カリナビ

女性でも安心してお金を借りる方法

カリナビTOP | 一本化 | 審査基準
お気に入りに追加
女性がお金借りるときのこと

女性だって安心してお金を借りたい

女性だってお金が必要になるときはあります。冠婚葬祭は女性男性あまり変わりはないですが、急遽まとまったお金が必要になるときが多いですね。ところが手元にはそれほどお金がない、どうしようと悩んだときにキャッシングが頭を過ぎります。
でもちょっと抵抗があると感じる女性は多いらしく、キャッシングは悪いことではないと理解しているのに、「本当にいいのかな」と不安に思うのです。どうぞご安心ください。
テレビや雑誌、新聞などで見かける有名な金融会社はどこも法律を守って正しく運営しています。利用者を騙すようなことはありません。ですから、利用する側が悪質な業者に騙されないよう気をつければいいだけなのです。
ここでは、女性が安心してお金を借りることができる役立つ情報をいくつか紹介していきます。

女性に優しい金融会社はどこ?

悪質な金融会社のイメージが頭から離れなくて、困っていませんか?
申し込みをいたら怖い男の人で、威圧的に接してきたら何も言えなくなりそう、と不安に思っていませんか?
必要以上に怖がらなくて大丈夫です。いま金融業界には女性専用のレディスローンを提供している業者も存在しているのです。担当してくれる方がすべて女性なので、威圧的で怖いということはまったくありません。
申し込むときの受付も、利用途中の問い合わせも、すべて女性が対応してくれます。キャッシングの申し込みに躊躇している女性は是非、レディスローンのご利用をお勧めします。きっと「こんなことならもっと早く申し込めばよかった」と、ほっと胸をなでおろすことでしょう。

女性専用のキャッシングは普通のキャッシングと何が違うの?

レディスローンというキャッシングがあるのは判ったけど、普通のキャッシングとの違いはなに?、もしかしたら普通のキャッシングのほうがお得なんじゃないの?、と次々に疑問がわいてきますね。
実は大きな違いはたくさんあるわけではないのです。レディスローンは受付や担当してくれる方すべてが女性なので、気の弱い女性でも安心して利用することができます。ちなみに普通のキャッシングは女性も男性も在籍しています。たまたま電話に出た人が女性だった、男性だったという場面があるというわけです。
それ以外に大きな違いがもうひとつ、普通のキャッシングは男性も女性も申し込めますが、レディスローンは女性しか申し込むことができません。男性の申し込みは一切受け付けていないのです。
ですから、もしも窓口に行くようなことが合った場合でも、そこにいる会社の従業員も、窓口に足を運んだ方も、すべて女性というわけです。なぜ女性の間でレディスローンが支持されているか、これでお分かりいただけたでしょうか。お金を借りるときは色々不安に思うこともありますが、このようにしてひとつずつ問題解決していきましょう。

レディースローンには問い合わせ専用の窓口が用意されている

レディスローンは女性に優しいシステムと評判です。通常電話窓口はひとつで、そこから新規申し込みも、すでに利用している方の問い合わせも各専用の窓口に繋げてもらいます。
ところがレディスローンの場合は申込窓口以外に、問い合わせ専用の窓口も用意されているのです。そのため、電話をかければ、かけてきた相手が何か聞きたいことがあると電話口の担当者が分かるので、すぐに問い合わせに答えられるような体制に入ります。
問い合わせの電話をしたときスムーズに話を聞いてもらえた、という評判が多いのはこれが理由だったんです。お金を借りるときの心配事が、これでまたひとつ減りましたね。

専業主婦やパートでも借入は可能なの?

キャッシングが可能になる理由は色々ありますが、そのひとつに「安定した収入があること」が条件になります。パートは正社員じゃないから無理かな、と諦めることはありません。パートでも毎月しっかりお給料を頂いていれば、それは「安定した収入」とみなされるのです。レディスローンでお金を借りることが可能というわけです。
問題なのが専業主婦です。自分名義の収入がまったくない状態なので、残念ですがレディスローンを利用することはできません。しかし、ひとつだけ方法があります。それは旦那さんの収入で申告するという方法です。申込者は奥さん、安定した収入は旦那さんのお給料、と申告すればいいのです。
ただし、旦那様の同意書が必要になります。間違っても旦那さんに成りすまして奥さんが同意書を作成することだけはやめてくださいね。これは「私文書偽造」という犯罪になります。知らなかったでは済まされません。絶対に駄目ですよ。
これを踏まえて考えても、旦那さんに内緒にしたい方も多いでしょうから、専業主婦でレディスローンのお金を借りることは諦めたほうがよさそうです。
どうしてもお金が必要で困ったという場合、レディスローンではなく銀行のカードローンなら借入が可能かもしれません。そのわけは、総量規制が適用されないからなのです。総量規制というのはその人の収入に対して借入金額が決まる法律です。
しかし、銀行のカードローンは適用外のため、収入がない専業主婦でも借入ができるのです。もちろん、銀行それぞれに条件を定めているので、もしもその中に「申込本人に安定した収入があること」と定めていれば、借入は不可能となります。

一番気になる審査のこと、女性って不利になる?

