カリナビ

どこがいい?おまとめローンの選び方

TOP | 手続き | 多目的ローン
お気に入りに追加
おまとめローンはどこがいいの?

おまとめローンを利用しようと思っても、金融機関が多すぎてどこの商品を選んでいいのかわからなくて困っていませんか?どこがいいかまったくわからず迷っている人のために、どこがいいか選び方について解説します。

おまとめローンを利用するメリット

おまとめローンはどこがいいか迷わずに選ぶ方法を説明する前に、まずは借金の一本化をすることによるメリットを把握しておきましょう。基本的なことですが、分かっているつもりでも勘違いしていることもあるかと思いますので、再確認の意味も込めて読んでください。

バラバラの返済を一つにまとめることができる

いくつもの金融機関からお金を借りている場合、その返済日はすべて同じということはなく、毎週のように返済日がやってくるということもあります。お金に余裕があればいいのですが、複数社から借りているような場合、お金に困っていることも多く、毎週返済に追われて気疲れしてしまうことがあります。

おまとめローンを利用することで、返済日を1日にまとめることができるため、返済のことを考えなくていい時間が増えていきます。精神的な余裕ができることで、毎日の暮らしに余裕ができる。これが借金を一本化するメリットのひとつです。

月々の返済額をムリない金額にできる

おまとめローンの最大のメリットは、月々の返済額を減らすことができるということです。4社からお金を借りていて、それぞれに1万円ずつ返済していた場合は、月々の返済額が4万円です。これが1社にまとめることで、月々の返済額を2万円にできるとしたら生活に余裕がでてくるはずです。

もちろん返済期間が長くなるため利息も払い続ける必要があるため、金利によっては総返済額が増えてしまうこともありますが、それでも日々の生活費を削りながら返すよりは、返済額を減らしてムリのない返済を継続していくことで、生活を安定させることができます。

おまとめローンを利用するデメリット

おまとめローンを利用するメリットは理解できたかと思いますが、もちろんデメリットもあります。いいことばかりではないのが、多くの人が借金の一本化に踏み切れない理由でもあります。ここではそんなおまとめローンを利用するデメリットについて紹介します。

審査が厳しい

これはデメリットというよりは、借金を一本化するための問題と言ったほうが良いかもしれません。おまとめローンは利用することができればとても便利なのですが、審査が厳しいため、そもそも利用できないという人が大勢います。

そのため、審査に通りやすい金融機関を探す必要があります。ところが金融機関ごとの違いがわからないため、どこがいいかという判断ができずに申し込みに踏み切れないでいる人がたくさんいます。審査が厳しいということは最初の一歩を踏み出す前の大きな障害の一つです。

総返済額が増えるケースがある

おまとめローンの利用で総返済額が増えるケースあります。このため「おまとめローンは危険」というような情報もあるくらいです。これを回避するためには金利を下げる必要があるのですが、金利が低い金融機関は審査が厳しい傾向にあります。

だとすれば金利の高いおまとめローンを利用すればいいのですが、その場合は総返済額が高くなるというデメリットを受け入れなくてはいけません。ただし、このデメリットの裏側にある月々の返済が楽になるというメリットとを天秤にかけて、メリットのほうが大きいのであれば、デメリットはそれほど大きなものではありません。

カードローンとおまとめローンの違い

おまとめローンを選ぶときにどこがいいか悩む大きな原因のひとつが、カードローンの存在です。おまとめローンを探しているのにカードローンの情報ばかり出てきて困っていませんか?まずはこの2つの違いについて説明します。

貸金業者は年収の1/3を超えるお金を貸してはいけないという規制(総量規制)があります。ただし、利用者が有利になる場合は、年収の1/3を超えても貸付をしてもいいということで、おまとめローンは年収の1/3を超えても貸付が可能ということになっています。

このため消費者金融などは、借金の一本化専用のローンを作って、通常の貸付とおまとめ専用ローン線引きを明確に行っています。両方が混じり合ってしまわないようにと作られたのがおまとめ専用ローンだと考えてください。

それに対してカードローンは、事業用途でなければ使用用途を問わないローンです。使用用途を問わないローンですから、もちろん借金の一本化にも使うことができます。ところが貸金業者の場合は、総量規制の関係で年収の1/3以上は貸すことができないため、カードローンでは借金の一本化には使いづらいという問題があります。

ところが銀行の場合は総量規制の対象外ですので、カードローンでも年収の1/3以上のお金を貸すことができます。そのためわざわざおまとめ専用ローンを用意する必要がないため、「借り換えにはカードローンを使ってください」ということにしています。

おまとめ専用ローンの特徴

カードローンでもおまとめローンでも、借金の一本化ができるということを理解してもらえたかと思いますが、借金の一本化をするにあたって、もう少し詳しくおまとめ専用ローンの特徴について理解しておきましょう。

