カリナビ

お金を5万円借りるとき

カリナビTOP | 一本化 | 審査基準
お気に入りに追加
5万円お金借りるには?

手軽で安心に5万円を借りる方法を知りたい

5万円という金額が必要になったとき、ちょっとまとまったお金なのでどうやって準備したらいいか困ってしまいますね。特に冠婚葬祭ではこのぐらいのお金が必要になることが多いので、一ヶ月の間にまとまって何度もあると出費が増えて大変です。
手軽に5万円を借りるならどうしたらいいか、もちろん安心に借りることができる方法を知りたい、そんなときに役立つお話をいくつかご紹介していくことにしましょう。自分だったらこの方法がいいかな、とピッタリな方法を見つけてくださいね。

一番適した方法はどんなものがあるのか

5万円というのは、まとまったお金という感覚がありますね。大金ではないけれどまとまったお金と認識する方は少なくありません。アルバイトやパートで毎月このぐらいのお金を稼ぐことを考えたら、やはりまとまったお金という感覚は一般的ではないでしょうか。
ところが、お金を貸す側、業者にしてみると小額の融資と分類されることがほとんどです。そのため、小額融資に適したところからお金を借りることが一番良い方法ではないでしょうか。そういう意味で考えるとやはり、手軽で便利な消費者金融に軍配があがります。
消費者金融の公式サイトへアクセスすれば、ネットを使って申し込めるのも手軽で便利です。身近な融資業者として私たちの生活に密着している消費者金融なので、経済観念をしっかりもって毎月シッカリ支払うことができるのなら、こんなに便利なことはありません。

即日借りたいけれど可能かどうか気になる

5万円を借りるとなると消費者金融がオススメなので、即日融資を希望するなら問題ありません。即日融資というのは、申し込んだその日のうちにお金を用意できるというものです。
ただしひとつだけ注意点があります。即日融資が可能といっても場合によっては翌日、若しくは土日がはさめば翌週明けということになるからです。週末にどうしてもお金が必要だったのに、を嘆いても時すでに遅しです。
そうならないために即日融資を可能にする条件は、できるだけ早い時間に申し込むということです。お金を借りるときには必ず審査が必要になります。申し込み者にお金を貸しても大丈夫かどうか、業者が審査を依頼するのです。これに時間がかかるので、場合によっては即日融資が不可能になることもあるわけです。
例えば翌日にどうしてもお金を用意したいという場合は、前日のうちに業者の公式サイトからネットを介して申し込むといいでしょう。翌日営業開始と同時に手続きが行われるので、スピーディな対応が可能となります。

消費者金融と銀行カードローンを比較してみた

お金を借りるときに消費者金融がいいか、それとも銀行のカードローンがいいか悩む方も多いのではないでしょうか。どちらも便利で身近なものなので、何を決め手にしたらいいか迷ってしまうんですね。
それぞれにメリットがありますので、例えば消費者金融であれば銀行に比べると審査が通りやすいという評判があったり、即日融資が可能で返済や借入もコンビニなどの提携ATMを使えるのもメリットのひとつです。
銀行の場合は、銀行というネーミングから安心感が高いと感じている方も多いようですね。小口融資も可能な銀行もありますが、中にはその銀行の口座を開設する手順を踏まなければいけないという手間がかかってしまうことがあります。それ以外は、例えば即日融資や提携ATMなどの条件は消費者金融とそれほど変わりはありません。
元々銀行の口座を持っていれば手続きもスムーズにいくようなので、興味がある銀行があったら今のうちに口座を開設しておくのもオススメです。

5万円借りるときに必要になるものとは?

いざお金を借りるとき、一体何から準備したらいいか分からない方も多いことでしょう。5万円は小口融資だから必要な物はいらない?、いえいえ、そんなことはありません。
借りる金額がいくらだとしても、お金を借りることには違いありませんから、申し込みをする際に必要な物は必ずあるのです。それは身分証明書の写しです。どこのだれだか分からない人にお金を貸す業者なんてありませんからね。
ただし、小額融資ということで収入を証明する為の源泉徴収書や給与明細などは必要ありません。あくまでも本人確認ができればOKというわけです。身分を証明するものとして運転免許証や健康保険証が一般的です。そのほかはパスポートなどでもOKです。

