カリナビ

今すぐお金借りる手順と注意点

カリナビTOP | 一本化 | 審査基準
お気に入りに追加
今すぐお金を借りるには?

今すぐお金を借りることを考えている、どうしても今日お金が必要な人に向けて役立つ情報をまとめています。焦っている時ほど細かいことに気が付かず、悪い条件でお金を借りてしまう危険があります。3分使ってこの記事を読んで、一番お得で安全な今すぐお金を借りる方法を知っておきましょう。

【最速】今すぐお金を借りるならカードローン

もし、今とても急いでいて結論を知りたいと思っているなら、カードローンの利用を検討しましょう。消費者金融であれば申込みから融資まで、最短1時間程度で完了する可能性があります。借りれるお金は10万円程度です。最短でお金を借りるためのキーワードは「平日・午前中・無人契約機」の3つです。当てはまらない人は下で紹介する別の方法を、当てはまる人はこのまま手順を紹介します。

今すぐ利用するための手順

緊急でお金を借りるなら、まずはカードローンの公式サイトから申込みを済ませましょう。年収と希望額を入力するだけで融資可能かどうかが数秒で分かります。借入可能と表示されたら、必要事項を入力して申込みを済ませます。審査結果が30分~1時間で伝えられるのでしばらく待ちます。無事に審査に通ったら、ローンカードを無人契約機で受け取りましょう。郵送ではなく受け取りに行くのがポイントです。その場でカードが発行されるので、あとはそのままお金を借りるだけです。

最速で利用するための準備

申込みまでに絶対に用意しておきたいものは本人確認書類です。本人確認書類は免許証か健康保険証が有効です。本人確認書類に顔写真が付いていない、記載の住所が現住所が違う場合は、別に提出しなければいけない書類が出てくるので注意しましょう。収入証明書は借入希望額が50万円以下なら必要ないことがほとんどなので、提出を求められたらすぐに出せるようにしておけば問題ありません。

時間帯別、今すぐにお金を借りる方法

今すぐお金が借りれるキーワード「平日・午前中」に当てはまらなかった人は、以下で紹介する方法を参考にしてください。この中から、自分の置かれている状況に一番近いものを選んで読み進めましょう。

平日22時まで

平日の午後に今すぐお金を借りたいなら、消費者金融がおすすめです。無人契約機でカードを受け取る方法なら、消費者金融によって異なりますが22時まで即日融資が可能です。銀行カードローンは店頭の営業時間や口座開設の関係から、即日融資は可能性が低くなります。→消費者金融で借りる手順へ

土日祝日

土日祝日に今すぐお金を借りたいなら、無人契約機を用意している消費者金融がおすすめです。在籍確認が取れない場合は限度額が下がってしまいますが、大体10万円程度であれば暫定で貸し出しをしてくれます。銀行は窓口が休みなので確実に即日融資は不可能です。可能であれば親や友人を頼ってみるという方法も考えられます。→消費者金融で借りる手順へ

夜中

曜日問わず、夜中に今すぐお金を借りたいならクレジットカードがおすすめです。既にクレカを持っていることが条件ですが、キャッシング機能を利用してお金を借ります。金利は18%程度と高めですが、コンビニATMが使えることから夜中でも10万円程度ならお金を借りれます。クレカにキャッシング枠を設定していない、そもそも持っていない場合は、友人や知人を頼る方法を検討しましょう。→クレカで借りる手順へ

今すぐ消費者金融で借りる

アコムやプロミス、アイフルといった会社は消費者金融にあたります。銀行との違いは「審査のスピード」「金利の高さ」「総量規制」の3つです。金利は銀行に比べれば高いものの、利息制限法に基づき最大で18%に設定されています。年収の1/3以上の金額は貸し出せない決まりなので、収入がない無職の方は利用できません。

無人契約機を使う

消費者金融の特徴は無人契約機を使ってすぐにお金を借りることができるという点です。無人契約機は個室になっているので誰かにバレる心配がありません。申込みはタッチパネル式の機械の操作とオペレーターとの通話で行います。直接出向いて1から操作をする方法もありますが、審査完了までの時間を個室の中で過ごす必要があります。無駄な時間を省くためにもネット申し込みを利用しましょう。あらかじめネットから申し込んで審査の受付をしておけば、カードの受け取りだけで済むので時短に繋がります。消費者金融によって異なりますが、無人契約機は年中無休で朝8時または9時~21時まで営業しています。

口座振り込みで使う

一部の消費者金融は、お金を直接口座に振り込んでくれる方法も用意しています。例えば、アコムであれば楽天銀行口座宛なら24時間振込キャッシングを実施しています。最短1分で振込が完了するのでどうしても今日お金が必要な時に助かります。申込みはインターネットまたは電話を利用します。他にも、プロミスは似たようなサービスとして「瞬フリ」というものを用意しています。三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座宛なら、24時間いつでも最短10秒で振込みが完了します。契約する消費者金融と持っている銀行口座の条件さえ合えば、今すぐお金を借りることができます。

審査時間はどれくらい?

