カリナビ

キャッシングやカードローンでお金を借りるときの審査について知りたい

カリナビTOP | 一本化 | 審査基準
お気に入りに追加
お金を借りる審査基準

キャッシングやカードローンはなぜ審査が必要なのか

キャッシングやカードローンなどでお金を借りるとき、審査が必要になります。身分を証明すればすぐにお金を借りることができるというわけではありません。審査に通って初めて契約することができるのです。
しかし、この審査について、素人にはなかなか分からないことが多いようです。そのため、必要以上に不安になって、申し込みたいけれど申し込む勇気が無い、と諦めてしまう人もいるのだとか。
もしもお金を借りる予定があるのなら、予め審査に関するノウハウを知っておくといいかもしれません。余計な不安は今すぐ払拭しましょう。

何を基準に審査しているのか知りたい

お金を借りる審査基準をクリアして契約できるのは、どんな人たちなのでしょうか。
実は審査基準は大々的に公表されているわけではないため、これといった確かな基準というのはハッキリしていません。しかし、実際に審査が通った人の話、通らない人の話を照らし合わせてある程度わかっていることはいくつかあります。
一番は、安定した収入があることです。勤めている会社が大企業なら安定した職場とみなされて審査が通りやすいと言われています。また、その会社に何年勤務しているか、勤続年数が長ければ長いほど信用できるとみなされることになります。
お金を借りるということは、返済する必要があります。毎月決められた日にしっかり返済してくれる人かどうかを見極めるには、やはり安定した収入があることが最低条件になるのでしょう。

違いはあるの? 銀行のカードローンと大手消費者金融

なんとなくイメージ的に、お金を借りるとき、銀行のカードローンより大手消費者金融のほうが審査が通りやすいと捉えている方もいるようですが、本当のところはどうなのでしょうか。
結論から申し上げると、どちらか一方の審査が甘い、通りやすいということはないようです。ところが、銀行のカードローンを申し込んだときは断れたけれど消費者金融は審査が通った」という話が一人歩きをしているようで、
それが広まったことによって「消費者金融のほうが審査が甘い」というイメージが根付いたようです。そのことを結論付ける話として、消費者金融によって審査が通った、通らなかったという話もあるのです。
お金を借りるときの考え方として、「銀行だから」「消費者金融だから」という審査基準はない、と捉えていいでしょう。
銀行カードローンで借りるときの詳細

審査が通らなかったけれど何が原因だったのか

お金を借りるときに契約を申し込んだけれど審査が通らなかった、というケースがあります。このとき、なぜ自分は審査が通らなかったのか、その理由は教えてもらえません。
そのため、審査が通らない理由が分からないので別のところに申し込むのを躊躇するという方もいます。確かに、一度断られただけでなく、次も審査が通らなかったとなると気持ち的にも落ち込んでしまいます。
融資を受けるためにも、なぜ審査が通らなかったのか思い当たる原因を探ってみるといいかもしれません。
と言っても、審査が通らなかったときの基準が発表されているわけではないので、審査が通らなかった方々の「もしかしたらこれが原因かな」と思い当たることを今の自分の状況と照らし合わせていきましょう。
例えば、以前別のところでキャッシングをしていて、何度も支払いが滞ってしまったことがあったとします。これは信用がないとみなされる可能性が大きいので、次にキャッシングをするときに審査が通りにくくなります。場合によってはブラックリストに登録されているかもしれません。
実は、支払いが滞った経験があるというのは、審査が通らない最大の原因とも言われています。過去にそういう経験がなかったか、記憶をたどってみましょう。

審査が要らない業者、もしくは審査基準が甘い業者を知りたい

審査がない業者はあるのかどうか、お金を借りるときにちょっと気になる方もいるようです。
銀行のカードローンも、大手消費者金融のキャッシングも、審査がないところはありません。必ず審査が必要になります。お金を借りる人の個人情報だけでは、お金を借りることはできないのです。一定の審査をクリアした方だけが融資を受けることができます。
では、審査が甘いところはあるのでしょうか。銀行も消費者金融も審査が通りやすい、通りにくいということはないのですが、中には知名度が低い消費者金融、立ち上げたばかりの消費者金融というのは審査が甘いといわれています。
しかし、知名度が低い、立ち上げたばかりの業者に対して、少なからず不安が付きまといます。信用できる業者なのか、という店では疑問が残ります。審査が甘いからといって安易に申し込むことは控えたほうがよさそうです。

審査の前に知っておきたい「審査が通りやすくなるコツ」

お金を借りるために融資を受けるとき、審査が通りやすくなるコツを知っておくと役立つかもしれません。
申込をするときにいくら融資を受けるか、その金額によって審査が通るかどうか左右されるようです。決まった金額があるわけではないのですが、希望金額は少ないほうが審査は通りやすいとされています。
確かに、小額であれば毎月しっかり返済してくれると判断されやすいかもしれません。
それから些細なことですが、例えば申込書に記入する文字にも注意してみましょう。文字が綺麗とか汚いというのではなく、丁寧に書いているかどうかがカギになります。字はその人の性格を現すひとつとして判断材料にすることもあるようです。
そして、当たり前のことですが、記入事項はウソを書かないことです。ウソを書くことで信用が一切なくなってしまいます。個人情報はもちろんのこと、勤務先や収入、勤続年数なども正直に記入することが大切です。
融資を受ける際に、文字の書き方や書く内容によって、その人が誠実であるかどうか反映されることもある、と覚えておきましょう。

ブラックの人でも審査が通ることってあるの?

どうしてもお金が必要なので、融資を受けたい、お金を借りたいという場合、自分がブラックリストの場合はどうなのでしょうか。
ブラックリストに登録されてしまうと、信用情報として「この人は支払いを滞らせた過去がある」と残ってしまいます。そのような状況で、新たに融資をしてくれるところがあるでしょうか。
残念ながら、ブラックリストに載ると新たに融資を受けることは困難です。しかし、絶対に融資を受けられないということではなく、ある一定の基準を満たせば融資を受けることができる場合もあるようです。
それは、支払いが滞っている未払い分を完済する、もしくは債務整理をしている、という状況の場合は、融資を受けられる可能性は捨て切れません。まずは過去の未払い分がある場合はそれを綺麗に整理することから始めましょう。
そして融資を受ける時点で安定した収入があれ、ば融資を受けられる可能性が大きくなるようです。