カリナビ

おまとめローンは在籍確認なしで使える?

TOP | 手続き | 多目的ローン
お気に入りに追加
おまとめローンの在籍確認について
働いている人が金融機関からお金を借りるときは、ほとんどのケースで在籍確認が必要です。正社員はもちろんのこと、派遣社員やパート・アルバイトでも原則として在籍確認が行われます。そうなると心配はお金を借りることが職場にバレてしまうのではないかということですよね。

ここでは職場にバレずにお金を借りたいという人のために、おまとめローンの在籍確認とその考え方について紹介しています。

おまとめローンで在籍確認はなぜ必要?

おまとめローンに限らず、お金を貸す側はきちんと返してもらえる人にしかお金を貸してくれません。借金の返済を滞りなく行うためには、安定した収入が必要になります。このためおまとめローンの申し込みをするときには勤務先の情報を記載して、「この会社に勤めていますので、借りたお金は返済できます」と提示するわけです。

自己申告をしたのですから、わざわざ会社に問い合わせを行う必要がなぜあるのか。そう疑問に感じる人もいるかもしれません。この自己申告ですが、無職の人や身元を明かしたくない人が、嘘の情報を記載することがあります。

お金を借りるためであれば詐欺のようなことを、平気で行う人もいるため、金融機関にしてみれば、申請時の記載事項が正しく行われているかの確認をしなくてはいけません。正しく申告をしている人にしてみればいい迷惑かもしれませんが、お金を貸す側は小さなリスクでも可能な限り排除したいため在籍確認を行います。

在籍確認を行うことで、申し込みをしている人が本人であることと、申込内容に間違いがないかのチェックを行います。審査を受ける前段階として職場に連絡をし、詐欺ではないということの確認ができたら、金融機関は初めて貸し付けていいかの審査を開始します。

在籍確認はどのように行われる?

在籍確認は「◯◯金融ですが」というような電話をしてくることはありません。基本的には金融機関が自社の名前を出して確認を行うことはなく、次のように個人名を使って電話での問い合わせをしてきます。

「鈴木と申しますが、山田太郎さんはいらっしゃいますでしょうか?」

一般的にはこのような電話が職場に入ります。席にいる場合はそのまま電話を引き継いで、本人確認ができれば在籍確認完了との連絡をしてもらえます。席を外していても「山田はただいま席を外しておりますが、折り返し電話いたしましょうか?」と言ってもらえますので、それが在籍確認となります。

金融機関の名前を名乗ることもありませんし、電話でおまとめローンであることを伝えられることはありません。このため在籍確認を行っても、借金をしていることを職場に知られることなく審査を受けることが出来ます。

このようなスムーズなやりとりが行われるため、ほとんどの人は在籍確認をされたかどうかわからないまま審査が開始します。このため会社にバレないようにと心配する必要もありませんし、普通の会社員であれば、おまとめローンをする上で在籍確認についてはそれほど深く考える必要はありません。

派遣社員の在籍確認方法

正社員の場合は在籍確認についてあまり深く考える必要はありませんが、派遣社員のような契約方法の場合は、少し注意が必要です。派遣社員は派遣元の社員扱いですが、職場は派遣先になります。この場合、申し込み時の勤務先記載でどちらにするのか悩みますよね。

派遣先の在籍期間が長い場合は、派遣先だけでもいいのですが、派遣期間がまだ数ヶ月というようなケースでは派遣先の電話に出る人が、派遣社員の名前を覚えていない可能性もあります。このようなとき「◯◯という社員は弊社にはおりません」と言われてしまい、在籍確認できないこともあります。

そういうミスを防ぐため、基本的には派遣元を勤務先として記載するようにしましょう。そして備考欄に派遣先の情報を記入すると金融機関のほうで、上手く対応してくれます。派遣元で確認を行うか、派遣先で確認をするかは金融機関に任せておけば問題ありません。

それでも少し不安だという人は、申し込みをしたあとに金融機関に電話をするようにしましょう。派遣先も派遣元も上手く在籍確認できない可能性があることを電話で伝えておくことで、対処法を提案してもらえることもあります。

派遣社員だからおまとめローンできないかもなんて考えずに、不安に感じることがあれば金融機関に相談してみましょう。

主婦や自営業の場合はどうすればいい?