消費者金融の審査時間は軒並み、最短30分とアナウンスされています。これは審査回答時間の9時~21時の間の話ですが、30分で審査が完了すれば即日融資も十分可能です。しかし注意が必要なのは19時以降です。仮に審査に通ったとしてもローンカードの受け取りが遅れてしまえば即日融資はできなくなります。無人契約機の営業時間はどんなに遅くても22時までなので、必ずその前にカードの受け取りが完了するようにしましょう。最短30分と謳っているだけであり、当日の混雑具合によっては審査時間がもっと長引く可能性もあります。

今すぐ借りるための準備

最短で借入をしたいなら、本人確認書類と収入証明書の用意をしておきましょう。本人確認書類は運転免許証があれば確実ですが、なければ保険証で代用することも可能です。顔写真が付いていない書類であれば、住民票や公共料金の領収書が必要となります。本人確認書類に記載されている住所と現住所が異なる時も同じです。収入証明書は借入希望額が50万円を超える場合に必要なので、10~15万円程度借りたいなら必要ないでしょう。しかし、既に他社で50万円以上借りていれば収入証明書の提出を求められることがあります。

在籍確認は書類で済ませる

消費者金融でお金を借りるのであれば、基本的に在籍確認が行われます。職場に電話が来て在籍を尋ねられる簡単なものですが、これがスムーズに行われることが即日融資のポイントです。消費者金融は会社名を名乗らず個人名で電話をかけてくるので、どうしても今日お金が必要ならあらかじめ職場の人に話をしておくのがベストです。バレたくないのであれば「自分宛に電話がかかってくるかもしれない」と伝えれば良いでしょう。SMBCモビットなどの一部の消費者金融では、勤務先を確認できる書類の提出で電話での在籍確認なしにすることも可能です。

今すぐ借りられるのは10万円程度

今すぐお金を確実に借りたいなら、希望限度額は10万円程度にしておきましょう。10万円というのがポイントで、この金額だと審査の通過がしやすくなります。金額も大きくないため審査スピードも早くなり、在籍確認なしになる可能性もあります。これなら職場の人にバレる心配もありません。無人契約機でカードを受け取れば郵送物もなくなるので、家族にバレる心配もありません。

今すぐ銀行カードローンで借りる

急いでいるけど金利も安い方がいいという人は、銀行カードローンの利用を検討しましょう。銀行は審査の際に保証会社を使います。その分審査にかかる時間も長くなるので即日融資の可能性は下がります。「今週中にお金が必要」という時に利用するのがおすすめです。

ネット銀行がおすすめ

銀行カードローンの中でも、ネット銀行であれば即日融資の可能性が高まります。例えば、住信SBIネット銀行のカードローンは仮審査が最短60分で完了します。すでに同行に口座を持っていれば即日融資も可能とアナウンスされていますが、審査状況によっては融資まで数日かかってしまうことがあるので注意しましょう。他にも、ジャパンネット銀行はローンカードが無い方式を採用しています。契約に日数はかかってしまいますが、契約後は同行の普通預金口座に即入金可能という特徴があります。どちらも在籍確認の電話は必須条件なので注意しましょう。

銀行の審査時間は長くなる流れ

銀行カードローンも、条件さえ揃えば即日融資が可能です。しかし、既に口座を持っているというハードルが高く、なかなか緊急時に頼れる存在とは言えません。その上、銀行は融資に時間をかける方針に転換しています。過剰な貸し出しと多重債務者の増加を危惧したもので、今後銀行カードローンの審査はより厳しくなることが予想されます。銀行で今すぐお金を借りることはできなくなると考えておくと良いでしょう。

今すぐクレカで借りる

もし、クレジットカードが財布に入っていればすぐにお金が借りられるかもしれません。クレジットカードは買い物に利用するだけでなく、多少の現金を引き出せる「キャッシング枠」というものが設定されています。これを使えば、人によっては10万円程度であれば即日借り入れが可能です。金利は多くのクレカが利息制限法の上限、18%を適用しています。

キャッシング枠ってなに?

