カリナビ

お金借りるならどこ?おすすめの借り方と注意点

カリナビTOP | 一本化 | 審査基準
お気に入りに追加
お金を借りるならどこがいい?

お金を借りるならおすすめはどこ?

お金を借りるなら、知っておくべきことはたくさんあります。お金が必要になる場面は突然やってきます。お金を借りるならどこがいいのか知っておくと、万が一でも安心です。
最近はお金を貸してくれる業者は色々あります。借金するということは返済していくわけですから、借りるときのことだけではなく返済のことも考えて借りたいですね。お金を借りる、お金を返す、どちらも便利でお得に使うためにはどうしたらいいか、そのとき役立つ情報をご紹介します。
冠婚葬祭などの急な出費、まとまったお休みにお出かけするときの旅行費、お子さんの入学などでまとまったお金が必要なとき、それぞれの場面で一番おすすめのお金の借り方を下調べしておきましょう。

すぐにお金を借りるならどうすればいい?

お金が必要になる場面は急に訪れるものです。出来れは明日、いえいえ今日中にお金を借りたいという切羽詰った場合は、どこからお金を借りるのが一番いいのかぜひ知っておいてくださいね。
今すぐお金を借りるなら、「即日融資が可能」という業者を選びましょう。即日融資というのは、申し込んだその日のうちにお金を借りることができるというものです。このとき覚えておいて欲しいのが、申し込む時間によっては即日が不可能になるということです。そのタイムリミットは「14時」です。
お金を借りるなら、当然ですが申し込みをした後に審査がありますよね。この審査がクリアできて初めて手続きが進められていきます。審査は時間が多少なりともかかりますから、場合によっては即日ではなく翌日の融資になるというわけです。
そこでおすすめの方法として知っておいて欲しいのが、もしもネット上から申し込めるのなら、業者の営業時間前にネットから申し込みを済ませておくという方法です。前の日や当日の朝早く、業者の営業前に申し込みを済ませておくと、すぐに金融業者のほうで審査に必要な手続きを進めていきます。そのため、時間の余裕が生まれて即日融資が可能になるという仕組みなのです。
即日融資が可能な業者の中には、その日の何時までに申し込めば即日融資が可能ということを説明しているところもあります。例えば13時とか14時というように時間を指定していますが、やはり申込者が多くて予想以上に審査に時間がかかっているという状況も考えられるため、お金を借りたいと思ったら、出来るだけ早く申し込むことをお勧めします。銀行振り込みの時間も考えて、即日融資のデッドラインは14時と覚えておきましょう。

誰にも知られたくない

自分がお金を借りる立場になると、なんとなく「借金は悪いこと」というイメージが頭の中から離れない方も多いようですね。お金を借りることは悪いことではありませんし、毎月しっかり返済できる能力があれば、普段の生活に支障もでません。
それでもやはり、お金にだらしがないと思われそうで、という声は少なくありません。誰にもバレずにお金を借りるならどこがいいのか、気になる方もいるでしょう。
借りたことがバレるきっかけは、やはり在籍確認でしょう。申し込みをした際に、本人が勤める会社や、場合によっては自宅に電話がかかってくるという話もあります。会社に電話がかかってくるのは、申込者が本当にその会社に勤めているか、まさしく在籍しているかの確認のためです。できれば辞めてほしいものですが、お金を借りるなら在籍確認は避けて通れません。そこで、なるべく職場にバレないように在籍確認をやり過ごす方法を紹介します。
まず前提として、多くの消費者金融は業者名を名乗りません。必ず担当者個人の名前でかけてくるので、消費者金融からお金を借りることはバレません。それから申込者が男性なら男性担当者を、申込者が女性なら女性担当者をお願いすることができます。社名を名乗らない異性からの電話が、あらぬ疑いを持たれてしまう可能性があるからです。
ちなみに銀行の場合は銀行名を名乗って電話をかけてきます。銀行はお金を借りるだけでなく保険や住宅ローンも取り扱っているため、在籍確認の電話であることがバレにくいからです。それでも心配なら、銀行名ではなく個人名で電話をかけてくるように相談することをおすすめします。
それから、自宅へかけてくる在宅確認の場合は、申し込むときに連絡先として記入する電話を自宅ではなく携帯電話の番号にしておけば、自宅に電話がかかってくる心配はありません。

お金を借りるなら低金利で!おすすめはどこの会社?

