カリナビ

ノーローンからお金を借りる賢い方法

カリナビTOP | 一本化 | 審査基準
お気に入りに追加
ノーローンでお金借りる注意点

ノーローンで安心してお金を借りるために知っておくべきこと

お金が必要になる場面はどんなときですか?
一番多いのがまとまったお金が必要となる冠婚葬祭のようで、そのほかにも次の給料日まで生活の足しにしたい、そんな場面もあるでしょう。
いざというとき手軽のお金を借りる環境が整っていればとても心強いはずです。今回はノーローンについて、一体どんな会社なのか、誰でも安心して利用できる会社なのか、どんな仕組みで利用できるのかなどご紹介します。
キャッシングはその会社の信用や実績、利用客の状況などを予め知っておけば、利用した後に「失敗した!」「他の会社にすればよかった!」と後悔することがなくなります。
ノーローンでお金を借りる前に、この機会にその仕組みをチェックしていきましょう。
ちなみにノーローンに関する情報を調べていると、新生銀行が扱っているレイクと何が違うのか気になってきます。分かりやすく説明すると、
・新生銀行が扱うカードローンがレイク
・新生銀行グループのシンキ株式会社が扱うキャッシングサービスがノーローン
となっています。

ノーローンの融資対象になる人ってどんな人?

ノーローンからお金を借りるとき、どんな人が利用対象になるのか予め知っておくといいでしょう。せっかく申し込んだのに対象外だった場合、時間が無駄になってしまう可能性があります。
お金を借りたいときは、出来れば早くお金を用意したい状況でもあります。時間をかけずに手続きを進めていくためにも、利用対象になる人がどんな人なのか事前チェックしておく必要があります。
ノーローンの場合、お申込対象者として公開している情報は、
・安定した収入がある人
・20歳~69歳までの人
となっています。安定した収入というのは正社員に限りません。アルバイトでも派遣社員でも、毎月しっかり収入があるとみなされて返済可能な状況である場合は利用対象者としてみなされます。

予め金利や限度額を知っておきたい

お金がどのぐらい必要になるのか、これはその人のそのときの状況によって大きく金額の差がでてきます。例えば生活費がちょっと足りなくて次の給料日まで生活費の足しにしたいという場合はそれほど大きな金額にならないでしょうし、冠婚葬祭などの場合は少々まとまったお金が必要になります。
ノーローンでお金を借りるとき、どんな目的でどのぐらいお金が必要になるのか、それによって利用額の範囲内で大丈夫かどうか見極めていきましょう。
ノーローンの融資限度額は300万円までに設定されています。これならまとまったお金が必要な場合でも安心して利用できることでしょう。
ちなみに金利も気になります。実質年率4.9~18.0%に設定されています。例えばノーローンで30日間、10万円借りた場合、
100,000円×18.0%÷365日×30日-7日=1,134円となります。マイナス7日というのは、一週間無利息で利用できるため、契約してから最初の7日分は利息の対象外となるためです。少しでもお得に利用したいというのであれば、7日間無利息期間が設けられているのはメリットになりそうです。

申込方法や必要書類を事前にチェック

お金を借りるサービスを利用するとき、どこに注目するか、人それぞれ違いがありますが、やはり使い勝手がいい、これが理由のひとつになることは間違いありません。便利な世の中だからこそ便利に使いたい、誰もが考えることです。
ノーローンのお申込方法についてですが、大きく分けて3つの方法があります。
・電話申込:フリーダイヤルでオペレーターが対応します
・パソコンや携帯電話
いつでも自分の都合に合ったタイミングで申し込めます。ネットから申し込んだあと、審査結果を待ちます。結果は電話もしくはメールで届きます。カードは郵送で届くか、レイクの自動契約コーナーから受け取り可能。
・レイク自動契約機コーナー
急いでお金を準備したい方にオススメの方法です。自動契約機を利用して契約をしたあと即日カードを発行することができます。併設されているATMを利用すればその場ですぐにお金を準備することができます。
ちなみに本人確認のために必要な書類は、
・運転免許証
・健康保険証
・パスポート
・住民基本台帳カード(顔写真つき)
などが該当します。

気になる審査のこと、厳しい? それとも優しい?

お金を借りるときに一番気になる、心配になるといってもいいのが「審査」ではないでしょうか。いくら利用の対象になっているとはいえ、審査が通らなければお金を借りることができません。他の業者に申し込んだり、他の方法でお金を準備する必要がでてきます。
ノーローンの審査は一般的に言われている金融業者や消費者金融と違いはありません。当たり前のことなんですが、申し込みの際に住所や勤務先を事実とは異なるものを申請すれば審査には通りません。
それどころか、ウソをつく人というレッテルを貼られてしまい、場合によっては詐欺をする人という理由でブラックリストに載ってしまう可能性も捨てきれません。申し込みは今の現状を正直に伝えること、例えば他社からの借り入れがある場合はそれも正直に申し出ましょう。
当たり前のことを当たり前に行えば、それほど審査が厳しいというわけではないようです。ちなみに審査結果にかかる時間もそれほど長くないようで、パソコンやスマホを使ってインターネット申し込みを利用すれば即日でお金を借りることができる場合もあるようです。

