カリナビ

親にお金借りる

カリナビTOP | 一本化 | 審査基準
お気に入りに追加
親にお金借りる

親からお金を借りるためには

自分の知り合いや顔見知りからお金を借りるとき、相手にどうやってそのことを切り出そうからとても気を使います。お金を借りることで関係性が駄目になったりしないか、しっかり返済していくけれど自分は信用してもらえるのか、顔見知りといってもお金を借りるときはなにか手続きが必要なのか、色々気になることがでてきます。

もしも自分の親からお金を借りるとしたら、いくら親と子の関係があるといっても、一番身近な人だからこそ気をつけなければいけないこと、血のつながりがあるからこそお金でトラブルが起きないようにすることを予め知っておく必要があります。

親にとって、子供はいくつになっても子供といいます。子供が困っているなら助けてあげたい、そう思うはずです。だからこそ、その気持ちを踏みにじらないように、これまでと変わらぬ親子関係を保つためにも、親子間でのお金の貸し借りについて一般的にはどうなのか、この機会に下調べをしておきましょう。

→お金を5万円借りたいときはこちら

実の親から借りる場合でも借用書は必要?

親からお金を借りるとき、そのまま現金を受け取るだけでいいのか気がかりです。血のつながりがあるとはいえ、まとまったお金を借りるなら、それを証明する借用書や契約書を作ったほうがいいのでは、そう考える方もいるでしょう。

逆に、血のつながりがあるのだから、特に必要ないだろうと考える方もいるでしょう。

親子だからこそ、一番身近にいる人だからお金のことで必要以上に迷惑をかけたくない、これからもいい関係性を保ちたいというのであれば、血のつながりのある親からお金を借りるときに借用書や契約書は必ず作っておくようにしましょう。

親の中には「いつ返してくれてもいいんだよ」と口にする方もいるかもしれませんが、実は親子間のお金の貸し借りで借用書や契約書が必要なのにはわけがあるのです。先ほど言った、親子間の関係性などももちろんなんですが、実は税金がからんでくるため借用書、契約書は作成したほうがいいと言われているのです。

親子だもの、面倒な書面なんて要らないでしょ、そう考える方は多いようですが、まさか親子間のお金の貸し借りで税金が関係してくる?と驚く方もいるかもしれませんね。親子間の口約束で「お金を借りる」「お金を貸した」というやり取りだとしても、贈与税がからんでくるのです。

→必要な書類についての詳細

親にお金を返すときの金利はどうしてる?

親からお金を借りるのに金利が必要?、と驚く方も多いようですが、住宅ローンとして借りたいなど、借りる金額が大きい場合は、貸し借りの証明(借用書や契約書)があること、金利を設定して、金利を足した元金を支払っていくこと、これを行わなければ贈与とみなされて、贈与税が掛かってしまうのです。

生活費として1万円、2万円を借りるという場合は問題ないかもしれませんが、金額が大きい場合は税務署から贈与とみなされて贈与税の支払いと求められてしまいます。これを回避するためには、先ほども言ったように借用書を作成することと、その借用書に金利を記載しておくことをお勧めします。

ここで、金利をいくらにしたらいいのか悩み増すが、お金を貸すのは金融会社でも銀行でもありません。親御さんなので、その金利は親子で話し合って決めていいのです。例えば一般的に銀行の金利は低いと言われているので銀行の金利にあわせよう、と決めてもいいのです。

さすがに親子間のお金の貸し借りに銀行の金利と同じ利率を設けるのは心苦しいという親御さんも多いので、金利を1%、またそれ以下に設定するケースは少なくありません。

利息をゼロ、いわゆる無利子に設定することもできますが、この場合は金額相当の贈与税の支払いが発生します。

親からお金を借りるのは贈与税や相続税は関係ある?

