カリナビ

パート勤めでもお金を借りる方法

カリナビTOP | 一本化 | 審査基準
お気に入りに追加

パートがお金を借りるには?

パートがお金を借りなければならない場面は?

家計を支えるためにパート勤めをしていても、時には急にまとまったお金が必要になって焦ることがありますよね。もっと早く言ってくれないと、と思いつつも明日が集金の締切日でいきなり集金袋をお子さんから渡される、という経験は世の中のお母さんたちのほとんどが経験あることではないでしょうか。教育費は毎月何かしら集金が来るといっても大げさではありません。


それ以外にも、冠婚葬祭で急に呼ばれることになったという場合も、まとまった現金が必要になりますよね。急を要するのでなんとか今日中に、遅くても明日までにはお金を準備したいという状況は少なくありません。光熱費や新聞の集金、家賃の支払いなど急いでお金を準備しなければいけない場面も出てきます。


そこで、パート勤めでもお金を借りることができるのか、というお話をアドバイスしていくことにします。「今はまだ大丈夫!」と思っていても急にお金が必要になるときはくるはずです。そんなときのための予備知識として役立つ情報をお伝えします。

今回お話する内容は、もしものときの備えとして覚えておいてくださいね。


パートでもお金を借りることはできるの?

カードローンやキャッシングというと、正社員が利用するものでパートは関係のない話だと思っていませんか?しかし、そんなことはありません。パート勤めだってカードローンやキャッシングは利用できます。お金が必要になるシチュエーションは雇用形態に関係なくあるものです。特に、ボーナスがないパートだからこそお金が足りなくなるものです。

カードローンやキャッシングの最も重要な審査基準は「毎月安定した収入があること」です。これはパート代が毎月振り込まれていれば全く問題ありません。限度額こそ低くなってしまいますが、きちんと年収に応じたお金を借りる事が可能です。

一般的に、パートが借りれるお金は10万〜30万円と言われています。決して多い額ではありませんが、もらえるパート代を考えたら妥当な金額と言えそうです。これだけ借りれれば、急な入院や冠婚葬祭、生活費の足しには十分なのではないでしょうか。

知り合いや身内にお金を借りるのは気が引ける、というのは主婦の皆さんの共通点のようなので、カードローンや消費者金融などでキャッシングできたら助かりますよね。業者の中には主婦向け、女性向けなどをターゲットとしてお金を貸してくれるところがあります。あらかじめ業者のサービス内容を確認する必要があるんですが、パート勤めで毎月安定した収入を得ているなら、心配することはないでしょう。

パートでも銀行のカードローンの利用は可能なの?

お金を借りるなら、できれば銀行を選びたいという人も多いはず。銀行なら金利も安いし、何より安心感がありますよね。けど、さすがにパートがお金を借りれると言っても銀行は無理なんじゃないかと思っていませんか?そこでひとつ、パート勤めでも銀行のカードローンが利用できるかどうかお話していくことにしましょう。


銀行カードローンを申し込む際、必要になる書類があります。それは「本人確認ができる身分証明書」と「収入証明書」です。どちらもパート勤めであれば用意できるものですね。なにより、無担保、無保証人で契約できるため、パート勤めで安定した収入があれば借入が可能というわけです。


身分証明書は健康保険証や運転免許証でOKです。もしも引越しなどの都合で住所が変更している場合は、納税証明書や公共料金の領収書もしくは請求書、住民票などがあれば大丈夫です。収入証明書は源泉徴収票や給与明細、確定申告書などでOKです。ちなみに収入証明書は借入額によって必要とされているようで、銀行のカードローンの場合は借入希望金額が100万円を超えた場合に提示が求められます。

銀行のカードローンに、正社員のみと縛る条件はありません。パート勤めなら十分申し込みの資格を持っているので、安心して銀行からお金が借りれますね。

パートで借りれる限度額はいくら?

