カリナビ

スマホや携帯でお金借りる

カリナビTOP | 一本化 | 審査基準
お気に入りに追加
スマホでお金借りることはできる?

スマホでお金を借りるのは可能なの?

仕事でもプライベートでも、便利なツールとして身近なアイテムのひとつスマホ。いつでもどこでもネットにつなげることができるので、知りたい情報を調べるだけでなく、他の人と簡単にコミュニケーションをとることも可能です。

そんな便利なスマホですが、お金を借りたいときに使えるのでしょうか。

例えばカードローンやキャッシングはネットから申し込むことができるようになりました。しかしそれはパソコンだけの話なのか、それともスマホも可能なのか気になりますね。

急にまとまったお金が必要になる場面は突然やってきます。給料日まで間に合わない! そんなときに便利なカードローンやキャッシングを利用したいけれどパソコンを持ってないからスマホで申し込みたい、という方は少なくありません。

お金を借りる方法のひとつとしてスマホの利用は可能なのか、もしも可能なら必要になるものや審査のこと、メリットはデメリットを知りたいところですね。

スマホや携帯からカードローン申し込みは可能?

いつでも持ち歩ける便利なスマホ。お金を借りるときにも使えるのでしょうか。

カードローンやキャッシングは、直接店舗に出向かなくてもネット上から申し込むことができます。手続きは、店舗が営業してから営業が終わるまでの間になりますが、ネットがつながる状況なら365日24時間申込が可能ということですね。パソコンがあれば、いつでも申し込みは可能です。

これを踏まえて考えると、ネットのつながるスマホや携帯電話からなら申し込むことが可能ということになります。それぞれの会社のホームページにアクセスして、申込ページにアクセスして、必要事項を入力すればOKです。

スマホとパソコンの申し込みは審査結果が違うってホント?

お金を借りるときはいろいろ気になることが出てきます。スマホは手軽で便利ですが、便利だからこそ「本当にだいじょうぶ?」と心配になる方も多いのではないでしょうか。カードローンやキャッシングは、店頭だけでなくネットを介して申込が可能になりますが、パソコンとスマホでは違いがあるのか気になるところです。

結論から言うと、違いはありません。店頭での申し込みも、ネットを介しての申込も審査に影響することはないのです。そのため、パソコンでもスマホでも、同じようにネットを介して申し込むわけですから、審査結果に違いはないのです。

忙しくて店頭に出向けないけれど急にお金が必要になったので、出来れば急いでお金を借りる方法を知りたい、という場合にネットで契約する人が多いのは、パソコンでもスマホでも違いがないためです。

スマホで申し込むと不利になることがある?

店頭に出向いてお金を借りるよりも、なんとなく不利になることが多いようなイメージのあるスマホ。こんなに手軽に申し込めるの? 便利な分だけなにか不利になるようなことがあるんじゃないの? と気になるところです。

実際にスマホで申し込んだ場合、不利になることは何もありません。金利が高くなるとか、自分にとってマイナスになることはないのです。むしろ、スマホを使ってネットに接続することで簡単申込ができるだけでなく、マイページを持つことができるようになるため、ネット上で契約内容の確認ができるというプラス要素が生まれます。

便利に使えるから何か裏があるかもしれない、という心配は一切要りません。

申し込みの申告は携帯電話でもOK?

スマホを持っている人が多くなりましたが、携帯電話を持つことで自宅に固定電話が必要なくなったという方も増えてきました。たしかに、今は親しい友達や家族以外にも、会社の同僚たちとのやり取りも携帯電話で話すことが多くなりましたからね。

そこでひとつ気になることが出てきます。お金を借りるときに固定電話がないと不利になるのでは? ということです。この話は、かつて今のようにまだ一般的に携帯電話が普及する前に広まった話なんですね。固定電話があると住所がしっかりしているので信用されやすいということから、そういう話が聞こえてきました。

ところが今は携帯電話を持つことが当たり前の時代になり、固定電話がなくても生活に支障がないこと、携帯電話でも住所がはっきり分かることなどから、特に不利になることがない、申込に支障がないという時代になりました。ただし、中には、おまとめローンなどの場合は固定電話があることを必須にしている銀行もあるようです。

スマホで完結させると金利が高くなる?