親からお金を借りるとき、どんなケースが贈与税、相続税の対象になるか気になります。銀行や金融会社からお金を借りるよりもお得に、要は金利が発生するにしても、税金の支払いが発生するにしても、できるだけ安くしたい、低くしたいと思うものです。

そこで、親からお金を借りたとき、どんな場合に税の対象になるのか是非この機会に知っておくといいでしょう。

当たり前のことですが、銀行や金融業者からお金を借りた場合には贈与税はかかりません。あくまでも親からお金を借りる(親族も含め)場合に贈与税がかかる場合があります。

なぜ贈与税がかかってしまうのかというと、親からお金を借りたとき、元金しか返済しない、いわゆる無利子でお金を借りた場合に贈与税がかかります。その金額は利子に相当するのです。

そのほか注意が必要なのは、親子間のお金の貸し借りなんだから、返済はお金に余裕があるときでいいよ、という場合も贈与税の対象になるということです。

親子間でお金の貸し借りがあったことを証明するもの(借用書や契約書、お金を返済している証拠になる銀行の通帳など)を証拠としてしっかり残しておきましょう。借用書や契約書には金利がいくらか利率の記載もお忘れなく。

親にお金を借りるときの一番いい頼み方とは?

肩身の狭い思いをするので、いくら親とはいえ、お金を貸して欲しいと言いにくい、これは親子だからこそ芽生える感情かもしれません。しかし、今の状況を考えると親からお金を借りるのが最良である、と思った場合は、包み隠さず親に相談しましょう。

もちろん、ただ「お金を貸して欲しい」というのではなく、お金を借りるからにはしっかり借用書も書く、金利も払う(税金対策も含め)、これを親に伝えれば、親御さんも必要以上に心配しませんし、親子関係の悪化を防ぐこともできます。

親子だから口約束でOKというわけにはいきません。親子だからこそ、一般的に個人間でお金の貸し借りをする方法を実践するべきなのです。

世の中には、お金の貸し借りがトラブルで親子関係が悪くなった、身内と顔を合わせられなくなったという話が山ほどあります。自分たちが同じトラブルに巻き込まれないためにも、ぜひ借用書の作成は必ず済ませておきましょう。

実際にお金を借りた後、毎月決まった日に返済することになると思いますが、事情があって支払いが遅れる場合は必ず親御さんに連絡をいれてください。本来であれば支払いが遅れれば信用問題に繋がります。「親子だから少しぐらい遅れてもいいだろう」という発想は今すぐ捨てましょう。

お金を借りる言い訳はする? しない?

どうしても後ろめたさを感じてしまうのは、これまでお世話になった親からお金を借りるからではないでしょうか。すっかり大人になったはずなのに、今もまだ親に頼るなんて、これでいいのだろうかと罪悪感を感じる方もいます。

それが原因で、親にお金を借りるときの言い訳に悩んでいるという声も聞こえてきます。実際に親からお金を借りた方々の体験談や口コミなどを見ると、やはり借りる理由は正直に話したほうがいいようです。

どんなウソをついてお金を借りたのか、借りた本人がうっかり忘れてしまうことがあります。親にしてみれば「どうしてウソをついたのか」、これは悲しみ以外の何物でもありません。自分たちは親なのに信用してもらえないのだろうか、と悲しませてしまいます。

お金に困ってしまう状況は様々ですが、どんな状況であっても下手な言い訳をせずに正直に話すこと、これが自分にとっても親御さんのためでもあります。

親からお金を借りる理由はどんなことが多い?

