カリナビ

アルバイトでもお金借りる秘訣

カリナビTOP | 一本化 | 審査基準
お気に入りに追加

アルバイトでもお金借りれる?

アルバイトでもお金は借りることができる?確実な方法、お教えします!

雇用形態に関係なく、急にまとまったお金が必要になることは誰にだってありますよね。普段はアルバイトやパートで働いているけど、お金を借りることはできるのか?他の人はどうやってお金を工面しているのか?気になりますよね。この記事では、そんな疑問にお答えします!


友人にも親にも借りることができず、困っているあなたに朗報です。

正社員じゃなくても、アルバイトでもパートでも、銀行や消費者金融からお金を借りる方法は存在します!

キャッシングやカードローンを利用できるなら、今あなたの周りにあるたくさんの悩みが解決します。


ただし、アルバイトで銀行や消費者金融の審査に通るためにはいくつかのポイントがあるのです。やはりアルバイトと正社員を比べると、審査における条件が変わってしまうのは仕方ないのです。

今回は特別に、アルバイトでもお金を借りることのできる方法をご紹介いたします。ぜひ、そのポイントを押さえて、悩みを解決してみませんか?

パートの方はこちら

アルバイトでもお金を借りる条件

例えば、フリーターでアルバイトをしているだけという場合、銀行や消費者金融からお金を借りることはできるのか、という心配がありますよね。


確かにアルバイトやパートで働いている人は、一般的にはお金を借りにくいとされています。

しかし、銀行や消費者金融はバイトだからといって審査を落とす事はありません。

企業が個人にお金を貸す際に、一番重要視するポイントは、「安定した収入があるかどうか」ということです。

正社員でないこと、年収が低いこと、フリーターであること、学生であることなど、これらをリスクと感じるかもしれませんが、本当は「安定した収入があるかどうか」ということこそがキャッシングやカードローンにおいて審査の際の鍵となります。

安定した収入というのは「毎月1回以上給与の振り込みがされている」状態を指します。この条件であれば、フリーターでもバイト代さえ振り込まれていればクリアしている事になります。


例えば、何年も同じアルバイトをしていて、毎月定期的に口座に給料が振り込まれている場合などでは、その収入の実績によって支払い能力のある、信用できる人であるとみなされるため、お金を借りることができるのです。

アルバイトもパートも、毎月の安定した収入があれば立派な職業です。

安定した収入を得ているという実績こそがあなたの「信用」となり、銀行や消費者金融の審査のうえで、大きなプラスポイントとなるのです。

今すぐお金が必要!バイトが即日お金を借りる方法

急にお金が必要になってしまい、アルバイトの身の上とはいえ一日でも早くキャッシングやカードローンを利用して現金を手にしたい。

そんな状況において、少しでも早くお金を早く借りることのできる方法とは、どういったものでしょうか。


それは、インターネットと自動契約機、この二つを使うことです。

パソコンが無くても、スマートフォンを利用すれば大丈夫です。

その二つも使えない場合は、電話と自動契約機を使って申し込みをしましょう。

即日融資のポイントは、すぐに審査に通過することとカードローンを手に入れることです。


まずは、インターネットもしくはスマートフォンを使い、利用したいカードローンやキャッシングの申し込みの手続きをしましょう。本人確認書類は運転免許証があれば一番早く審査が終わります。最近では、スマホのカメラで本人確認書類を写メしてアップロードするだけで提出が完了する金融業者も増えてきています。

そして審査を待っている間に、自分の利用しやすい場所にある自動契約機を探しておきます。例えば自宅やバイト先の近くに自動契約コーナーがあれば完璧ですね。

これで審査が終わり次第、自動契約機でカードローンを受け取り、その場でお金を借りることができます。


電話の場合も同じで、電話で審査の申し込みをした後で、自動契約機の場所を探しましょう。

このとき、電話で急ぎであることを伝えておくと、早めに手続きをしてもらえるかもしれません。


ここでひとつ注意しておきたいのは、自動契約機には営業時間があるということです。

アルバイトが終わったあと契約機に行っていざお金を受け取ろうとしたら、閉まっていた……なんてことにならないように、これらもきちんとチェックしておく必要があります。多くの自動契約コーナーが21時でしまってしまうので、受付時間はよくチェックしておきましょう。

中には二十四時間営業のものもありますので、一分一秒でも早くお金が必要な場合は、そのサービスを利用するのもおススメです。カードローンさえ受け取ってしまえば、コンビニATMでお金を借りることも可能です。

銀行と消費者金融…アルバイトがお金を借りやすいのはどっち?