お金を借りるときにスマホですべて手続きを済ませることができるのは大変便利です。店頭に出向く手間がないのは、忙しい現代人にとって何より助かります。

ところで、スマホで申込のすべてを完結させると金利が高くなるのでは? という声が聞こえてきますが、そんなことはありません。それぞれの業者の金利は、店頭で申込をしても、スマホや携帯、パソコンで申し込んでも一切違いはありません。

あくまでも借り入れた金額によって金利が決まっているため、申込方法の違いによって金利が高くなる、安くなるということはないのです。せっかくスマホが便利に使えるのに金利が高くなってしまったのでは、契約する人がいなくなるでしょうからね。

スマホで申し込んだとき必要になる書類とは

スマホを使ってお金を借りる手続きを進めていくときの一般的な流れについてご紹介していきましょう。

スマホで申込をした後は、すぐに仮審査に入ります。そのあと、本人確認のために電話が入ります。スマホで申し込んだときに申請した電話番号に電話がかかってきます。次に職場などに在籍確認が行われたあと、本人確認のための書類の提出が求められます。

店頭ではなくスマホで申し込んでいるので、この場合は免許証や健康保険証を郵送するか、もしくはスマホで撮った免許証などの写真をメールで転送するという方法があります。郵送の場合は業者に届くまで日数がかかるので、急ぎの場合はメールで添付するほうがスピーディーに手続きが進みます。このあと本審査が行われて、審査が通れば本契約となります。必要になる書類は、本人確認ができる免許証や健康保険証などです。

今すぐ借りたいときスマホが便利?

今すぐお金を借りるのに、なぜスマホがオススメなのか。それは何よりスピーディーに手続きが進められるからなんです。今のようにスマホや携帯電話が普及する前は、店頭もしくは郵送での手続きが当たり前でした。例えば郵送の場合は、申込書類が業者に届くまで日数がかかるのが普通ですね。そのため、どうしても今日中にお金を用意したいという場合は非常に難しい状況でした。

ところがスマホが普及したことで、ネットを介して申込ができるようになりました。業者の営業時間外でも、365日24時間申込が可能です。手続きは営業時間内に行われるので、もし夜遅い時間に申込をした場合は、翌日の朝一番で手続きが進められます。時間帯にもよりますが、業者の中には14時まで手続きを済ませると即日融資が可能というところもあるようです。

急ぎでお金を準備したいという場合は、スマホで申込を進めたほうがいいでしょう。

スマホで申し込むときはここに注意しよう

スマホがあれば365日24時間、好きなタイミングでお金を借りるための申込が可能になっています。急にお金が必要になったときでも、ネットさえ繋がればいつでも申込ができるのですから、便利で助かりますね。

だからこそ注意するポイントもいくつかあるようです。簡単に借りることができるからこそ、返済計画をしっかり立てる必要があります。お金を借りるということは、必ず返さなければいけないのです。一ヶ月に1度の給料で支払える金額はどのぐらいなのか、金利はどのぐらいで、完全返済するまでどのぐらいの期間が必要になるのかなど、申込前にしっかり計画を立てることで、月々の返済が苦しいという状況を作らずに済みます。

また、パソコンに比べると多少セキュリティーが弱い一面があるという話ですから、ウィルス対策ソフトを導入したり、できたら知名度のあるセキュリティがしっかり整っている業者に申込をするようにしましょう。

スマホでお金を借りる際のメリットとは

スマホでお金を借りるときのメリットをご紹介します。

やっぱり一番は申込がいつでもどこでも可能ということですね。自宅はもちろんのこと、例えば仕事中、急にお金が必要になった状況に陥ったとき、休憩時間や昼休みなどちょっとした合間を使って申し込むことができます。ネットに繋がる環境なら場所も時間も問いません。申込をしたあとはメールで返信が届くので、電話に出ることができない!と困ることもないんですね。