自分以外の人たちは、どんな理由で親からお金を借りているのか気になります。親からお金を借りる理由によっては、もしかしたら自分たちは非常識なのでは?、と気になる方もいるようです。以下にいくつか体験談をご紹介します。

転職や退職でお金に困った
転職したことで以前もらっていた給料より随分収入が減ってしまったという場合、その他退職をして収入が一時的になくなってしまった場合、一番は生活していくお金がないということです。光熱費、食費、子供の学費、各ローンの支払いなど、収入がなくなればこれらに充てるお金が一切なくなります。生活費や支払いの為に親からお金を借りたと話は少なくありません。

マイホームを買うために借りた
この場合は、必要と言われた頭金が足りなくて不足分を親から借りたという話、そして銀行や金融会社ではなく親から住宅ローンとしてお金を借りるという話もあります。やはりまとまったお金、大きなお金が必要になる場面で頼るところが親しかいなかった、親だから頼むことができたという体験談も多いようです。

お子さんの教育費として
高校進学や大学進学にかかる教育費を親から借りたという話もよくあります。お子さんの数だけ教育費はかかりますから、その分どうしても足りなくなり親御さんを頼ったというケースもあります。

住宅ローンの申し込みのとき親から借りるときの注意点とは?

マイホーム購入は一世一代の大勝負と言われています。決して安い買い物ではありませんから、慎重に手続きを進めていきますが、通常の金融会社や銀行の住宅ローンではなく、親からお金を借りてマイホームを買うことも可能です。

例えばマイホーム購入代金として2,000万円を親から借りたとします。無利息でお金を借りた場合、これは「贈与」とみなされて「贈与税」の支払いが発生します。贈与税の金額は462万円です。税金として支払うぐらいなら、利息を親に支払いたい、誰もが思う理由がお分かりでしょうか。

税率などは自分たちで決めるのもいいのですが、やはりここは税のプロである税理士に相談してみるといいかもしれません。親からどのぐらい借りる予定なのか、金利はこのぐらいにしようと思っているが妥当か、作成した借用書を確認してもらうのもいいでしょう。

金額が大きいので、親御さんとはしっかり話し合うこと、これが一番大切です。

車を買うときに親からお金を借りるときの注意点とは?

車も大きな買い物です。都会暮らしであれば車がなくても電車を利用することで通勤や通学、買い物などもできますが、都会から離れた場所になると、公共の交通機関がそれほど数多くあるわけではないので、車がある暮らしが当たり前になっています。

しかし決して安くはありません。新車はもちろんのこと、中古車であってもかなり高価な買い物です。維持費のことも考えれば、どうやって車の代金を捻出したらいいのか頭を悩ませることでしょう。

親からお金を借りることができるのなら、車の代金を代わりに支払ってもらい、毎月決まった金額を親に返済するという方法はいかがでしょうか。マイホームに比べれば金額は少ないものの、お金を借りる以上、借用書などを作成して、毎月何日に支払うか、しっかり約束することで、これまでの親子関係が悪化することはないでしょう。

もしも税金(贈与税など)が心配な場合は、借用書を持参して税理士に相談するといいでしょう。的確なアドバイスをもらえるはずです。ちなみに、借りた金額が一年間を通して110万円までなら贈与税はかかりません。それを踏まえて考えると、車を買うためにお金を借りるなら、110万円までに抑えたいところです。

結婚資金を親から借りるときの注意点とは?

結婚式には驚くほどお金がかかります。幸せな結婚式ですから、あまりお金のことは口に出したくないかもしれませんが、実際に結婚資金は支払わなければいけないわけですから、幸せをかみ締めつつ、現実を見つめる必要があります。

結婚式の場合、会社の同僚や友達などからご祝儀を頂いたり、身内から贈与を受け取ります。これを元にして結婚資金を支払うというケースが多いようですが、やはり気になるのは贈与に関する部分です。

しかし、結婚式を挙げた人たちから「贈与税を払った」という話はほとんど聞いた事がありません。贈与の目的についてですが、結婚関連に関するお金の場合、贈与税の課税対象から外れる、これが一般的のようです。

ですので、結婚式で身内や親からお金を受け取ったとしても贈与税の心配はいらないというわけです。

ただし注意点があります。受け取ったお金が預貯金の場合、これは課税対象としてみなされます。

生活費に困ったとき親を頼りにしても大丈夫?

