カリナビ

千葉銀行のおまとめローンを徹底解説

TOP | 手続き | 多目的ローン
お気に入りに追加
千葉銀行おまとめローンについて

千葉銀行のおまとめローンの特徴解説

多重債務の借金を抱えた方の助け舟とも言うべく『おまとめローン』は、複数の借り入れ先をひとつにまとめる目的で考案されたローンです。おまとめ利用ができるローンに借り換え、借金を一本化することで、低金利の借り入れをはじめ、月々の返済額の見直しや、返済期日管理など、借金の負担を大きく和らげてくれます。

そんな中、この記事では千葉銀行のおまとめローンに注目します。ちばぎんでは、おまとめローンに特化したものは提供していませんが、おまとめ利用としても使える、ちばぎんフリーローン「クイックパワー<アドバンス>」がおすすめです。

ちばぎんフリーローン「クイックパワー<アドバンス>」のスペック

【商品名】ちばぎんフリーローンクイックパワー<アドバンス>
【利用用途】多目的ローン(おまとめ利用に推薦)
【最高借り入れ限度額】30万円以上500万円以内(1万円単位で借り入れ可能)
【金利率】年4.3%~14.8%(利率は審査によって決定)
【利率計算方式】元利均等方式
【借り入れ可能期間】6か月以上7年以内(6か月単位で設定)
【収入証明書】不要
【審査回答までの時間】最短即日
【融資までの時間】最短即日
【来店の要不要】不要

即日融資を希望される方や、インターネットですべての手続きを完結してしまいたい方に、フリーローン「クイックパワー<アドバンス>」はおすすめです。

金利は年率4.3%~14.8%で、6段階(4.3%・5.5%・6.0%・9.0%・12.0%・14.8%)の金利設定のうちいずれかが審査で判断されます。例えば、300万円を借り入れし、5年間の返済で、金利が6.0%だった場合、月々の支払いは57,998円、返済総額が3,479,880円となります。

千葉銀行のおまとめローンの利用方法

申込み手順

申込む前にぜひ確認しておきたいのが、「10秒クイック診断」です。【年齢・年収・借り入れ希望額・返済期間・現在の年間返済額】の5項目を入力することで、借り入れ可能かどうかの応答を得ることができます。あくまでもマニュアル通りの簡易的な判断ですが、借り入れ可能と応答があれば、審査に通る可能性も十分考えられます。

仮審査の申込みには、ホームページ、FAX、電話、郵送、モバイルサイトなど様々な手段から利用可能です。郵送以外の方法でしたら、最短即日で、申込み⇒審査⇒融資までが可能です。また、千葉銀行の普通預金口座のキャッシュカードがなければ、WEB完結の手続きが不可能となりますので注意が必要です。

即日融資は、審査結果の連絡までのやり取りが正午までに終わった場合に可能です。また、千葉銀行の普通預金口座を持っていない場合、口座開設も含めた、審査結果の連絡までを正午までに行う必要があります。それには、営業開始の朝一番で申込むなどの配慮が必要です。

借り入れ〜返済方法

借り入れ方法は、希望した借り入れ金額を一括で指定預金口座に入金される方法です。フリーローン全般の特徴でもありますが、借り入れの追加はできません。
返済方法は、元利均等毎月返済方式で、毎月1日に、指定預金口座から自動振り替えによる返済となります。また、繰り上げ返済(追加返済)が可能なので、最初に決めた返済期間よりも早期返済することができます。

千葉銀行のおまとめローン審査基準

申込み対象者

申込み対象者は、年齢が満20歳~満70歳未満(申込み時の年齢)の安定した収入のある方となります。ちなみに、千葉銀行ではカードローンも提供していますが、満65歳までと少し門が狭まります。雇用形態による対象者は、パート・アルバイト・配偶者に安定収入のある専業主婦も申込み可能です。しかし、年金収入のみの方は申込みすることができません。

また、管轄エリアに住居や勤務先がある方に限っての申込みという条件は、地方銀行の特徴でもありますが、千葉銀行でも申込み範囲が決められています。千葉県・東京都・埼玉県・茨城県・神奈川県の一部にお住まい、または勤め先があることが条件となります。

保証会社 「エム・ユー信用保証」とは

ちばぎんフリーローン「クイックパワー<アドバンス>」の本審査は、保証会社の“エム・ユー信用保証(株)”が行います。エム・ユー信用保証は、三菱東京UFJ銀行とアコムが共同で設立した保証会社で、アコムの子会社という位置づけになります。

ここが難易度に非常に重要な点です。“審査が甘い”ということはありませんが審査基準は業者によって異なります。アコムのノウハウで構築された(影響を受けている)エム・ユー信用保証も審査が甘いということはありませんがアコムで審査が通るかどうか、審査基準を計るスベとして参考にしましょう。

