カリナビ

銀行系のおまとめローンは審査が厳しい?特徴解説

TOP | 手続き | 多目的ローン
お気に入りに追加
銀行系のおまとめローンについて

銀行系はなぜ審査が厳しいのか

一般的に銀行はおまとめローンに限らず、お金を借りるときの審査が厳しいと言われています。実際に申請者の半数以上が審査落ちしています。公表されていないため推測するしかありませんが、審査を受けた人の成約率は20%前後と言われています。

銀行のお金は基本的には預金者から預かったお金ですので、「貸したら返ってこなかったので、預かったお金も返せない」では納得できませんよね。銀行は絶対に倒産してはいけない存在で、貸したお金が返ってこないということがあってはいけません。

そのために貸付するときのリスクを徹底して排除します。それでも少なくない人が、お金を返しきれず自己破産をしてしまいます。ある程度は返済されないことを考慮して金利設定をしていますが、それでも万が一のことを考えると、絶対に返してくれると確信した人にしかお金を貸すことはありません。

消費者金融などはお金を貸さなければ収益になりませんので、多少リスクを取ってでもお金を貸そうとしますが、銀行はほんの小さなリスクでも許されないため、銀行のおまとめローンの審査も必然的に厳しくなります。

ただし、銀行が貸し出すお金のうち、おまとめローンは比較的審査基準が優遇されるローンのひとつになります。年収に見合った金額のおまとめであれば、普通に借金をするよりも有利に審査を受けられる傾向にあります。

カードローンはおまとめローンに使えるの?

おまとめローンで検索すると、銀行のカードローンが検索に引っかかります。なぜカードローンが出てくるのかはあまり知られておらず、人によっては「これじゃない」と思ってページを閉じてしまうのですが、銀行のおまとめローンのほとんどがカードローンになります。

どういうことなのか、詳しく説明をしていきましょう。

銀行のカードローンは事業用でなければ、その使用用途を問わないものがほとんどです。借りたお金をどう使おうと借りた人の自由というのが銀行のカードローンの特徴になります。もちろんおまとめローンにも対応しています。

銀行によってはおまとめローン専用の商品も出していますが、この場合はカードローンよりも金利が低くなければ、専用のおまとめローンを利用する人はいなくなります。銀行のカードローンはすでに十分に低金利ですので、それ以下にすることが難しくなります。

このため新たにおまとめローンの商品を作るのではなく、「カードローンをおまとめローンとして使ってくださいね」と銀行側からアピールしているのです。なので銀行系のおまとめローンはカードローンが基本だと考えてください。もちろん、銀行によってはおまとめローン専用の商品も用意していますので、おまとめローン専用の商品を利用して借金をまとめることも問題ありません。

カードローンとキャッシングの比較

銀行系のおまとめローンはカードローンを利用することは理解できたかと思います。ところがそのカードローンの仕組をきちんと理解している人も少なく、キャッシングとどう違うのかが分からないという人もいますので、ここではカードローンとキャッシングの違いについて紹介します。

キャッシングはクレジットカードについてくるサービスで、クレジットカードにキャッシング枠を設定している人は、そこからお金を借りることができます。一般的にキャッシングはカードローンと比較すると金利が高くなります。

クレジットカード申し込み時にキャッシング枠を設定しておけば、改めて申し込みをする必要もなく、ATMなどで簡単にお金を借りることができるため、金利は高くてもお手軽に借りることができるのがキャッシングになります。

キャッシングの基本は一括払いになります。今月キャッシングしたお金は翌月に一括で返済することになりますが、クレジットカードによってはリボ払いにすることも可能です。ただし金利は高くなりますので、キャッシングはおまとめローンには向いていないお金の借り方になります。

キャッシングは一時的にお金が必要になった。そんなときの支援のためにあり、おまとめローンのような場合は、キャッシングではなくカードローンを利用するようにしましょう。

銀行系のおまとめローンは総量規制対象になるの?