親や友達ならまだしも、銀行や消費者金融からお金を借りるなら、必ず金利が発生します。借りた金額によって金利も決まってきますが、できるだけ金利が低いほうが月々の支払いが楽になるのはご存知の通りです。
少しでも金利が低いところからお金を借りるならどこがいいのか、その後の生活にも影響があるのでじっくり見極めていきましょう。主要な銀行カードローンの金利をまとめてみました。
比較的低金利と言われているのは、消費者金融より銀行のカードローンです。以下に銀行カードローンの金利について紹介していきます。
・オリックス銀行カードローン 最高800万円 3.0~17.8%
・じぶん銀行じぶんローン 10万円~500万円 3.9~17.5%
・住信SBIネット銀行Mr.カードローン 10万円~1,000万円 2.49~7.99%
・三菱東京UFJ銀行カードローン 10万円~500万円 4.6~14.6%
・みずほ銀行カードローン 10万円~1,000万円 4.0~14.0%
・楽天銀行スーパーローン 10万円~500万円 4.9~14.5%
どの銀行も最低金利は3~5%前後ですが、最高金利は14~17.8%とばらつきがあります。最低金利は限度額を借りた時に適応される金利なので、重視すべきは最高金利です。お金を借りるなら、これがなるべく低金利なカードローンを選ぶことをおすすめします。
また、消費者金融の場合は銀行のカードローンと比べると金利は少々高く設定されているものの、アコムやプロミスなどでは条件を満たせば一定期間無利息でお金を借りることができます。無利息でお金を借りる条件は「その消費者金融の利用が初めてであり、30日以内の借り入れ」となっています。無利息に関して詳細を確認したい場合は、各会社に問い合わせることで丁寧に説明してもらえますので、不安な方は遠慮せず問い合わせてみることをおすすめします。

パートやアルバイトが安心してお金を借りるならどこ?

パートやアルバイトでも、毎月しっかりお給料が振り込まれていればお金を借りることは可能です。お金を貸す側の条件として、毎月安定した収入があることを条件にしているところがほとんどです。同じ職場に半年以上勤めていれば審査も通りやすいと言われていますが、理想は勤続年数が1年以上あることです。
ここで気になるのは、パートやアルバイトがお金を借りるならどこがいいのか、という点です。安定した収入があるのは間違いないものの、正社員に比べれば給料が低いことと雇用が安定していない点がが気になりますね。これは、いくらぐらいお金を借りるのかが審査の分かれ目になってきます。
例えば次のお給料日までの生活費が少し足りないなどの場合は、それほどまとまったお金が必要ではありません。消費者金融の無利息期間を利用して、一時的にお金を借りるという考えがいいかもしれません。ただし、銀行に比べると消費者金融は金利が高い傾向があるので、無利息期間が過ぎた場合の事も念のため頭に入れておきましょう。絶対に無利息期間内に返済できる金額だけを借りるようにしましょう。では、パートやアルバイトの人が多額のお金を借りる方法はどんなものがあるのでしょうか?
消費者金融の場合は総量規制の関係で、借りれるお金は収入の1/3までが限度額です。そのため、まとまったお金を借りるなら、銀行のカードローンがおすすめです。銀行は総量規制がないので、希望する金額の融資が可能というわけです。それでも、審査基準や銀行の自主規制による貸し出し上限額の設定などはあるので、以下の記事を参考にしてください。
何を目的にお金を利用するか、それに合わせて選ぶといいでしょう。
※アルバイトが借入する時の詳細
※パートが借入する時の詳細

