短期借入にはどんな方法がオススメなのか気になるところです。出来れば今すぐに借りたいという場合が多いので、そんなときに役立つオススメ情報をいくつかご紹介していくことにします。

今すぐ1万円借りたいときはどうすればいいか

1万円がすぐに必要なときオススメの方法ですが、様々な金融業者の中でも「即日融資」を行っているところへの申し込みが一番手早くお金を準備できます。審査に時間を要することを逆算して、できればその日の早い時間帯に申し込みを済ませておきます。業者によって14時まで申し込めば即日融資可能、というように時間を指定しているところもありますが、場合によっては審査に時間がかかり翌日融資になることも、と注意書きがあります。
ネットから申し込みができるなら、営業時間前に申し込みを済ませることができるので急いでる場合はネットから申し込むといいでしょう。ネット以外での申し込みなら、営業開始直後に申し込みを済ませることで即日融資の可能性が高くなります。
それからお互いに信頼できる関係を持っている親や友人に頼むという方法もありますね。気心知れた中だからこそ、困ったときはお互い様という間柄なら借りることができるでしょう。ただし、親しい間柄だからこそお金の貸し借りは慎重にならなければいけません。お金が原因で関係が破綻することもあるので注意しましょう。

1万円を借りるとき銀行がオススメ? それとも消費者金融?

1万円を銀行もしくは消費者金融から借りるとき、どちらがお得で便利か気になりますね。お金を業者から借りるということは金利が発生します。それを考えた場合、出来れば金利が低いところがいいと思うのは当たり前のことです。
一般的に、消費者金融に比べて銀行のカードローンは金利が低いことで有名です。長い目で見れば銀行のほうがお得という印象がありますね。しかし、金融業者の中には無利息期間を設けているところがります。無利息で融資する期間は業者によって様々ですが、もしも次の給料日までの足しにしたいときなどは、無利息期間内に返済できるので借入した1万円のみの支払いになるので大変お得です。

キャッシングを利用して借りるとき

キャッシングで1万円を借りるとき、やはりそのときの状況を考えるとすぐにお金を用意したいという場合が多いので、いざというときのためにカードを発行しておくと便利です。銀行のカードローンでもいいですし、消費者金融で申し込みを済ませておくのもいいでしょう。クレジットカードのキャッシング枠を利用するのもいいですね。
どの方法にしても、あらかじめ申し込みを済ませておけばカードが手元にあるので、いつでも借りたいときに借りることができます。提携ATMがコンビニに設置されていれば、24時間都合のいいタイミングで利用することも可能です。

銀行を利用して借りるとき

銀行から1万円を借りることができるのか、もちろん可能です。ただし、この場合1万円の融資ではなく、カードローンの利用を薦められます。カードローンは消費者金融と比較すると少々審査が厳しいということで時間がかかり、即日融資が難しい場合もあります。もちろん、銀行によって当日の指定された時間まで申し込みを済ませておけば当日融資が可能なところもあります。
1万円だけを借りたいというなら、まずはカードローンを申し込んで、カードが発行されたらATMを利用して1万円借りるという方法が一般的です。やはり低金利で借りることができるというのが大きなメリットのようです。
今は1万円あれば大丈夫だけど、この先急な出費があるかもしれない、という場合にも、銀行のカードローンの申し込みが済んでいればいつでも利用可能なので安心ですね。ただし、本当に困ったときだけの利用にとどめておくようにしましょう。限度額いっぱい借りてしまい、本当にお金を用意したいときに借りることができない、という状況はさすがに困ってしまいますからね。