年収が300万円で借金総額が50万円という場合には、消費者金融のカードローンでもあと50万円までは借りることができますので、おまとめ専用ローンを使わなくてもカードローンでの借金の一本化が可能です。ところが借金の総額が50万円以上の場合は、カードローンで一本化をしようとすると一時的とはいえ借入総額が年収の1/3を超えてしまします。

そんなときに利用するのが消費者金融のおまとめ専用ローンです。消費者金融で借金の一本化をしようと思ったときに、一本化だからおまとめ専用ローンを使わなくてはいけないというわけではなく、金額によっては消費者金融のカードローンでも一本化は可能です。

この消費者金融のおまとめ専用ローンですが、一本化の対象として利用できる範囲が、貸金業者からの借金のみと決められています。クレジットカードの支払や、銀行から借りたお金の一本化には使うことができません。

借りてしまえばどう利用しようとわからないじゃないかと思うかもしれませんが、消費者金融によっては直接融資をせずに、既存の借入先に対して消費者金融が代理返済を行うこともあります。おまとめ専用ローンは貸金業者からの借金の一本化だけに利用することができると覚えておきましょう。

審査項目

おまとめローンを選ぶときにどこがいいか迷うのは、借り入れのための審査があるからかもしれません。審査がなければ金利の低い金融機関を選べばいいだけですが、低金利の金融機関ほど審査が厳しくなります。その審査を通過させるには何を審査しているのかを把握しておくことは大切ですので、ここではおまとめローンの審査項目について解説します。

一般的に審査項目となるのは申込時に記載(入力)した内容すべてが審査の対象です。ただし、それぞれの項目には重要視されるものとそうでないものがありますので、まずは審査で重要視される項目についてリストアップします。

  • ・年収
  • ・勤務先
  • ・勤続年数
  • ・他社借入総額
  • ・他社借入件数
  • ・金融事故の履歴

年収は多ければ多いほどいいのですが、大事なのは借入総額とのバランスです。年収に対して借り入れが多すぎる場合は、いくら年収があっても返済が苦しくなるため融資を断られる可能性がります。

金融機関は毎月きちんと返済できる人にしか融資をしませんので、安定した職業に就いていることや、長く同じ職場にいるということを重視します。フリーターや個人事業主への融資が難しいとされるのもこのためです。

また借金の一本化でも借入件数が多すぎる場合は、多重債務になり債務整理をされてしまう可能性があり、過去の滞納などの履歴がある人(ブラックリスト入りしている人)も、同じことを繰り返す可能性があるとして、審査落ちする可能性がとても高いとされています。

審査の通りやすさに違いがある理由

審査項目はどの金融機関でもそれほど変わりません。そうすると、どこがいいかやっぱりわからないと思うかもしれませんが、審査項目は同じでもそれぞれのハードルの高さが違うため、実際は審査に通りやすい金融機関と審査が厳しい金融機関に分かれます。

一般的には銀行の審査は厳しく、消費者金融のほうが借りやすいとされています。その理由としては、銀行は低金利にしているため返済できない人が増えてしまうと、融資したお金を回収できずに簡単に赤字になってしまうため、とにかくリスクを減らそうとするためです。

反対に消費者金融の場合は金利を高めに設定して、ある程度の貸し倒れを想定して融資しています。このため多少のリスクがあっても幅広く貸付を行うため、銀行よりは審査に通りやすいという状態になっています。

とはいえ消費者金融の審査が甘いというわけではありません。消費者金融ではおまとめローンを含めたすべての融資で、申し込みを行った人の50%以上が審査落ちしています。リスクを取ると言っても限度があります。消費者金融でも審査はきちんと行うということは覚えておきましょう。

銀行でも消費者金融でも、同業者間での審査の通りやすさに違いがあるのは、審査項目のどこを重視するかが金融機関によって、そのノウハウが違うためです。このためおまとめローンの審査では、その金融機関との相性によって審査に通ったり、落ちたりすることもあります。

おまとめローンの正しい選び方

ここまで長々とおまとめローンの基礎知識について紹介してきましたが、基礎を理解してもらったところで本題に入ります。ここでは正しい選び方について紹介します。どこがいいか迷っている人は、ぜひ借金の一本化のための参考にしてください。

一本化する理由を明確にする

まず大切なのは、何のためにおまとめローンを利用するかということを明確にすることです。借金の返済総額を少なくしたいのか、それとも月々の返済を楽にしたいのか、それぞれに理由があると思います。その理由をはっきりさせることから始めましょう。

借金の返済総額を減らしたい場合

返済が苦しいわけではなく借金の返済総額を減らしたい場合は、とにかく低金利の金融機関を選びます。このケースでは銀行のカードローンでの借金の一本化を検討しましょう。あえて金利の高い消費者金融で一本化するメリットはあまりありません。

