カリナビ

おまとめローンで300万円以上をまとめる方法

TOP | 手続き | 多目的ローン
お気に入りに追加
300万円のローンを一本化するには

返せるつもりで借りたお金が積もり積もって300万円。自分の年収の半分以上の借金になってしまったとき、「おまとめローンのために300万円貸してください」と言って即答で「どうぞ」と言ってくれる金融機関はまずありません。

ここでは300万円の借金を一本化するための方法について紹介します。高額な借金の返済で困っている人はぜひ参考にしてください。

300万円以上の借金でおまとめローン利用はできる?

複数社で借りている借金が300万円あるとき、まず不安になるのがおまとめローンを利用できるかどうかということかもしれません。ただし300万円でも年収が900万円ある人の300万円と、年収が450万円の人の300万円では重みが変わってきます。ここではまずそれぞれの場合のおまとめローンの利用の可否について紹介します。

年収900万円以上の場合

借金には総量規制というものがあり、年収の1/3までしか借りることができないという規制があります。これは貸金業者に限った規制ですが、実際のところ銀行で借りる場合も年収の1/3というのは返済が難しくならないギリギリのラインと判断するため、借入可否のひとつの目安になっています。

もし年収が900万円以上あれば、300万円は年収の1/3以下ですので、審査は慎重にされるものの、300万円のおまとめローンはそれほど難しくはありません。

年収が450万円の場合

年収が450万円の場合は、単純に計算すると借りられる金額は150万円までになり、おまとめローンで300万円の借金を一本化することはできません。ただし、おまとめローンそのものは総量規制の対象外ですので、理屈の上では一本化は不可能ではありません。

ただし、一般的な貸付の目安になる150万円の倍ですので、審査は非常に厳しくなります。それでも条件次第ではおまとめローンを利用できる可能性はゼロではありません。

300万円以上の借金を一本化するには銀行がベスト

300万円以上の借金を一本化するときは銀行のカードローンを利用する方向で検討しましょう。その理由は下記の2点です。

銀行のカードローンは金利が低い
銀行のカードローンは利用限度額が高い

おまとめローンで需要なのは金利です。特に高額な借金の一本化では金利が1%違うだけでも年間で数万円の利息差が発生します。返済を楽にするためにはとにかく低金利の金融機関を選ぶのが理想ですので、一般的に金利が低い銀行のカードローンを利用したいところです。

また消費者金融のおまとめローンの場合は、利用限度額が300万円に設定されている金融機関も多く、300万円ギリギリであれば借りられる可能性はありますが、それを超えてしまうと一本化することができません。

このため、高額な借金の一本化には、利用限度額の高い銀行のカードローンを選ぶのが正攻法です。詳しくは後述しますが、消費者金融の場合はそもそもおまとめローンを利用できない可能性もあります。

消費者金融を利用できてもメリットは小さいため、まずは銀行のカードローンの審査を受けることを前提でおまとめローンの検討を始めましょう。どうしても借りられなかったとき消費者金融での借り入れを検討するようにしましょう。

おまとめローンを銀行で利用するには

消費者金融での高額借り入れは難しい

300万円以上の借金を消費者金融でおまとめローンを利用するためには、条件が3つあります。

すべて貸金業者から借りたお金であること
消費者金融のおまとめローン利用限度額以内であること
年収が借金の3倍ある

ほとんどの消費者金融でおまとめできるのは、貸金業者からの借金だけで、銀行やキャッシングなどの借金には利用できません。消費者金融で借金を一本化するには、300万円の借金のすべてが貸金業者からの借金である必要があります。

また当然ながら消費者金融のおまとめローンの利用限度額を超える借金を借りることはできません。消費者金融のおまとめローンの利用限度額は300万円に設定されていることが多く、300万円を超える借金は消費者金融で借りることができません。

そして、最も重要な事が年収が借金の3倍あるということです。おまとめローンは総量規制の対象外ですので、年収の1/3を超えても利用することができるのですが、そもそも貸金業者から借りることができるお金の上限は年収の1/3までです。

消費者金融もそれを前提としてローンの設定を行っていますので、転職などで借りたときよりも年収が減ったというケースでは消費者金融でのおまとめローンを利用できる可能性はとても低いと考えてください。

300万円借りるときの金利比較

高額な借金でおまとめローンを利用するときに重要なのが金利です。300万円の借金で金利が年1%違うだけで3万円以上の差が発生します。高額な借金ほど金利にこだわっておまとめローンを選ぶ必要があります。