アルバイトの場合、銀行と消費者金融ではどちらのほうがお金を借りやすいのでしょうか?


銀行は消費者金融と比べると、審査は厳しめと言われています。

金利が安い、借入限度額が多いなど、良い条件があるかわりに、その分審査がどうしても厳しくなってしまうようです。

ですがその銀行の口座を持っていて、バイト代が毎月定期的にそこに振り込まれている場合は、やや審査に通りやすくなるようです。これは銀行が審査の際に、毎月の収入をハッキリ確認できるためです。

また、大手の銀行に比べて、地方銀行・信用金庫などの地域密着型の銀行の方がお金を借りやすいようです。バイト代の振り込みがどこの銀行でもいいのであれば、利用したいカードローンを扱っている銀行口座を開設して、そこにバイト代を振り込んでもらうようにしてみるのもコツです。


消費者金融の場合ですが、審査は銀行よりも通りやすいとされています。

それに消費者金融の方が銀行に比べて、審査にかかる時間が短いことと、実際にお金を借りれるまでのスピードも速いことなどの利点があります。

とにかく急ぎでお金を借りたいという場合においては、銀行よりも審査が緩い消費者金融を選ぶ方が安心です。


ただし、デメリットとして、銀行よりも消費者金融の金利が高いという点が挙げられます。消費者金融によっては無利息の期間が設けられている場合もありますので、それをうまく活用して返済することも検討してみましょう。アルバイトの身の上でも審査に通りやすい消費者金融で、便利にお金を借りることができますよ。

アルバイトのカードローンやキャッシング限度額って、いくら?

「じゃあアルバイトは、カードローンやキャッシングを利用して、一体どのくらいの額までを借りることができるのだろう?」

といった疑問にもお答えしましょう。


そもそも消費者金融では「総量規制」という法律の関係上、年収の三分の一以上を貸すことができません。

ですので、バイトでの年収が100万円の場合は借りることのできる額は30万円くらいまで、と考えておくといいでしょう。これは、法律で決まっていることですので正社員もアルバイトも変わりません。

何百万、などの高額の借り入れはまず不可能であると考えておいた方が良いですので、ご注意くださいね。


また、初回の借り入れの場合は返済の実績がないことから、10万円程度しか借りられない場合も多いです。審査に通りやすくするために、申込みも10万円程度で提出すると審査時間が短くなります。その後、何度か借りては返すの繰り返しをすることで限度額が上がっていきます。

もし今のバイト先での勤続年数が短かったり、年収がまだ見込みの場合であったり、過去に返済トラブルを起こしていたりなど、何かしらのマイナスポイントがあると10万円であっても借りることができない可能性があります。


どうしてももっと多くのお金が必要な場合は、総量規制対象外の銀行カードローンであればもう少し借りることができる可能性があります。

アルバイトでの年収が100万円の場合であると、その半分のだいたい50万円くらいまでが可能の場合があると言われていますが、やはりそれも目安であり、確実に年収の半分のお金が借りられるとは限りませんのでご注意ください。

どうしても、アルバイトは正社員に比べると限度額は低くなりがちです。時間給なので月の収入が安定していないことと、退職になる可能性が正社員より高い点がマイナスとみなされ、多くの金融業者はアルバイトの限度額を10〜50万円程度に設定しています。ですので、バイトで借りられる限度額は10〜50万円程度と覚えておくと良いでしょう。

審査のポイントや、審査落ちする原因って何?

銀行や消費者金融からお金を借りる上で、避けて通れないのが審査です。アルバイトやパートでカードローンやキャッシングの審査に通るためには、何が必要なのでしょう。

そして審査落ちしてしまう原因は、どこにあるのでしょうか?

