カリナビ

大分銀行おまとめローン

TOP | 手続き | 多目的ローン
お気に入りに追加

大分銀行のおまとめローンの特徴解説

大分県を拠点とする 地方銀行「大分銀行」のおまとめローンについて徹底分析してみました。多重債務などの借金でお悩みの方に、借り換えの一本化には『おまとめローン』がおすすめです。大分銀行では、「大分銀行フリーローン・マイパートナープラス」というおまとめ向きのローンがあります。どういったものなのか詳細について解説しましょう。

「大分銀行フリーローン・マイパートナープラス」のスペック

【商品名】「フリーローン・マイパートナープラス」
【利用用途】利用用途は自由なのでおまとめローンの借り換えにも利用可
【借り入れ限度額】10万円~500万円
【金利率】年率5.9%~14.6%
【利率計算方式】“元利均等返済”もしくは“隔月元利均等返済”
【借入可能期間】6ヶ月~10年
【審査回答までの時間】未公表
【融資までの時間】未公表
【来店の要不要】来店不要

「マイパートナープラス」は、おまとめ利用に特化したローンではありませんが、ネットでも多重債務の借り換えをすすめていることからも取り組みやすいローンと言えます。

金利について

金利は、年率5.9%・8.0%・10.2%・12.4%・14.6%の5段階に区分けされます。どの金利が適用されるかは審査によって決定します。他行と金利を比較すると、表向きにはほぼ地方銀行の相場と言えるでしょう。ただし、既存顧客を優遇する金利還元サービスもあり、対象となれば他の地方銀行よりも低金利で借り入れが可能です。還元詳細は、以下の通りです。

・大分銀行のカードローン所有者 ⇒0.4%還元
・給与振り込みや年金受け取りがある ⇒0.2%還元
・大分銀行のキャッシュカード所有者 ⇒0,2%還元
・他行からの借り換え ⇒0.2%還元

すべての条件を満たせば、最大1.0%の還元となり、最低金利が年率4.9%、最大でも13.6%、これは地方銀行の金利としては平均以上と言えます。

大分銀行おまとめローンはどんな人におすすめ?

おまとめローンがおすすめの理由

おまとめローンに借り換え一本化することで、どんなことが改善できるかと言えば、大きく3つのポイントがあります。“低金利・月々の返済額を減らす・返済日が月1回”ということが注目すべき点です。

これらの改善によって、生活にゆとりのある月々の返済で、完済までのプランを立て直すことができます。もちろん、「フリーローン・マイパートナープラス」でも改善が可能なのでおすすめできるローンです。

複数の消費者金融から借り入れしている方におすすめ

「マイパートナープラス」は、最高金利が14.6%なので、消費者金融などから金利18%くらいで数社から借り入れしていれば、「マイパートナープラス」に借り換えすることをおすすめします。

例えば、消費者金融3社から50万円ずつ150万円を借り入れしているケースですと、3年の返済期間で利息額が 約45万円ですが、これを同じ条件で「マイパートナープラス」に一本化すると、利息額が約36万円に減額し、9万円もお得になります。

他社にない目を見張るポイントが多い

他社よりも柔軟な受け入れ体制も魅力のひとつです。例えば、パート・アルバイトだけでなく、無職の方でも申し込みOKとしている点や、高年齢の方でもローンが組めることも注目ポイントです。また、100万円以下の少額融資でも、他のローンやカード所有などによる重複割引があることも珍しい利点です。

大分銀行のおまとめローンの利用方法

「マイパートナープラス」申込み手順

申し込みは、インターネットやFAXから24時間可能です。申し込み受付完了後には、内容確認の電話がかかってくる場合があります。確認事項を元に、大分銀行と保証会社の審査が実行されます。

審査結果は基本的に電話連絡となります。契約は、大分銀行の窓口の足を運ぶ“来店するタイプ”か、郵送手続きの“来店不要なタイプ”を選ぶことが可能です。契約書に問題なければ、審査で許可された融資額が大分銀行の普通預金口座に振り込まれます。融資には大分銀行の普通預金口座が必要ですが、「マイパートナープラス」との同時契約も可能です。

申し込み書類

・本人確認書類(運転免許証・パスポートなど)
・通帳
・届け出の印鑑

以上の提出が求められます。また、年金受給者を対象とした、“隔月元利均等返済”を利用する方は、年金証書も必要です。収入証明書は一切不要となります。

借り入れ方法

借り入れは大分銀行普通預金口座への振り込みのみとなります。また、「マイパートナープラス」は、返済のみのローンなので、追加の借り入れはできません。完済を目指したい方には打ってつけの借り入れ方法です。

大分銀行のおまとめローン審査基準

「マイパートナープラス」申込み対象者

「マイパートナープラス」の申し込み対象者は以下の通りです。

・申込時の年齢が満20歳を満たす方、完済時の年齢が満80歳未満の方
・安定した継続収入のある方
・パート、アルバイト、年金受給者
・無職の方でも配偶者に収入がある方

以上となります。無職の方でも申し込みが可能ですが、学生の方は申し込みできません。事業資金の申し込みも不可ですが、「フリーローン・ビジネスオーナーローン」という専用のローンが別途設けられています。