正社員に比べると、どうしても月々のお給料が少なくなってしまうパート勤め。税金対策などから、一定の収入以上は働かないという賢い主婦の方も多いですからね。そこで気になるのが、収入が少なくても借入が可能なのかどうか、という点です。借りれるお金は年収に比例するものです、ここではパートでもいくら位借りれるのかをお話していきます。

正社員に比べると借入限度額は低くなってしまうものの、パート勤めで収入が少なくても借入は可能です。銀行のカードローンでも消費者金融でも申し込みはできます。


あくまでも平均的な数字ですが、パート勤めの方が借入できる場合は限度額が30万円ぐらいと考えておくと良いでしょう。ただし、働いている時間が極端に短くて、普通のパートの方に比べると半分ぐらいしか稼いでいないという場合は、限度額がもう少し低くなる可能性があります。その場合は10万円程度が限度額と考えておきましょう。


ここで、パートが借りれる限度額の計算方法を紹介しましょう。消費者金融には総量規定が適用されます。すると、年収の1/3までしか借り入れすることができないのです。例えば、パートで毎月6万円稼いでいるとします。


6万円 × 12ヶ月 × 1/3 =およそ24万円


となります。これは一社からではなく、数社から借入しても合計金額がこれを超えることはできないということなんですね。この計算を踏まえて、今の状況で総額どのぐらい借り入れが可能なのか把握してから消費者金融に借り入れの申し込みをしましょう。


それでも、30万円借りれればまとまったお金が必要になった場合でも大助かりですよね。パート勤めでお金を借りるシチュエーションと言えば、大抵が次のパート代が入るまでの繋ぎという人が多いようです。ですので、限度額が低くても1ヶ月のパート代を超えない程度借りれれば十分と考えられています。収入に見合った返済をしていかなければいけないので、それ以上借りてしまうと返済計画が崩れてしまいますからね。

パートが審査に通る条件は?

パート勤めの方がお金を借りるとき、どんなことが条件となって審査をクリアするのか気になるところですね。借入を申し込むときにもっとも気になるのが審査だと答える人はとても多いです。そこで、ここではパートでも審査に通る条件についてお話します。


まずは「他社借入件数」を確認しましょう。すでに他社から借りすぎていないかどうかを審査の際にチェックされます。もし、現在4社以上から借り入れがあるとか、消費者金融の場合は年収の1/3以上の借り入れがある場合は総量規制が適用されて審査が通らなくなります。申し込みの際にウソの申告をしたとしても、個人信用情報機関に登録されている情報を見ればすぐにバレてしまうことなのでやめましょう。

それから、一気に何社ものカードローンに申し込みすぎというのもダメみたいですね。一ヶ月の間に3社以上申し込んでしまうと審査が通らないという話があります。これは申し込みブラックと呼ばれるもので、金策に走り回っていると思われてしまいます。


あとは、収入に対して借入希望額が大きすぎるのもダメです。返済能力がないのにどうやってお金を返すのか、と不信がられてしまいます。うっかりミスだったとしても、提出した申し込み用紙にミスがあった場合、ウソの申告をしたとみなされて審査が通らないというケースもあるので注意しましょう。


これらを踏まえて、それぞれをクリアしていること、安定した収入があることなどが審査に通る条件と言われています。

パートの勤続年数が短くても大丈夫?

もし、「今のパートを始めたばかりだけどお金を借りたい」と思っているようでしたら、審査基準と勤続年数の関係を事前にチェックしておきましょう。

なぜ勤続年数が審査に影響するのかというと、もしもまたパートを辞めてしまった場合、収入が途絶えてしまいますよね。その間、返済が滞ってしまう可能性が非常に高くなるのです。お金を貸す側にしてみれば、返済能力が低い人にお金を貸すことほど怖いものはありません。借したお金が帰ってこない可能性があるからです。


