カリナビ

おまとめローンの限度額はどう決まる?

TOP | 手続き | 多目的ローン
お気に入りに追加

おまとめローンはいくらまで借りられる?

おまとめローンを利用して借金の借り換えや一本化を行いたくても、借金の額が多すぎておまとめすることができないのではないかと不安になったりしますよね。おまとめローンは、いったいいくらまでおまとめすることができるのでしょう。
ここでは意外と知られていない、おまとめローンの限度額とその考え方について解説します。

銀行と消費者金融のどちらのほうが利用限度額は高い?

おまとめローンで借金の借り換えや一本化を考えるとき、最初に考えるのが銀行を利用するべきか、消費者金融を利用すべきかということですよね。特に借金の額が多い場合は、できるだけ限度額が高い金融機関を選びたいところです。それでは銀行と消費者金融ではどちらのほうが利用限度額は高いのでしょう。
結論から言いますと、一般的に利用限度額が高いのは銀行になります。その理由を知るためにはまずおまとめローンの考え方を知っておく必要があります。
そもそも消費者金融などの借金は、総額で年収の1/3までしか借りることができません。金利の都合や総量規制の対象外になる銀行からの融資で、1/3を超えてしまうこともあるのですが、年収と同じくらいの借金を抱えている状態は基本的に想定されていません。
このため、消費者金融のおまとめローンは一般的な会社員の年収を考えて利用限度額を300~500万円に設定しています。これ以上の借金を抱えていることは通常では考えられないため、それほど高くない金額に設定しています。
一方の銀行はカードローンを利用してのおまとめローンになりますので、おまとめ以外の用途にも使うことを考えて、利用限度額を高めに設定しています。このため、消費者金融よりも銀行のほうが利用限度額は高くなります。

カードローンをおまとめローンに利用するコツ

利用限度額の高い銀行のカードローンを利用して、借金の借り換えや一本化をすると、多くの借金をひとつにまとめることができます。ただし、カードローンですので利用するにはちょっとしたコツが入ります。ここではそのコツを紹介します。
まずカードローンを利用するときに申請する使用用途に、「借金の借り換え」「借金の一本化」と記載するようにしてください。おまとめローンだとバレると、借りにくくなるのではないかと思うかもしれませんが、むしろその反対でおまとめローンであることを伝えるほうが審査に通りやすくなります。
なぜなら、おまとめローンでないとするなら、すでに複数の消費者金融から多額の借金を抱えていることになり、さらにそこに追加で借金をするということになりますので、お金を貸す側からすると高いリスクを抱えることになります。そのため、ほぼ間違いなく審査に落ちます。
ところがおまとめローンでの利用の場合は、借金の総額が増えるわけでもなく、返済しようという意思があるということで審査に通りやすくなります。もちろん審査基準は他にもありますので、絶対に審査に通りやすいわけではありませんが、審査を通過しやすくするために「おまとめローン」であることは事前に告げておきましょう。

利用限度額と利用可能額の違い

消費者金融よりも銀行のほうが利用限度額は高いのですが、実はこの利用限度額はあまり意味のあるものではありません。なぜなら、初めてお金を借りようとする人がいきなり利用限度額いっぱいまで借りられることはほとんどないためです。
借金が500万円あって、おまとめローンの利用限度額が300万円というようなケースでは、その金融機関のおまとめローンは使えませんが、借金が500万円で利用限度額500万円のおまとめローンを利用できるかというと、その可能性は低くなります。
どの金融機関でも、それぞれの利用者の審査をした結果として利用可能額を設定します。年収や資産などを考慮して、返済可能と判断された額まで借りられるのですが、その利用可能額が借金総額を上回っていないと、おまとめローンをすることができません。
このため借金が多額で利用限度額に近い場合は、審査に通らない可能性が高くなります。おまとめしたい借金が利用限度額を確実に下回るおまとめローンを選んで審査を受けるようにしてください。
ただし、利用可能額は年収から導き出されますので、借金が年収を上回っている場合は、いくら利用限度額が高くても、借金のおまとめが難しいということを頭に入れておきましょう。

利用限度額が高いほど審査は厳しくなる?