会社員や派遣社員、そしてパート・アルバイトはそれぞれ職場がありますので、在籍確認は難しくありません。申込内容に正しい情報を記載しておけば、金融機関のほうで対応してくれます。でも職場のない主婦や自営業はどうなるのでしょう?

主婦の場合は在籍確認ではなく本人確認の電話があり、自営業の人は事務所などに電話での確認があります。本人確認の場合は、名前と生年月日の確認をする程度で確認作業は終わります。会社員などと比べるととてもハードルが下がります。

それならば主婦や自営業者のほうが有利ではないかと思うかもしれませんが、主婦も自営業者もおまとめローンの審査そのものがとても厳しくなる属性です。どちらも安定した収入を見込めませんので、金融機関にしてみれば貸したくない属性なのです。

おまとめローンに使える銀行のカードローンでは「主婦の借入が50万円まで」というような制限付きになることもあります。東京スター銀行のおまとめローン「スターワンバンクローン」のように、自営業者も主婦も利用することができないおまとめローンもあります。

主婦や自営業の本人確認はそれほど難しくはないのですが、おまとめローンを借りにくい属性であることは頭に入れておきましょう。

職場にバレずにおまとめローンを利用できる?

おまとめローンで在籍確認をされたくない最大の理由は、借金を職場に知られたくないという理由ではないでしょうか。日本では借金をすることをネガティブに感じる人が多く、借金がバレてしまうと、職種によっては立場が悪くなってしまうこともあります。

基本的には上記にあるように在籍確認で借金をしていることがバレることはありません。それでも電話を受ける事務の担当者がベテランであると、金融機関からの電話であると察してしまう可能性はあります。そこから噂が広がるというのはよくある話です。

職場にバレずにおまとめローンをしたいのであれば、在籍確認のないおまとめローンを利用することです。金融機関によっては、職場に電話されたくないという人のために、電話以外の方法で確認を行うことがあります。

詳しくは後述しますが、金融機関にしてみれば実際に在籍していることがわかればいいので、あえて電話にこだわる必要はありません。電話ではなく書類での確認などをしている金融機関も増えつつあります。

それでも基本的には職場にバレることはないと考えてください。どうしてもバレてほしくない場合に限って、在籍確認不要の金融機関を選ぶようにしましょう。おまとめローンをするときには、会社にバレないことよりも、金利や返済期間を重視して選ぶようにしましょう。

在籍確認なしで審査をしてもらう方法

在籍確認なしで審査をしてもらう方法は「書類確認」です。すべての金融機関が対応しているわけではありませんが、一部の金融機関では在籍確認ではなく書類確認で、申請した職場で働いていることの確認をしてもらえます。

必要となる書類は金融機関によって変わりますが、一般的には社員証や給与明細のコピーを提出することで、在籍を証明することができます。ただし、書類確認でよいとされるのは特例ですので、会社にバレたくない人は電話で依頼する必要があります。

すでに説明したように、貸す側は返済できなくなるというリスクを少しでも避けようとします。このためどのような形であれ、申請時に登録した職場で実際に働いているということを証明できることが大切です。会社に電話されて困るという人は、書類提出で対応してもらえないか、申し込みをする前に相談してみましょう。

ただし少額の借入の場合は電話による在籍確認なしになる可能性が高いと言われていますが、おまとめローンのような借入金額が高額になるケースでは、これには当てはまるとは限りません。電話での確認を避けられない金融機関のほうが多くなるので注意してください。

特に大手銀行系のカードローンは、在籍確認を避けることはほぼできませんので、この場合は会社に電話があることは受け入れましょう。

電話確認なしで利用できる金融機関

それでは、実際に電話に在籍確認なしでおまとめローンの利用ができる金融機関について紹介します。基本的には消費者金融のみ在籍確認不要となることがありますが、すべての消費者金融が対応しているわけではありません。

確実に電話による確認がないのはSMBCモビットだけです。SMBCモビットだけは条件付きですが、電話での確認なしで審査を受けることができます。

SMBCモビットカードローン

借入金利:3.0%~18.0%
借入限度額:800万円

SMBCモビットはおまとめローン専用のローンを用意していません。SMBCモビットはWEB完結のカードローン商品があり、職場への在籍確認の電話はなく、源泉徴収票の移しや給与明細書(2ヶ月分)の写しを提出することで職場への電話を回避することが出来ます。