以下に審査のポイントを挙げていきますので、しっかりと読んでみてくださいね。


・勤続年数が長く、安定した収入があること

・申し込みの際に、借入希望額を高く記入しないこと

・健康保険証や運転免許証などの本人確認可能な身分証明書を用意すること

・他社の借り入れを受けていない、または件数が少ないこと


この四つがアルバイトでも審査に通るための大きなポイントとなっています。1つのバイト先で長く勤めていると、すぐにバイトを辞める可能性は少ないと判断されて審査には有利になります。

逆に審査落ちしてしまう、絶対やってはいけないこととして、


・既に多数(三社以上など)のキャッシングやカードローンを利用していること

・過去に支払わなかったカードローンがある


が挙げられます。他社借入件数が3社以上あると、総量規制に引っかかる可能性もありますし、何より多重債務者という評価となってしまいます。また、過去に支払い事故などがあると、俗にいうブラックリストに入っているという状態であり、信用情報機関に情報が登録されてしまい、どの業者の審査にも通らなくなってしまうのです。


また、最近多いのがスマホ代の滞納によるブラックリスト入りで審査に落ちることです。スマホは2年間のローンを組んで購入しているようなものです。毎月の携帯料金を滞納するとすぐにブラックリスト入りしてしまいます。そうすると、審査に通ることはまずありません。知らないうちにブラックリストに載っていたということもあるので、携帯料金には注意しましょう。

アルバイトを始めたばかりでもOK?審査に通りやすい在籍期間って?

アルバイトやパートを始めて、まだ一年も経っていない……。

これって審査に通るの?それとも落ちてしまうの?とご不安ではないでしょうか。


一般的によく言われているのが、キャッシングやカードローンの審査に通りやすいのは勤続年数が一年以上である、ということです。これはバイトでも正社員でも変わりません。1年以上給料をもらい、ハッキリとした年収がわかっている方が審査に通りやすいと言われています。

職場への在籍期間が長ければ長いほど、真面目に仕事をした経歴があるという実績になりますので、この人はお金をきちんと返済する能力がある、とみなされます。また、急にバイトを辞めるというリスクが低いという高評価にも繋がります。


こう言われると、働いている年数が一年未満であれば審査に落ちてしまうのか、という心配がありますよね。

ご安心ください。実際のところは、勤続年数が短いからといって、必ず審査に落ちるとは限らないのです。


銀行や消費者金融が、審査の際に判断する材料のひとつとして勤続年数が挙げられるのであり、業種や年齢、年収などその他複数の視点から総合的に審査されるため、勤続年数が一年に満たなくてもお金を借りることのできる可能性は十分にあります。

バイトを始めたばかりでもお金を貸してくれるところはありますし、そうした金融業者を探せばいいだけです。

そしてもう一つポイントなのが在籍確認がとれるかどうか、ということです。

在籍確認が取れれば、アルバイトでの就業日数が短くても融資してもらえるカードローンやキャッシングは存在しますので、ご不安な場合はそういったものを選ぶようにしましょう。

バイト先に在籍確認はある?誰にもバレずに借りる方法

アルバイトでも在籍確認は必要なのでしょうか?


これは正社員の方と同じで、必ず職場への在籍確認が必要なカードローンやキャッシングもあれば、在籍確認の代わりに収入証明書や給与明細書を提出するだけで職場への在籍確認が不要になるカードローンやキャッシングもあります。

社員証が無くても、その職場に在籍していて収入を得ている、という証拠を提出することができれば、まず大丈夫です。


在籍確認がある場合は、本人の電話対応や本人以外の電話対応でその会社やバイト先などに在籍していることが分かれば在籍確認はクリアとなります。

もちろん、勤続年数や勤務態度などを尋ねられることはありません。

また、守秘義務が存在しますので、どのような用件で電話をかけているかを本人以外に伝えるようなこともありません。


といっても、職場に在籍確認の電話が入る、などと言われてしまうとアルバイト仲間や上司にお金を借りることがばれてしまうかもしれない……という心配がありますよね。しかも、バイトとなれば職場のみんながあなたの名前を覚えているとは限りません。「そんな社員いません」と電話で言われてしまったら在籍確認は失敗してしまいます。

そういったことがご不安であれば、在籍確認のいらないカードローンやキャッシングを利用し、在籍確認の代わりに自分が今働いていることが証明できる証拠を提出して、面倒な在籍確認の手間を省いてしまいましょう!きちんと事情を話し、在籍確認をなくしたいと相談すれば、親身に聞き入れてくれる場合もあるので、一度担当の人に相談をしてみましょう。

申込み方法と返済方法、分かりやすく知りたい!