パート勤めでお金を借りる場合、勤務してからまだ日が浅いと審査に通らない可能性が非常に大きいです。勤続年数は最低でも半年、一般的には1年以上は必要と言われています。それに満たない場合は少なくとも、パートで借りれる上限額の30万円は難しいでしょう。もしも、どうしてもお金が必要で困ってしまったという場合は、借入額を低く設定して申告してみてはいかがでしょうか。あくまでも可能性の話ですが、10万円以下なら勤続年数が少なくても借り入れが可能になる場合があります。

お金を借りる先も銀行より消費者金融の方がおすすめです。金利が多少高い分、審査には柔軟に対応してもらえます。勤め始めたばかりだけどお金を借りる必要があることを伝えてみましょう。在籍確認さえ行えれば勤続年数が少なくても借りられる可能性があります。


申し込みの際は、年収の記入欄は見込み年収で申告しましょう。まだ1年働いていないのであれば、正式な年収はわかりません。ですので、月平均でもらっているパート代を12ヶ月分掛けます。例えば、月に6万円のパート代をもらっているなら、「6×12=72万円」となります。

もしそれでも心配ならば、一度受け付けなどに電話で相談するといいかもしれませんね。審査が通らないのに何社も申し込んで審査をすると、一時的に「申し込みすぎ」というレッテルが貼られて、ますます審査が通らなくなってしまう可能性があるので注意が必要です。

パートが契約するときは家族カードになるの?

家族カードというのは、例えば旦那さんがクレジットカードを作ったとき、同じ登録内容で家族が使えるカードを意味します。カードの名義は利用する方の名義になりますが、支払いなどは旦那さんのクレジットカードと一緒に清算されるんですね。これで、専業主婦でクレジットカードをもてない人でも、旦那さん名義のクレジットカードを利用できるというわけです。クレジットカードは申込者本人と家族カードを申し込んだ家族の人数分が発行されるという仕組みなんです。


さて、カードローンやキャッシングはどうなんでしょうか。結論から言うと、申込者がパート勤めの主婦の方本人ならば、本人名義のカードが発行されます。家族カードにはなりません。当たり前のことですが本人しか利用できませんから注意が必要です。

家族や職場にバレずに借入をする方法

お金を借りるとなると、なんとなく後ろめたさを感じる人も少なくありません。さらにパートともなれば、「ちゃんと返せるのか」など余計な心配をされてしまいがちです。


家族にバレずにお金を借りるなら、郵送物に注意しましょう。申し込みをネットで行っても、カードの受け取りに郵送を選んでしまっては台無しです。必ず自動契約機で受け取り、自宅への郵送物なしにこだわりましょう。他にも、利用明細書が自宅に郵送されないように申し込みの際に伝えることも忘れないようにしましょう。最近はスマホで利用明細書も見る事が出来る時代です。わざわざ郵送してもらう必要はありません。

詳細はこちら→家族に内緒でお金を借りる方法は?


そして、職場にバレないようにするなら、「在籍確認」に注意しましょう。在籍確認は職場に電話がかかってきて、本当にその職場で働いているかどうかを確認するものです。消費者金融は基本的に会社名を名乗らず、個人の名前で電話を掛けてきてくれます。個人的な電話のように気を使ってくれますが、これがアダとなり「私用の電話が職場に来るなんて!」と思われてしまう可能性もあります。かと言って、消費者金融の名前を名乗られれば一発で借金がバレてしまいます。

 

このように、どちらにしても在籍確認はリスクがあります。ですので、バレないようにお金を借りるなら在籍確認なしの金融業者を選びましょう。最近では、社員証や社名入りの健康保険証や給与明細などを提出すれば在籍確認をなしにしてくれるところもあります。パートとなると社員証などはない場合もありますが、フルタイムなどで勤務しているのであればこれらの書類を用意出来るはずです。もし、自分のパート先がこれらの書類を発行しているのであれば積極的に活用することをおすすめします。


