カリナビ

お金借りるなら金利は安いほうがラク

カリナビTOP | 一本化 | 審査基準
お気に入りに追加
お金借りるときの金利は安い方がいい

お金を借りる前に金利の事を知っておこう

お金を借りることは無料ではありません。銀行のカードローンや消費者金融などから借入するということは、その借りた金額に対して利子が発生するものです。それが「利息」と呼ばれるものです。利息は一律でいくらというものではなく、借りるお金の大小や借りる銀行や消費者金融によって違います。

つまり、返済するときに金利がどのぐらいかかるのか予め調べておけば、返済計画を立てやすくなります。無理のない返済を続けていくためには、できるだけ安い金利の方が助かると思いませんか?

どこで借りたら利息が安いのか、計算方法や実質年率ってなに?銀行と消費者金融ならどっちが安い金利なの?、などの疑問をひとつずつ解決していきましょう。返済計画は無理の無いよう立てることで、二重三重と借金を増やさずに済むはずです。借金地獄に陥らないためにも、事前調査をしっかりしましょう。

お金を借りる時の金利って何?

お金を借りる上での金利の意味を正しく理解していますか?銀行や消費者金融のホームページを見ても、「金利は15%」などと記載されています。この金利とは一体何を意味するのでしょうか?
金利とは、借りたお金に対する利息がいくらなのかを示すものです。金利は年率で表される事が一般的であり、15%と記載があれば「年率15%の金利でお金が借りれる」ことを意味します。つまり、「借りたお金に対して年間で15%の利息が発生する」ということになります。10万円を借りるなら1年間で15,000円を利息として金融業者に支払うことになります。

ここで混同しやすい、「金利」「利率」「利息」「利子」の違いについてそれぞれ説明することにしましょう。

「金利」

金利とは利息の割合を意味します。その割合を%で表示したものを金利と言います。

「利率」

利率は金利と同じ意味で使われています。同じ意味で使っても問題ありません。

「利息」

利息と金利も同じ意味で使われています。同じ意味で使っても問題ありません。

「利子」

利子と金利も同じ意味で使われています。同じ意味で使っても問題ありません。

このように、金利、利率、利息、利子は同じ意味で使われています。もちろんこれはお金を借りることに関して使われる場面に限ります。辞書などで調べると微妙に違いがありますが、お金を借りる上でこれらの違いは気にしなくても大丈夫でしょう。

上限金利について理解しよう

お金を借りる時の金利は、銀行や消費者金融が勝手に決めていいというわけではありません。法で定められた金利の範囲内で、各金融業者が設定をしています。法で定められている金利というのを「上限金利」と言います。上限金利は大きく分けて3つあります。

・元金が10万円未満の場合、上限金利(年率)は20%

・元金が10万円~100万円未満の場合、上限金利(年率)は18%

・元金が100万円以上の場合、上限金利(年率)は15%

これは法律で決められていることなので、金融業者は絶対にこの金利の範囲内で貸付を行わないといけません。出資法で定められた上限金利は最大でも20%ですので、これ以上に金利を高くしている業者は刑事罰の対象となります。上限金利を超えた金利でお金を貸し出している業者は悪質業者と判断できますので、絶対にお金を借りてはいけません。自分が借りたいお金に対する上限金利をしっかり把握しておき、上限金利内で運営している健全な金融業者からお金を借りるようにしましょう。

カードローンやキャッシングにおける金利計算と実質年率について

銀行のカードローンや消費者金融のキャッシングなどを利用したとき、実際にはいくらのお金がかかるのでしょうか?利息の計算方法と実質年率について調べておくと、借りたお金に対していくらの金利を支払えばいいのか、安い金利で借りたい場合はどの業者がいいのか見極めることができます。