月々の返済を楽にしたい場合

月々の返済が苦しくて滞納の可能性があるというような人は、まずは借金の一本化をして月々の返済額を下げることを最優先しましょう。返済総額が増えることは気にせずに、まずは目の前にせまっている返済を楽にすることを優先してください。

時間に余裕があれば低金利のおまとめローンの審査から受けるのが理想ですが、すぐにでも一本化をしたい場合は、まずは消費者金融のおまとめローンの利用も検討しましょう。

どこがいいか迷ったときのオススメ

選び方がわかっても、金融機関が多すぎてどこがいいか絞りきれないという人のために、オススメできる代表的な金融機関をいくつか紹介します。どうしても金融機関を選びきれないという人は参考にしてください。

三菱東京UFJ銀行バンクイック

金利:年1.8%~14.6%
利用限度額:500万円
タイプ:カードローン

三菱東京UFJ銀行のバンクイックは低金利が魅力のカードローンです。とにかく返済総額を減らしたいと考えている人にオススメです。他の銀行よりも利用限度額は低めですが、おまとめローンの場合は500万円もあれば問題なく一本化できるはずです。

バンクイックでおまとめ利用するときの詳細

オリックス銀行カードローン

金利:年1.7%~17.8%
利用限度額:800万円
タイプ:カードローン

オリックス銀行カードローンも金利の低い金融機関のひとつです。最高金利が17.8%と、とても高いように感じるかもしれませんが、金利が17.8%になるのは10万円以下の借り入れのときですので、おまとめローンとして利用する場合の金利はそれほど高くありませんので安心してください。

プロミスおまとめローン

金利:年6.3%~17.8%
利用限度額:300万円
タイプ:おまとめ専用ローン

プロミスのおまとめローンは、おまとめ専用で最大金利も高いのですが銀行と比べると審査に通りやすいというメリットと、最小金利の低さが魅力的です。利用限度額は低めですが300万円近い借金がある場合は低金利を期待できます。

アイフルおまとめMAX

金利:年12.0%~15.0%
利用限度額:500万円
タイプ:おまとめ専用ローン

アイフルおまとめMAXの魅力は最大金利の低さにあります。借金の総額が100万円前後とそれほど多くない場合は、銀行の金利とそれほど変わらない金利で借金の一本化をすることが可能です。

おまとめローンを選ぶときの注意点

おまとめローンを選ぶときにはいくつかの注意点がありますので、ここではスムーズに借金を一本化するための注意点をまとめて紹介します。

審査には時間がかかる

カードローンなどは即日審査・即日融資という金融機関もありますが、借金の一本化のような高額な借入の場合には、どうしても審査に時間がかかってしまいます。すぐに融資が必要な状況になる前に申し込みを行うようにしてください。

一度に複数の金融機関に申し込みをしない

どこがいいかわからないからといって、複数の金融機関に一度に申し込みをしないようにしましょう。それぞれの金融機関は一度に申し込みをされたことがわかるシステムになっていますので、お金に困って焦っていると判断され、審査に不利になりますので申し込みは1社ずつ行いましょう。

金利の低さだけでなく月々の返済額も確認する

おまとめローンを選ぶときには金利の低さばかり見てしまいますが、低金利の金融機関は月々の返済額も少なめに設定されています。このため長期間利息を払い続ける必要があり返済総額が増えてしまうことがあります。

おまとめローンはどこがいいか選ぶときには必ず返済シミュレーションなどを利用して、返済総額も確認するようにしてください。もちろん月々の返済額が減ればそれでいいというようなケースでは、返済総額が増えるということはあまり気にしすぎないようにしましょう。

まとめ

おまとめローンにはいくつもの種類があり、どこがいいか迷わないで決めることがとても難しいのが実情です。こういうときはまず基本を学ぶことが大切です。時間はかかるかもしれませんが、きちんとその実態を把握するようにしましょう。

カードローンとおまとめローンの違いや、おまとめ専用ローンについて理解することで、それぞれ特徴がわかりやすくなるため、借金の一本化で迷ってしまうこともなくなります。そうやってどこがいいか分かりにくい理由を一つひとつ潰していきましょう。

基本的な考え方としては、まず何のためにおまとめローンを利用するのかということを明確にする必要があります。目的によって、商品の選び方が変わってきます。自分がなぜおまとめローンを利用したいのかをはっきりさせましょう。

返済総額を減らしたいのであれば、金利の高い消費者金融の商品は避けるべきですし、とにかく月々の返済を楽にしたいというのであれば、金利はあまり考えずに審査に通りやすい消費者金融での借り入れも視野に入れておく必要があります。

おまとめローンは金利ばかり注目されますが、金利と月々の返済額、そして返済総額は連動していますので、常にその3つを意識して商品の比較を行うようにしてください。目的を明確にして、この3つをしっかりと意識すれば、選ぶべきおまとめローンは自然と決まってくるはずです。

こちらの記事も読まれています。