カリナビ

クレジットカードでお金借りる方法

カリナビTOP | 一本化 | 審査基準
お気に入りに追加
クレジットカードでお金借りる

クレジットカードでお金を借りる方法を知っておこう

お金に困る場面はいろいろあります。お金が必要になる時期がある程度予測できればいいですが、急にお金が必要になる場面も少なくありません。そんなとき、便利にお金を借りることが出来る状況が整っていたら助かりますね。
例えばクレジットカードです。クレジットカードといえば買い物するときに使う方も多いですね。特にネットショッピングで使う機会があるのでは?
便利に買い物が出来る一枚のカード。なくてはならない便利なカードですが、もしもクレジットカードでお金を借りることができたら、もっと便利になると思いませんか?
そもそもクレジットカードでお金を借りることは可能なのか、もしも可能ならどんな風に使えるのか、その使い方も知りたくなります。いざというときの心強い一枚クレジットカードの便利なサービスを調べてみました。

クレジットカードよりも金利を安くで借りるには?

クレカでお金を借りるのは可能なのか

クレジットカードは、お金を払うときに提示することで買い物ができる便利なカードです。その仕組みは後払いという形になっていて、契約しているカード会社がお店に一旦お金を支払って、その代金はカード会社が利用者に請求するという流れになります。
一括払いや分割払い、ボーナス払い、リボ払いなどの中から支払い方法を選択することが可能です。それぞれのクレジット会社独自のお得なポイント制度などもあるので、使うお店ごとにクレジットカードを使い分けているという上級者もいるほどです。
クレジットカードは買い物のときに使うという方が多いですが、もしものときのためにお金を借りることができたら便利だと思いませんか?
結論から申し上げると、クレジットカードでお金を借りることは可能です。申し込みの際に、またはカード発行後にお金を借りる「キャッシング枠」というのを設けることができます。
買い物の際に使う際のショッピング枠、お金を借りる際のキャッシング枠、この二つが付帯しているのがクレジットカードの特徴なのです。

キャッシング枠ってなんのこと?

クレジットカードでお金を借りることができるキャッシング枠。ほとんどの場合はクレジットカードの発行を申し込んだ際に、申込欄でキャッシング枠を設けるかどうか選択する項目があります。そこで選択すると、発行されたクレジットカードでキャッシングが可能になるという流れが一般的です。
このとき、もしもキャッシング枠を設けないと選択した場合でも、後からキャッシング枠を設ける手続きを行うことができます。契約の変更はネット上から行うことも可能な場合があるようです。
お金が必要になる場面は色々ありますし、そのときになって急にお金を用意できるとも限りませんから、念のためにキャッシング枠を作っておいたほうがいいかもしれません。

ショッピング枠とキャッシング枠は共通なの?

クレジットカードのショッピング枠とキャッシング枠をしっかり理解していないと、いざお金を借りるときになって「あれ? キャッシングができない?」と慌ててしまうことが考えられるので、あらかじめその仕組みを知っておく必要があります。
分かりやすいように例をあげて話します。ショッピング枠が30万円、キャッシング枠が10万円だったとします。
・ショッピングで25万円使ったとき、キャッシングできるのは5万円まで。
・キャッシングで10万円お金を借りたとき、ショッピングで買い物できるのは20万円まで。
となります。ショッピング枠の中にキャッシング枠が設けられているというわけです。ショッピングで30万円分使ってしまうと、一円もキャッシングできなくなります。

キャッシング枠でお金を借りたら金利はいくら?