おまとめローンをするときにいつも問題になるのが、総量規制に引っかからないかどうかということです。総量規制は簡単に説明すると「年収の1/3以上は貸してはいけない」という規制になります。

ところが実態として金利が膨れ上がったりして、年収の1/3以上のお金を借りているケースがあります。総量規制があると年収の1/3以上のお金は借りることができず、おまとめできないようなことが起こってしまいます。

でも心配する必要はありません。おまとめローンは総量規制の対象外として、年収の1/3以上のお金を借りてもいいというルールになっています。おまとめローンを利用しても利用者が損をするわけではないという理屈から、おまとめローンは総量規制の対象外です。

そして何よりも銀行は総量規制の影響を受けずに営業することができます。総量規制は貸金業法によって定められていますが、貸金業法が適用されるのは消費者金融などで、銀行は銀行法によって営業を行っているため、総量規制とは関係なしにお金を貸していいことになっています。

もっとも総量規制がないからといって、いくらでも貸してくれるわけではありません。多くても年収の1/2くらいまでが現実的に返済可能な金額になりますので、基本的には年収の1/2まで、多くても年収を超えた借金はまとめることが難しくなることを頭に入れておきましょう。

銀行系と消費者金融のおまとめローン比較

おまとめローンは銀行系のものと、消費者金融のおまとめローンに分けることができます。ここではそれぞれの特徴について比較していきましょう。

金利の比較

銀行系のおまとめローンと消費者金融のおまとめローンでは、銀行系のおまとめローンのほうが圧倒的に金利は低くなります。特にカードローンを利用してのおまとめローンの場合は、超低金利のカードローンなどがあるため、どうしても銀行系のおまとめローンのほうが金利面では有利になります。

借りやすさ比較

銀行系のおまとめローンの唯一の弱点が、消費者金融と比べて借りにくいということです。銀行は絶対に倒産するわけにはいきませんので、どうしても審査が厳しくなります。もちろん消費者金融が倒産してもいいということではありませんが、社会に与えるインパクトが違います。このため、一般的には消費者金融のおまとめローンの審査基準の方が甘いとされています。

利用限度額比較

消費者金融のおまとめローンの利用限度額は多くの場合500万円程度になります。それに対して銀行系のおまとめローンは1000万円近くまでおまとめすることが可能です。もっとも年収を考えたときに、1000万円の借金があるようなケースはほとんどありませんので、消費者金融などの500万円の利用限度額でもまず問題ないため、気にする必要はありません。

銀行系のおまとめローン審査基準

銀行系のおまとめローンを利用するにあたって、まずは審査基準を知っておく必要があります。ここでは銀行系のおまとめローンの審査基準について解説します。

・ 年収
・ 勤続年数
・ 会社規模
・ 他社借入件数
・ 他社借入総額
・ 個人信用情報

他にも審査基準になるものがありますが、概ね上記の6点が審査基準になります。これらをクリアしていればほとんどのケースで審査に通ることになります。

年収は他社借入総額(おまとめしたい金額)と大きな関係にあります。基本的には年収の1/3を少し超えるくらいまでの他社借入総額であれば、審査を受ける上で有利になりますが、反対に年収に対して借りすぎているようなケースでは審査が厳しくなります。

勤続年数や会社規模はおまとめローンに限らず、お金を借りるときに重要なポイントになります。勤続年数が短い人は会社を辞めやすく、お金を貸したあとの生活が安定しにくい傾向にあります。そして会社規模が小さい場合は倒産のリスクもあります。銀行はそれらを総合的に判断して、審査を通すかどうかを決定します。

ただし年収に対して借金が少なくても、勤続年数が長くてもおまとめローンできないことがあります。その多くが個人信用情報に問題があるケースになります。俗に言うブラックリスト入りした状態です。ブラックリスト入りすると、どれだけ頑張っても審査には通らなくなります。

銀行系のおまとめローン審査通過のコツ

銀行系のおまとめローンを借りるためには、審査を受けるときにマイナスの要素がひとつでもあると、リカバリーが難しいと考えてください。

年収と借金の関係:借金は年収の1/3程度とする
他社借入件数:4社以下
勤続年数:1年以上
個人信用情報:問題なし

審査を通すためには最低限上記の4点を守るようにしましょう。借金が多すぎたり、借入件数が多すぎたりする場合は多重債務の状態だと判断され、おまとめローンを利用することが難しくなります。5社以上の借入がある場合は、繰り上げ返済などを利用して借入件数を減らすようにしましょう。

