お金を借りる理由と言い訳

お気に入りに追加
カリナビ
お金を借りる理由は何がいい?

適した言い訳があるのか知りたい

お金が必要になる理由は人それぞれです。そのため、お金を借りるときにどんな言い訳をするか、正直に話したほうがいいのか、それとも別の言い訳を考えたほうがいいのか、悩む方も多いようです。

借りる相手が銀行だったらどんな理由が適しているのでしょうか?そしてそれが友達だったら、親だったら…。借りる相手によって適した理由があれば知りたい、そんな人のためにパターン別に適した言い訳を紹介します。


お金を借りる理由は案外大切で、重要なカギになると言われています。相手に誠意を見せるためにも、適した言い訳があるのかどうか知っておくといいかもしれません。
言い訳をしなくてよいお金を借りる方法を探す


言い訳や理由によく使われている言葉

お金を借りなければいけない状況は色々あります。多くの場合、その理由がそのまま相手に対する言い訳となるようです。中でも多く使われる言い訳は以下の3パターン。

よくあるお金が必要な理由3つ
1.財布を落としてしまった
2.冠婚葬祭が重なった
3.買いたいものがある

1.財布を落としてしまった

身近な言い訳としてよくあるのが、「財布を落としてしまって手元に一円もなくなってしまった」というケース。

仕事に行く途中で財布を落としたらしく、その日の昼食代が一円も無いという場合は会社の同僚にお金を借りるという方法が一番手っ取り早い方法ではないでしょうか。この場合は借りるお金の金額もそれほど高くないため、これといって言い訳に気を使うことはないでしょう。現実にあったことをそのまま伝えればいいだけです。

しかしキャッシュカードやクレジットカードも含めて財布を落としてしまった場合、生活費自体を誰かに借りる必要があります。そうなると額も大きくなるため、相手によっては貸してくれない可能性があります。
国の緊急小口資金制度を活用してお金を借りる方法も検討しましょう。

2.冠婚葬祭が重なった

借りたいお金がもう少し高額になると、理由を考えるのもなかなか難しくなります。例えば冠婚葬祭が重なったため必要以上に出費が重なってしまったという場合は、少々まとまったお金が必要です。

何にいくらお金が必要になったと正直に理由を話すことで、相手にとって「無駄遣いしすぎたわけではない」ということをわかってもらう必要があります。

他にも、知り合いの保証人になってしまってまとまったお金が必要になった場合、借りるお金も高額になることが多いですね。理由が理由なので自業自得と取られて断られる可能性も十分あるでしょう。

3.買いたいものがある

例えば車やマイホームといった高額な買い物をする時、銀行は金利があるため非常に高額な利息を支払うことになります。そんな時に頼りたいのが親や親戚ですね。
そんな時は正直に理由を話し「どうしてそれが今欲しいのか」というプレゼンをする必要があります。お金を貸してくれる人の理解と協力が得られる理由を考えることが重要です。

このように、どんな状況に陥ってお金が必要になったのか、それによって言い訳や理由も様々なのです。

銀行のカードローンを申し込むときに適した理由とは

銀行カードローンを申し込むとき、融資を受けたお金を何に使うのか使用目的を伝えます。このとき、どんな理由、言い訳なら審査が通りやすいのか気になるところです。フリーローンなら申込み目的別にプランが用意されているため、理由は大体銀行が推測してくれます。

実際、銀行のフリーローンには様々なプランが用意されています。目的別にローンを用意しているので、住宅ローンならマイホームを購入するため、教育ローンならお子さんのため、自動車ローンならマイカー購入のため、それぞれ理由に合ったローンがあります。

気になるのはカードローンです。特に目的が定められていないため、どんな理由なら審査が通りやすいのか気になるものなのです。実際に申し込む際に多い理由が、海外旅行・国内旅行でまとまったお金が必要、冷蔵庫やエアコン、テレビなどの大型電化製品を買うため、引越しを機に家具を新調するためなど色々あるようです。

審査に通るためのポイントは「年収から考えたら妥当な借入金額かどうか」という点。十分返済可能な額を申し込めば、銀行もお金が必要な理由を根掘り葉掘り聞いてくることはありません。

お金を借りるときにウソをついても大丈夫?

お金を借りるための理由は、ケースによっては正直に言いたくないという場合もあるでしょう。そんな時は言い訳に頼りがちになりますが、ウソをついたらどうなるでしょう。

例えばその月、少々無駄遣いをしてしまって次の給料までの生活費が苦しい場合など、自業自得とも言われてしまいます。そんな場合は、その理由を正直に言えずとっさにウソをついてしまったという場合もあります。

本当は贅沢をしてしまったために生活費がないという場合でも、冠婚葬祭が重なったため生活費がきついと申告しても問題はありません。

そもそも銀行カードローンであればお金を借りる理由を聞かれないので特にウソをつく必要はありません。しかし相手が友人や家族だった場合、ウソがバレると心証が悪いのでおすすめはできません。

このように、お金を借りる相手によって言い訳や理由を考えるというのは非常に大切です。そこで次章からは、お金を借りたい相手別にどんな理由や言い訳が適しているか紹介していきます。

 

