カリナビ

専業主婦がお金借りる際のことを徹底調査

カリナビTOP | 一本化 | 審査基準
お気に入りに追加
専業主婦がお金借りる際のことを徹底調査

主婦がお金を借りる方法を知っておきたい

家計を守る主婦だから、いざというときお金を借りる方法を事前に知っておけきたいものですよね。お金が必要になるときは突然やってきます。お金を借りる方法を知っていれば、その時になって慌てることもありません。特に家族を持っていると親戚づきあいなどもあるので、冠婚葬祭で急な出費に頭を悩ませる場面もしばしば。でも、専業主婦ともなればお金が無いことを夫や家族には言い出しにくいものです。
そんな時に知っておきたいのが、主婦がお金を借りる方法です。「カードローンやキャッシングは主婦でも利用できる?」、「専業主婦だけどお金を借りる条件を知りたい」など、気になることは山ほどあります。「収入が無くてもいくらぐらいなら借りることができるのか」、「審査が厳しいと困ってしまう」、「できれば夫に知られたくない」など、心配事もたくさんあります。
急にお金が必要になって慌てる前に、今のうちに主婦がお金を借りる方法を確認しておきましょう。

主婦がカードローンやキャッシングでお金を借りる条件って何?

「主婦なのにお金を借りることって可能なのかな?」、「専業主婦だと無職だから返済能力がないって見られてしまうのかな?」、と主婦のお金に関する心配事は尽きません。でも、毎月家計のやりくりが大変だと貯金をする余裕も無いですよね。生活費が足りない時に、「少しで良いからお金が借りれたら…」と思うことも少なくありません。
でも大丈夫!主婦でもお金を借りることはできます。時短のパートでもいいのでしていればもっと条件は良くなります。例え少しであっても、パートで毎月お給料をもらっていればそれは「安定した収入」と認めてもらえます。これで融資可能な条件のひとつをクリアしたことになりますね。
でも気になるのが、パートもしていない専業主婦の場合です。専業主婦はお給料をもらう仕事ではないので、金融機関での扱いは残念ながら無職となってしまいます。つまり、無収入ということになり、条件をクリアしていないように思われます。でも、専業主婦であっても夫に安定した収入がある場合はお金を借りれます。無職なのにカードローンもキャッシングも利用できる条件をクリアしたことになるのです。
ただし消費者金融でお金を借りる場合は注意が必要です。消費者金融は総量規制の対象になっているので、夫の年収の1/3までしかお金を借りることができません。すでに夫が別のところから年収の1/3を借入している場合は条件をクリアしていないとみなされます。そうすると残念ながら消費者金融からお金を借りることはできなくなります。その場合は銀行のカードローンで借りましょう。銀行の場合は総量規制の対象になりません。つまり、消費者金融が駄目でも銀行はOKになることもあるのです。

配偶者貸付について理解しておこう!

専業主婦でもお金を借りることができるのは何ででしょうか?なぜ収入がない専業主婦でも審査条件をクリアできるのかというと「配偶者貸付」があるからなのです。配偶者貸付というのは、申込者(専業主婦)に収入がなくても配偶者(夫)に安定した収入が認められれば、その収入を元に審査をしますよ、というものです。
専業主婦にとって非常にありがたい配偶者貸付ですが、どの金融機関も配偶者貸付をしてくれるわけではありません。プロミスやアコムなどの貸金業者では専業主婦がお金が借りれません。これは総量規制が関係していて、業者は年収の1/3以上は貸し出せないためです。専業主婦は年収も0ですので、そもそも貸し出せるお金が無いのです。
ですので、専業主婦がプロミスやアコムでお金を借りることはできないのです。どうしてもお金を借りたい場合には、銀行のカードローンを利用するか、借入する業者が「配偶者貸付」に対応しているかどうかをチェックしましょう。ただし、この時あまり知名度のない業者や実績がほとんどないような貸金業者からは借りないようにしましょう。悪質業者である可能性が捨てきれませんので、避けたほうがいいかもしれません。