一般的には利用限度額が高いおまとめローンほど、審査は厳しくなる傾向にあります。単純に銀行と消費者金融を比べただけでも、消費者金融よりも利用限度額の高い銀行のほうが審査は厳しくなります。ただし実際に審査で問題になるのは利用限度額ではなく、おまとめしたい借金の総額です。
利用限度額はあくまでも、金融機関がその商品に設定した上限金額でしかありません。「これくらいあればこの商品では問題ない」と考えてつけている上限金額ですので、その上限いっぱいまで利用するようなケースは、金融機関にすれば危険な貸出になります。
このため、利用限度額が高いほうが審査は厳しくなるのではなく、利用限度額まで使おうとすると審査が厳しくなるのだと考えてください。もちろん、年収が1500万円くらいある人が、利用限度額500万円のおまとめローンで500万円おまとめするのであれば、審査はそれほど厳しくありません。借りる人のステータスによって、審査の厳しさは変わってきます。
ただ、普通のサラリーマンや主婦がおまとめローンをするときは、利用限度額が高いからその金額いっぱいまで借りられるとは思わないようにしてください。年収を超えて借りられるようなケースはほとんどありません。

総量規制を超えても借りられる?

おまとめローンをするときに気になるのが、借金の額が総量規制を超えているけど借りられるのかどうかということですよね。総量規制はお金の借りすぎを防ぐための規制で、本来であればそれを超える額の借金はしていないはずです。
ところが、実際は銀行カードでのキャッシングや、マイカーローンでのローン残などで総量規制を超えた借金になることも珍しくありません。もし総量規制までしかおまとめローンすることができなければ、借金の一本化ができないことになります。
結論としては、ほとんどのおまとめローンの案内で「総量規制を超える借金のある方」を対象にしていますので、おまとめローンで総量規制を超える額の借金をまとめることは可能です。ただし、年収の1/3以上を貸すことができても、年収を超えるような金額になると借りることが難しくなります。
いくらまでおまとめローンで借りられるかというのは、金融機関によって変わってきますが、良くても年収程度だと考えてください。しかも年収程度まで借りられる人は、安定した職業に就いていて、しかも何年も同じ企業で働いているような人に限ります。条件のいい人だけがそれくらいまでおまとめできるのであって、少しでも条件が悪い場合は審査に落ちることになります。

利用可能額を引き上げる方法

おまとめローンで重要なのは利用限度額ではなく、利用可能額だと説明しました。それでは利用可能額はどのようにして決まってくるのでしょう。ここでは利用可能額の算出方法と引き上げ方法について紹介します。
■利用可能額の算出方法
おまとめローンの利用可能額の細かな算出方法は金融機関によって変わってきますが、基本的には「年収・借金の返済履歴・職場の在籍期間・所属している会社の規模」などが影響します。他にも細かな要因がありますが、基本的な考え方は現在のステータスから無理なく返済できる金額を算出するということになります。
■利用可能額を引き上げる方法
上記の算出方法からも分かるように、すぐに利用可能額を上げる方法はありません。個人事業主が会社員になったり、主婦が公務員になったりするような場合は即効性がありますが、あまり一般的ではありません。
即効性はないものの、自分の努力でなんとかできるのは、借金の返済履歴です。おまとめしたい借金をこれまでもコツコツ返済しているという実績は高く評価されます。反対に滞納があったりした場合は、最終的にきちんと返済していても利用可能額は下がってしまうか、審査落ちしてしまう可能性がありますので気をつけてください。

利用限度額重視でおまとめローンを選ぶときの注意点

おまとめローンの利用限度額は高いほうがいいのは間違いありませんが、利用限度額ばかり気にしていると、おまとめローンの大切なことが頭から抜け落ちてしまう可能性があります。おまとめローンをするときは、利用限度額も大切ですが金利も必ずチェックしてください。
おまとめローンを選ぶときにはまず、自分の借金がいくらあるのかをリストアップして把握することから始めましょう。大雑把に「◯百万円くらい」ではなく1円単位までしっかり洗い出し、自分の借金と向き合うようにしてください。
次にその借金の額より利用限度額が高いおまとめローンをリストアップしましょう。利用限度額よりも借金が少ないことが最低条件です。注意したいのは借金よりも利用限度額が大きいおまとめローンを1社だけ見つけて安心しないことです。必ず3,4社のおまとめローンから比較するようにしましょう。
このとき重視すべきは金利です。できるだけ金利の低い金融機関のおまとめローンを利用してください。ただし、金利の低いおまとめローンやカードローンは審査が厳しくなります。最初の1社は銀行などの審査を受けてもいいのですが、審査落ちするようであれば、低金利はあきらめて消費者金融などのおまとめローンを利用しましょう。

