カリナビ

おまとめローン中に追加借入できる?

TOP | 手続き | 多目的ローン
お気に入りに追加
おまとめローンは追加借入できる?

おまとめローンを利用して、借金の返済を進めているときに、どうしてもお金が必要になることがあります。そのようなときでも追加融資を受けたり、他社から借り入れをしたりすることは可能なのでしょか?

ここではそんな疑問にお答えするために、おまとめローン利用中の借り入れや追加融資を受けるためのポイントを紹介します。

おまとめ専用ローンとカードローンの違い

おまとめローン利用中にお金が必要になったとき、追加融資を受けることができるかどうについて説明をする前に、おまとめローンの種類について説明しておきます。一般的におまとめローンと呼ばれるものは2種類ありそれぞれに特性が違うため、できることとできないことが違ってくるためです。

・ おまとめ専用ローン
・ カードローン

おまとめローンには上記の2種類があります。消費者金融がおまとめ専用ローンで、銀行がカードローンだと考えておけば、ほぼ間違いありませんが、東京スター銀行のようにおまとめ専用ローンを用意している銀行もあります。

おまとめ専用ローンはその名の通り、借金を一本化するために借り入れをするための商品で、その他の用途に使うことはできません。生活費が不足したからといって、おまとめ専用ローンで借り入れしたお金を使うことはできません。

カードローンは事業用でない限り、使用用途を問われることはありません。きちんと返済期限を守って、利息も払っていれば借金の返済以外で借り入れすることも認められています。

基本的にはおまとめ専用ローンの追加融資はNGで、カードローンは追加融資が可能です。ただし、それも金融機関との契約内容によっても変わってきますので、さまざまなパターンが考えられます。多様化してわかりにくくなっていますので、ここから一つひとつ紐解いていきましょう。

カードローンは追加融資・借入可能

まずはその仕組が簡単なカードローンで、おまとめローンの借り入れをしているケースについて見ていきましょう。カードローンは借入限度額というものが設定されています。一本化したい借金が200万円あったとしたら、借入限度額を200万円にしてお金を借ります。

この時点では追加融資を受けることができないのですが、返済を繰り返していると、借入限度額と返済残高に差が発生します。50万円返済済みであれば、返済残高は150万円で借入限度額は200万円です。

カードローンの場合は、この状態ですと50万円の追加融資を受けることができます。借入限度額の範囲であればいくらでも借りることができるのがカードローンの特徴です。月々の返済額は変わりませんので返済期間は延びていきますが、追加での借り入れが可能です。

カードローンは非常に柔軟性のあるローンで、借入時の金利も低く設定されていますので、おまとめローンとしても最適なローンです。問題は低金利のカードローンの審査が厳しいということです。利用したくてもできないことがあるのが、カードローンの難しさです。

それでも低金利で追加融資も受けることもできますので、おまとめローンを考えるときは、まずカードローンで検討し、審査を受けることが基本です。審査落ちをしたらおまとめ専用ローンで審査を受けるというのが一般的です。

おまとめ専用ローンを利用して完済したローンの位置づけ

おまとめ専用ローンでの追加融資や他社からの借り入れの可否を説明するために、おまとめローンを利用して完済したローンの位置づけについて説明しておく必要があります。

A社、B社、C社からの借金をD社でまとめるときは、A社、B社、C社の借金を完済後、ローンの解約を行って、お金を借りることができないようにすることがあります。これはおまとめローンの返済を確実なものにするためで、他社からの借り入れを防ぐことで返済に集中させるための対策です。

解約をしますので、当然その3社からは借り入れができなくなります。しかもD社から借りているのはおまとめ専用ローンですので、追加融資を受けて生活費に使うことはできません。

さらにおまとめローンの規約として、他社からの借り入れも禁止しているケースもあります。この場合はおまとめローン完済前に他社から借り入れをしたことがバレたときには、おまとめローンの借入残高を一括返済させられることもあります。

複雑なのが、すべての金融機関でそうしているというわけではないということです。金融機関によっては、自社の返済をしっかりしていれば、他のどこから借りようが気にしないという金融機関もあります。

なぜなら、消費者金融などの貸金業者には総量規制があるため、返済不可能になるほどのお金を追加で借り入れされることがないためです。総量規制と借入限度額については次で説明します。

総量規制と借入限度額

総量規制は年収の1/3以下のお金しか貸付をしてはいけないという規制です。ポイントは借りてはいけないというのではなく「貸付をしてはいけない」ということで、金融機関がきちんと管理して総量規制以上のお金を貸さないようにしています。