主婦がお金を借りるときに準備しておくべき書類

主婦でも金を借りることができることを知れただけでも、随分気持ちが楽になったのではないでしょうか。お金が足りなくてどうしようもない状況を打破するために、カードローンやキャッシングは心強い味方になってくれます。
専業主婦がお金を借りる方法をもう少し掘り下げてみましょう。収入がない専業主婦がカードローンの申し込みをする場合、申し込みに必要な書類が少々違うようです。どんな書類を用意すれば良いのか見てみましょう。
・住民票や戸籍妙本
本人確認の為に必要になります。申し込みをする本人(専業主婦)と配偶者(夫)の関係性が本当かどうかを確かめる手段でもあります。婚姻届を出していない、いわゆる「事実婚」の場合は、「見届」の記載があればOKです。
・収入証明(配偶者のもの)
借入する金額によっては必要になります。
・同意書
配偶者の同意書が必要です。お金を借りる契約に納得していること、配偶者自身の信用情報を提供すること、これらに同意する内容が記載してあるものです。
これらは消費者金融からお金を借りるときに必要な書類です。銀行のカードローンの場合は総量規制対象外のため配偶者の同意書や収入証明書が不要になります。消費者金融と銀行のカードローンの貸し付け条件やサービス内容を比較して、借入しやすい方法を選ぶといいかもしれませんね。

専業主婦はやっぱり審査が厳しくなる?

専業主婦がお金を借りようとローンの申し込みをしても、審査ではあなたを基準に審査をするわけではありません。配偶者貸付に同意している旦那さんやパートナーの審査を行います。配偶者が正社員で安定した年収がある場合には、お金を借りたい人が専業主婦であっても審査には通りやすくなります。
重要なのは、安定した収入があることと(専業主婦の場合は配偶者に)、これまでお金を借りたことでトラブルがなかったかどうか(支払いが遅れたなど)、これらが基本になるので「専業主婦だから審査が厳しい」ということはありません。
もしも審査に通らないことが多いという場合は、専業主婦だからという理由ではなく、他になにか理由があると考えたほうがいいかもしれません。これまでなんの金銭トラブルもなく、配偶者にも問題がない場合は、必要以上に審査に対して神経質にならなくて大丈夫でしょう。
パートをしている兼業主婦であれば、そのパート先で何年働いているか、毎月いくらの給料が振り込まれているかが審査で重視されます。

専業主婦の借りれるお金の限度額はいくら?

専業主婦がどのぐらいまでお金を借りることができるのか、これも気になるところです。いくら夫やパートナーが安定した収入があるといっても、契約するのは専業主婦である自分なわけだから、きっとそれほどたくさん借りるのは無理かな、と心配になりますね。
専業主婦がお金を借りる場合の限度額ですが、借りる業者によって様々です。そのため各業者の限度額を比較するのが一番いいのですが、平均的に見ると上限の相場は30万円ぐらいです。多くて50万円までならOKという業者もあります。
30万~50万円あれば、生活費が足りないなどの急な出費でも十分間に合うのではないでしょうか。専業主婦がお金を借りる理由として多いのが「生活費の足しにすること」です。足りない生活費が30万円以上ある事自体が珍しいので、この程度の限度額となっているようです。
今すぐにお金が必要な場合はもちろんですが、急な出費で「即日借りたい」などと思った時のための予備知識として、専業主婦がいくらぐらいまでお金を借りられるのか知っておくだけでも安心ですね。

家族や旦那にバレずにお金を借りる方法

悪いことにお金を使うわけではないけれど、業者からお金を借りることにどうしても後ろめたさを覚えてしまいます。お金を借りることを旦那にバレたくないなら、専業主婦として申し込む際に収入がある配偶者の同意書が必要となる消費者金融は難しいかもしれません。
間違っても配偶者になりすまして同意書を書くようなことは絶対にやめましょう。これは「私文書偽造」という罪に当たります。犯罪なのです。
旦那にバレたくないから同意書を提出するのは無理、という場合は総量規制対象外の銀行カードローンを利用するのがおすすめです。銀行カードローンは総量規制対象外なので、収入の1/3以上貸付はできないという条件がありません。なので旦那の収入証明を提出する必要がありません。同意書も必要ないのです。
もちろん、各銀行によってお金を貸し出しする場合の条件がありますので、それらの条件をクリアできるかどうか必ず下調べをしておきましょう。専業主婦への貸出条件は各銀行のホームページで確認することができます。もし記載がなく不安であれば、実際に銀行に電話をして聞いてみましょう。

