カリナビ

お金を借りるときに必要な書類を知りたい

カリナビTOP | 一本化 | 審査基準
お気に入りに追加
お金を借りる際の必要書類

お金を借りるときに準備しておくべき書類とは

お金を借りるとき、契約する際に必要な書類があります。融資してくれる金融業者によって違いはあるものの、最低でも身分を証明するものは用意しておきます。
例えば運転免許書、健康保険証、パスポートなどが一般的です。
※平成28年10月1日より犯罪収益移転防止法が改正されて顔写真の無い本人確認書類単独での利用はできなくなったため、健康保険証を身分証明書とする場合は住民票などもう1点身分証明書が必要になります。 身分を証明する以外にも、収入証明書が必要になることもありますが、融資額が少なければ(およそ50万円以下)、収入証明書がいらないこともあるようです。借りるお金が少ない場合は身分証明書があればOKというケースが多いというわけです。
お金を借りる前に、必要な書類にはどんなものがあるのか予め調べておくだけでも、直前になって慌てることがなくなります。
融資してもらう金額が大きい、または他の金融業者からも融資を受けているという場合は必要になる書類も色々出てくるので要チェックです。

キャッシングやカードローンで申し込み時に用意してべき書類やモノについて

お金が必要なときは、すぐにでも手元にお金を用意したい状況の場合が多いです。だからこそ、いざというときのために融資を受けるときにどんな書類が必要になるのか予め知っておくことをお勧めしたいのです。
キャッシングやカードローンを申し込むときに必要になる書類やモノについてですが、まずは身分を証明するものが必ず必要になります。お金を借りる人の身分が分かるものです。運転免許証や健康保険証などが一般的ですが、この人にお金を貸しても大丈夫かどうかを確認するためのものと解釈してもいいでしょう。
どこの誰だかわからない人にお金を貸すことはない、ということです。
身分証明書のほかに収入証明が必要になる場合があります。これは申込の内容によって必要ない場合と必要になる場合があります。
なぜ収入証明が必要になるのかというと、融資を申し込んだ金額が多いときです。毎月決められた金額をしっかり返済する能力があるかどうかを証明するために必要になります。給料明細書、源泉徴収票、確定申告書などがこれに該当します。

銀行で住宅ローンなどお金を借りる時に提出が必要な書類とは

住宅ローンを目的として銀行からお金を借りるときに必要になる書類があります。マイホームは大きな買い物ですから、キャッシングとは手続き方法に違いがあるのは当たり前なのかもしれません。
事前に準備しておく必要のある書類は、身分証明書、収入証明書、住民票、印鑑・印鑑証明書、ローンの引き落としに必要になる金融の口座印鑑などです。
身分を証明するものは運転免許証や健康保険証が一般的です。
収入証明書は給料明細や源泉徴収票などが該当します、自営業を営んでいる方は納税証明書が必要になります。
その他には保証人になる方に関連する書類も必要です。保証人の住民票、印鑑証明書、承諾書などを準備しておきましょう。承諾書とは、保証人になりますという意思表示を証明するもので、署名と捺印をお願いします。
これらが住宅ローンを申し込む際に必要になる書類です。

知人や親戚にお金を借りるときに必要な書類とは

知り合いとか親戚からお金を借りるのに、どうして書類が必要になるのか気になる方も多いようです。知り合いや親戚だからこそ、お金の貸し借りはしっかりしておかなければいけません。
借りる相手が金融会社なのか知り合いなのか、それだけが違うのであって、お金を借りるという状況は同じです。
知り合いや親戚からお金を借りるときに必要になる書類は、一般的に借用書と呼ばれるものを作成します。簡単にいうと契約書のようなものです。
誰が、誰から、いつ、いくら借りたのか、毎月いくらずつ返済するのか、本人の署名、捺印で契約を交わします。借用書全文は手書きでも問題ありません。
お金を誰が誰から借りたのか、それをハッキリ証拠として残しましょう。自分にとって近い立場の人からお金を借りて、それがトラブルの元になったという話は山ほどあります。
お金を借りる人、お金を貸す人、どちらにとっても借用書は必ず作成することをお勧めします。

必要になる書類はどこで入手できるのか

お金を借りるときに様々な書類が必要になることは分かりましたが、それらの書類はどこからもらえるのか確認しておきましょう。
身分を証明する運転免許証や健康保険証は発行されるものなので、常に身近にあるものなので改めて説明はいらないでしょう。
収入証明として必要になる給与明細や源泉徴収票は、融資を受ける方が勤めている会社から受け取っているものです。新たに発行してもらう手続きは必要ありません。
印鑑証明はお近くの市役所や区役所などから発行してもらえます。銀行のキャッシュカードのような住民カードがあれば、直接受付に行かなくても自動交付機にカードを通せば発行できるという便利なシステムもあります。詳しくはお近くの自治体にお問い合わせください。
知り合いからお金を借りる際に作る借用書は、コピー用紙のようなもので作成しても十分だいじょうぶです。