どうすれば審査に通りやすいかコツを知りたい

お金を借りるときにどうしても気になる審査のこと。もしも審査に通らなければお金を借りることが出来ないわけですから困ってしまいますね。どうしても5万円を用意しなければいけないのに、という場合は審査について予め勉強しておきましょう。
どうすれば審査が通りやすいのかというと、クレジットカードや携帯電話などの支払いが滞っていないかどうか、これがカギになります。例えば過去にどこからか融資を受けていて、支払いが苦しくなってそのままにしているという場合は、間違っても審査が通ることはありません。いわゆるブラックリストに載っている状態になっているはずなので、何をどう工夫しても通ることはないでしょう。
普段から支払いを滞ることなくシッカリ支払っていれば、この人は信用できるという証になりますから、審査が通りやすくなります。支払いが滞りなく行われていることそのものが、自分の信用を証明するものになるワケです。支払いが厳しくて毎月大変という場合は、毎月の収支を見直す必要があるかもしれませんね。

時間をかけずに借りたい場合はどうすればいいのか

時間をかけずに5万円という金額を借りるためにはどうしたらいいか、これはやはり自分がどのタイミングで申し込みをするかがカギになります。
例えば借入したい業者が公式サイトを運営している場合、そのサイトから申し込みをすることができる場合があります。必要事項を記入して送信すれば、すぐにその情報が業者に届きます。もちろん電話での申し込みも可能です。即日融資が可能な業者であれば、申し込み方法はどんな形でも、条件さえ満たされればその日のうちにお金を準備することができるのです。郵送での申し込みも受け付けているケースもありますが、この場合は日数がかかるため日にちに余裕がある場合のみご利用をお勧めします。
ただし、お金を借りるときに審査がありますので、この審査に時間がかかる(混みあっているなどの状況の場合)場合は申し込んだその日に融資を受けるのが難しくなる可能性が高くなってしまいます。
ですから、どうしてもその日のうちにお金を借りたいのであれば、営業時間開始直後に申し込むようにしましょう。もしも公式サイトがあれば、前日の夜のうちに、若しくは当日の営業時間前に申し込み欄に入力して送信しておけば、業者の営業開始とともに手続きが行われることでしょう。

5万円借りたとき総額いくら返済するのか

お金を借りると必ず発生する金利。5万円借りた場合はいくらぐらいの利息を支払うのか気になりますね。
例えば消費者金融の場合、年4.5~18%に設定しているところがほとんどです。借入する額が多ければ多いほど金利は低くなるので、5万円という小額であれば18%の利息が発生することになります。
5万円×18%=9,000円の利息というわけです。総額59,000円の支払いになります。
銀行の場合は消費者金融に比べると金利は低く設定されていて、年0.5~15%が一般的です。もしも5万円を借りた場合は、
5万円×15%=7,500円の利息になります。総額57,500円の支払いです。

できるだけ金利を抑えるための秘訣とは

出来るだけ金利を抑えたいと思うことは当たり前のことです。もしも5万円借りた場合、どうやって利息を少なく出来るかコツをご紹介しましょう。
消費者金融に比べると、銀行は金利を低く設定しています。そのため、金利のことだけを考えるならば銀行から融資を受けるのが賢明ではないでしょうか。もちろん相手は銀行です。知名度が高ければ高いほど安心度も増すでしょうから、有名な銀行に申し込むことをお勧めします。
それからもしも金銭的に余裕ができたなら、例えばタイミング的にボーナスが入った場合など、一括で返済できるなら繰り上げて返済することで金利を減らすことも可能です。あくまでも金銭的に余裕ができたら、です。一括返済したら、またお金が足りなくなってしまった、では大変ですからね。
それから消費者金融の中には初めてご利用になった方を対象に、無利息期間を設けています。30日間無利息とうたっていれば、借入した日から数えて30日以内に返済すれば一切金利がかからないというものです。5万円を借りたなら5万円の返済でOKというわけです。まとまったお金が入る予定があるのなら、その日を見越して無利息期間を設けている消費者金融をご利用になってもいいかもしれませんね。