また、地方銀行には管轄エリア内に在住在勤している方でないと申込みできないローンも多いですが、フリーローン「マイパートナープラス」は、とくにエリア規制はありません。ちなみに、同じ大分銀行のローンでも、カードローン「スピーディー」などのように、管轄エリアに在住在勤する方のみ申し込み可能とされるローンもあります。

保証会社「株式会社オーシーまたはアコム株式会社」の審査

「フリーローン・マイパートナープラス」と契約するには、“株式会社オーシーまたはアコム株式会社”の審査が必要となります。担保や連帯保証人が不要とされていますが、保証会社が保証の代行をしてくれるからです。こういった背景により審査が厳しく行われるわけです。

大分銀行のおまとめローンの審査に通過する方法

シミュレーション確認

「マイパートナープラス」に申し込む前に、大分銀行のホームページで設置されるシミュレーションで、“申し込み可能かどうか”や、“借り入れ可能限度額”などを確認しておきましょう。

「5秒診断」というものがあり、借り入れ希望額・年齢・借入期間・年収(無職の方は配偶者の収入)・現在の借り入れ状況(借り入れ総額と借り入れ件数)を入力しましょう。“融資可能”と応答があれば申し込みへと進みましょう。

また、“判断できない”との回答があれば、電話相談などで相談してから申し込みするのが賢明です。安易に申し込みしてしまうと、履歴に傷をつけてしまい、その後の他の金融機関への申し込みが不利となるので慎重に取り組みましょう。

「株式会社オーシーまたはアコム株式会社」の審査に通過する方法

オーシーは、大分県を拠点とする信販会社です。自社で発行するOCカードの審査も行います。また、アコムは全国的にも知名度のある消費者金融で、こちらも独自ローンの審査を行います。

いずれの会社も、自社商品の審査は比較的甘い傾向にありますが、銀行のローンを請け負った審査はそれ以上に厳しくなることも想定しておいた方が無難でしょう。

誠実さが大事なおまとめローン

通常のカードローンは返済能力があるかが重要視されますが、一般的におまとめローンの審査は、更に“誠実さ”も加えられた判断となります。ここが審査の厳しくなる理由のひとつです。おまとめローンの場合、多額の借り入れということと、長いスパンで毎月コツコツ返済する能力が求められるからです。

ただ、窓口での面接診断を受けるといったことも少なくなり、機械的な診断(各社マニュアル)を導入する中で、誠実さを判断するには、借り入れ件数・勤続年数・返済遅延の履歴・収入に対する無理のない返済などが注目されます。

審査に通らない理由と対策

審査に通過するために“借り入れ件数”が重要

審査通過の大きな関門のひとつでもある“借り入れ件数”ですが、一般的に5社以上の既存の借り入れ先があると、審査通過はかなり難しいとされます。そもそもおまとめローンへの移行は、多重債務者向けですが、あまりにも借り入れ件数が多すぎると、各金融機関もボランティアではありませんので、返済能力に欠けるという意味で門前払いになってしまいます。

そんな中、申し込む前に借り入れ件数を2件か3件くらいに減らすことができれば、審査にもかなり有利となります。審査に甘いとされる消費者金融などから、全額でなくも何社かまとめることができる金額の融資をしてもらい、件数を減らしてから申し込みする対策がおすすめです。

ちなみに、大分銀行の「5秒診断」で借り入れ件数を5件と入力しても融資可能と応答があるので、他社よりも柔軟性を持っていると判断できますが、少ないに越したことはありません。

勤続年数から見た対策

審査では、勤続年数も重要視される要素です。キャッシングカード発行などの審査では、すんなり通過したかもしれませんが、おまとめローンの場合は、借り入れ金額が多いので審査が厳しくなります。

「マイパートナープラス」の申し込み対象者の条件に、“安定した継続収入がある方”という項目がありますが、具体的にどのくらいの継続期間(勤続年数)が必要かは公表されていません。一般的には、最低でも3か月以上、勤続1年以上であれば問題なしとする傾向にあります。

大分銀行のおまとめローンの返済方法

「マイパートナープラス」の返済についてですが、毎月元利均等返済もしくは隔月元利均等返済の2つの支払い方法があります。

【毎月元利均等返済】
元利とは“元本と利息額”のことで、返済総額を返済期間(3年返済なら36回)で割ったものを、毎月定額で口座振替される方法です。返済日は1日~26日の好きな日を決めることが可能です。また、借り入れ金額の50%以内なら半年ごとのボーナス月に繰り上げ返済(追加返済)が可能です。

【隔月元利均等返済】
年金受給者に合わせた返済プランです。毎月元利均等返済と算出方法は同じですが、2か月に一度の支払いになります。返済日は2・4・6・8・10・12月の15日と決められています。繰り上げ返済はできません。

返済が遅れてしまった場合には、“遅延損害金”を支払わなくてはいけません。年率14.6%で算出されます。他の金融機関ですと18%~20%くらいが相場ですが、大分銀行の場合は柔軟な低利息と言えます。