まずは利息計算方法ですが、借りるお金を100万円だったとします。この場合、金利が18%に設定している業者から借りたときの利息を計算していきましょう。

元金100万円 × 金利18% = 利息18万円

となります。元金100万円と、利息18万円を足した合計金額118万円を返済する義務があるということになります。

次に実質年率についてお話します。お金を貸してくれる業者の広告などを見ると「実質年率」というワードがよく出てきます。実は、お金は借りる前にも費用がかかっています。例えば審査や信用情報の調査費用などです。私達がこれを支払わなくてもいいのは、これらの費用が全て金利に含まれているからなのです。これは、法律で定められていることなので心配する必要はありません。

そういう費用を全て含めた金利を実質年率と言い、お金を借りるときに利息以外の手数料が取られないのはこういう仕組みだからなんです。

金利を少しでも安くする方法と注意点

金利はお金を借りるために支払う手数料のようなものです。であればできれば安いに越したことはないですよね。そこで、金融会社を選ぶ時に、低金利で借入できる所を選べば、総額の返済金額を低くすることが出来ます。返済総額が減るので安い金利は魅力的です。そこで、金利を安くする方法と注意すべき点をいくつかご紹介します。

金利というのは借りた金額に対して発生するものです。例えば10万円借りたとします。A社では金利が18%だとすると、返済総額は118,000円となります。B社では金利が15%だとすると、返済総額は115,000円となります。同じ10万円を借りるだけなのに、3,000円も開きが生じているのがお分かりでしょうか。

このことからも、金利は安い所から借りることは最低条件と言えます。他にも、銀行カードローンなどはその銀行を給与受取口座に設定することで金利が安くなることもあります。住宅ローンやマイカーローンを使用していれば、その銀行のカードローンを利用するという方法もあります。こうした、金融会社が行っている低金利サービスを積極的に活用していく事が金利を安くするコツです。

また、返済期間はできるだけ短いほうがいいですね。月々の返済額を少なくすればそれだけ返済期間が長くなります。例えば100万円を借入したとします。一年かけて返済した場合、ここに金利が18%加算されると、返済総額は118万円となりますね。18万円の利息が生まれるのです。ところがこれを半年で返済した場合は、

借入金額100万円 × 金利18% ÷ 365日 × 180日 =88,767円となるのです。これは大きな差がありますね。これは極端な例ですが、繰り上げ返済などを積極的に利用することで、借りる期間を1ヶ月でも短くすることで金利を安くすることができます。

しかし、出来るだけ金利を抑えることを考えるのも大事ですが、無理な繰り上げ返済で毎月の生活がひっ迫しない程度にしましょう。

低金利なのは銀行と消費者金融、どっちなの?

金利の事を色々調べていると、いかにお金を借りるときに安い金利がお得なのか痛感することでしょう。次に、金利が安いのは銀行と消費者金融のどちらなのかについて紹介します。

お金を借りるなら銀行のカードローンか消費者金融を利用するのが一般的ですよね。それぞれ、銀行と消費者金融の平均的な金利は以下の通りです。

・銀行のカードローンの金利の平均 3.5%~14.5%

・消費者金融の金利の平均 4.5%~18.0%

このことから分かる通り、銀行の金利の方が安いことに気づきます。それなら誰もが銀行からお金を借りたいと思いますが、銀行は消費者金融に比べて審査が厳し目です。また、審査に時間がかかることも多いため、金利が安いからおすすめとは一概に言えません。

対する消費者金融は、審査の時間が早いなどのメリットがあるため、金利以外のメリットが大きいと言えます。しかも、消費者金融は一定期間無利息期間を設ける等、銀行の低金利に対抗するだけのキャンペーンなどを行っているので、それを活用することも金利を抑えるコツです。もちろん、これは業者によって設定している金利がそれぞれ違いますから、低金利で借りたいのであれば各業者の金利を比較して見比べることをお勧めします。

キャッシングを利用するなら低金利? それとも無利息期間?