銀行カードローンのメリットとデメリット

どこなら安心してお金を借りることができるのか、銀行からお金を借りるときのメリットやデメリットを知っておくことは大切ですね。
まず銀行カードローンのメリットは「圧倒的な知名度と金利の安さ」が挙げられます。一般的な認識として、銀行というだけで安心感があります。騙されるようなこともないでしょうし、悪質業者のように法律に反するような高額な利息を請求されるという心配もありません。お金を借りるなら安心できる所の方がいいですよね。それから金利が低いのに融資可能な限度額が多いということもポイントです。金利が低ければ返済額が少なくて済むので、おサイフに優しいですね。
まとまったお金を借りることができるので、お金が足りなくて他の会社からまたお金を借りるという煩わしさも回避できます。別々の会社から借りてしまうと月々の支払いが膨らんでしまうため、まとまったお金の融資が可能な銀行はお勧めと言えるでしょう。
そして銀行カードローンのデメリットは「お金を借りるまでに時間がかかること」です。銀行の業務はカードローンだけではありません。低金利ということはそれだけ銀行の利益は少なくなります。そのため即日融資のようなスピーディな対応が少々難しくなります。もちろん中には即日融資が可能なところもありますが、融資してもらうまで時間がかかる可能性があるということを覚えておいてくださいね。すぐにお金を借りるなら、金利は多少高くなりますが消費者金融がおすすめです
また、銀行カードローンはまとまったお金を借りることができるため、つい使いすぎるというデメリットもあります。これは利用する方の気持ち次第なのでデメリットとは少し違うかもしれませんが、ご利用になる際には計画的にお金を借りましょう。

消費者金融のキャッシングのメリットとデメリット

お金が必要になるときって、急を要するときが多いものですよね。お金が足りないと思った時には支払期限はもうすぐそこまで来ていることが大半です。計画的にお金を借りると言うよりは「即日お金を借りたい」と思うことの方が多いものです。そういう意味でも、消費者金融は即日融資が可能なところが多いので、お金を借りるならどこがいいか考えたとき、真っ先に消費者金融が頭に思い浮かぶ方が多いはずです。
消費者金融でお金を借りるメリットは「担保や保証人が不要」という点です。キャッシングを申し込むときに担保や保証人が要らないというのは非常に助かります。できれば家族などには内緒でお金を借りたいですよね。であれば家族に保証人をお願いすることはまず不可能です。説得にも時間が掛かりますし、すぐにお金を借りたいならそんな時間はありません。消費者金融なら、担保も保証人も要らないので即日簡単にお金を借りることができます。
銀行カードローンでも担保や保証人が要らないケースもありますが、審査の事を考えたとき、やはり銀行は少々時間がかかる傾向があるので、今すぐお金を借りたい方にとって消費者金融はおすすめと言えます。
また、「パートやアルバイトでもお金が借りられる」というのも消費者金融のメリットです。正社員のみならず、派遣社員やパートでも、安定した収入があるなどの条件を満たしていれば融資してもらえるのも助かりますね。
消費者金融でお金を借りるデメリットは「金利が少々高いこと」が挙げられます。保証人が要らないことによって手続きに手間がかかる分、経費がかかってしまうため金利も比例して高くなるようです。やはり、かかる手間の分金利が高くなってしまうのは仕方のないことでしょう。しかし、中には無利息期間を設けているところもありますので、借りる金額が小額である、次の給料日までの生活費の足しにするという場合は、無利息期間を利用すればお得にお金を借りることができます。

公的機関からお金を借りるメリットとデメリット

公的機関からお金を借りることができるということをご存じない方もまだまだいるようです。お金を借りるならどこがいいか調べていると、意外なところから融資が可能なことに驚く方もいることでしょう。
公的機関からお金を借りるときのメリットは、なんといっても低金利で借りることができるという点です。中には無利子で借りることができる制度もあります。生活福祉資金貸付制度というものであれば、低所得者世帯であることが条件になりますが、年1.5%の金利で融資が受けられます。保証人をつけた場合は無利子で利用が可能です。
となると次に気になるのは審査基準ですよね。公的機関の融資には、通常のカードローンやキャッシングと違い、貸付条件に「安定した収入があること」「返済可能かどうか」という点は設けていません。公的機関が見極めるのは、本当に生活に困った状況になっているかどうか、という点です。日常生活を送るのが厳しい状況なら、融資が可能になるというシステムです。もし、今現在生活に困窮している状態でお金を借りるなら、公的機関に相談してみることをおすすめします。
そんな公的機関からの融資ですが、一見デメリットがなさそうに見えます。しかし、各市町村が管轄しているものなので、少々手続きが面倒という部分はデメリットに感じてしまうかもしれません。これが理由で審査に時間を要します。当然ですが即日融資は難しく、平均的に1~2週間は時間がかかるので、今すぐ今日、明日お金を借りたいという場合は難しいかもしれません。

