カリナビ

生命保険でお金を借りる方法

カリナビTOP | 一本化 | 審査基準
お気に入りに追加
契約者貸付制度

生命保険を担保にお金を借りることができる

急な用事でどうしてもお金が必要になったとき、銀行や消費者金融、クレジットなどからお金を借りることが頭を過ぎります。しかし、それ以外にお金を借りる方方法がないものか、気になる方に朗報です。

実は生命保険を担保にしてお金を借りることが出来るという仕組みがあることをご存知でしょうか。名前は「契約者貸付制度」というものです。

元々契約している保険会社を利用できるならそのほうが安心、という方も多いようで、実際に利用している方も実は少なくないようです。

行基や怪我のための備えとして加入している保険で、いざというとき、どうしてもお金が必要な場面でお金を借りることができたら、どんなに心強いことでしょうか。

今すぐお金が必要なので詳細を知りたいという方だけでなく、もしかしたら今後お金が必要になる場面が来るかもしれないのでそのときのために、是非生命保険の契約者貸付制度がどういうものなのか、知っておくことをお勧めします。

契約者貸付制度を知ろう

生命保険でお金を借りるって、一体どういうことなんだろうと不思議に思う方も多いのではないでしょうか。

簡単に説明すると、これまで払い続けてきた保険をもし解約した場合、解約金が支払われます。その解約金に対して一定の割合の中でお金を借りることができる、これを「契約者貸付制度」というのです。担保になるのは、解約返戻金です。解約金が担保になってお金を借りるという仕組みなので、掛け捨てタイプのように解約金が発生しないタイプの保険には契約者貸付制度がありません。

もしも銀行や消費者金融などのカードローンを契約する場合、一から契約が必要になります。どのぐらいの収入があるのか、どこに勤めているのか、どこで暮らしているのか、年齢は何歳なのか、それらを一から申し出て契約するのは手間も時間もかかります。
カードローンの年齢条件について

しかし、現在進行形で契約している保険なら解約返戻金を担保にして、保険会社からお金を借りることができます。新たに別で契約するよりずっと便利に利用できるという利用者の意見が大多数のようです。

お金が必要になる場面は突然やってくることもあり、特に冠婚葬祭などでまとまったお金が必要になると工面できずに困ってしまうこともあります。

そんなとき生命保険の契約者貸付制度を知っていれば、急な場面でも慌てることなくお金を借りることができるため、大変好評です。

金利はカードローンより高い? 貸付利息を知ろう

お金を借りるということは、必ず金利が発生します。後々のことを考えるとできるだけ金利は安いほうがいいはずです。生命保険の契約者貸付制度はどのぐらいの金利がかかるのでしょうか。

全体的に見た場合、通常のカードローンに比べると生命保険の契約者貸付制度のほうが断然金利は安いようです。生命保険会社によって違いがある、また同じ保険会社でも加入時期によって利率に違いがあることもあります。

そのため一概には言い切れませんが、1.5~3.5%ぐらいが平均値にようです。例えば10万円を借りた場合、一番高い3.5%で計算すると、一年間で3,500円の利息が発生します。合わせて103,500円返済することになります。

カードローンと比べても断然金利が安いことがお分かりいただけたと思います。金利が発生してしまうのは仕方が無いとはいえ、金利が高いとそれだけで返済が大変になりますから、契約者貸付制度のように低い金利だと大助かりですね。

借りることができる限度額はどのぐらい?

お金を借りるのはいいけれど、一体いくらまで借りることができるのか気になります。生命保険の契約者貸付制度の限度額はいくらなのか、予め知っておけばいざというとき慌てずに住むはずです。

どこの保険会社を利用するか、それからどんな種類の生命保険なのか、これによって限度額に違いがあるようです。平均的な数字をみると、解約返戻金額に対して70%~90%以内が限度額と定めているところが多いようです。

自分がどの保険会社で契約しているのか、まだどんな生命保険を契約しているのか改めて確認することで限度額がいくらになるかお分かりいただけるはずです。

必要なお金はいぐらぐらいなのか、それは生命保険契約者貸付制度の限度額内で足りるのか、いざお金を借りようとしたら足りなかったと慌てることのないように事前チェックをしておきましょう。

借りることが可能な期間を知りたい

保険を契約している期間が契約者貸付制度の利用可能な時期と解釈していいようです。その保険を契約している間は借り入れが可能というわけです。

ただし、保険を契約してすぐの場合、まもなく満期になるという場合はお金を借りることが出来ない場合もあるようです。自分が契約している保険会社に、どの時期が契約者貸付制度の利用が可能なのか聞いてから借り入れをするといいでしょう。

積み立てタイプの保険であれば借り入れが可能ですから、いつからいつまで可能な時期なのか聞いておけば、いざというときの備えとして役立つ日がくるはずです。

返済方法を知っておこう

生命保険の契約者貸付制度でお金を借りるなら、どんな返済方法があるのか事前に知っておくことをお勧めします。

まず一つ目が毎月返済です。これは元金と利息を合わせた額を毎月返済していくという手段です。毎月同じ日に返済するので、うっかり忘れを防ぐためにはいい方法かもしれません。

