カリナビ

5万円お金を借りる

カリナビTOP | 一本化 | 審査基準
お気に入りに追加
5万円お金借りるには?

手軽に5万円お金を借りる方法を知りたい

5万円お金を借りることを考えている人は、この記事を3分使って読んでみてください。急いでお金が必要な時ほど焦ってしまい、細かいことまで注意が及びません。そこで、この記事はあなたに変わって5万円を借りるお得な方法をじっくり調べて簡潔にまとめてあります。たとえば今日が休日だとしても問題ありません。どんな時にもお金を借りる方法はいくつも用意されています。読み終わる頃には頭の中も整理され、賢くお金を借りる方法が身についているはずです。

5万円お金を借りる一番いい方法は?

もし、5万円借りたい理由が買い物だとしたら、クレジットカードでの支払いも検討してみましょう。これなら翌月払いなので現金が無くても買い物できます。
飲み会の会費だったら、全員分を自分のクレジットカードで一括払いをするという方法もあります。全員から現金で会費を集めれば、ある程度まとまった資金が手に入ります。
そうではなくて、生活費や引き落としの残高不足で5万円を借りたいのであれば、カードローンの利用がおすすめです。
友達から借りるには高額ですが、借金として見ると少額です。そのため、申込みや審査のハードルはあまり高くありません。利息もあまりかからないので、ちょっと現金が足りない時に非常に役に立ちます。

即日借りることはできる?

当日中に5万円を借りたいなら、即日融資に対応している消費者金融を利用しましょう。審査は最短で30分程度なので、お金を借りるまで最短1時間程度で済んでしまいます。
ただし、即日融資が確実なのは平日の午前中に申し込むことです。カードローンを契約するまでには審査や在籍確認といった手順があります。少しでも申込みの時間が遅れれば、それらの作業も遅くなります。
「今日5万円借りたい」ということなら、少しでも早い時間に申込みましょう。ネットから申し込めばすぐに審査をしてもらえます。明日お金が必要なことがわかっている状態なら、夜中でも構わないので気づいた時に申込みをしておきましょう。翌日の朝一で審査が始まるので、すぐに次の手続きに移れます。
土日や長期休みは即日融資の可能性が低くなります。5万円の融資であれば在籍確認なしで契約できる場合もあるので、その可能性に賭けて申込みをしましょう。

消費者金融と銀行カードローンを比較

カードローンは消費者金融だけでなく、銀行でも扱っています。5万円とは言え、どっちで借りるのがお得なのかは知っておいて損はありません。そこで、両者の違いを比較してみました。
まず違う点は「金利」です。消費者金融は18%、銀行は14%が平均なので4%の違いがあります。5万円を1ヶ月間借りた場合、金利18%なら利息は約739円です。それが14%だと約575円なので、約164円の違いがあります。この差は借りている期間が長くなるほど開いていきます。
しかし、多くの消費者金融が初回利用時に限り無利息期間を設けています。平均30日間は金利が無料になるので、この場合は消費者金融で5万円借りる方がお得と言えます。

次に違う点は「審査時間」です。銀行のカードローンを契約した時、審査は保証会社が行うことが大半です。手間がひとつ増えるため審査時間が長くなり、即日融資の可能性が低くなってしまいます。そしてこの保証会社というのは、消費者金融がやっている場合が多いのです。つまり、銀行カードローンの審査は消費者金融が行っていることになります。
それなら、最初から消費者金融に申し込んだ方が審査がスムーズであることは間違いありません。こうしたことから、「今すぐ5万円借りたい」というシチュエーションなら消費者金融が向いているということが分かります。

「時間別」今すぐお金を借りる方法

5万円お金借りるときに必要になるものとは?