生命保険の契約者貸付のメリットとデメリット

もし、今生命保険に加入しているなら、それを担保にお金を借りることができます。生命保険の契約者貸付制度をご存知でしょうか?詳しい人なら、お金を借りるならどこにしようか考えたとき、契約者貸付制度が頭を過ぎったという方もいるかもしれませんね。
契約者貸付制度というのは、契約している保険会社からお金を借りる制度を言います。解約返戻金の範囲内ならお金を借りることができるというものです。あくまでも平均ですが、生命保険の解約返戻金は80~90%となっています。
保険を解約しないでお金を準備できるので、メリットが大きいといえます。また低金利なところも魅力のひとつで、一番高くても5~6%の金利となっています。改めて申し込む必要もありませんし、審査もありません。いつまで返済しなければいけないという期限も設けていません。
なぜこんなに自由なのかと言えば、本来生命保険を解約した時に戻ってくるお金を担保にしているからです。もし支払いが滞ったら生命保険は解約され、解約返戻金がなくなるだけだからです。コツコツ積み立てていた保険を解約するのは嫌だけど、一時的にお金を借りたいという場合なら積極的に活用していきたい制度ですよね。
この契約者貸付制度、一見メリットが多いようにも見えますが、契約している保険会社によって内容が様々であること、利用できるのは保険契約者だけであることは予め知っておきましょう。また、一番重要なのは、借りたお金と利息分が解約返戻金を超えた場合、保険が契約失効となります。失効になればまた保険を契約しなおさなければいけないので注意が必要です。あくまで一時的に現金が足りない時に使うものと考えておきましょう。

友達や知人からお金を借りるならどうしたらいい?

どうしてもお金が必要なとき、友達に頼るという方も少なくありません。お金を借りるならどこにしようか考えた結果、なんでも相談できる友達に話を聞いてもらってお金を借りたという話は案外多いようです。しかし、友達からお金を借りるのはお互いの信用が全てです。関係が崩れてしまうきっかけにもなるので、友達からお金を借りる際にはメリットだけでなくデメリットもしっかし覚えておきましょう。
友達からお金を借りるメリットは「簡単に借りられること」でしょう。このとき借りる金額にもよりますが、例えば次の給料日までの生活費として1万2万借りたいという場合は、案外スムーズに貸してくれることも多いでしょう。しかし、まとまったお金となると、さすがの友達も悩むはずです。どんなに親しくてもお金を貸した側は「本当にお金を返してくれるのかな」と心配になるものです。
そんな時は、親しき仲にも礼儀ありということで、友達に必要以上に心配かけないためにも借用書を2通用意しましょう。必要事項を記入して、それぞれ持っておくといいかもしれません。トラブル防止のためにも、いつ、誰からいくらお金を借りて、いつまで返済するかをしっかり記入して、印鑑もシッカリ押しましょうね。気軽に相談できるという点では友人からお金を借りるのはメリットが大きいといえそうです。
デメリットとしては「お金を借りることによる友達関係の悪化」が挙げられます。どんなに仲が良かったとしても、特別な事情がない限りは安易にお金を借りるのは避けたいことです。やむにやまれぬ事情があれば、友達も心情を察して少額であればお金を貸してくれることもあるでしょう。しかし、いくらちゃんと返しているからといって何度もお金を借りたり、お金を返さないという状況になれば一瞬で信用を失います。自分自身の価値が下がってしまい、それを取り戻すのは困難でしょう。デメリットというには少々安易かもしれませんが、友達からお金を借りるときは十分注意が必要です。

親や親戚からお金を借りるならどうしたらいい?