友人にお金を借りるときに適した理由、言い訳とは

お金を借りる相手として選ばれやすいのが友達です。気心知れた仲だからこそ、ピンチのときに頼りやすいのかもしれません。

そうは言っても、お金を借りるということは信用問題ですから、これがきっかけで友情にヒビが入ったら大変です。そのためにも、お金を借りるときに適した理由を知っておきましょう。

友達に対する適した理由は「お金が必要な理由を正直に話す」こと。どこの誰だか分からない相手にお金を貸すわけではないので、お金が必要になってしまった理由を正直に伝えたほうがいいという意見が多いようです。友達だからこそ正直に話して欲しいという貸す側の声もあるぐらいです。

こうした点からも、下手な言い訳は必要ないのかもしれません。

「今月ピンチだから来月までの生活費をなんとかお願い!」

「結婚式に参列するんだけど給料前でご祝儀分を借りたいんだ!」

こんな理由が適しているようです。もちろん、借りたからには約束した日に必ずお金を返す約束は必ず守らなければいけません。お金の貸し借りで友情が破綻したという話はいくらでもあります。

理由はどうであれ貸したお金は必ず返すヤツなんだ、と信じてお金を貸してくれた友達を裏切ることの無いようにしましょう。

 

恋人にお金を借りるときに適した理由・言い訳とは

どうしてもお金に困っているけれど友達に相談するのは気が引けるという場合、心の底から信頼している恋人になら正直に話せる場合があります。

恋人からお金を借りる時、どんな理由なら快くお金を貸してもらえるでしょうか。どんな言い訳なら誠意が伝わるか気になります。

恋人にお金を借りる理由を考える時重要なのが、「相手の立場になって考えてみる」こと。もしも恋人がお金に困っていた場合、どんな理由なら納得できますか?どんな言い訳なら信用できますか?

実は相手が恋人の場合、どんな理由でもどんな言い訳でも状況によってはお金を快く貸すという方が多いようです。これは相手を信用している証です。だからこそ、下手にウソをつくと、お金が必要になってしまった状況よりもウソをついたことにガッカリする方が多いのです。

もちろん、ギャンブルにおぼれて借りたお金をまたギャンブルに使うような場合は、さすがに恋人でも呆れられてしまうでしょう。だからといってウソをついて借りたお金を黙ってギャンブルに費やしてもすぐにバレてしまいます。

知らぬは本人ばかりなり、というわけです。「困っている相手をなんとかして支えてあげたい」という気持ちでお金を貸してくれる人に対して、どんな態度をとればいいのかはカンタンです。正直に理由を話し、誠意の限りを尽くしましょう。大切な恋人を失わないよう気をつけましょう。

 

親にお金を借りるときに適した理由・言い訳とは

もしも学生の場合、1人暮らしで大学に通いながらアルバイトをしていて、それでもどうしてもお金が足りなくなったとき、頼るところは親しかいないという状況に陥ります。

親からお金を借りるとき、どんな理由なら親は納得してくれるでしょうか。下手ないい訳だとすぐにウソだとばれてしまうでしょう。親にウソをつくことは、ウソがばれることよりもウソをついたことによる罪悪感のほうが大きいようです。

学生の場合はいくらアルバイトをするといっても限度があります。本業は勉強ですから、どうしても切羽詰ったときは「食費が底をついた」、「光熱費を払う余裕が無い」、「ほしい参考書があるけれどお金が足りない」、などの理由なら親も納得するようです。

もしも子持ちの場合、自分の子供から見ればお爺ちゃんお婆ちゃんです。子供には何かとお金がかかることも両親は知っています。「入学準備にお金が足りない」、「修学旅行でまとまったお金が必要」などの理由なら「子供より孫が可愛い」と口を揃えて言うお爺ちゃんお婆ちゃんなら「孫のため」とお金を貸してくれることでしょう。

どのような状況であっても、両親には正直に状況を伝えるのが一番です。→親にお金を借りる方法

まとめ

ここまで、お金を借りる相手別に適した言い訳を紹介してきました。最後に重要なポイントを確認しておきましょう。

・よくある理由は「生活費」「急な出費が重なった」など
・少額であれば理由は重要ではなく、高額になるほど大事になる
・友達、恋人、家族の誰であってもウソの理由はNG
・お金が足りない理由を正直に話すことが重要
・カードローンなら理由を話さなくてもお金を借りられる

当たり前のことですが、お金を借りる際には必ず理由があります。欲しいものがあるなら「本当にそれが今必要な理由」、生活費が足りないなら「生活費が足りなくなってしまった理由」と、それぞれに必ず原因があります。
ウソをつかずにきちんとこれらを話し、相手に納得してもらうことが重要です。ウソがバレると、ウソをつかれたという不信感が募り今後の関係にヒビが入ります。なんとかして助けてあげたいと考える人だけは裏切らないようにしましょう。
最後に、どうしても理由を話したくない人はカードローンの利用をおすすめします。カードローンなら借り入れ理由をしつこく聞いてくることはないので、必要な額だけを自由に借り入れることができます。自分の置かれた立場からどの方法がピッタリなのかを考え、賢くお金を借りましょう。