5万円は借金としては比較的少額に分類されます。そのため申込みに必要な書類も本人確認書類のみでOKという金融業者が大半です。運転免許証または健康保険証があればお金を借りることができます。ただし、顔写真がない身分証を提出する場合は、住民票や公共料金の領収書などが必要になります。運転免許証に記載されている住所が現住所と異なる場合も同様です。
50万円以下の融資申込みは原則として収入証明書の提出は必要ありませんが、すでに他社から100万円以上借りている時は提出を求められることがあります。審査の際に金融業者が必要と判断した時にも提出が求められます。
書類の提出方法は、ネットから申し込む場合はスマホのカメラで本人確認書類を撮影してデータを送るのが一般的です。一部消費者金融では専用のスマホアプリを使って書類を提出することもできます。
郵送だと即日融資はできないので、必ずネットを使う方法で申込みをしましょう。

審査に通りやすいコツはあるの?

今すぐまとまった現金が必要ということであれば、審査はスムーズに通過したいところです。そこで、申込み前に審査通過のコツを知っておきましょう。
審査基準の中でも重視されているのが「他社借入件数」です。すでに他社から多額の融資を受けていると、審査に通らない可能性があります。一般的に、4社以上から借りているとアウトと言われています。
次に重視されているのが「他社借入額」です。消費者金融は総量規制というものがあり、年収の1/3以上のお金を貸し出すことができません。そのため、年収300万円の人がすでに他社から100万円借りていればその時点で審査に落ちます。申し込む時は自分が今いくら借金があるのかを確認しましょう。
最後に「現在の支払状況」も審査基準の中で重視されます。クレジットカードや携帯料金の支払いなど、毎月支払わなければいけないものを滞りなく払っているかどうかが確認されます。何かひとつでも支払いが滞っていれば審査の通過は無理でしょう。
こうした情報は隠していても審査の際に全てバレてしまいます。個人信用情報機関というところに情報が全て載っているため、金融業者は審査の際にその情報をチェックします。申込みの際に個人情報に関する規約に同意させられるのはこのためです。
個人信用情報機関には、過去に支払い関係でトラブルを起こしていると異動情報が登録されるため、これを「ブラックリスト」と呼んでいるのです。
これらに思い当たる点がなければ、5万円程度であればすぐに審査は通過できるでしょう。

5万円借りたときの返済額はいくら?

お金を借りるなら必ず発生するのが金利です。消費者金融は、金利を年4.5~18%に設定しているところがほとんどです。借入する額が多ければ多いほど金利は低くなるので、小額であれば18%の利息が発生します。
先程紹介した通り、18%の金利で5万円を1ヶ月間借りたとすれば、発生する利息は約739円です。一回で返済するなら、返済総額は50,579円ですが、大半の方が分割払いを選択するかと思います。そこで、消費者金融各社で5万円を借りた際に月々返済しなければいけない最低額を紹介していきます。
・プロミスで5万円借りる場合【月の最低返済額は2,000円】※初回30日間無利息
・アイフルで5万円借りる場合【月の最低返済額は4,000円】※初回30日間無利息
・アコムで5万円借りる場合【月の最低返済額は3,000円】※初回30日間無利息
・SMBCモビットで5万円借りる場合【月の最低返済額は4,000円】
各社2,000~4,000円が最低返済額として定められているので、5万円を借りると最低でもこの金額は毎月返済していくことになります。もちろん、最低返済額が少ない方が返済期間は伸びるので利息が多くかかります。少しでも利息を安くしたいのであればどんどん返済していきましょう。