利用限度額の高いおすすめおまとめローン紹介

それでは実際に限度額が高いおまとめローンを紹介します。限度額だけで比較するとすべて銀行のカードローンになってしまいますので、おすすめできる銀行と消費者金融をそれぞれ2社ずつ紹介します。
■東京スター銀行スターワンバンクローン
利用限度額:最高1000万円
実質年利:5.8~14.8%
東京スター銀行のおまとめローンは1000万円まで利用可能で、銀行の中でもトップクラスの利用限度額になります。ただし、自営業者や主婦の利用はできませんので、その場合はおなじ東京スター銀行のカードローンの利用がおすすめです。
東京スター銀行おまとめローンの詳細

■みずほ銀行カードローン
利用限度額:最高800万円
実質年利:2.0~14.0%
みずほ銀行のカードローンも800万円まで利用可能です。カードローンですがもちろん借り換えやおまとめローンにも利用することができます。800万円借りる場合は金利が2.0%と、かなりの低金利になるおすすめのおまとめローンです。

■アイフルおまとめMAX
利用限度額:最高500万円
実質年利:12.0~15.0%(2017年11月2日現在)
アイフルのおまとめローンは、消費者金融の中では高水準の利用限度額となる500万円までおまとめすることが可能です。金利がやや高めですが、それでもおまとめすることで金利が下がるケースでは積極的に利用したいおまとめローンになります。

■アコム借り換え専用ローン
利用限度額:最高300万円
実質年利:7.7~18.0%
アコムの借り換え専用ローンの利用限度額は300万円ですが、消費者金融の利用限度額としては一般的な利用限度額になります。なぜあえておすすめしたいかというと、それは金利の低さにあります。300万円借りられると問題ない人は、アコムの借り換え専用ローンがおすすめです。

利用限度額優先で審査に落ちたときの対処法

利用限度額を優先しておまとめローンの審査に落ちたときは、どうすればお金を借りることができるのでしょうか。
おそらく大きな問題として、年収に対して借りようとする金額が多すぎる可能性があります。この場合は、コツコツと返済可能な金額になるまで、借金を減らしてからおまとめをするか、もしくは部分的なおまとめをするようにしましょう。全額のおまとめが難しいのですから、利用したい額を減らして、一部だけおまとめして少しだけ楽になりましょう。
年収を超えるような借金がある場合は、返済だけではなく債務整理も考えてください。年収以上の借金を返済していくことは現実的ではありませんし、さらに借金を重ねてしまう可能性が高くなります。いきなり債務整理をする必要はありませんが、弁護士に相談することから始めてください。
返すことができない、返すことが難しいと判断したら、できるだけ早い段階で弁護士に相談して返済方法を見つけてもらいましょう。
どうしても借りられないからといって、ヤミ金融などに手を出すことだけは避けるようにしましょう。ヤミ金融から借りたお金はどうやっても返すことができません。自分だけは大丈夫と思って多くの人が利用していますが、ほぼ間違いなく自己破産などをすることになります。

おまとめローンの利用限度額まとめ

おまとめローンをするときに、まとめたい借金が多額である場合は、利用限度額の高いおまとめローンを使いたいところですが、いきなりおまとめローンの利用限度額いっぱいまで借りられる可能性はほとんどありません。おまとめローンには利用限度額というものがあり、年収などによって、貸してくれる金額には限度があります。
また、おまとめローンは総量規制を超える金額でも利用することができます。ただし、それでも年収を超えるような借金は、返済計画を立てることが難しいため、利用限度額の範囲内であっても借りることができない可能性が高くなります。借金があまりにも多額な場合は、おまとめローンでの返済ではなく、債務整理なども視野に入れながら弁護士に相談するようにしましょう。
おまとめローンを利用するときは利用限度額も重要ですが、利用限度額ばかりに気を取られていると、おまとめローンを利用したのに金利が下がっていないというようなことが時々発生します。まずは借金が利用限度額の範囲内であることを確認した上で、金利が低くなるおまとめローンやカードローンを利用して返済するようにしましょう。
どこからも借りることができないからといって、ヤミ金融から借りることのないように気をつけてください。おまとめローンをヤミ金融から借りたお金を完済できた人はほとんどいません。ヤミ金融から借りなくてはいけない状態はすでに破綻している状態ですので、この場合も債務整理を前提に弁護士に相談しましょう。

こちらも読まれています。