先程紹介した消費者金融の無利息期間ですが、低金利のキャッシングよりお得なのでしょうか?ここでは、低金利キャッシングと無利息キャッシングを比較していきます。

低金利というのはその名の通り、安い金利でお金を借りることができます。利息は借りたお金に対して必ず発生するものですね。ところが無利息期間を設けている業者の場合、その期間内に元金すべてを返済できれば一切金利がかからないのです。10万円借りたのなら10万円の返済でOK、20万円借りたのなら20万円の返済でOK、というわけです。

これを踏まえて考えると確かに無利息期間を設けている業者のほうがお得にお金を借りる事ができますが、あくまでも期間内に全額返金できた場合に限ります。借入の金額が少なければ問題ないかもしれませんが、まとまったお金を借りた場合は一括返金が難しくなるので、低金利の業者を選んだほうが賢明かもしれません。

無利息期間は大体の消費者金融で30日間と設定されています。無利息期間中に全額返済できなかった場合は、期間終了日の翌日から所定の金利での契約に切り替わります。その日以降は利息が発生するので注意しましょう。このように、無利息期間は活用することで金利を安くできますが、利用前に各消費者金融の規約をよく呼んで利用することをおすすめします。30日以内に必ず全額返済できる収入があることが確定しているのであれば無利息キャッシング、一括返済できる自身がないなら低金利のキャッシングを利用するのが良さそうです。

生命保険の契約者貸付の金利はいくらぐらい?

もし、あなたが生命保険を契約しているのであれば、契約者貸付制度を利用できる可能性があります。お金を借りる状況になったとき、できるだけ金利が安いところを選びたいと誰もが思うはずです。そんな時は加入している生命保険会社から、契約者貸付制度を使ってお金を借りる事も検討してみましょう。

生命保険の契約者貸付制度とは、契約している生命保険の解約返戻金の範囲内であれば契約者がお金を借りることができるという制度です。借りることが可能な金額は、解約返戻金のおよそ7割から9割の間と言われています。もちろんこれは保険会社によって違いがありますから、自分が加入している保険会社は何割に設定しているのか調べておきましょう。

そして気になる金利についてですが、保険会社によって差があるものの、およそ2.00~6.00%の間に設定されています。この割合は業者から借入するよりもずいぶん安いですね。一時的にお金が必要な場合は生命保険の契約者貸付制度を利用するのもひとつの手として覚えておくといいでしょう。

市役所の融資制度でお金を借りると金利はいくら?

金利が安い条件でお金を借りる方法は色々ありますが、あまり知られていないのが国から融資を受けることができる制度です。生活福祉資金貸付制度をご存知ですか?

これは市役所からお金を借りることができる制度で、個人向けではなく世帯に貸付するということを目的にしています。もちろん誰にでも貸しているわけではなく条件があります。

・低所得世帯であること

・高齢者世帯であること

・障害者世帯であること

貸し付け対象となるのは以上です。そのため、使う目的はなんでもOKという銀行のカードローンや消費者金融のようにはいきません。使用目的は教育支援、福祉、不動産担保などを目的とした場合のみ借りることができるのです。旅行や趣味などに使うことは許されていません。

気になる金利についてですが、保証人が要らない状態で無利子で借りることができるという特徴があるのです。キャッシングというより、生活困窮者に対する支援策という意味合いが強いため、金利は設定されていません。利子は一切つきませんが、必ず返済しなければいけないという約束があることをお忘れなく。

国の融資制度でお金を借りると金利はいくら?

安い金利でお金を借りるという意味では、国の制度を利用する方法もあります。

例えば国からお金を借りた場合はどうでしょうか。日本には「総合支援資金」という制度があります。国がお金を貸してくれる制度ですね。通常は年1.5%という大変安い金利でお金を借りることができますが、連帯保証人がいれば無利子で貸付できるという特徴があります。

もちろん国からお金を借りるので、銀行や消費者金融と違った条件があります。

・本人確認ができること

・住んでいる住所が確認できること

・低所得世帯であること

・返済計画がしっかり立てられること

これらの条件を満たせば借入することができます。返済期間は20年と長いので、返済できずに困ったということもなさそうです。借入できるのは12ヶ月×20万円までとなっています。

郵便局でお金を借りると金利はいくら?