また、書類の提出が非常に簡単です。本人確認ができる身分証明書があればOKなんです。源泉徴収も収入証明書も必要ないのです。本人確認ができる免許証や健康保険証の写真をメールで送ればOK。とても簡単です。

さらに、業者によっては、ネットから申込をするとポイントがたまるサービスを提供しているところもありますし、ネットを介して振り込みキャッシング、ネット返済を利用しても手数料が一切かかりません。店頭以外の提携ATMを利用した場合、場所によっては手数料がかかるのでもったいないですからね。

スマホでお金を借りる際のデメリットとは

お金を借りるときのデメリットについても知っておくといいでしょう。

スマホを使ってお金を借りた場合、郵送を使わないので誰にもバレずに申し込むことができます。悪いことをしているわけではないものの、家族などにバレたくないという方は少なくありません。そこで、もしも郵送に困るという場合は、契約した店舗に直接書類を取りに行くようにあらかじめ知らせておくのもいいでしょう。また、業者によってはマイページで契約内容を確認することができるので、確認書類の郵送を拒否しておくことも可能のようです。

また、もうひとつのデメリットとして、急ぎでお金を借りたかったけれど時間が間に合わなくて翌日になってしまったという話もあります。即日融資が可能な業者は多いですが、銀行の手続きの関係上、平日の14時まで手続きを済ませる必要があります。

これらのデメリットは、メリットと比較してもそれほど気にならないことではないでしょうか。

スマホ完結ができる銀行カードローンを知りたい

スマホでお金を借りることが可能な銀行カードローン業者をいくつかご紹介します。

「じぶん銀行」
KDDIと三菱東京UFJ銀行が共同出資したインターネット銀行です。どちらも有名企業で実績があるので、どなたでも安心利用が可能です。年金利が1.7~17.4と利用限度額によって違いがありますが、auユーザーの場合は最大で0.5%優遇されます。

「スルガ銀行」
最短30分で契約が完了され、夕方までには即日融資が可能な業者です。最短1分のスピード回答。年金利は3.9~14.9%です。最高限度額は800万円まで。

「みずほ銀行」
継続して安定した収入がある方なら申込が可能な業者です。年金利が4.0~14.0%と、銀行カードローンの中では比較的低金利で利用できます。もちろん最短即日の利用が可能です。

「静岡銀行」
スマホですべて申込が可能で、なおかつ全国からの利用も可能です。初めて利用する場合は最大で45日間の利息キャッシュバックが魅力的ではないでしょうか。最短スピード審査は30分、即日融資が可能です。

スマホ完結ができるカードローンを知りたい

スマホでお金を借りることが可能なカードローンをご紹介します。

「プロミス」
三井住友銀行もしくはジャパンネット銀行の口座限定で、24時間最短10秒の振込みが可能です。来店不要で申し込めるだけでなく、急ぎの場合は1時間融資が可能という驚きのスピーディさが魅力です。

「プロミスレディースキャッシング」
女性向けのカードローンで、オペレーターもすべて女性。継続して安定した収入があれば、正社員ではなくともパートや派遣社員でも申込が可能です。ネット上でのやりとりになるため、郵便物が自宅に郵送されることがありません。

「アコム」
申込当日即日融資が可能です。また、自動契約機を使って申し込む場合は22時まで申込が可能です。融資額は1万円~800万円まで。公式サイトの3秒診断で借り入れ可能かどうかチェックすることができます。

「アイフル」
審査は最短30分。公式サイトから、融資が可能かどうか1秒診断を利用することができます。カードは自宅で受け取るほか、全国にあるアイフルの「てまいらず」に来店することで、誰にもバレずにカードを受け取ることができます。「てまいらず」とは、無人契約でんわBOXです。