ここでは300万円をおまとめローンにするときの、金融機関ごとの金利について比較します。どの金融機関が高額なおまとめローンに向いているのかチェックしてみましょう。

みずほ銀行カードローン:年9%
三菱東京UFJ銀行バンクイック:年7.1%〜9.6%
オリックス銀行カードローン:年6.0%~12.8%
三井住友銀行カードローン:年8.0%~10.0%

みずほ銀行以外は金利に幅があります。このようなときは判断が難しいのですが、比較検討するときは高い側の金利になると考えてください。借りるときは低い側の金利を期待したいところですが、過去に借りた借金の完済の履歴がある場合、金利が下がることも上がりますが、一般的には高い側の金利が適応されます。

例えばオリックス銀行カードローンの金利は年6.0%〜12.8%ですが、年6.0%なら低金利だと思って審査を受けても、「初めてですから年12.8%でお願いします」と言われてしまうのです。そう考えると、金利が低くなるのはみずほ銀行カードローンか、三菱東京UFJ銀行バンクイックのどちらかです。

また消費者金融は300万円のときの金利を明確に提示していません。借り入れをする人によって変わり、一般的には銀行の金利よりも高くなると考えておきましょう。

300万円借りるときの毎月の返済額比較

300万円借りられることも重要ですが、もうひとつ重要なのが300万円の借金が月々いくらの返済になるかということです。返済額は多すぎると返済できなくなる可能性があり、反対に少なすぎると、返済が終わらずに利息を払い続けることになります。

ここでは300万円借りたときの、金融機関ごとの返済額を紹介します。

みずほ銀行カードローン:3万円
三菱東京UFJ銀行バンクイック:利率 年8.1%以下 3万円 
三菱東京UFJ銀行バンクイック:利率 年8.1%以上 6万円
オリックス銀行カードローン:4万5千円
三井住友銀行カードローン:3万5千円

低金利な金融機関ほど、月々の返済額が少なくなる傾向にあります。せっかく低金利で借りたのに、毎月の返済額が少ないため、返済期間が長くなり返済総額が大きくなります。とはいえ低金利で借りて繰り上げ返済をしていれば、総返済額を下げることができます。

このため高額なおまとめローンの理想は低金利の金融機関で借りて、多めに返済できるときは繰り上げ返済をすることです。手間はかかりますが、返済が厳しい月でも基本となる返済額が低いため、返済に苦しむ必要がありません。低金利で月々の返済額が少ない商品を選びましょう。

収入証明なしで300万円借りることのできるのはどこ?

高額なお金を借りるときに気になるのが収入証明書です。嘘の申請をするつもりはなくても、年収を証明する書類を用意しなくていいほうが、まちがいなく手続きは楽です。ここでは各金融機関がそれぞれ収入証明なしでいくらまで借りることができるか紹介します。

みずほ銀行カードローン:200万円以下
三菱東京UFJ銀行バンクイック:200万円以下 
オリックス銀行カードローン:300万円以下
三井住友銀行カードローン:300万円以下

この他に消費者金融などのおまとめ専用ローンは、原則として収入証明書が必要です。

金利が低いみずほ銀行カードローンと三菱東京UFJ銀行バンクイックは、200万円を超える借金は収入証明書が必要で、他の3社は300万円以下まで収入証明書不要です。このことからわかるのは低金利の金融機関ほど高額な借り入れには慎重だということです。

借りやすさという点で考えたときは、300万円まで収入証明書が不要となっている金融機関がおすすめです。一本化したい借金が300万円を超えてしまう場合は、どの金融機関でも審査が厳しくなりますので、自分の条件にあった金融機関を選ぶようにしましょう。

ただし、借りたい金額の3倍以上の収入がある場合は、収入証明書の有無をそれほど気にする必要はありません。手間はかかりますが、条件のいい金融機関から借りてください。

高額借入のおまとめローンの審査を通すコツ

300万円ものお金を借りるときと数万円借りるときでは、借りるための準備が変わってきます。金融機関側も慎重に審査をすることになるため、ちょっとしたマイナスポイントがあるだけで、審査落ちしてしまいます。

申請時の記載事項にミスがないようにする
借入件数を可能な限り減らしておく
利用限度額が高い金融機関を選ぶ

300万円以上の高額借入をする場合のポイントが上の3点です。まず大事なのは申請時の入力ミスをなくすことです。年収を1桁間違えたり、他社からの借入金額を間違えるといった、本当に些細なミスで審査落ちにつながることがあります。申込前に何度もチェックしてください。

おまとめローンでも借入件数が多いと、多重債務になり債務整理を行う可能性があると判断されて審査が厳しくなります。5社より4社、4社よりも3社のほうが審査に通りやすくなりますので、完済できる借金がある場合は、繰り上げ返済をして借入件数を減らしましょう。

また利用限度額が高い金融機関を選ぶことも大切です。利用限度額が500万円の金融機関と1000万円の金融機関とでは、同じ300万円を貸すにしても重みが変わってきます。限度額いっぱいまで借りようとすると審査が厳しくなりますので、限度額に余裕のある金融機関を選びましょう。

高額な借金でおまとめローンの審査に落ちたらどうする?