お金を借りる方法は色々ありますが、たとえば郵便局の融資制度を利用する場合、金利が安いかどうかを予め調べておくといいでしょう。郵便局からお金を借りるといっても色んな方法がありますので、それぞれの利息と合わせてご紹介していきます。

担保有りで融資を受けるという条件付ですが「財産形成貯金担保貸付」「貯金担保自動貸付」「国債等担保自動貸付け」があります。

・財形形成貯金担保貸付

財産形成定額貯金、財産形成年金定額貯金、財産形成住宅定額貯金とありますが、ひとつの契約ごとに300万円まで借りることができます。気になる金利についてですが、借入期間が2年に限定されていて、返済したときの特定利率が0.25%となっています。

・貯金担保自動貸付

総合口座で管理しているタイプで、通常の貯金が残高不足になったとき、自動的に借入できるというタイプです。返済期間はこちらも同じく2年で、金利も同じく0.25%に設定されています。

・国債等担保自動貸付

ゆうちょ銀行を利用して国債を担保にした場合、通常貯金の残高がマイナスになったときに自動貸付けしてくれるタイプです。返済期間は1年ですが、金利は1.7%となっています。

親や友達から借りたとき、利子はどうするの?

どうしてもお金が必要になってしまったとき、親や知り合い、友達から借りるという方も多いのではないでしょうか。みんな顔見知りだから、ということからあまり気にしない方も多いようですが、例えば親から借金したとき、実は贈与税の対象になってしまう可能性があるのです。

例えばマイホームを建てるための資金としてお金を親から借りたとします。親から「このお金はあげる」と言われれば贈与税の対象になりますし、「このお金は貸す」と言われれば利息が発生します。贈与税と区別をつけたいということで、利息を支払うことを条件に親からお金を借りるという形を取っている方が多いようです。

はっきりとした線引きがないのが難しいところのようですが、例えば親から1,000万円を借りたとします。商事利率を6%で計算すると利息は60万円となりますね。利子分に該当する金額が110万円以下の場合は贈与税がかからないので、贈与税の事を考えると利息を支払ったほうがお得ということになります。

また、友達からお金を借りる場合の金利は、法的には利息制限法で定められている金利以下であれば、金利を設定することも可能です。その際はきちんと借用書を作って署名捺印し、お互い納得のいく条件で貸し借りを行いましょう。少額の貸し借りであれば、相手にほんの気持ちとして多めに返すなどの配慮をしてもいいかもしれませんね。あまりに借りる金額が大きい時には、トラブルを避けるためにも銀行や消費者金融から借りることをおすすめします。

低金利でお金を借りる方法で一番おすすめは?

安い金利でお金を借りるのなら、やはり情報収集が第一です。最近ではカードローンの種類も多く、各金融業者が低金利を競っている時代です。なるべく自分の条件に近いものが必ず見つかるはずです。

例えば銀行のカードローンや消費者金融などの業者であれば、安定した収入があり返済が見込める方などが対象となり、使用目的もこれといって条件がありません。借りたお金を何に使ってもいいわけです。金利も利息制限法で定められているため、上限は各社同じです。審査基準や借入限度額などを見て、なるべく金利が安い金融業者と契約することでお得にお金を借りられます。

ところが国や市町村などの制度を利用してお金を借りた場合は、金利は安くなりますが使用目的が決められています。借入が可能な条件もしっかり決められているので誰でも借入ができるというわけではありません。

これを踏まえて考えた場合、自分が今どういった状況なのかをまずは判断して、その状況が借り入れ条件をクリアしているところに借入を申し込むことが一番いい方法ではないでしょうか。もちろん、条件をクリアしている中で一番金利が低いところはどこなのか、これは必ず確認しておきましょう。