次に一部返済という方法です。これは毎月返済と同様、元金と利息を合わせた額を少しずつ返済していく手段です。特に返済額は定められていません。その保険会社によって最低返済額というのを定めているので、それ以上であれば返済額はいくらでもいいですよ、という手段です。そのため、今月は厳しいから最低額で、今月は余裕があるから少し多めに、と自分で返済額を決めることができます。

最後に全額返済という方法です。元金と利息を合わせた額を一括で返済するという方法です。

ちなみにこれらの方法で返済する場合、


・保険会社の専用ページを利用して、インタネットバンキングから振り込む

・提携ATMを利用する(保険会社が発行するカードを使用)

・保険会社から郵送されてきた振込用紙を使用

・保険会社の窓口で返済


以上の方法が一般的です。

解約返戻金以外に担保や保証人は必要になる?

契約者貸付制度は、解約返戻金を担保にしてお金を借りることができます。

保険会社特有の制度ですが、その他にも担保が必要なのか、保証人は必要になるのか気になるところです。

契約者貸付制度は、融資を行う銀行や消費者金融と違い、担保も保証人も、どちらも必要ありません。あくまでも解約返戻金のみが担保になります。

特に保証人に関して心配する方も多いようで、お金を借りるのだから保証人をだれかにお願いしなければと焦ってしまう方も少なくありません。

解約返戻金以外の担保は必要ない、保証人も必要ない、これを知っておけばいつでも安心してサービスをご利用いただけるはずです。誰かに気を使うという煩わしさもないのでご利用も返済も心置きなく利用することができるでしょう。

利用する前に知っておきたい手続きや審査について

カードローンのようにお金を借りるためだけの契約ではないので、審査は必要ない、これが生命保険の契約者貸付制度の特徴です。お金を借りるのに審査が必要ないというのは心の負担が少ないため、カードローンを申し込む前に生命保険会社の契約者貸付制度を利用するという方は大変多いそうです。

審査が無いというだけでも手続きが簡単でスムーズに進んでいきます。

まずはインターネットを利用してホームページから申し込む方法について。

ログインページから自分のマイページにアクセスして、契約者貸付制度の利用可能額をご自分で確認していきます。その金額内で希望する金額、振り込んでもらいたい口座を入力します。

その後、保険会社から申し込みの完了メールが届いて手続きは完了です。大変簡単ですね。各保険会社によって違いはあるものの、早いところですと即日振込みをしてくれるところもあるそうです。

もうひとつは書類で申し込む方法について。

各保険会社に申し込みの連絡をします。窓口、電話、ホームページをご利用いただけます。申込書が届いたら必要事項を記入して保険会社宛てに返送しますが、場合によって本人確認書類(免許証や健康保険証のコピー)の同封を求められる場合があります。

この二つの方法から利用しやすいほうをお選びください。

契約者貸付制度のメリットを知ろう

メリットが大きすぎて他のカードローンとは比べ物にならない、という口コミを寄せる方もいるほど評判の高い生命保険の契約者貸付制度。

審査がないのでブラックリストにのってしまった場合でもご利用いただけるため、本当に急を要する場合には大変心強い味方になってくれます。制度の事を知らない方の中には、お金が必要なので保健を解約して解約返戻金を充当するという方もいるようですが、わざわざ解約しなくてもお金を借りることができる、これも大きなメリットと言えるでしょう。

もちろん手続きが簡単というのは言うまでもありません。ホームページ上から申し込むのも金額と口座番号を入力するだけ、たった数分で申し込みを終えることができます。時間を気にせず申し込めるのもいいですね。

契約者貸付制度のデメリットを知ろう

生命保険からお金を借りるわけですから、大きなメリットに目がくらむ気持ちもわかります。しかし、デメリットに関する情報も知ることで、デメリットを活かしたご利用ができる、これが契約者貸付制度なのです。


利用者の方々の意見を参考にしても特にデメリットがあるという声は聞こえてきません。ただし、ここに注意しましょう、という項目がいくつかありました。

・貸付制度を利用できるのは契約者本人だけです。保険契約者だけが保護利用いただけます。

・借りているお金と利息の合計が万が一、解約返戻金の額を超えてしまった場合、保険会社から連絡が来た日にちまでに通知された金額を振り込む必要があります。万が一振り込めなかった場合は保険そのものが解約になります。

・貸付の利率は保険会社によって違いがあるため、詳細は契約している保険会社に確認する必要があります。


・万が一、契約者が亡くなった場合、もしくは満期が来た場合、本来支払われるお金から、借りたお金と金利が引かれます。元々かえさなければいけないお金なので、元金+金利が引かれたお金が戻ってきます。

以上が注意点として知っておいたほうがいいと言われている事柄です。