クレジットカードの便利なところは、そのときお金がなくても後払いで買い物ができることです。特にお得なのは一回払いで支払えば利息が一切発生しないという点です。お金を払って買い物をするのと同じ状況ですね。
ところがキャッシングの場合は話が違ってきます。例えば1万円借りたとして、それを一回払いで翌月に支払っても必ず金利が発生します。いくらお金を借りようとも、何回払いにしようとも、キャッシングする=必ず金利も支払う必要がある、というわけです。
クレジットカードのキャッシングは、日割りで利息が計算されるため必ず利息が発生すると覚えておきましょう。

キャッシング枠の申し込み方を知っておきたい

クレジットカードでお金を借りることが可能となるキャッシング枠。申込方法ですが、クレジットカードを発行するときに記入する必要事項の欄を見ると、キャッシング枠の申込欄が設けられているので、そちらから申し込みを行います。ショッピング枠だけでいいのなら0円と記入します。
クレジット関連、キャッシング関連で支払いが遅れたなどの問題がない限り、キャッシュ枠の審査が厳しくなるということはないようです。人生ではじめてクレジットカードを発行する場合は、これまで支払いに関するトラブルが一切ないという状況なので、カードの発行にもキャッシング枠の申し込みもスムーズに手続きが行われていくことでしょう。
これまでクレジットカードを利用していて支払いも滞ったことがないのに、キャッシング枠を申し込んだら審査が通らなかったというケースが稀にあるようです。これは色んな要因が考えられるようで一概に言い切れませんが、例えば手持ちのクレジットカードのショッピング枠利用合計が年収の半分を超えていると、新たにキャッシング枠の申し込みが難しいと言われています。しかし、クレジットカードで年収の半分以上を使うことはほとんどないという方が多いでしょうから、こちらは心配ないでしょう。
それ以外にキャッシング枠の審査が厳しくなる状況というのが、マイホームローンです。ローンを組んだばかり、もしくはローン残高がまだまだ多いという状況だとキャッシング枠の審査が厳しくなるという場合もあるようです。
どのような状況が厳しくなるのか公表されているわけではありませんが、支払い能力があるとみなされればキャッシング枠の審査を必要以上に心配しなくても大丈夫でしょう。

今あるキャッシング枠を増額するためには

手元に持っているクレジットカードにすでにキャッシング枠が設けられている場合、もしかしたら場合によってキャッシング枠が足りなくなるときがくるかもしれない、と不安になることがありますね。災害などは予測できませんから、いつ自分がそういった常用に置かれるか誰にもわかりません。お金を借りる状況になってからでは遅いですから、今のうちに備えておくといいかもしれませんね。
クレジット会社によって申し込みの方法は様々のようですが、キャッシング枠の増額は可能です。こちらから改めて申し込まなくても、自動的にキャッシング枠が増額されることもあるようですが、こちらから希望を申し入れて増額することもできますので、お持ちのカード会社にお申込ください。その方法はインターネットから、もしくはコールセンターなどへ電話をかけることで申し込めます。
ちなみに申込限度額が50万円を超える場合は収入証明書が必要になりますので、申込金額によってはあらかじめ用意しておきましょう。

コンビニATMでも使える?

クレジットカードのキャッシング枠を利用してお金を借りるとき、どこに行けばいいのか分からない方も多いようです。
通常は提携ATMからお金を引き出すことが可能なので、銀行や郵便局、もちろんコンビニに設置しているATMでもご利用可能となっています。鍵になるのは、そのクレジット会社が提携しているATMかどうか、ということです。
いざというとき、どこからお金を引き出せるのか分からず慌ててしまわないように、あらかじめそれぞれのATMにどんなクレジット会社が提携しているか調べておくといいでしょう。
ちなみにATMによって、さらにはクレジット会社によって数分~十数分ほどメンテナンス時間が設けられていて、その時間はATMが使えないことがあります。そちらのチェックもお忘れなく。

キャッシングの返済方法を知っておきたい

お金を借りるからには返済しなければ行けない、当たり前のことなのでクレジットカードのキャッシング枠を利用する場合は、返済方法についても知っておきましょう。
クレジットカードが発行するカードでキャッシングするわけですが、支払いはクレジットカードを使って買い物をしたときと同じです。毎月決まった支払日に口座から引き落としされます。わざわざどこかのATMに出向いて返済するという手間がないので、あらかじめ支払額に間に合うお金を口座に入れておけばOKです。
ちなみに返済方法についてですが、一括払いとリボルビング払いのどちらかを選びます。一括払いはその名の通り一括で支払う方法です。リボルビング払いというのは。利用した金額によって支払額があらかじめ決められている返済方式となっています。いくらまで借りたら毎月いくら返済すると決まっているので、キャッシング枠のリボルビングがいくらに設定してあるか、確認しておきましょう。