それでは、いざお金を借りる時、どこで申し込んで、そしてどのようにして返済すればいいのでしょうか?


お金を借りるためには、まずはインターネットを利用しましょう。ネット申込みであれば土日祝日でも申込みができるのでおすすめです。お金を借りたい銀行や消費者金融のホームページに行き、カードローンやキャッシングの申し込みをしましょう。

店舗や自動契約機に足を運ばなくても、今はパソコンやスマートフォンを使って手軽にお金を借りることができるのでとても便利ですね。

審査が終わり無事通過することができれば、自分の口座に直接お金を振り込んでもらえます。即時振込に対応している業者と契約し、振込先にネットバンキングを指定すれば、即時に振込が反映されるので便利です。

審査は最短三十分ほどで終わり、場合によっては即日でお金を借りることも可能ですよ。振込キャッシングを利用しない場合は、自動契約コーナーでカードを受け取り、ATMなどでお金を借りるという方法も利用できます。


借りたお金の返済は、リボ払いや一回払いで行います。

一括返済は、借りた金額と利息を一度に返済する方法です。

リボ払いは、事前に決めた金額を支払日の度に返済していく方法です。


・振込

・口座の自動引き落とし

・店舗やATM

・コンビニ


これらを利用して、期日までにきちんとお金を返済しましょう。

アルバイトやパートで忙しく、店舗まで返済しに行く時間がないかも……とご心配な場合でも、返済にはATMを利用するなどのたくさんの便利な方法があるので安心ですね。

短期や派遣のバイトでも借りることはできる?

同じ職場で長く働くのではなく、短期バイト、日雇いなどの単発バイトなどでお金を稼いでいる方も多いのではないでしょうか。その場合はお金を借りることはできるのでしょうか?


実は、日雇いのアルバイトの場合、安定した仕事をしているとはみなしてもらえないことが多いようです。

日雇いはその都度現金を手にすることができて便利ですが、お金を借りるという視点から見るとマイナス面の大きい仕事であるということを把握しておきましょう。

例え、単発バイトをたくさんこなして毎月の給料が多かったとしても、銀行や消費者金融が最も重視するのは「安定した収入があるかどうか」です。1つの職場に定期的にシフトに入り、毎月同額の給料が振り込まれるという状況が望ましいのです。また、日雇いバイトは在籍確認がしづらい点もマイナスとなるので注意しましょう。


では、短期バイトの場合はどうなるのでしょうか。

この場合ですと、派遣会社に所属していてそこから短期バイトとして働いていれば、審査に通ることが多いようです。

また、掛け持ちでいくつかアルバイトをしている場合は、そのことを申し込みの際に必ず伝えましょう。それだけ収入が多く、返済能力があると判断してもらえます。キャッシングやカードローンを利用する際は、必ず今現在行っているバイトすべての連絡先を記入しておきましょう。


フリーターでも、パートタイマーでも、申し込み可能な銀行や消費者金融は存在します。

ですので、できれば日雇いではなく、長期のアルバイトとして働くか、派遣会社に所属して短期のアルバイトとして働くようにしましょう。

学生アルバイトでもお金は借りられる?

学生の収入源といえば、大抵が親からの仕送りかアルバイト代です。そんな状態でも審査に通るのかという話をよく耳にしますが、学生アルバイトでもお金を借りる方法はもちろんあります。

まずは条件として、


・20歳以上であること

・アルバイトをしており、安定した定期的な収入があること

・クレジットカードを作っていて、定期的な利用があること

・支払いの滞納をしていないこと


これらが挙げられます。


原則としてお金を借りることができるのは20歳以上とされています。未成年はキャッシングの利用は基本的にできません。

また、どうしてクレジットカードを?と不思議に思われるかもしれませんね。

実は、クレジットカードの利用履歴は信用情報機関に保存されているのです。クレジットカードの利用経験があり、支払いもきちんと行われていることが確認できれば、今まで一度もお金を借りたことのない人よりも審査時に有利になるのです。


ただしほとんどの場合は、借りることのできる額はとても少額となってしまい、収入から見れば30万円は借りれるはず……といった状況でも、5万円から多くても10万円くらいまでしか借りることができないのが基本ですので、ご注意ください。

キャバクラや水商売……それでもお金は借りられる?