勤続年数も公務員であれば、6ヶ月程度でも審査に通ることもありますが、会社員であれば最低でも1年以上の勤続年数が求められます。入社して1年が経過するまで、銀行のおまとめローンの利用は難しいと考えてください。

ブラックリスト入りしていないことも当然重要になります。重要というよりは絶対条件になります。ブラックリスト入りしている場合は、借金のおまとめはほぼ間違いなく不可能になります。個人信用情報の履歴が消えてから、おまとめローンを利用しましょう。

銀行系のおまとめローンは審査が厳しいのですが、審査を通すためのコツをしっかり守ってください。上記の4つの条件を整えることができれば、審査に通過する可能性が一気にアップします。

金利が低いおすすめおまとめローン

それでは銀行系のおまとめローンの中でも金利が低く、おまとめローンとしておすすめのローンを紹介します。

東京三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」

借入限度額:最高500万円
実質年利:1.8~14.6%

東京三菱UFJ銀行カードローンのバンクイックは、超低金利のカードローンになります。最大金利も14.6%になりますので、それほど多くない借金をまとめるときにも低い金利でおまとめローンすることができます。

みずほ銀行カードローン

借入限度額:最高800万円
実質年利:2.0~14.0%

最小金利はそれほど低くありませんが、おまとめローンで800万円近く借りることはほとんどありません。むしろ最大金利が低いことがみずほ銀行のカードローンの特徴のひとつになります。

東京スター銀行スターワンバンクローン

借入限度額:最高1000万円
実質年利:5.8~14.8%

おまとめローンとして人気が高いのが東京スター銀行のおまとめローン「スターワンバンクローン」です。最低金利が高いため高額なおまとめローンには向いていませんが、一般用途では平均的な金利になるため、利用しやすいおまとめローンになります。

銀行系のの審査に落ちたときの対処法

銀行系のおまとめローンは審査が厳しいため、お金を貸してもらいたいと考えてもそう簡単には貸してもらえません。むしろ審査落ちする人のほうが多いため、銀行系のおまとめローンを利用するときには、最初から落ちたときの対処法を考えておく必要があります。

銀行系のおまとめローンの審査に落ちた場合は、より審査に通りやすい消費者金融のおまとめローンを利用するのが基本的な対処法になります。金利は高くなってしまいますが、お金を借りることができなければどうにもなりませんので、確実にお金を借りることができる消費者金融で再度審査を受けてください。

ただし、審査の前になぜ落ちたのかを確認しておく必要があります。落ちた理由をクリアにするために、まずは信用情報機関に問い合わせをして、自分がブラックリスト入りしていないことを確認しておく必要があります。

年収もしっかりあり、多重債務状態でもなく、勤続年数も1年以上あるケースで審査に落ちるということは個人信用情報に問題がある可能性が高くなります。最近は携帯電話料金の滞納でブラックリスト入りする人が増えていますので、自分がブラックリスト入りしていないかを下記の3つの信用情報機関に問い合わせして確認してください。

・ JICC 日本信用情報機構
・ CIC
・ JBA 全国銀行個人信用情報センター

まとめ

銀行系のおまとめローンは審査が厳しいというデメリットがありますが、金利が低く借金の返済が楽になりますので、審査に通るのであれば銀行系のおまとめローンでの返済がおすすめです。

銀行系のおまとめローンの多くがカードローンを利用してのおまとめローンになります。カードローンは使用用途が自由なものがほとんどですので、おまとめローンにも利用可能で、銀行によってはカードローンでおまとめすることを推奨している銀行もあります。

銀行のおまとめローンの審査を通すには、お金を借りる上でマイナスになる要素をいかにして減らすかが重要になります。多重債務の状態になっている場合は、繰り上げ返済などを利用して、借入件数を4社以下に下げてください。

またブラックリスト入りしているようなケースでは、どれだけ頑張ってもおまとめローンの審査には通りませんので、審査落ちした場合には信用情報機関に問い合わせをして、自分がブラックリスト入りしていないかどうかの確認をしてください。

ブラックリスト入りしていない場合は、審査の通りやすい消費者金融で審査を受け直してください。消費者金融の審査も決して甘くはありませんが、銀行よりも審査に通りやすくなっていますので、銀行系のおまとめローンの審査に落ちた場合は消費者金融のおまとめローンを利用しましょう。