できるだけ金利を抑えるための秘訣とは

最低返済額だけ返しているといつまでも返済が終わりません。その間金利は発生し続けているので、なるべく利息を抑えるようにしたいですよね。
「給料日までの生活費が足りない」「ボーナスで返したい」と考えているようなら、借入期間はそう長くないはずです。そんな時は消費者金融の無利息キャッシングを利用しましょう。
SMBCモビット以外の大手消費者金融であれば、初回利用に限り30日間は無利息となるキャンペーンを行っています。その会社と初めて契約した人限定ですが、利息0円で借りることができます。すぐに返せる予定がある人ならこの方法がおすすめです。
「中々返せない」という人はそもそもの金利が低い銀行カードローンを利用しましょう。銀行は金利が平均14%程なので、消費者金融に比べれば利息を抑えられます。短期間なら数百円程度の違いしかありませんが、毎月細々と返す予定なら差額はどんどん広がっていきます。
中でも、レイクは5万円以下の借入なら180日間利息が無料になるというサービスがあります。月に換算すると6ヶ月に相当するので、半年以内に返済すれば利息は一切かかりません。まだレイクと契約したことがないという人は、これを使うのがもっともお得に5万円お金を借りる方法と言えます。
銀行・消費者金融どちらで借りた場合でも、金利を安くするために積極的に行いたいことがあります。それが繰り上げ返済です。例えばタイミング的にボーナスが入った場合など、一括で返済できるなら繰り上げて返済することで金利を減らすことも可能です。あくまでも金銭的に余裕ができたら、です。一括返済したらまたお金が足りなくなってしまった、では大変ですからね。
数千円でも繰り上げ返済可能なので、ちょっと余裕がある時にコンビニATMから積極的に返していくことをおすすめします。完済までの期間を短くすることが一番の節約です。

友人や知り合いから5万円借りる時にどんな理由ならOK?

5万円であれば、友達や知人を頼ろうと考える人も少なくないでしょう。しかし、消費者金融からしてみれば少額融資でも、友達からしたら大金です。借りるのであればそれなりの筋の通った理由が必要です。そこで、知人や友達から5万円を借りるためにはどんな理由ならOKされやすいのか紹介します。
理解されやすい理由としては、やむにやまれぬ事情がある時でしょう。急な入院や冠婚葬祭など、自分ではどうすることもできないことでお金が必要になったと言えば、借りやすいはずです。素直に事情を話して、困っていると正直に伝えることが大事です。
しかし、いくら真剣にお願いをしても必ず借りれるわけではないので過度な期待はしないようにしましょう。話した結果断られたというのも珍しくありません。その時は、友達にキツイ懐事情を告白した結果だけが残り、お互い気まずい雰囲気になってしまう可能性があります。
それだけ友達から5万円を借りるというのは大変なことなのです。生活費の足しや飲み会の費用、ギャンブルに使いたいなどの理由はほぼ断られると考えておきましょう。お金にルーズな人と思われて関係が悪化することもあるので、知人や友達に相談する前に一度冷静になって考えましょう。
他の理由についてはこちら

親から5万円お金を借りるためのいい言い訳は?

親という一番身近な存在だからこそお金を借りることを言い出しにくいということがありますね。おそらく小言の一言二言言われるだろうと想像するだけでも足が遠のいてしまいそうです。
しかし、小言を言うということはそれだけ自分を心配してくれている証拠なわけですから、もしも親に頼ることができるのであれば、正直に事情を話して「こういうわけで5万円必要になった」と打ち明けましょう。
中には「返さなくてもいい」と言ってくれる親もいるかもしれません。しかし、いくら親子でもお金の貸し借りはシッカリしておいたほうが今後のためでもあります。一括で支払うか、分割で支払うか、それはいつなのか自分の意思をシッカリ伝えてからお金を借りることをお勧めします。
場合によっては借用書を作ることもお勧めします。立派な紙ではなくても、コピー用紙でもいいですし、ノートでもOKです。いつ、誰が、誰から、いくらお金を借りたのか、いつお金を返すのか、お金を返す方法やお金を貸した側の住所と名前、お金を借りた側の住所と名前も記載します。親子だからこそお金のことでトラブルを起こしたくありませんからね。

まとめ

今すぐ5万円借りたいなら、即日融資可能な消費者金融を利用しましょう。初めて契約する会社なら30日間無利息で使えるので、借りたお金だけを返すだけで構いません。レイクなら業界最長の180日間無利息なので、半年以内に返せば利息は取られません。
ただし、無利息期間は初めてお金を借りた日ではなく、契約した日から30日間ですので注意しましょう。これだけ理解していればお得に5万円を借りられます。
50万円以下の希望額なら収入証明書も必要ないので、免許証があればカードローンを契約できます。意外とハードルが高いと思われがちですがそんなことはありません。
下手に友人や知人、親に頼むと関係が悪化しそうな金額なので、その辺りをよく考慮しましょう。そして、借りたらすぐ返すことを覚えておきましょう。