最後に気をつけるのは「滞納」です。支払いを滞納すると自宅や職場に電話がかかってくる可能性は0ではありません。督促状などが自宅に郵送されれば、内緒でお金を借りている事が一発で家族にバレます。どうしても都合が悪くなって支払いが数日遅れるなどの場合は、必ず先に業者へ連絡を入れましょう。

もしも職場や家族にバレてしまったら

本当であれば内緒にして、そっと支払っていくつもりだったかもしれませんが、万が一、何かがきっかけで職場や家族にバレてしまった場合、隠し通すことは難しいでしょう。借りてないとウソをついても借りている事実がばれてしまったのなら、正直に話す必要があるかもしれません。


おそらく、パート勤めでお金を借りるという状況は、子供の教育費や冠婚葬祭など、思いがけずにまとまったお金が必要になった場面がほとんどだと思います。それを正直に話しても、問題が大きくなるとは考えにくいですね。それが遊びに使ったとなれば話は別ですが、必要に駆られてお金を借りることは、誰にでもあることです。必要以上に落ち込むことはありません。


実は、お金を借りていることが家族にバレて、ほっとしたという方もいるぐらいですよ。なんとなく後ろめたさを感じながら、隠し事をしているようで辛かったという体験談もありますから。万が一、家族にばれてしまったら、なぜお金が必要になってしまったのか正直に話すのが一番です。


そして、パート先にバレてしまったとなれば、必要以上に落ち込むことはありません。誰だってお金が必要なことぐらいあります。無理矢理な言い訳はせず、やむを得ない事情があったとだけ話せば良いでしょう。

パートでも即日お金を借りる方法

急な出費でお金が必要になったとき、「なとしてでも急がなければ…!」、という状況ではないでしょうか。そんなときに心強い味方になってくれるのが、即日融資を実施している業者なんです。即日融資とは、申し込んだその日にお金を借りることができるというものです。申し込みをした時間帯にもよりますが、多くの場合は14時までの申し込みなら即日融資が可能と謳っています。

インターネットまたは電話で申し込み、審査が終わったら自動契約機でカードローンを受け取ります。自動契約機の営業時間内にカード受け取れればその日のうちにお金が借りれます。平日でも21時頃まで受付しているので、パートの後でも十分間に合いますね。


もちろん、いくら急いでお金を準備したいからといって即日融資にばかり目がくらんではいけません。例えば、期間限定で無利息サービスを提供していたり、審査が早いと評判の業者を選んだり、即日融資が振り込み、もしくは自動契約機を利用して融資を受けることができるなど、その他のサービスについても確認しておきましょう。


パート勤めで安定した収入がある主婦ならば、即日融資、無利息サービスがある業者がおすすめです。プロミス、三菱UFJフィナンシャルグループ、モビット、みずほ銀行のMy Wing、じぶん銀行カードローンなどが即日融資可能です。

カードローン利用中に注意すべき点は?

パート勤めの方がカードローンを利用するとき、気をつけるべきポイントがいくつかあります。あらかじめそのポイントを知っておけば、無理なく返済していくことができるでしょう。


まずは返済方法に気をつけましょう。パート先や自宅の周辺に提携ATMが近くにあるかどうかを確認しましょう。最近はコンビニに設置している提携ATMが利用できるようになりましたが、契約した業者が対応しているかどうかを確認しておくといいでしょう。わざわざ業者の店舗に出向いて返済したり、銀行のATMに出かけて振込みをするのではちょっと手間がかかりますよね。コンビニ提携ATMならいつでもどこでも時間も気にせずに返済できるので便利です。


次は自宅郵送物に注意しましょう。お金を借りている事を家族に知られたくないという場合、利用明細書を自宅に送らないように申し出ておく必要があります。最近はウェブ上で明細を確認することができるので、郵送してもらう必要はないでしょう。


最後は返済日です。業者によって返済日を選べるという場合もあるようなので、自分の給料が振り込まれた直後に返済できるよう、返済日がいつなのかも確認しておくといいですね。