千葉銀行のおまとめローンの審査に通過する方法

勤続年数が優遇

審査に通過するためには「安定収入がある」ということが非常に大事です。“安定”という意味を掘り下げれば、長期間にわたり一定以上の収入があるということです。一般的にフリーローンに通過しやすい条件は、年収の多さよりも、勤続年数が優遇される傾向にあります。

突発的な高額年収よりも、どのくらいの期間の安定年収履歴があるのかが、審査通過の決め手とも言えるでしょう。今の会社を長く勤めている方でしたら、とくに有利な条件で審査にのぞむことができます。

シミュレーションの有効活用

利用方法のところでも前述しましたが、申込む前に借り入れ可能かの診断を行っておくと、とても重宝します。どのくらいの限度額なら審査に通過するのか?自分の年収に対してどのくらいの借り入れができるのか?などを、事前に判断してもらうことによって、無駄な時間のロスを防ぐことにもつながります。何もしないでいきなり審査にのぞむよりは、冷静に判断するきっかけにもなります。

各社によって、入力事項や結果内容なども変わりますが、入力内容に求められる項目がどのようなものかを知るだけでも、この会社はどんな条件に重要度を置いているのかなどを知るヒントにもなります。

千葉銀行のおまとめローンの審査に通らない理由と対策

おまとめローンなどの審査で、厳しいとされる項目のひとつが、「借り入れ件数」です。複数の会社から借り入れをしてしまっている方が、何件の金融業者から借金しているかということが重要視されます。

素人から見れば、件数よりも借金のトータル額の大きさの方が審査のポイントかと思いがちです。しかし、実際はそれよりも現在の借金の件数を少なくすることに気を配らなければなりません。ちなみに一般的に、借り入れ件数は5社以上あると審査通過は厳しいと言われています。

対策方法として、少なくとも借金は4件以内に減らすことが重要です。借り入れ件数が、3〜4件ですと、比較的審査に通りやすくなる傾向にあります。2件でしたらほとんど問題なく審査を受けることができるという傾向にあるようです。

借り入れ件数を減らすには、資金となるお金の工面が必要です。大きく4つの方法が考えられます。

1.現在借り入れしている金融機関の1社に増枠を交渉し、借金をまとめる 
2.審査に甘い新規のおまとめローンから借り入れをし、借金をまとめる 
3.会社から給与を前借りし、借金をまとめる 
4.家族や親族からお金を借り、借金をまとめる 

お金が準備できたら早速借金をまとめていきますが、まとめ方(返済の仕方)にもポイントがあります。借り入れ件数をできるだけ減らすことが最優先なので、借入額が少ない順番から返済していくのがコツです。

例えば、A社20万円 B社30万円 C社50万円 D社50万円 E社50万円、5社から200万円借り入れしていたとします。準備できた金額が100万円とします。100万円をどう振り分けるかということになりますが、D社とE社に返済して4社にまとめるよりも、借り入れ額が少ないA社B社C社の返済にまわせば、借り入れ件数を3社に抑えることができます。こういった配慮だけでも審査に大きく影響します。

また、返済が終了したA社B社C社は、すぐに解約しなくてはいけません。そのまま借り入れ件数として数えられてしまうことを防止するためです。

千葉銀行のおまとめローン、メリットとデメリット

千葉銀行のおまとめローン、メリット

ちばぎんフリーローン「クイックパワー<アドバンス>」のメリットをいくつか挙げてみましょう。

・最短即日融資
・ネットですべてが完結
・元利均等毎月返済方式
・繰り上げ返済可能
・使い道を申告する必要がない

以上のメリットがあります。

即日融資とネットで完結に関しては説明するまでもありませんが、“元利均等毎月返済方式”は、申込みの段階で完済までの返済スケジュールを立ててしまう形式で、毎月同じ金額を均等に返済していく方法です。毎月決まった返済額ですと、支払いのための準備がスムーズですし、月々の生活費の配分などが決めやすいのでおすすめです。

また、追加の借り入れはできませんが、“繰り上げ返済(追加の返済)”は可能です。これによって返済計画も変わってきますが、今よりも借金が減ることはあっても増えることは無いのでノープロブレムでしょう。更に“使い道用途の申告が不要”なのも多目的ローンの一般的メリットです。

千葉銀行のおまとめローン、デメリット

ちばぎんフリーローン「クイックパワー<アドバンス>」の場合、申込み対象者が、関東一円(千葉県・東京都・埼玉県・茨城県・神奈川の一部)にお住まいか勤務先がある方のみということが最大のデメリットです。

また、指定口座にまとまった金額が振り込まれる借り入れ方法なので、そこから自分で各金融機関に返済しないといけません。そこで、残高に何百万円ものお金を確認すると気持ちが大きくなってしまい、返済以外のことに使ってしまうというリスクが想定できます。不安に感じる方は、直接各金融機関に返済してくれるタイプのものをチョイスするのも選択肢のひとつです。