クレジットカードのキャッシングを利用したときのメリットとデメリット

 どうしてもお金が必要になったとき、どこから借りるのが一番いいのか考えたとき、即日融資が可能な消費者金融などが思い浮かぶと思います。しかし、万が一審査に時間がかかったり、最悪な場合は審査が通らなかったとき、お金を準備することができません。
ところがクレジットカードのキャッシングであれば、あらかじめキャッシング枠を設けていれば、いつでも好きなタイミングでお金を借りることができます。これは大きなメリットではないでしょうか。冠婚葬祭などは特にまとまったお金が急に必要になることが多いので、クレジットカードにキャッシング枠を設けておくことをお勧めします。
デメリットはこれといってないのが特徴なのですが、いつでもお金を借りることができるということに甘えてしまうと、支払い能力以上に借りてしまう恐れがあります。キャッシング枠はいざというときのための備えのひとつとして理解しておきましょう。

キャッシング枠を利用するときに注意しておくこととは

お金を借りるということは、困ったときにすぐ借りることができるのか、毎月しっかり返済していけるのかどうか、計画的に考える必要があります。
クレジットカードでキャッシングした場合の注意点をいくつかまとめてご紹介します。
・場合によってはクレジットカードのキャッシング枠が作れないことがある
・キャッシングすれば、その分ショッピング枠が減る
・ショッピング枠いっぱいに利用するとキャッシング枠がゼロになる
・返済方法をリボルビングにした場合は、利息が多くなる
・日割りで金利が発生する
これらのことを踏まえてキャッシングをご利用ください。賢く使えばとても便利なサービスなので、あとは利用する方の心がけ次第です。

クレジット現金化のメリットとデメリットを知っておきたい

クレジットカード現金化という話を聞いたことがある方も多いかもしれませんが、実はメリットと謳われていることよりも、デメリットのほうが大きいというのが正直なところです。
ちなみにメリットと言われているのは、すでにお持ちになっているクレジットカードのショッピング枠を現金化するため、新しく申し込みや審査がいらないので手間が省けるという点です。これが最大のメリットとして謳われていますが、デメリットをご覧になると思いとどまる方がほとんどではないでしょうか。
クレジットカード現金化のデメリットは、損をすることが多い、悪質業者に騙されやすいということがあげられます。ショッピング枠すべてが現金化されて、その中から手数料を引かれた分が現金として自分の手元にくるわけですから、引かれた手数料分を損したことになります。
クレジット会社に支払う分は、手数料として引かれた分もあるので、トータル的に見れば大きく損することになります。悪質業者はその手数料分が大きいため、結局支払いに苦しくなった利用者が馬鹿を見ることになるのです。
お金を借りるときは目先の美味しい餌に飛びつきたくなりますが、どんなときでも冷静に判断できる気持ちを持ち続けることが大切です。

クレジットカードとカードローン、オススメはどっち?

クレジットカードとカードローンの大きな違いは、クレジット機能があるかどうかです。クレジットカードにはクレジット機能とキャッシング機能が備わっています。カードローンはキャッシング機能のみです。
どちらを利用すべきか悩みどころですが、どちらのカードを持ったらいいのか、どちらのカードも持つべきなのか、それぞれの特徴を吟味して決めるといいかもしれません。
クレジットカードの特徴
・キャッシング枠はあるものの、比較的金利が高い傾向がある
・ショッピング機能が備わっている
・年会費が掛かる場合もある
カードローンの特徴
・キャッシングにおける金利は比較的低く設定されていることが多い
・ショッピング機能は備わっていない
・年会費は無料
これらを比較して、どちらか一方を持つのもいいですし、どちらも持ち合わせて使い分けるのもいいかもしれません。