大分銀行のおまとめローン、メリットとデメリット

「フリーローン・マイパートナープラス」のメリット

「マイパートナープラス」のメリットを箇条書きで整理してみましょう。

・最高金利が14.6%と低め
・大分銀行の既存顧客には金利が更に優遇される
・24時間いつでもインターネットやFAX使って “仮申し込み”することが可能
・申込み対象者の上限が、完済時の年齢が満80歳未満の方と柔軟
・パート・アルバイト・無職の方でも100万円の最高限度で借り入れ可能
・専業主婦でも借り入れが可能
・管轄エリア外の在住在勤の方でも借り入れが可能
・店頭で返済額を試算してもらえる
・フリーダイヤルで平日20時まで各種相談ができる
・収入証明書が一切不要
・返済日を1日~26日の間で設定できる
・遅延損害金の負担額が他社よりも少ない
・借り入れ可能期間が最大10年
・追加借り入れができない

以上が「マイパートナープラス」の主なメリットです。

「フリーローン・マイパートナープラス」のデメリット

デメリットは以下の通りです。

・借り入れ可能期間が最大10年
・場合によっては連帯保証人が必要
・審査・融資までの時間が明確化されていない
・追加借り入れができない

以上が「マイパートナープラス」の主なデメリットです。借り入れ可能期間が最大10年という点と追加借り入れができないという点は、ケースによってメリットでもありデメリットでもある要素です。

借り入れ期間が最大10年と長い返済期間はメリットにも見えますが、それに安心すると利息額が増えてしまうネックが生じます。また、追加の借り入れができないことは、利便性を考えればデメリットですが、これ以上借金を増やしたくないという方にはメリットです。追加借り入れがどうしても必要な方は、カードローンがおすすめです。

おまとめローンを選ぶ際のポイント

利息額は金利だけでなく返済期間も重要

せっかく低金利のおまとめローンに契約できからと言って、無条件で利息額が減るとは限りません。金利が低くとも月々の返済額を少なく設定してしまうと返済期間が長くなります。すると、利息額は基本的に年率計算なので、返済期間(借りている時間)が長いと、その分利息額が高くなってしまいます。

おまとめローンに移行する方の多くが、月々の返済から追われた生活から抜け出したいということが一番の理由ですが、ゆとりのある月々の返済額とできるだけ早期返済することも考慮に入れ、丁度いいバランスの返済計画プランを立てることが重要です。

カードローンとフリーローンどちらを選ぶ?

おまとめ利用で借り換えの一本化をする際に、カードローンかフリーローンかの選択肢にも迷うところです。各金融機関によっても条件が違うので、重要なポイントをおさえて間違わずに選択しましょう。では、カードローンとフリーローンの大きな違いを3つ説明しましょう。

【融資額】
カードローンは最初から高額利用限度が許可されることはほとんどありません(30万円~100万円くらいが相場)。既存の借り入れ総額が100万円以上ならば、フリーローンがおすすめです。

【借り入れ方法の違い】
カードローンは、利用限度額内であれば何度でも追加の借り入れが可能ですが、フリーローンは追加の借り入れできないのが特徴です。メリットとデメリットの項で前述しましたが、追加で借り入れが必要ならばカードローン、借金を増やさず完済を目指したいならフリーローンがおすすめです。

【金利と審査レベル】
カードローンは一般的に審査が甘いとされますが金利が高いのが特徴です。フリーローンは金利が安いですが審査が厳しいのが一般的です。

【借り入れ目的の申告】
カードローンもフリーローンも利用用途は自由とされていますが、フリーローンの場合、すでに利用目的が決まっていることが前提なので、利用の証拠書類(見積書など)の提出が求められます。

【融資の早さ】
即日融資を希望するならカードローンの方がおすすめです。フリーローンでも早期融資可能な金融機関はありますが、一般的にカードローンよりも条件が多く、審査に時間がかかります。

このように、カードローンとフリーローンはそれぞれ良いところも悪いところもあるので、自分の状況と見合わせながら、よりマッチしたタイプのローンに申し込みましょう。

総量規制と大分銀行のおまとめローンの関係

「総量規制」とは、貸金業法のひとつで2010年に発足されました。 “借入残高が年収の3分の1を超えての新たな借り入れはできない”というものです。たとえば、年収300万円なら100万円までしか借り入れすることができません。

しかし、これですと200万円以上に借金が膨らんでしまった人が、借金生活から離脱するスベがありません。そんな方には、おまとめローンや銀行のローンなら総量規制の対象にはならないのでおすすめです。ちなみに、「マイパートナープラス」も、総量規制の対象外です。

大分銀行のフリーローン「マイパートナープラス」について解説しましたがいかがでしたか?利用限度額500万円の「ハッピーカードローン」もありますが、カードローンの場合、最初から高額融資は難しいことも多いので、借り入れ希望額の条件を満たしてくれるか疑問です。

大分銀行には、せっかくまとまった融資を受けやすい、おまとめローン利用が可能なフリーローン「マイパートナープラス」がありますから、利用しない手はありません。審査に通過しやすい条件を準備して、少しでも有利な審査を受けられるように配慮することが賢明です。