男性に比べると女性のほうがなんとなく信用されにくいような気がする、と心配になる女性がいるようですが、そのような心配はいますぐ捨ててだいじょうぶです。お金を借りるときに男性が有利で女性が不利になるということはありません。男性でも女性でも、利用条件をクリアしていれば問題なのです。
ただし、審査にかかる時間のこととなると、男性女性というのではなく業種が関係してくることがあるようです。例えば公務員は収入が高めで安定しているとみなされて、スムーズに審査が通りやすいと言われています。それに比べると自営業の場合は、もちろん条件を満たしていれば問題なく審査は通りますが、公務員に比べると若干時間がかかるケースがあるとのことです。
ですから、女性だから不利になるということはありません。ご安心ください。

即日借入可能なレディスローンを知りたい

お金が必要なときっていつも急ですよね。ですから、申し込んで即日お金を借りることができるレディスローンを知っておくといいかもしれません。今すぐ知りたい!という方も、いざというときのために知っておきたいという方も、是非参考にしてください。
レディスローンで即日融資が可能と言われている業者の多くはWEB上から申し込みをします。各業者の公式サイトに申込ページがあるので、そこから手続きを進めていきます。説明どおりに入力すればいいので、パソコンやスマホなどがあればどなたでも簡単に申し込むことができます。
ただし、即日融資を希望するならその日の早い段階で申し込みを済ませておきましょう。例えば審査に時間がかかった場合、せっかく審査が通ったのに時間が遅くなったことで融資は翌日に持ち越しというパターンがあるのです。
当日の昼頃まで申し込めば問題ないので、時間の都合を合わせて申し込みましょう。その業者が9時、10時に営業開始だとしても、WEBならその前に申し込むことができるので、時間があるようでしたら、営業開始前にWEB申し込みを済ませておくといいでしょう。

あらかじめ金利や返済方法を知っておきたい

レディスローンの金利についてですが、これはその企業によって様々なのです。例えばテレビCMなどでよく見かけるような有名金融会社のレディスローンの場合は、銀行のカードローンに比べると若干高いですが、それほど高く設定されていません。高く設定して多くの方の返済が滞ったのでは会社が倒産してしまいますからね。
中にはあまり名前を聞いた事がないようなレディスローンがあります。開業したばかりで知名度が低く、尚且つ顧客をどんどん増やしていくために経費が必要なので、その分金利を高く設定しているところが多いようです。金利は少しでも低いほうが助かりますから、安心してお金を借りる意味でも有名業者を利用することをお勧めします。
それから返済方法ですが、これも業者によっていろいろあります。カードを発行してもらうので、そのカードを利用して返済するというパターンが多いでしょうか。このとき使用できるATMは、銀行やコンビニなどにある提携ATMもご利用いただけます。もちろん業者の窓口に設置しているATMでも利用可能です。
その他の方法として業者の口座に振り込む、自分の口座から引き落としされるというパターンもあります。自分が一番便利で都合がいいと思うタイプをお選びください。

申し込みに必要な書類を準備しておくために

いざレディスローンでお金を借りるとなると、どんな書類が必要になるのか気になります。まず本人確認のための書類が必要です。
・運転免許証
・健康保険証
いずれかがあれば問題ありません。また、借入する金額によって源泉徴収票などが必要になる場合がありますが、源泉徴収票が必要な金額以内であれば、身分を証明する書類だけ用意すればOKです。面倒なことがないのもレディスローンの特徴です。
お金を借りたいときは急いでいる場合が多いので、あれもこれもと書類が必要だと面倒に思ってしまいますが、身分証明書があれば借入できるレディスローンなら、申し込みが簡単で助かりますね。

借入を職場や家族に知られたくない

お金を借りるときに気になるのが、家族や職場の人にバレないかという点です。申し込みをした後、在籍確認というのがあります。これは、申込本人が本当にその職場で働いているのか確認するためです。
もしもこのとき、電話をかけてきた人が業者の名前を名乗ったらバレてしまいますが、安心してください。電話をかけてくる担当者は自身の名前を伝えます。そのため、業者の名前が在籍確認でバレる心配はないのです。
レディスローンの場合、スタッフはすべて女性です。女性が女性に電話をかけてくるのですから、まさか浮気相手が電話をかけてきた?、などと疑われる心配もありません。余計な詮索をされずに済むので安心ですね。

レディスローンのメリットとデメリットについて

やはり女性向けに作られたサービスなので、女性に優しいキャッシングであることは間違いありません。そのため、パートなどで収入が低くても借入が可能というのは大きなメリットのひとつではないでしょうか。
もちろん従業員がすべて女性というのも安心材料のひとつになっていますね。それから比較的金利が低いと言われています。大きな差はないものの、その小さな差が塵も積もれば、ということで通常のキャッシングよりレディスローンがオススメなのです。
そしてデメリットについてですが、実はデメリットがほとんどないという特徴があるのもレディスローンなのです。もちろん、中には悪質な業者も存在しているので、騙されないこと!、ここに気をつける必要はあります。
お金を借りる場合、知名度が高いキャッシング業者のレディスローンなら問題ありません。

借入するときの注意点をチェック

レディスローンでお金を借りるときの注意点として、是非覚えておいてほしいことがあります。
毎月決まった金額を返済していきますが、実は返済の途中で返済額が少なくなる「元金スライドリボルビング方式」という返済方法をとっている業者が多いのです。もちろん違法ではありません。法律を守って運営されているものです。
この元金スライドリボルビング方式というのは、返済途中で月々返済する元金は少なくなるけれど利息はそのまま変わりません、というシステムです。一瞬「返済が楽になる! 助かる!」と思いがちですがちょっと待ってくださいね。
長い目でみた場合、元金をどんどん減らしていけば余計な利息は払わなくて済むわけですから、もしも毎月1万円ずつ払っていたところ、途中で8,000円でいいですよという流れになっても、そのまま1万円ずつ支払っていくとトータルで見た場合お得なのです。
もちろん、生活が大変な場合は話が別ですが、そうではない限り、それまで支払ってきた金額と同じ額を支払うことで、レディスローンをお得に利用できる、ということを是非覚えておいてください。

こちらのページも読まれています。