ただし対象は貸金業者のみで、銀行からの借り入れは総量規制の対象外です。おまとめローンでの借り入れも総量規制の対象外ですが、おまとめローンで借り入れしたお金は総量規制の対象です。

年収が450万円の人は総量規制により150万円までしか、貸金業者からお金を借りることができません。すでに複数社から100万円借りている場合、借入可能額は50万円ですので100万円の借金を一本化することができないのですが、おまとめローンの場合は総量規制の対象外ですので、この状況でも100万円借りることができます。

これにより借りた100万円を使って複数社の借金を完済させ、1社から100万円の借金という状態になります。この状態であれば、50万円の借り入れの余裕があります。おまとめローンの規約でNGとされていない限り、50万円までであれば貸金業者はお金を貸していいことになります。

実際に借りられるかどうかは別として、おまとめローンを利用しているとき、借入残高と借入可能額との差額までは追加融資を受けることが可能です。

おまとめローン利用中は他社からは借りにくくなる

おまとめローンを利用していても、総量規制の範囲内であればお金を借りることができるのですが、おまとめローン利用中は銀行も含めてなかなかお金を借りることができません。おまとめローンを利用したことは金融機関が調べれば分かることです。

借金が一本化されている状態は悪いことではありませんが、借金を一本化しなくてはいけなくなった人というのは、評価としては大きなマイナスです。簡単に複数社から借りようとしてしまう計画性のない人という印象が付いてしまいますので、審査は厳しくなります。

それでもきちんと返済を続けていれば、貸したお金は返してくれる人と判断してもらえますので、ローンの審査でのマイナス評価は消えます。おまとめローンを利用したばかりの状態では、他社からの借り入れは難しいのですが、時間をかけて返済を続けている人であれば、評価が上り借り入れも可能です。

金融機関が見ているのは「貸したお金を返済できるかどうか」だけです。このため、無計画にお金を借りすぎて、おまとめローンを使わざるを得なくなった人の審査は厳しくなります。それでも返済をコツコツ続けていれば信用が高くなり、完済すればその評価は逆転して、お金を借りやすくなることもあります。

もちろん借り入れできるのは総量規制の範囲内ですので、それ以上のお金が必要になっても、借入することはできませんので注意してください。

おまとめローン商品を選ぶときのポイント

おまとめローンには2種類あると紹介しましたが、おまとめローンを選ぶときには自分がどのようなスタイルで返済していきたいかということも考慮して選ぶ必要があります。基本的には低金利のカードローンを選ぶのが理想ですが、この場合は追加融資を簡単に受けられますので、なかなか完済できない状態に陥る可能性があります。

金利は高いものの返済にしか使えないおまとめ専用ローンであれば、他社からの借り入れも難しく、追加融資も受けられませんので、おまとめした借金の返済に集中することができます。

どちらのスタイルで返済してくほうが良いかは人によって違いますので、一概には言えませんが、自分に甘い人は、返済に集中するおまとめ専用ローンがおすすめです。とはいえおまとめ専用ローンを使っても他社から借りてしまったのでは意味がありません。

大切なのは完済するという意思で、おまとめ専用ローンとカードローンのそれぞれの特徴を理解しておくということです。追加融資を受けやすいカードローンと、返済に集中するおまとめ専用ローンの2つのタイプがあることを覚えておきましょう。

とはいえ審査に通らないことには利用することができませんので、自分の希望する形で借金の一本化ができるとは限らないということも頭に入れておきましょう。

追加融資・借入を受けるための方法

さまざまなケースについて紹介してきましたが、おまとめローン利用中に追加融資を受けたり、他社からの借り入れをすることが簡単ではないことは少しは伝わったのではないでしょうか。そうは言っても突発的にお金が必要になるケースもあるかと思います。

そのようなときは、どうすればお金を借りることができるのでしょう。ここではおまとめローン利用中のお金の借り方について紹介します。

カードローンの場合は、借入限度額の範囲内であれば問題なく借りることができることはすでに紹介しましたので、おまとめ専用ローンの場合について紹介します。こちらもすでに説明したように、総量規制の範囲内でなければ借り入れをすることはできません。

なおかつ規約で新規の借り入れが禁止されていないかを確認する必要もあります。規約を読んでも分からない場合は、金融機関に直接電話をして新規の借り入れの可否を確認してください。絶対に自己判断で行わないようにしてください。

