カリナビ

アコムでお金借りる前にチェックすること

カリナビTOP | 一本化 | 審査基準
お気に入りに追加
アコムでお金借りる

消費者金融のアコムでお金を借りる方法は?

アコムと言えば消費者金融の中でも大手の会社です。お金を借りることを考えたら、できれば安心できる所から借りたいものですよね。でも、どんな基準を満たしていたら安全な会社といえますか?

この記事では、アコムの限度額や金利や審査基準など、お金を借りる前に知っておきたい基本的な情報をまとめています。返済方法や必要書類も紹介しているので、アコムの利用を考えているのであれば確認しておきましょう。基本的な情報を他社と比較してみることで、アコムが安全な会社であることが確認できるはずです。
その上で、申込み基準に自分が当てはまっているかを確認し、問題なければアコムに申込みをしてみましょう。
「誰にもバレずにお金を借りる方法はないの?」、「借り入れや返済は手軽にできたら嬉しい」、そんな色んな悩みや不安を解消しませんか?

この機会にアコムのイロハをひとつずつ確認して、安心カードローンライフを送りましょう。いざというときの強い味方になってくれるのかどうか、早速チェックです。

アコムの金利は?限度額はいくら?

アコムの金利は貸金業法に基づいた範囲内で設定されています。借りるお金によって段階的に金利が分けられており、最大金利は18%と設定されています。ここではアコムでお金を借りた場合の、発生する金利について解説していきます。

アコムで設定している金利は3.0~18.0%となっています。借りるお金の総額によって金利が変動しますが、18.0%というのは100万円以内の借り入れに適用されます。100万円以上借りると最高金利は15%に下がります。

そして、アコムの借入限度額は800万円までとなっています。ただし、希望すれば誰もが800万円まで借りることができるのかというと、そうではありません。
アコムは消費者金融ですので、総量規制というものがあります。総量規制とは、自分の年収の3分の1以上のお金は借りられない法律です。アコムは当然法律に基づいて経営していますので、カードローンの限度額が800万円であっても、年収が条件を満たしていないのであれば限度額まで借りることはできません。

自分の前年度の年収に対して限度額が決まりますので、800万円以下の範囲内で、年収の3分の1の額がアコムで借りることのできる限度額ということになります。例として、年収300万円の人がアコムで借りることができるお金は100万円までと言うことになります。

アコムの申込方法や必要書類

アコムからすぐにお金を借りるためには、予め手続きの流れを知っておくことが近道です。説明される前に、自分が全て流れを把握しておけば、それだけ早くお金を借りれます。

アコムの申込方法には3種類あります。1つ目は自動契約機での申込みです。全国のアコム店舗または自動契約機「むじんくん」まで来店し、必要書類を提出することでその場でお金を借りることができます。自動契約機は、三菱東京UFJ銀行の一部店舗にも設置しています。窓口であれば担当者の指示に従い、むじんくんであればタッチパネル操作をするだけで、審査結果がその場で出ます。土日祝日でも、夜間(22時まで)でも手続きができるので、即日お金を借りたい人におすすめです。

2つ目はインターネットを使った申込みです。スマホ・ケータイから申し込む際にはアコムのホームページから申し込みフォームに必要事項を入力し、書類はアプリを使ってアップロードします。審査結果が電話またはメールで通知され、カードを受け取ればお金が借りられます。パソコンで申し込む際も同じ方法で可能です。必要書類の受付はFAXや郵送、店舗や無人契約機への提出も可能です。カードの受取方法も、郵送とアコムの店舗またはむじんくんで受け取ることができるので、申込みだけネットで済ませて、後はアコムの店頭やむじんくんで手続きをすることもできます。即日お金を借りたい場合は、こちらの方法が最速で融資可能なのでおすすめです。急ぎでなければ、全てネットと郵送で手続きを済ませてしまえば来店不要でお金が借りれます。

3つ目は電話での申込みです。アコムのフリーコールへ電話をするだけで、その場で簡易審査をしてくれます。簡易審査に通過したら、来店または郵送やFAXで申込書と本人確認書類を提出します。アコム店頭またはむじんくんであればその場でカードが発行されます。FAX送信も平日の14時までに提出が完了すれば、その日のうちにお金を借りることが可能です。郵送の場合だけ、後日カードが郵送されてからの融資となります。郵送書類には「アコム」の名前は入っておらず、「ACサービスセンター」の名義で送られてきます。家族にバレることがないので、安心ですね。

アコムでお金を借りるときに必要な書類は、どの手続き方法でも同じものです。本人確認書類として「運転免許証」または「個人番号カード」、「健康保険証」が必要なのと、収入証明書の2種類が必要です。本人確認書類に顔写真が入っていない場合は「住民票」、「公共料金領収書」、「納税証明書」が別途必要です。収入証明書はアコムから50万円以上借りる場合や、既に他社を含めて借金が100万円以上ある場合に限られます。書類にマイナンバーが記載されている場合は、その部分を塗りつぶしてから提出しましょう。

アコムの借り入れ条件は、年齢は満20歳以上69歳以下に定められています。安定した収入を受け取っているのであれば正社員ではなくてもアルバイトやパート、派遣社員でも借りれます。

アコムの審査は厳しい? それとも簡単?