専業主婦が毎月しっかり返済するためには

専業主婦がお金を借りるということは、旦那の収入の中から返済していくことになります。返済日に関しては、配偶者の給料日に合わせて設定するといいでしょう。
それから、やはり自分の収入から返済するわけではないので少しでも負担を減らしたいと考える方がほとんどです。金利を比較して出来るだけ低金利のところを選ぶといいでしょう。たった数パーセントの差かもしれませんが、これを毎月支払っていくことを考えると、金利はバカにできません。
後は毎月いくらずつ返済していくかですが、月々の支払いが低ければ低いほど支払い期間が長くなります。長くなるということはそれだけ支払い利息の総額が多くなります。少しでも利息の総額を減らすためには返済期間を短くする必要があるため、月々の返済額を少し多めに設定する必要がでてきます。
だからといって生活に困るほど返済額を多くしたのではお金を借りた意味がなくなります。どの程度なら返済できるか、収入に見合った返済額を算出すれば問題ないでしょう。

専業主婦がお金を借りる理由

専業主婦がお金を借りるというとどうしても悪く言う人がいます。でも、家計をやりくりする主婦だからこそお金が必要になるのです。他の主婦の方は、どんな場面でお金を借りるのでしょうか?主婦がお金を借りる理由をまとめてみました。
最も多くの理由は「生活費が足りなくなったためお金を借りる」というケースです。旦那の収入だけでは冠婚葬祭などのとっさの時にお金が足りないという主婦が多いようです。そんな時にカードローンでお金を借りたいと思うようです。
また、専業主婦の場合、「子供の教育費として予想以上にお金がかかる」という場面が多いと言われています。スポーツクラブや部活動、これに加えて塾に通うとなれば月々大変なお金が飛んでいきます。部活動などは遠征や合宿があるので、その都度部費以外の金が必要になるのです。専業主婦なら旦那さんに言い出しづらいので、こっそりバレずにお金を借りたいですよね。
その他の理由の中で多いのは、驚くことに「ギャンブル」というケースもあります。一度のめりこんでしまうと、負けた分を取り戻そうとして借金を重ねるという専業主婦もいるのです。これがきっかけとなり離婚に至ったという話もあるぐらいです。
ギャンブルを理由にお金を借りた場合、ギャンブル癖と同じように借金癖がつく傾向があります。自滅する前に、誰かに話を聞いてもらってギャンブルから離れた生活を送るよう努力が必要でしょう。

もしも家族や旦那に借金がバレたときの言い訳

絶対に配偶者にお金を借りたことをバレたくない、と神経質なほど気を使っていたのにバレてしまった!という状況がきたら、そのとき自分はどうしたらいいのか、どんな言い訳なら穏便に話をおさめられるのか、頭の中でシミュレーションしたことがある方も多いのでは?もしも旦那にお金を借りていることがバレたら、どんな言い訳が有効なのかをまとめてみました。
最も有効なのが「言い訳をしないこと」です。贅沢をするためにお金を借りるのではないのですから、専業主婦としてやりくりをしていながらどうしても生活費が足りなったことを正直に話すのが一番いいそうです。あれこれウソをつくとかえって信用を失います。
配偶者にしてみれば、自分の収入でやりくりできなかったのかという申し訳ない気持ちがあるそうで、その上ウソをつかれてしまったのでは立場がありません。お金の話はあまりしたくないものですが、夫婦間でじっくり話し合うのがいいかもしれません。旦那さんも、生活費が足りないならお金を借りる前に相談してほしかったと思っているはずです。
バレずに完済できるのが一番いいのかもしれませんが、万が一途中でバレるようなことがあったときは、「なぜそのときお金が必要だったのか」、「どうしてお金を借りる状態に陥ってしまったのか」、そのときの状況をしっかり正直に話すことを覚悟しておいたほうがいいでしょう。
ちょっと大げさに聞こえてしまいますが、相手を思うあまりにとっさにウソをついてしまうこともありますので、「もしもバレてしまったら」という状況が来るかもしれない、と想定しておくことをお勧めします。

主婦がパートにでたらお金を借りれる?