お金を借りるときにどこなら一番安心できるか考えたとき、最終的に頼りになるのは親や親戚、という方も多いのではないでしょうか?「生活費が足りない」「人に言えない事情でお金が必要」こんな時でも親なら協力してくれるかもしれません。
身近な人にお金を借りるメリットは、気心知れた親しい間柄だからこそ相談しやすいという点があります。相談された側も、身内が困っているとなれば黙って見過ごせません。おそらく多くの場合はどうしてお金が必要になったのか理由を聞いて、それなら仕方がないと納得してくれるはずです。
しかし、例え相手が親や親戚だとしても、お金を借りる理由は嘘をつかずにしっかり話しましょう。場合によっては、例えばどうしてお金の管理をシッカリしていなかったのかなど口うるさく言われてしまうことも考えられます。身内だからこそ厳しい声をかけてくるのかもしれませんが、あまり言われ続けると精神的に苦痛に感じてしまうこともあるでしょう。多少言われても仕方がないと反省の気持ちを持ち、約束した日に必ずお金を返すようにすることを守る必要があります。
場合によっては返済が遅れてしまうことがあるかもしれませんが、そのときは予め連絡を入れておくようにします。親しき仲にも礼儀あり、です。

街金からお金を借りたときのメリットとデメリット

どこなら安心で簡単にお金を借りることができるのか調べていくと、街金というキーワードが出てきます。名前は聞いたことがあるという方もいらっしゃるでしょう。街金というのは、地元の駅前などによくある消費者金融のことで、メジャーではない中小企業という部類で運営している業者です。
一番のメリットは審査が通りやすいという点です。利用してくれる方がいなければ会社は成り立ちませんから、一人でも多くの方にお金を借りてもらうことを目的にしているため、大手の消費者金融よりも審査が通りやすいと言われています。
ただし最大のデメリットは金利が高いという点です。お金を借りるときはとりあえず現金が用意できれば、という一心かもしれませんが、月々の支払いの事を考えると高い金利は危険です。また、利用方法も限られていて、大手であればコンビニや提携銀行などのATMでいつでも手軽に使えるところ、街金の場合は業者に設置しているATMの利用、もしくは振込みでの支払いとなります。利用が不便であることもデメリットとなっています。
金利が高いこと、利用が不便であるというデメリットのため、審査が通りやすいというメリットは薄れてしまいます。長い目でみたとき、やはり返済が厳しいというのは自分で自分を追い込んでしまう可能性が高くなります。銀行カードローンや消費者金融のキャッシングで審査に落ちてしまった時に、利用を検討する程度と覚えておきましょう。

闇金からお金を借りるとどうなる?

どうしてもお金が必要で究極に困っているという場合、どこならすぐにお金を貸してくれるのかばかり考えて、自分を見失ってしまうこともありますね。そういうときこそ冷静に、気持ちを落ち着かせる必要があります。決して甘い言葉に騙されてはいけません。
自分がその立場になると判断力が鈍るという声もあるように、お金に困って闇金に頼ってしまったという話は今の時代でも少なからずあるようです。どんな人にもお金を貸してくれるという点は確かにメリットに映るかもしれません。ブラックリストの方にもお金を貸すぐらいです。これはどう考えても怪しいですね。
闇金のデメリットとはたくさんあります。とにかく金利が高いということです。法律を守っていないところが多いようですが、「違反じゃないか」と訴えたところで対応してくれません。元々人を騙そうとして運営しているわけですから、こちらの話になど耳を傾くわけがないのです。
もっと怖いのは個人情報の流出です。闇金業者同士で顧客の情報を売買しているという話があります。お金に困っている人の情報を元に勧誘の電話をかけてくるという魂胆なのです。どんなにお金に困っていても、闇金はデメリットが大きすぎます。闇金に手を出すくらいならば、債務整理や自己破産も視野に入れて、借金問題に詳しい弁護士などに相談をしてみましょう。自分ひとりで問題を抱え込んでしまうと、正常な判断ができなくなってしまいます。

こちらの記事も読まれています。