もし300万円のような高額な借金の一本化がうまくいかないときは、いったいどうすればいいのでしょう。まず行うのは300万円を一度で一本化するのではなく、段階的な一本化に切り替えていくことです。とりあえずは2社分をまとめて、借入件数を1件減らすようにしてください。

それがうまくいったら半年から1年後にまた1件減らすというような方法で、徐々に借金をひとつにまとめていきましょう。返済をきちんと続けていれば、利用限度枠がアップしますので、そのアップした限度枠を活用して段階を踏んで一本化を行っていきましょう。

月々の返済額が多すぎてとてもそれどころではないという人は、まずはすでにお金を借りている金融機関に月々の返済額の変更の相談をしましょう。金融機関も債務整理されるのが一番望まない形ですので、可能な範囲で返済方法の見直しをしてくれます。

それでもうまくいかないときには、債務整理するのが一番です。おまとめローンの審査に落ちるということは、金融機関から「その借金は返すことができないもの」という判断をされたようなものですので、潔く返済を諦めることも視野に入れてください。

もちろん毎月ギリギリの生活でも返済できるのであれば、コツコツ返済を続けるようにしましょう。借りたお金は返すのが基本ですが、本当にどうにもならなくなったときは弁護士に相談してください。

おまとめローン詐欺に気をつける

高額なおまとめローンを利用するお気に気をつけたいのが、おまとめローン詐欺です。金額が大きいため、なかなか審査に通りにくいときに「うちなら大丈夫ですよ」と言われると、怪しいなと思いながらもついつい話に乗ってしまったりするものです。

詐欺を行うグループは高額な借金をしている人たちのリストをどこからか手に入れて、ダイレクトメールなどを送りつけてきます。よくあるのが、おまとめするのに保証金や入会金、手数料が必要と言われ、振り込んだら連絡が取れなくなるケースです。

冷静に考えれば明らかに詐欺だと分かりそうなものでも、借金の一本化を行わなければ生活が成り立たなくなるという恐れから、藁にもすがる思いで悪徳業者の誘いに乗ってしまいます。自分だけは大丈夫と思っていても、いざその立場になると騙されてしまうものです。

詐欺とは少し違いますが、闇金などもお金に困っている人に目をつけて、お金を搾り取ることを得意としている人たちです。この場合は300万円を貸すのではなく、数万円の融資でその月の借金の返済に必要な額だけ貸付を提案されます。

とりあえず数万円くらいなら闇金でも大丈夫と思うかもしれませんが、おまとめローンの利用を考えているような状況の人にとって、数万円の利息を払うことすらできなくなってしまう可能性がありますので、詐欺と同様に闇金からの借り入れもしないようにしてください。

300万円以上の借金を一本化する方法のまとめ

複数の金融機関からお金を借りている場合、返済を楽にするために一本化することがおすすめですが、300万円以上の借金になると、金融機関側も簡単にはおまとめさせてくれません。年収が借金の3倍以上ある人。300万円の借金なら年収900万円くらいないと審査はかなり厳しくなります。

300万円以上もの借金がある場合は、基本的には銀行のカードローンを利用しての返済します。消費者金融の場合は利用限度額が300万円までという業者が多いため、最初から利用できないケースもあるだけでなく、高額であればあるほど、金利の影響が大きくなるため、高金利の消費者金融はおすすめできません。

おまとめローンを選ぶときは、低金利であることと月々の返済額が返済可能な金額になっていることを確認してください。せっかく一本化できても、月々の返済額が高すぎるといずれ生活を圧迫する可能性があります。反対に月々の返済額が少なすぎると、返済期間が長くなり、総返済額が大きくなってしまいます。

とはいえ、返済額が少なくても繰り上げ返済などをすることで、返済額を減らすこともできますので、基本的な考え方としては、低金利で月々の返済額が少ない金融機関を利用して、多く返済できる月には繰り上げ返済を行うようにしましょう。

また返済がどうにもならなくなったときは、闇金に頼ったりせず、弁護士に相談して債務整理も検討するようにしてください。