キャッシング枠とは、クレジットカードで現金の引き出しができる機能のことです。クレカと言えば買い物の際にカード払いをする使い方が一般的ですが、全ての店がカード決済に対応しているわけではありません。現金払いのみの店にも対応できるように、キャッシング機能が備わっているのです。その限度額がキャッシング枠と呼ばれており、多くの場合で10万円程度の枠が設定されています。

しかし、クレカ申込みの際に自分で外してしまった場合はキャッシング枠が付いていないことがあります。また、所得が少ない学生やフリーターなどもキャッシング枠が付いていないことがあります。こうした時は、新たにキャッシング枠の申込みをするか即日発行のクレカを契約しましょう。

今すぐ使える!即日発効のクレカ

クレジットカードは発行までに1週間~1ヶ月程かかるのが普通です。しかし、中には即日発行をしているものがあるのです。即日発行できるクレジットカードは、代表的なもので「エポスカード、セゾンカード、イオンカード」などが挙げられます。ネットで申し込んで、審査通過後にカード発行店舗に出向いて受け取る方式です。これでその日のうちにクレジットカードを手に入れることは可能ですが、キャッシングが使えるかどうかは別です。イオンカードは即日発行の場合はキャッシングが使えないと公表しており、各企業によって判断が分かれます。アコムが発行する「アコムACマスターカード」は即日発行でもキャッシング枠が付いていますが、現金を借りるだけに使いたいのであれば普通にアコムカードローンを契約する方が手軽です。

ショッピング枠現金化は使える?

どうしてもクレジットカードで今すぐお金を借りれないものかと模索していると、「ショッピング枠現金化」というフレーズが目に入ります。結論から言うとこれは使っていけない方法です。現金化をしてしまうとどうなるのでしょうか?

現金化の仕組み

ショッピング枠現金化というのは仕組みはシンプルです。換金率の高い商品をクレジットカードで購入し、それを買い取ってもらうだけです。こうすればクレジットカードだけで現金を手に入れることが可能です。

ショッピング枠現金化を利用すると…

しかし、ショッピング枠の現金化はカード会社によって禁止されています。商品を買い取ってもらうことで一度は現金を手にできますが、結局翌月にカードで買った商品代金を支払わなければいけません。換金率が100%を超える商品など存在しないため、現金化する時点でいくらか損をしています。唯一換金率が高い金券類は、ショッピング枠現金化防止のためにクレジットカードでの購入ができなくなっています。こうした利用方法は不正使用と判断され、カード会社にバレたら利用停止処分となります。悪質な場合はクレジットカードの強制解約や利用額の一括返済を求められることがあります。

知り合いに頼むなら

どうしても今日お金が必要な時、落ち着いて申込みや審査結果を待っている時間はないかもしれません。そんな時は知り合いを頼る事を検討してみましょう。身近な人なら親や兄弟、遠方の親戚や友達を頼るのも手かもしれません。事情を話せば今すぐお金を借りられるかもしれません。しかし、知人にお金を借りるなら注意しておきたい点がいくつかあります。

金額は低めに、借用書は必ず用意

最も注意しなければいけないのは金額です。アンケートによると、70%の人が友達に貸せる金額を「5万円以下」と答えています。もし10万円やそれ以上のお金を借りようとしているならやめたほうが良いでしょう。また、親しい間柄であっても必ず借用書を用意しましょう。いくら借りていつまでに返すのかをハッキリ書面で残さないと、あとでトラブルの原因になります。

関係が悪化する場合も…

知人からお金を借りる最大のデメリットは、関係の悪化です。借りたお金を返さなければ当然ですが、「お金を貸してほしい」と相談を持ちかけた時点で悪印象を抱かれる危険性があります。やむにやまれぬ事情があるならある程度の理解はしてくれそうですが、飲み会の費用や生活費を借りようと思っているのであれば危険です。一度でも、お金にルーズな人というレッテルを貼られたら今後の付き合いにも影響するので、お金を借りる際はよく考えてからにしましょう。

ヤミ金も今すぐに借りられるらしいけど?

「急いでいる」「審査に通る自信がない」そんな時ほど頭を過るのがヤミ金の存在です。急いでいるならすぐに貸してくれるし、審査もないから絶対お金を借りることができます。しかし、それこそがヤミ金の罠なのです。困っている人につけこんで高利貸しを行い、無理な取り立てで債務者からお金をむしり取るのがヤミ金です。

ヤミ金は絶対にやめた方がいい

ヤミ金からお金を借りることだけは絶対にやめましょう。そもそも、ヤミ金は貸金業者として登録されていない違法な存在です。つまり、取り立ても金利も自由にできるということです。貸金業法では債務者を守るためにいくつものルールが定められていますが、違法な業者にそんなものはありません。金利も銀行や消費者金融からは比べものにならない程の高利で、返せないと分かれば手段を選びません。どんなひどい取り立てでも行うので、自己破産をしても逃げ切れません。そんなヤミ金も、お金を貸すまではとても親切です。親身になって相談に乗ってくれ、「実はいい人じゃないか」と思わせるのです。借りたら最後というのはあながち嘘ではありません。どんなにお金に困っていてもヤミ金は使ってはいけません。