クレジットカードのキャッシング枠を利用して1万円を借りるとき

手元にあるクレジットカードにキャッシング機能があれば、いつでも1万円を借りることができます。最近ではクレジット会社の提携ATMがコンビニなどにも設置されているので、24時間好きなタイミングで借りることができるのはとても便利ですね。
クレジットカードを発行したときにキャッシング枠が必要かどうか選択するため、場合によってはキャッシング枠が設けられていない場合もあります。自分のクレジットカードはどうなっているのか予め確認しておきましょう。キャッシング枠があれば、いつでも利用が可能です。設けられていない場合は改めてキャッシング枠を設けるよう申告しましょう。
クレジットカードのキャッシング枠を利用して1万円を借りるときの注意点として、一括払い、分割払い、リボ払いの中から支払い方法を選ぶと思いますが、それぞれの支払いで利息が異なることが多いです。お持ちのクレジットカードの支払いごとの利息を予め確認しておき、「思ってた以上に利息が高かった!」「事前に高いと知っていれば他の支払い方法を選んだのに!」と後悔しないようにしましょう。

借りる金額が低ければ審査も簡単?

お金を借りるときに気になるのが「審査」ですね。審査が通らなければお金を借りることはできませんから、気になるのは当たり前のことかもしれません。
1万円を借りるときでも審査は厳しいのか、それとも金額が低いから審査が甘いのか、結論から言うと、審査は借入額が多ければ多いほど厳しくなると言われています。お金を貸す側にしてみれば、貸した相手が本当にお金を返してくれるのか気になります。金額が大きくなればなるほど慎重にならざるを得ないというわけです。
審査が必要なくなるということはありませんが、1万円借りる場合でも審査はあります。しかし、高額な借入に比べると審査はそれほど難しくないという印象だったという方が多いようです。もちろん、他から借入があって支払いが滞っているなどという場合は、たとえ借入額が1万円だとしても審査を通ることは難しいでしょう。

審査を通りやすくするためのポイントについて

ちょっとした心がけで審査が通りやすくなるのなら事前に知っておきたいですね。1万円を借りるときに必ず役立つことでしょう。
借入額が小さければ審査が通りやすいという話がよくありますが、その他にも抑えておくべきポイントをいくつか紹介していきます。
・借入額は出来るだけ小額にする
・消費者金融は即日審査で即日融資体制が整っているので審査が通りやすい
・小額なら収入証明書の提出が要らないため審査がスムーズになる
やはり小額の借入は審査が通りやすいので、1万円借りるとき「審査が通らなかったらどうしよう」という心配はあまり要らないようですね。

即日融資を可能にするにはどうしたらいいの?

1万円を今すぐ借りるとき、やはり即日融資をうたっている業者に申し込むことをお勧めします。即日融資というのは、申し込んだその日にお金を借りることができるというものです。業者の広告や公式サイトでも、即日融資を宣伝しているところがたくさんあります。
即日融資といっても場合によってはその日に借りることができないこともあります。それは申し込むタイミングが大きく影響しています。
融資を受ける際には審査が必要です。審査をクリアして、はじめて融資を受けることができます。この審査に時間がかかるため、申し込んだタイミングによっては即日融資が難しくなるというわけです。
即日融資を可能にするコツは、できるだけ早く申し込むということです。業者の営業開始直後に申し込んだり、公式サイトから24時間申し込みを受け付けている場合は営業時間前に申し込みを済ませておく、これだけでもスムーズに申し込みが進められていくことでしょう。
業者によっては、何時まで申し込めば即日融資が可能と宣伝しているところがありますが、注意事項として100%可能ではないことを伝えています。やはり早い時間に申し込むことが即日融資の可能性を高めてくれるようです。
お金を即日で借りるときの詳細

1万円借りたときの利息を知りたい

お金を借りた以上、利息が発生するのは当たり前のことです。ただ、1万円という小額を借りた場合の利息はいくらなのか、改めて知っておくことをお勧めします。
業者によって利息は様々ですが、多くの場合が十万円単位などで利息を計算しています。ですから、1万円借りた場合でも、10万円借りた場合でも利息は同じというわけです。
利息は借入金額が少なければ少ないほど高くなります。まとまったお金が必要なとき、借り入れた額が大きいほど利息が少ないという仕組みなのです。
法律が改正されてから悪質な業者は減り、利息もずいぶん低くなりました。業者ごとに利息に違いがあるので、1万円という小額の借入ならどこが一番お得なのか比較してから借入するといいでしょう。一般的な利息は年18%と定めているところが多いようです。1万円借りる場合は1,800円の利息が発生するので、支払い総額が11,800となります。