アルバイトとは言え、キャバクラなどの水商売で働いている場合はどうでしょうか?

たとえ、キャバ嬢でもホストでもカードローンの利用はできます。しかし、水商売ということから収入が安定しない職業として扱われ、収入に対する金額よりも低い限度額とされてしまう可能性が高いです。

水商売となれば給与明細や源泉徴収票が出る所ばかりとは限りません。給料は手渡し、源泉徴収票は出ない、そんなお店が多いのが実情です。そうなると、自分の収入を証明することは非常に困難です。

その時は、収入証明不要のカードローンを利用しましょう。100万円以下の借入れなら収入証明が不要というカードローンも多いので、そうしたものを選んで利用することをおすすめします。

気になる在籍確認ですが、勤めているお店に電話確認がきます。しかし、水商売は源氏名で働いていることが多い職場なので、同僚があなたの本名を知っているとは限りません。しかも、消費者金融からの在籍確認は個人名でかかってくることが多いので、お店もトラブル防止の為にむやみに在籍確認に応じる可能性は低くなります。

そうした事情からも、心苦しいとは思いますが、在籍確認の電話がかかってくる事をお店の人に伝えておく必要があるでしょう。必ず本名宛にかかってきた電話にはきちんと対応してほしいと伝えておくとなお良いです。もし、カードローンの在籍確認ということがバレたくなければ、クレジットカードを作ったなどと理由を話しておくと良いでしょう。

キャバ嬢やホストともなれば、中には年収がかなりの高額になる人もいますが、その年収に応じた金額は借りられないと考えておきましょう。他のバイトと同じ、10〜50万円程度が限度額となるようです。

キャッシングやカードローンを利用する際の審査において一番大事なことは、安定した収入があるということです。この点でキャバ嬢やホストは若干マイナスポイントとなってしまいます。

住宅ローンや教育ローンといった高額な借り入れは難しいのも現状ですが、個人向けに数十万円程度のお金を借りるくらいであれば、水商売だからといって審査に落ちる、なんてことはないのでご安心ください。

アルバイト、水商売、キャバクラ……全て一生懸命働いてお金を稼ぐ立派なお仕事ですので、不安に思わず、堂々と申し込みを行ってくださいね。

アルバイトしながらお金を借りるならここに注意しよう!

アルバイトでも、定期的な収入があればお金を借りる方法があると分かり、ご安心いただけたでしょうか?

ですがやはりバイトやパートの収入は、正社員と比べて不安定です。雇用も安定していないため、いつ仕事をやめることになるかがわかりません。

お金が必要な時には、本当にどうしても今そのお金が必要なのかをもう一度考え、それでも借りなければならない場合は金利に注意して無理のない返済計画を立て、きっちり返せる範囲内で借りましょう。


カードローンなどでは、カードを使ってコンビニのATMなどでお金を引き出せるため、まるで自分の口座からお金をおろしているかのように錯覚してしまいがちです。

お金を借り過ぎて支払いが滞ってしまうと、借金が膨らむだけでなく、ブラックリストに入ってしまい、もう他の金融機関からお金を借りることができなくなってしまいます。本当に必要な場面でどこからもお金を借りられない、などとならないように気を付けましょう。


必要以上に借りすぎないこと、返済計画を立てること、きっちりと返済を行うこと。

この三つを守ることを念頭に置いて、キャッシングやカードローンを利用しましょう。

これらを守ることができるなら、アルバイトのみのフリーターでも、パートでも、学生でも、カードローンは利用できます。しっかりカードローンと付き合えば、「お金に困る」という人生における大きな悩みを解決できるため、便利に利用することができますよ。

こちらの記事も読まれています。