消費者金融のカードローンを申し込むなら気になるのが「審査」です。お金を借りるのに審査が通らなかったらどうしようと誰もが不安に思うものです。

アコムの審査はどうでしょうか。

実際に申し込んだ人たちの口コミによると、勤め先や収入、他社からの借り入れなどを正直に申告すれば、審査はそれほど難しいことはないそうです。少しでも信用してもらいたいから、とウソを申告すれば一気に信頼を失い審査が通らなくなってしまいます。

また、最初の申込であまり大きい金額を提示すると審査に時間がかかるという口コミもあるようです。後から融資枠を増やすことは可能なので、早く審査を済ませて欲しい場合は予め本当に必要な金額だけを提示するといいそうです。まずは10万円程度で申込みをすると、審査通過率が高くなると言われています。

アコムは申込みから審査完了まで、最短30分で終わることが特徴です。アコムの店舗や自動契約機なら、30分待てばすぐにその場で審査結果が分かります。ネット申し込みなら、30分後にメールで審査結果が届くので、待ち時間無くお金が借りられます。→消費者金融の審査について詳しくはこちら

アコムの返済方法を事前に知っておきたい

アコムの返済方法は以下の4種類から選べます。

・インターネット

・コンビニ

・アコム店頭窓口

・アコムATM

・振込み・自動引き落とし

インターネット返済の特徴は、24時間365日いつでも返済ができることです。全国の銀行や信用金庫と提携しているため、アコムのマイページから手続きをすれば、自分の口座からすぐに返済ができます。手数料は無料ですし、土日祝日も手続き可能です。
コンビニ返済は全国の主要コンビニに設定されているATMに入金することで返済する方法です。返済手数料は1万円以下なら108円、1万円以上なら216円です。手数料がかかるのはデメリットですが、全国のコンビニで返済できる気軽さが最大のメリットと言えます。
アコム店頭で返済する方法は、アコムの店舗営業時間内であれば利用可能です。手数料無料で返済できる点が特徴です。
アコムATMは全国のアコム店頭や無人契約機に併設されています。24時間いつでも返済でき、手数料も無料です。アコムのATMの設置場所は、ホームページから検索することが可能です。
自動引落で返済する場合は、アコムのコールセンターに電話して手続きをする必要があります。口座振替依頼書を郵送してもらい、2〜3ヶ月後から自動で引き落としがされるようになります。いつから自動で引き落としになるのかの通知は来ないので、必ずアコムのコールセンターに確認をしましょう。自動引き落としがされるまでは別の方法で返済をしなければいけません。

ちなみに返済期間についてですが、アコムの場合は毎月決められた日に返済する「毎月指定期日」もしくは「35日ごと」のどちらかをお選びいただけます。口座振替の場合は毎月6日と決められています。

アコムで誰にもバレずにお金を借りる方法

消費者金融からお金を借りることは悪いことではありません。しっかり返済していけば何も問題ないのですが、どうしても後ろめたさが残ってしまいます。

そのため、出来ればお金を借りることは誰にも知られたくないと思うのです。

アコムでお金を借りることを検討中という方、ご安心ください。申込の際に自宅に電話番号ではなく自分の携帯電話番号を記入すれば、アコムから連絡がある場合は自宅に電話がかかってくることはありません。つまり、一緒に暮らしている家族にバレることはないのです。

それから申込みをした際、在籍確認として勤務先にアコムから電話がかかってきますが、アコムということは絶対に名乗りません。担当者の個人名で電話をかけてくるため、個人的に付き合いのある人なのだろう、と勤め先の人たちは思うはずです。

ちなみに、申し込む人が男性であれば担当者を男性に、申し込む人が女性であれば担当者を女性にお願いすることも可能です。在籍確認の連絡が来る前に、予め申し出ておくといいでしょう。

また、アコムでは申込みの際に記入した会社に勤めていることが証明できる書類を提出すれば、在籍確認の電話をなしにしてもらうことも可能です。具体的には、会社名や所属が分かる健康保険証や給与明細、社員証等です。必ず、申込時にその会社に在籍していることが証明できる書類であることが重要です。それらの書類を提出した上、アコムのコールセンターに電話をし「在籍確認なしでお願いします」と相談しましょう。書類が有効と判断されれば職場に電話確認がかかって来ることはありません。

ただし、ひとつだけ注意点があります。それは、万が一支払いが遅れてしまった場合です。何の連絡もなく支払いが遅れている、携帯電話に何度もかけているのに出ない、などの場合は自宅に催促状が届けられます。これでは家族にバレてしまう可能性が大きいです。滞りなく支払うこと、これもバレないための秘訣です。