便利に使える? 返済方法や借り入れ場所について

借り入れも返済も便利に使えること、キャッシングを利用する際に忙しくてもどちらも便利に利用できることは借り入れをする際のチェック項目になることでしょう。
ノーローンの場合、返済や借り入れはその人のライフスタイルに合ったものを選ぶことができます。例えば借り入れは、
・インターネット上でいつでも好きなタイミングで利用できる
・コンビニやショッピングセンターにあるATMを利用できる
・提携金融機関のATMを利用できる
・楽天以外の銀行口座にも振り込んでもらえる
返済は、
・インターネット上でいつでも好きなタイミングで返済できる
・コンビニやショッピングセンターにあるATMで返済できる
・提携金融機関のATMで返済できる
・予め申し込んでおいた口座から自動的に引き落とされる
・ノーローン指定の銀行口座に振り込む
となっています。
借り入れも返済も、いつどこに居ても利用・返済ができるとあって、そのときの状況によって使い分けているという方もいるそうです。

利用者の口コミや評判をチェックしよう

信頼できる、安心できるという情報は様々な視点から知ることができますが、例えば実際に利用している方々はどのような印象を持っているのでしょうか。ノーローンでお金を借りる人たちの体験談、口コミ、評判なども是非参考にしていきましょう。
実際に利用している方々の多くは、どうしてもお金が必要なときは急いでいるときが多いので、即日利用できて助かったと感じています。対応も丁寧なので、分からないことや疑問に思ったことも気兼ねせず問い合わせられるという声も多いようです。
中には「電話をかけたときの印象があまりよくなかった」という声もあるようですが、この場合、返済が遅れている状況の方がほとんどのようです。返済が滞っている状況でなければこれといって悪い口コミや評判はありません。

メリットとデメリットの両方を知っておこう

やっぱり知っておきたいメリットとデメリット。お金を借りるということは、しっかり返済をしていくことになるので、あまりにもデメリットが目立ってしまうと利用することを躊躇してしまいます。
ノーローンのメリットとデメリット、両方を知っておきましょう。
まずはメリットについて。やはりなんといっても最短審査ではないでしょうか。審査状況にもよりますが、融資できるまでの時間が最短30分と言われています。なぜこれほどまでに早いのかというと、インターネットから申し込みをすると、その段階で審査に入るためなのだそうです。
ノーローンのインターネット申し込みが早い理由、それは審査にかけられるまでがスピーディであることが理由になっていました。
もうひとつのメリットとして注目されているのが最初に利用できる融資額です。一般的な金融業者の場合は50万円という場合がほとんどなのですが、ノーローンの場合は99万円となっています。もちろん申し込んだ人の状況によって融資額に差がでてきますが、まとまったお金が必要という場合には大助かりです。
唯一デメリットとして挙げられているのが「知名度」です。まだまだ広くその名前が知られているわけではないので、初めて利用する方にしてみれば「本当に安心できるの?」と不安がられてしまいます。

解約する方法ってあるの? 過払い請求は?

暫くお金が必要になる場面がないので、ノーローンの返済も終わったことだし解約したいという場合、その方法を予め知っておくといいでしょう。
解約の方法はひとつ、電話での受付になります。インターネットから解約をすることができません。
しかし、いつまたお金が必要になるか分かりません。お金を借りる状況になったから、また契約したいといっても一から申し込みをしなければいけないので大変面倒です。
ノーローンの場合ですが、一週間無利息でお金を借りることができるのは一度だけではありません。完済すれば、新たにお金を借りたとき、また最初の一週間は無利息で利用することができるのです。
一般的な金融業者は一回限り30日間無利息というところが多いので、せっかく契約したのであればノーローンを解約せず、そのままにしておいてはいかがでしょうか。完済しているわけですから、年会費や月々の手数料などは一切発生しません。
ちなみに過払い金について、もしも自分が該当する場合は過払い請求をすることができます。この場合、自分で段取りすることも可能ですが、多くの場合は弁護士や司法書士事務所に相談することが多いそうです。

ノーローンの大車輪について知っておきたい

お金を借りるわけだから慎重に色々調べている、という方は案外多いようで、その中でノーローン大車輪というフレーズを良く見かけるという方も少なくないようです。果たしてノーローン大車輪とは一体なんのことなのでしょうか。
結論から言うと、ノーローンの最大のメリットとも言われている、最初の1週間無利息は何度も利用できるという仕組みを利用したテクニックのようです。
要はノーローン以外のほかの金融業者からも融資を受けていて、ノーローンと他の金融業者をそれぞれ返済、借り入れを繰り返して、ノーローンの「一週間無利息」サービスを利用して、結果的に他社の金融業者の利息を節約するという方法のようです。
結局ノーローンの利用は一切利息を発生させないという使い方をしているため、ノーローン会社から見れば、「利息を一切払わない利用者」という認識があるそうです。もちろん契約違反ではないものの、ノーローン側にしてみればあまりいい印象はないのが正直なところのようです。
ちなみにこの大車輪という方法をしている最中に、結局借入額をうっかり増やしてしまって借金額があっという間に増えてしまうというケースも少なくないそうです。この行為を大車輪にかけて「脱輪」と呼ぶこともあるらしいです。