WEB完結を利用するには下記の条件を満たしている必要があります。

・三井住友銀行または三菱東京UFJ銀行に普通口座を持っている
・全国健康保険協会発行の保険証、もしくは組合保険証を持っている

アイフルおまとめMAX

借入金利:12.0%~15.0%
借入限度額:500万円

アイフルは基本的には電話による在籍確認を必要としますが、検討時にアイフルに相談することで、書類での確認にしてもらえることがあります。ただし一本化をしたい借金が高額である場合は、在籍確認が必要になります。

在籍確認が原因で審査に落ちるケース

下記のようなケースでは、在籍確認が原因で審査落ちすることがあります。

嘘の申告をする

まず嘘の申告ですが、当然嘘の申告がバレてしまうと審査落ちすることになります。おまとめローンは個人の信用をもとにお金を貸してくれますので、嘘をつく人は信用できませんので、虚偽の申告をした場合は、それだけで審査落ちすると考えてください。

ときどき以前勤めていた会社の名前を記載する人がいるのですが、もちろん確認の電話でバレてしまいます。虚偽の申告は記録として残ってしまいますので、以後の借入も難しくなります。虚偽の申告はデメリットしかありませんので、どんな理由があっても正しい情報で申し込みするようにしましょう。

休職中である

また意外と知られていないのが、休職中の扱いです。金融機関によって変わりますが、基本的には休職中は審査落ちの原因になります。実際に籍はあっても、安定した収入を見込めない状態ですので、休職中の状態を金融機関が嫌うのです。

金融機関によっては、復帰時期がわかっている場合に限り融資の検討をしてもらえることもあります。休職中の人がおまとめローンを利用するときは、必ず事前に金融機関に相談してから申し込みをするようにしてください。

アリバイ会社は利用できるのか

アリバイ会社は勤務先を隠したい人などに、会社員の地位を提供するサービスになります。実際に法人登録された建前上はきちんとした会社がほとんどで、利用者はお金を払うことでその会社に勤めていることにしてもらえます。

アリバイ会社によっては、社員証だけでなく給与明細や源泉徴収票まで発行してもらえます。もちろん詐欺ですので、バレたときのデメリットはとても大きなものになります。

それでも職場に電話されると困る人や、実は無職だという人がアリバイ会社を利用して申し込みを行うことがあります。もちろんこの場合、嘘がバレると審査落ちすることになります。バレなければ在籍確認は通過することになるのですが、ほとんどのケースでバレることになります。

金融機関もアリバイ会社の存在を把握していますので、アリバイ会社の名前や電話番号などを把握しています。このためアリバイ会社の名前で申し込みをした段階で発覚しますので、当然審査は通りません。

融資をしたときはバレなくてもあとからバレるケースもあります。この場合は、金融機関から一括返済を求められることになります。審査を通りやすくするためにと思って、アリバイ会社を使った結果、取り返しのつかないことになるケースもありますので、おまとめローンの審査にアリバイ会社を使わないようにしてください。

まとめ

おまとめローンの在籍確認は基本的には避けられません。SMBCモビットのWE完結カードローンだけが唯一の在籍確認不要で、アイフルは応相談になっています。銀行のカードローンは在籍確認を避けられませんし、上記以外の消費者金融も金融機関によっては対応してくれる可能性もありますが、高額な借金の一本化の場合はNGとなります。

また一般的には消費者金融でのおまとめローンは金利が高く、返済総額が膨れ上がる可能性がありますので、そもそもおまとめローンとして利用するときには注意が必要です。職場に知られないで済むというメリットと、膨れ上がる返済総額というデメリットを比較したうえで利用検討をしてください。

嘘の申告や休職中であるような場合は、在籍確認が審査落ちの原因になることもあります。アリバイ会社を使えば在籍確認をすり抜けることができるとされていますが、金融機関もアリバイ会社の情報は持っていますので、まず間違いなくバレてしまいますし、いずれバレることになります。アリバイ会社はリスクが高すぎますし、詐欺ですので利用しないようにしましょう。

基本的には在籍確認の電話で借金がバレるようなことはほとんどありません。本当にどうしても避けられない理由がない限り、在籍確認を受け入れましょう。そうすることで利用できるおまとめローンの選択肢が広がり、早期の完済につながると考えましょう。

こちらも読まれています。