完済した後に解約する方法を知っておきたい

アコムから借りたお金を全額返した場合、いざというときのためにそのままカードをお持ちになっていれば大変便利です。審査で決められた限度額以内であれば、何度でも借りたり返したりができるので、冠婚葬祭などで急にお金が必要になってもすぐにお金を借りることができます。
ローンカードを一度解約してしまえば、またお金を借りたい時には再度審査が必要になりますし、手元にお金を用意するまで時間がかかってしまいます。持っていても困るものではないので、どうしても解約したいなどの理由がない限りは、アコムのカードはそのまま持っておくことをおすすめします。

それでも、どうしても解約したいという場合もあるでしょう。元々は自分のお金ではないのに錯覚をしてついお金を借りて贅沢をしてしまうという場合など、生活を改めたいので解約したいという方も少なくないようです。

アコムの解約方法は、アコム総合カードローンデスクに電話をかけて解約を申し出るか、もしくは近くの店頭窓口で手続きすることができます。

店舗窓口は土日祝日の営業はしておらず、平日の営業時間は朝の9:30〜夕方18:00までです。
アコムのキャッシングカードは全額返済が完了した後、手数料や年会費などは一切かからないので、特に心配がなければそのままお持ちになっていたほうがいいかもしれません。

アコムの借り入れ、返済出来る場所は近いほうが助かる

アコムの借り入れ・返済は全国のコンビニATMで可能です。セブン銀行のATM、ローソンのATM、ファミリーマートなどに設置されているE-netのATMで借り入れと返済ができるので、生活範囲の最寄りのコンビニが、アコムが利用できる場所とおぼえておくと良いでしょう。
また、インターネットを利用すれば24時間365日、手数料無料で返済ができるので、自宅で返済ができてしまうのもアコムの特徴です。借り入れはコンビニ、返済はインターネットといった使い方が便利でおすすめです。コンビニ返済では、所定の手数料がかかってしまうため、返済はインターネットが良いでしょう。
また、近くにアコムのATMや自動契約機があれば是非利用しましょう。どこにアコムのATMが設置されているのかは、アコムのホームページから検索できます。

気になるアコムの利用者による口コミ

お金を借りる以上は、アコムを実際に利用している人の口コミは気になりますよね。実際にアコムを利用した方々はどのような印象を持ったのか、申し込む前に色々知っておきましょう。

例えば、インターネット上での申込について。専用アプリを使って本人確認書類をアップロードするだけで提出が完了する手軽さはとても評判がいいようです。手軽で簡単、便利に申し込めるのはもちろんのこと、これなら家族や知り合いにバレなくて済むという安堵感もあるようです。

申込みだけではなく、借り入れや返済もネット上から出来るのは大助かりという口コミもあります。ネットに繋がるパソコンや携帯電話、スマホがあればいつでもどこでも利用できるのが最大の魅力という声も多く寄せられています。

なにより消費者金融の中でも大手なので安心できるというのも評価されているようです。

アコムを利用した際のメリットとデメリットについて

お金を借りるのだから多少のデメリットは仕方が無い、と思っていませんか?実はそれは大きな間違いです。カードローンも一種の金融商品です。ライバル各社が少しでも良いものを販売して競っているわけですから、デメリットの少ない会社を選ぶことだってできるのです。

そこで、アコムでお金を借りるメリットとデメリットを紹介します。メリットを見て、自分の希望に合っていると思えば、アコムでお金を借りる理由の一つになりますよね。

アコムのメリットと言えば、やはり何と言っても知名度ではないでしょうか。テレビコマーシャルなどでも頻繁に名前が流れていることから、業界の中でもトップクラスの知名度といえます。そのため安心感でアコムを選ぶ人も多いのが特徴です。
アコムといえば、三菱UFJフィナンシャルグループに属する消費者金融です。同じグループには三菱東京UFJ銀行もあり、それだけできちんとした会社ということが分かります。もちろん、金融庁に登録されている登録貸金業者であるため、金利なども法律に沿って設定されています。安心感で選べるという点は大きなメリットです。

アコムのデメリットを挙げるとすれば、審査に多少時間がかかってしまうことがあるという点です。これは申し込む方の状況によって丁寧に審査したあまり時間がかかってしまうことがある、ということなのです。

アコムは利用者の気持ちをよくわかっている点も特徴の1つです。例えばアコムのキメ細やかな配慮として、自動契約機で申し込むと「郵便物の郵送」について、「自宅に送付」、「勤務先に送付」、「送付を希望しない」、の中から選ぶことができます。電話連絡に関しても、携帯電話やメールへの連絡を「希望する」、「希望しない」、勤務先への連絡を「希望する」、「希望しない」、から選択できるのです。

お金を借りる側の立場を分かってくれる、それがアコムなのかもしれません。