千葉銀行のおまとめローンの口コミやレビュー

千葉銀行で借り入れを実際にした方や試みた方たちの評価などをまとめてみましたので参考にしてみてください。

・「千葉銀行でローンを組もうとしたら、エリア管轄外なので対象外と言われてしまった、そんな条件があるとは思いにも寄らなかった、残念。」
・「千葉銀行の口座を持っていなくとも借り入れすることができたのでよかった。」
・「主婦でも申込み可能なので、大きな出費が重なった時にはとても重宝するローンです。」
・「店舗に出向かなくとも契約できるのでとても便利です。家に居ながら借り入れができるってスゴイ時代ですね。」
・「審査がスピーディーで驚きました。」
・「フリーローンにするかカードローンにするか、とても迷うところですが、私の場合、コンスタントな返済額というニーズがマッチしていたので、フリーローンを選びました。」
・「複数のローンを1つにまとめるのに成功。毎月4つの返済方法と4回の返済日で、管理しきれない時もあったので非常に助かっています。もう借金件数の増加はこりごりです。」
・「借り換えする以前とあまり利息額が変わらなかったような気がする。」
・「借金をまとめることで、こんなに低金利になるとは。もっと早く知りたかった。」

口コミなどは個々のタイミングもありますので、参考程度にしておきましょう。実際に自分の目で確かめるのも重要です。先入観を持たずに取り組みましょう。

おまとめローンを選ぶ際のポイント

フリーローンVSカードローン

千葉銀行のローンには、ちばぎんカードローン「クイックパワー<アドバンス>」もあり、最大借り入れ限度額や金利などのスペックはほとんど同じです。しかも、カードローンでもおまとめ利用(借り換えの一本化)が可能です。

そんな中、フリーローンとカードローンの大きな違いは、カードローンは追加借り入れが自由にできる点です。とても重宝することのようにも見受けられますが、使い過ぎてしまうのが心配な方にとってはネックです。そんな方には、追加借り入れが出来ないタイプのフリーローンがおすすめです。

保証会社を比較する

続けて何社でも申込みできるなら、保証会社がどこかは気にせず手当たり次第に申込むのが得策と言えるかもしれせん。しかし、あいにくそうもいきません。どういうことかと言いますと、短期間に多数のローンに申込んでしまうと、「申込みブラック」という対象になってしまい、その後の審査が不利になります。

そうなると、ここぞという金融業者を絞ってから申し込むことが求められます。絞り方のひとつとして、保証会社がどこかで判断することも有効です。各保証会社がどのくらいのレベルや条件で審査しているのかは公表されていませんが、サイトなどから情報をチェックするなど、石橋を叩いて渡ることも重要でしょう。

総量規制と千葉銀行のおまとめローンの関係

総量規制とは、2010年に貸金業者に向けて発足された規制で、「個人に、年収の3分の1以上の金額の融資をしてはいけない」というものです。では、ちばぎんフリーローン「クイックパワー<アドバンス>」は、総量規制を受けるのかと言えば、対象外となります。

基本的に貸金業者は、銀行は含まれません。銀行が提供するローン全般において、総量規制の対象とはなりません。補足しておきますと、消費者金融は貸金業者のひとつですが、おまとめ利用の専用ローンに関しては対象外となります。

また、もう少し総量規制について掘り下げますと、自動車ローンも総量規制の対象外となります。有価証券担保貸付(有価証券とは、「株券」「国債」「社債券」などのことを指します)、不動産担保の貸付、医療費などの理由での借り入れも総量規制の対象外となります。ちなみに、医療費は同居する親族のために借り入れしたものもあてはまります。

千葉銀行のおまとめローンのまとめ

千葉銀行でおまとめローン利用できる、ちばぎんフリーローン「クイックパワー<アドバンス>」について解説しましたがヒントになりましたでしょうか?地方銀行ならではの、管轄エリア内の在籍在勤条件が最大のネックとなりますが、ざっと数えても約3000万人、日本人口のおよそ4分の1を網羅していることでも、そこそこの許容範囲と言えるでしょう。

千葉銀行の審査方針として、【借入額・年収】おのおのに条件をつけるのではなく、バランスによって、借り入れ可能かどうかの審査判断をくだしているようです。年収に対して、返済に無理が生じないか、相対的に考慮して妥当な返済プランなのかを重要視しているようです。

多重債務の生活から脱却するための手段として、おまとめローンは非常に効率的です。返済日に追われる生活の中にいると、本来の判断力や生命力なども鈍ってしまい、仕事への能力を十分に発揮できなくなってしまいます。月々の返済額、トータル利息額、返済期間などを、返済シミュレーションなどで調整しながら、自分の状況に無理のない返済計画を立てるには、良いチャンスです。

それに加え、すぐに融資してほしい、ネットですべてを済ませたいという方には、ちばぎんフリーローン「クイックパワー<アドバンス>」は、おまとめ利用できるおすすめのローンと言えるでしょう。

こちらの記事も読まれています。