1万円を恋人から借りるとき

彼氏や彼女から1万円を借りるときの話です。お互い信頼できる間柄とはいえ、恋人同士という関係なので、つい甘えてしまうこともあります。例えば旅行やデートなどでどうしてもお金が足りなくなって「次のデートのときに返すから」という約束で借りたとします。
もちろん、相手を信頼しているのでその場では快くお金を貸してくれるでしょう。困っている恋人を見過ごせない、助けてあげたいという気持ちから貸してくれるはずです。しかし、家に帰って冷静に考えてみると、お金を貸したことに後悔する方も少なくないようです。
本当に返してくれるかどうか、というよりも、経済観念がしっかりしていない恋人に対する不安な気持ちが沸いてくるのだとか。この人と一緒に過ごしていて大丈夫だろうか、と思うようになるそうです。お金を借りてしまうと、それが癖になってしまうという話もありますし、もしかしたら私(俺)をATMにしか見ていない、と心配になる方も。
恋人からお金を借りるときは、貸してくれた後の恋人の心情も考えて慎重になるほうがいいかもしれません。どうしてもお金を借りるときは、借用書を書くといいでしょう。誰が誰からいくら借りたのか、そのお金はいつ、どんな方法で返すのか、名前もしっかり記載して、印鑑も押します。これなら信頼を失うことを少しは減らせるかもしれませんね。

1万円を親から借りるとき

どうしてもお金に困ってしまったとき、まっさきに親から借りることを考える方も多いでしょう。親にしてみれば、自分の子供が困っているなら何とかしてあげたいと思うものです。その気持ちを忘れてはいけません。
実際に働いてみると分かりますが、1万円を稼ぐことは簡単なことではありません。それなのにも関わらず、子供が困っていると分かればすぐに貸してくれる親は少なくないのです。どうしても親に頼らざるを得ない場合、どうしてお金が必要になったのか、正直に相談しましょう。
もちろん、親だからといって甘えることなく、借りたお金は返すことが大切です。お金のことでギクシャクするのは、血のつながりがあっても無くても同じです。借りたお金をいつ返すか、日にちもはっきりさせておくといいでしょう。おおげさだよ、と言われそうですが信頼をなくさないためにも借用書を作っておくのもひとつの方法です。
お金を借りた日付、お金を返す日付、誰が誰からいくら借りたのか記載します。用紙はなんでもOKです。ノートでもいいので、名前や捺印も忘れずに。

1万円を友達から借りるとき

何か困りごとがあると、親より友達のほうが相談しやすいということもありますね。いつも一緒にいるからこそ頼みごとをしやすいという関係性。もしも1万円を借りるとしたら、まっさきに友達に相談するという方も少なくありません。
ただし、金の切れ目が縁の切れ目といいます。1万円を借りたことがきっかけで、友達関係に大きなヒビが入らないように注意が必要です。一度関係が壊れてしまった友情を元に戻すことは難しいです。まして、それがお金のこととなると他の友達にも影響を及ぼします。
まさか1万円借りたことでこんなことになるなんて、と後悔しないためにも、友達からお金を借りるときは借用書の作成をお勧めします。友達なんだから別にいいよ、と相手に言われても、友達だからこそ作るべきです。
誰が、いつ、誰から、いくらお金を借りたのか、それをどんな方法でいつ返済するのか、借りた側と貸した側の住所や名前などを記載して、それぞれに印鑑を押します。これを2通作ってそれぞれ1通ずつ持っておくのです。
当たり前のことですが、約束は必ず守りましょう。返済すると約束した日に必ず返済すること、これを守れなければ友情は一瞬で破綻することをお忘れなく。

こちらの記事も読まれています。