生活費として親からお金を借りる状況は、もしかしたら誰にでも訪れる可能性があるのではないでしょうか。一番考えられるのは会社が倒産したなどの理由で仕事を失ったときかもしれません。

もちろんそれ以外にも色々あるでしょう。例えば冠婚葬祭は急にお金が必要になる場面が多いと言われているので、その時期に生活費として親からお金を借りたという体験談もあります。

親から生活費を借りる場合、自分の年齢やこれまでの生活状況などが気になります。特に苦しい生活を送っていたわけではないのだから、どうして生活に困るほどお金がないのか、万が一結婚していればどちら側の両親からも口うるさく言われてしまう可能性もあります。しかしそれは心配しているからこその言葉としてしっかり受け止めましょう。

もしも生活費としてお金を借りる場合、失業状態であればすぐに次の仕事を見つけて返済の目処を立てたり、冠婚葬祭などでまとまったお金が出て行き生活費が足りなくなった場合は次の給料が振り込まれたらすぐに返済するなど、親子関係であっても返済の約束は守ることが大切です。これは今後の親子関係にも影響を及ぼしますので必ず約束を守りましょう。

学生が親からお金を借りる状況とは?

勉強にアルバイトに忙しい学生生活を送っている中で、どうしてもお金が必要になる場面が出てきたとき、一番頼りにしたいのが親ではないでしょうか。学生が親を頼ってお金を借りたい理由は色々あるようですが、様々な場面でお金が必要な時代ですから、人それぞれ理由もバラバラのようです。

一番は「大学に掛かる費用」です。学費はもちろんですが、参考書代、資格取得のための代金、大変な場合は学校に通うための交通費などにも困ってしまうことがあるようです。

それから同じ学校の仲間との付き合いでお金がかかる、という学生も多いようで、生活費の中で一番交際費にお金をかけているという方もいるほどです。その他にどんなことで親にお金を借りるのかというと自動車運転免許証を取得するため、という学生も少なくありません。

運転免許証の取得には結構なお金がかかります。まとまったお金が必要になるため親からお金を借りるという学生が多いのです。就職の面接の際に普通自動車の免許があることが有利になることもありますので、やはりどうしても自動車学校に通う費用を自力では捻出できないという場合はご両親に相談してはいかがでしょうか。

身近な人からお金を借りるときはどうすればいい?

自分の知らないところで、旦那や彼氏が親からお金を借りていたという事実を知ったとき、妻、彼女の思いは色々あるようです。

例えば旦那であれば、妻にしてみれば「どうしてお小遣いの範囲内でやりくりできないのだろう」「借りたお金は一体何に使ったのだろう」と気になるはずです。お子さんがいれば、お子さんに掛かるお金のこともありますので、必要以上にお金を借りることは出来るだけ避けたい、と考えている中で夫の借金発覚。しかも夫自身の両親からとなれば、妻としての面子が丸つぶれ、とショックな方もいるでしょう。

やはり一番聞きたいのは「なぜお金を借りたのか」という点ですね。例えばお金の使い道がギャンブルであれば、夫の両親にはこれ以上お金を貸さないように言うべきでしょう。お小遣いの範囲でやりくりできずに呑み代やお昼代として借りたというのであれば、毎月の夫のお小遣いを見直す必要があるでしょう。

これが彼氏となると、婚姻関係にあるわけではないので少し視点が変わってくるかもしれませんね。やはりこの場合も、なぜ両親からお金を借りているのか、なぜお金が必要なのか、その理由が一番気になるところですね。大学に通っているなら学費などの支払いに必要で借りているかもしれませんし。

しかし、先ほど話したように、ギャンブルの為に必要なお金を借りたというのであれば、彼と将来結婚を考えていたという場合はその考えを改めたほうがよさそうです。ギャンブルの為にお金を借りることは癖になるようで、一度注意しただけではなかなか心改めないケースが多いからです。