専業主婦がパートとして働き出したとき、専業主婦というくくりではなく主婦というくくりになります。そのため、安定した収入を得ている状況は正社員と同じとみなされます。お金を借りるときも、正社員と同じように「安定した収入がある人」と判定してくれるので、申込者も自分、収入源も自分として申告できます。
ただし、「安定した収入」となっているため、働いてすぐに申し込んだ場合は却下されることがほとんどです。「毎月最低でも1度はお金が振り込まれている」状況が続いていることが最低条件です。
でも、そうはいってもお金が必要な状況はいつ訪れるかわかりませんよね。働いてすぐに必要になる可能性もあるのです。むしろ、お金を借りるためにパートで働き始めたという人もいるのではないでしょうか?そんな時は、主婦がすぐにお金を借りる方法があります。
どうしても即日お金を借りたい場合、申し込みをする際の利用限度額を、できるだけ低く申告してみましょう。低くしたから必ず通るというわけではありませんが、利用額を10万円以下にすれば審査が通りやすいと言われています。
パートとして働き出してすぐにお金が必要になったら、利用額を低く申告して申し込む、これを試してみてください。
パートがお金借りるときの詳細

主婦が安心してお金を借りるために

専業主婦でも安心してお金を借りる方法は、誰だって気になります。旦那や家族にバレず、即日お金を借りることができれば苦労はありません。でも、お金を借りたら月々返済していくわけで、その業者と長い付き合いになります。どんなに金利が低くても申し込んだときの対応が悪かったとなれば、なんとなく気持ちも沈んでしまいます。どんなにサービスが良くても、よく調べてみたら利息が高くて驚いたと後悔することもあるでしょう。
そこで、焦る気持ちを抑えて一度落ち着き、安心してお金を借りるためにしっかり下調べをしましょう。今すぐにお金が欲しい状況であっても、今はインターネットを使えば色んな情報を瞬時に集めることができます。
・有名で知名度が高いところ
・金利が低いところ
・返済や借入が簡単に出来るようカードを利用できるATMが近所にあること
・対応が丁寧なところ
お金を借りる前に、最低でもこれらは事前に確認しておいて、これらの条件が当てはまる業者を選ぶことをおすすめします。急いでいるときこそ、少し冷静になって物事をしっかり判断できる状態を作るために、情報収集に時間を割いてください。

公的機関の融資制度を利用してお金を借りたい

専業主婦が公的機関の融資制度を利用してお金を借りることもできます。例えば育児休暇の間は公的機関がお金を貸してくれる制度が活用できます。この期間は仕事をしていないので収入が激減します。子供を育てるのにはとてもお金がかかるので、収入が減るのは一大事。公的機関から給付を受けることができる手当てとして、
・雇用保険から育児休業給付金を受給できる
・健康保険から出産手当金や出産育児一時金を受給できる
・平成26年4月以降から社会保険料免除制度が適用された(産前産後休業期間)
これでだいぶ助かりますが、それでもお金が足りなくなったとき、公的機関「育児・介護休業者生活資金融資制度」を利用しましょう。借入可能な条件とは、
・県内に暮らしている方、県内で勤務している方(この場合同じ職場で1年以上働いていることが条件)
・育児休業もしくは介護休業を取得している方
自治体ごとに多少条件が違ってくるので、詳細は各自治体にご確認ください。
それからお子さんがいるご家庭で利用できる公的機関の融資制度に「国の教育ローン」があります。公的機関の融資制度はこんな利点があります。
・返済期間が長く設けられている
・金利が低い
というメリットがあるため、お子さんが居るご家庭でお金を借りたい場合は是非申し込んでみてください。お子さん一人につき300万円以内までなら借りることができるので、入学のときにお金が必要な場合は大変助かります。もちろん在学中に必要な教育費として借りることもできます。