5万円を消費者金融から借りるときの注意点

消費者金融は身近で申し込みやすいと考えている方は多く、確かに実際に利用してみると借入も返済もラクという印象があるようです。
もしも5万円を消費者金融から借りた場合の注意点ですが、ほとんどの場合5万円より多くの融資額を業者側で提示してきます。10万円というのが一番多いでしょうか。そのため、感覚が鈍ってしまい、その10万円の枠が自分のお金であると錯覚してしまうことがあるのです。
消費者金融の融資可能額は銀行の口座にあるお金とはまったく別物です。自分のお金ではなく業者のお金なんです。これをしっかり認識しておかないと、5万円借りるつもりが、つい無駄遣いのために10万円ぴったり借りてしまったということになりかねません。
もちろん、生活費などにどうしても必要な場合は話が別ですが、冷静に考えれば無駄遣いだったと思うような使い方は避けたほうが賢明です。それは「いざというときのため」にとっておきましょう。いつかまた急にお金が必要になったときのための手段としてシッカリ認識しておいてくださいね。

知り合いや親から5万円借りるときにどんな理由ならOK?

知り合いや親からお金を借りる場合、どんな言い訳をしたらいいか悩む方は少なくありません。もちろん素直に、正直に理由を話すことが一番いいわけですが、どうしても言いにくいというのが心情ですね。
どうして5万円が必要になってしまったのか、もしもウソをついて借りたとしても、そのウソをうっかり忘れてしまうことも考えられます。そういうときのウソは案外すぐにばれてしまうものです。知り合いや親という身近な人だからこそ、正直にお金が必要になった理由を話してみましょう。
身近な人ですから、必ず理解してくれるはずです。ウソがばれて後で気まずい思いをすることを思えば簡単なことです。5万円というまとまったお金が必要なケースは冠婚葬祭などが一番多い理由なので、それがお金を借りる理由なら多くの方は納得してくれることでしょう。
他の理由についてはこちら

親から5万円借りたいけれどだいじょうぶ?

親という一番身近な存在だからこそお金を借りることを言い出しにくいということがありますね。おそらく小言の一言二言言われるだろうと想像するだけでも足が遠のいてしまいそうです。
しかし、小言を言うということはそれだけ自分を心配してくれている証拠なわけですから、もしも親に頼ることができるのであれば、正直に事情を話して「こういうわけで5万円必要になった」と打ち明けましょう。
中には「返さなくてもいい」と言ってくれる親もいるかもしれません。しかし、いくら親子でもお金の貸し借りはシッカリしておいたほうが今後のためでもあります。一括で支払うか、分割で支払うか、それはいつなのか自分の意思をシッカリ伝えてからお金を借りることをお勧めします。
場合によっては借用書を作ることもお勧めします。立派な紙ではなくても、コピー用紙でもいいですし、ノートでもOKです。いつ、誰が、誰から、いくらお金を借りたのか、いつお金を返すのか、お金を返す方法やお金を貸した側の住所と名前、お金を借りた側の住所と名前も記載します。親子だからこそお金のことでトラブルを起こしたくありませんからね。

友達から5万円借りたいけれどだいじょうぶ?

もしも逆の立場だったら、と想像してみてください。5万円はまとまったお金です。個人から個人が借りるには結構大きな額だと思いませんか?
どんなに親しい友達だとしても、どうしてそんなお金が必要になったのか心配になることもあります。そして、友達だからこそ貸してあげたいという気持ちと、お金を返してもらえなかったときに催促しにくいという気持ちで揺らぐことでしょう。
それを踏まえて考えれば、友達からお金を借りるのは最終手段と考えるほうがいいかもしれません。お金を貸して欲しいと伝えるほうも心苦しいでしょうし、そう言われた友達も同じように心苦しくなることが多いのです。また、お金のことがトラブルになって友人関係が破綻したという話もよくありますね。それを考えたらやはり、友達からお金を借りることはあまりお勧めできません。
もちろん年齢や状況によって仕方がない場合もありますから、そのときは友好な友達関係をこの先も保つために、借用書を2通作って、お互いに持っておくことをお勧めします。借用書には、だれが、いつ、誰から、いくら借りて、いつ返すのかを記載します。そのほか支払い方法なども書いておくといいでしょう。信頼できる間柄だからこそ困ったときはお互い様、そんな関係なんですよね。お金の貸し借りはしっかりしておく必要があります。友達からお金を借りる場合は心得ておきましょう。