そこまで行った上で、おまとめローンによって完済した金融機関からの借り入れを検討してください。もちろん解約されていないことが前提ですが、こちらはすでに審査にも通っているだけでなく、完済をしたことで信用が上り、借入限度額もアップしている可能性もあるため、問題なく借りることができます。

ただし、借り入れできることと、借りてもいいということは同じではありませんので、必要以上に借りないように気を付けてください。

追加融資は泥沼化の最初の一歩

追加融資や新規の借り入れが絶対にできないわけではないのですが、それでもおまとめローンを利用中は余程のことがない限り、返済を優先させるようにしてください。借りられるからといって、借りてしまう人がいますが、おまとめローンを利用したという時点てすでに家計は破綻しています。

生活費の見直しを行って、必要以上にお金を使わない生活に切り替えていく必要があります。ブランド品を買い漁ったり、流行の服を何着も買ったりする生活から抜け出して、真面目にコツコツ返済することだけに集中しましょう。

返済中にお金を借りるのは、どうしようもない想定外の出費があったときだけです。ただし借金の一本化をするような人は、「どうしようもない想定外」のハードルがかなり低い傾向にあります。

例えば友人の結婚式に呼ばれたとき。ご祝儀のためにどうしても3万円必要になり、2次会やメイクアップなども含めて5万円どうしても必要と考える人が、借金の泥沼にハマっていく人です。おまとめローン利用中でその5万円を自分で用意できないなら、結婚式は不参加とするくらいの強い気持ちを持ちましょう。

借りたお金を返さないうちに新規にお金を借りるということは、異常なことだと考えて可能な限り避けるようにしましょう。まずは何よりも返済です。借金の返済中は自分自身に厳しくして、これ以上の借金をしなくていいように、返済をしながら貯金も行うようにしてください。

新規の借入を受けられないときの対処法

おまとめローンの規約で新規の借り入れを受けられないようなケースでは、金融機関に頼ることはできません。そんなときはまず自分の資産となるものを売ったり、質に入れたりすることでお金を作る工夫を行いましょう。日払いのアルバイトも仕事を選ばなければいくらでもあります。

お金を借りるという視点を捨てて、お金を稼ぐという方法を考えるようにしてください。それでもお金を用意できない場合は、おまとめローンで利用している金融機関に相談してください。お金が必要な理由によっては対応してもらえることもあります。

金融機関にしてみると、債務整理されることが1番避けたいことですので、可能な範囲で対応してもらえます。ただし、絶対に対処してもらえるわけではありませんので、この場合の選択肢としてはやはり債務整理しかありません。

任意整理・個人再生・自己破産などの債務整理で、どれを行うべきか弁護士が判断してくれますので、おまとめローン中に新規の借り入れができずにお金に困ってしまった場合は、そこが限界です。諦めて債務整理の相談を弁護士に行うようにしてください。

まだなんとかなると思って闇金に手を出す人がいますが、闇金からしか借りられない段階はもうどうにもならない状態です。そこから抜け出すことができなくなってしまいますので、闇金は絶対に利用しないようにしてください。

おまとめローン利用中の借入のまとめ

おまとめローンでもカードローンの場合は、借入限度額の範囲で追加融資を受けることができます。一方で消費者金融などのおまとめ専用ローンの場合の追加融資はNGで、なおかつ他社からの新規の借り入れを禁止しているケースがあります。

他社からの新規の借り入れがNGとなっている場合は、返済に集中するしかなく、金融機関から借りることは諦めてください。隠れて借りても100%バレてしまいます。その場合は一括返済を求められますので、せっかく一本化した借金が無駄になってしまいます。

また借りられるからと言って無闇に借りていると、高確率でおまとめ前の状態に戻ってしまいます。借金の一本化をしたあとは、「ここでお金を借りないと人生が終わってしまう」くらいの理由以外でお金を借りないようにしましょう。

とはいえおまとめローン利用中でも思わぬ理由でお金が必要になるものです。そんなときにお金を借りなくて済むように、借金の一本化をした時点で返済と同時に貯金も始めるようにしてください。

これまでと同じ生活を繰り返すのではなく、節約をすることで出費を抑えて、無駄遣いをしないライフスタイルに切り替えていきましょう。返済が楽になったからといって、自由にお金を使うのではなく、お金を貯める習慣を身につけて、いざという時にお金を借りなくても済むように準備しておきましょう。

こちらも読まれています。