三井住友銀行からお金借りるのは安心?

お気に入りに追加
カリナビ
三井住友銀行カードローンでお金借りる

三井住銀行カードローンの仕組みを知ろう

急にお金が必要な時、頼りになるのがカードローンです。カードローンがあれば、お金を借りたいときにすぐに借りることができる、そんな便利な時代になりました。

とはいえ事前に申し込んでカードを持っていることが大前提。もしも三井住友銀行のカードローンを申し込みたいのであれば、申込の前にある程度仕組みを知っておくのがオススメです。

  • ・審査って難しいの?
  • ・申し込み方法を知っておきたい
  • ・お金を借りたいときにすぐ借りることはできるの?
  • ・返済方法が気になる・・・

この記事は、そんな疑問が全て解決します。これから契約しようとしているカードローンが、自分の理想に合っているのかどうか事前に知っておけば、快適な生活を送ることができるでしょう。この機会に、三井住友銀行のカードローンの仕組みをチェックしていきましょう。

三井住友銀行カードローンの概要

【限度額】10万円〜800万円
【金利】年4.0%〜14.5%



三井住友銀行のカードローンといえば、「口座がなくても大丈夫」のCMで話題です。CMの通り、三井住友銀行に普通口座を持っていなくても申し込みが可能な点が特徴です。金利は4.0%〜14.5%で、限度額は最高800万円までとなっています。
申し込みはPC、スマホを使えばインターネット申込みが可能で、既に三井住友銀行に口座を持っているのであればインターネットバンキング(SMBCダイレクト)からも申込みができます。もちろん、電話やメールや窓口での申込みもできるので安心です。ローン契約機を使えば土日祝日でもカードローンの申込みができる点も特徴です。
申込み条件は20歳〜69歳以下の方で、原則として安定した収入がある事が必須です。年収の制限は設けられていません。正社員である必要もないので、アルバイトやパートの方でも申込可能です。また、保証会社である

三井住友銀行でお金を借りるなら、まずは金利について知っておきましょう。お金を借りる前に知っておくといい情報のひとつが「金利」です。お金を借りたら、返済には借りたお金だけでなく、元金に応じた利息も返済しなければいけません。
三井住友銀行のカードローンは、限度額によって金利が変わる方式を採用しています。一体どれだけの金利が発生するのか確認していきましょう。

カードローン金利

  • 100万円以下 年12.0~14.5%
  • 100万円超~200万円以下 年10.0~12.0%
  • 200万円超~300万円以下 年8.0~10.0%
  • 300万円超~400万円以下 年7.0~8.0%
  • 400万円超~500万円以下 年6.0~7.0%
  • 500万円超~600万円以下 年5.0~6.0%
  • 600万円超~700万円以下 年4.5~5.0%
  • 700万円超~800万円以下 年4.0~4.5%

金利はこのように決まっています。自分がいくら借りたらどれくらいの金利なのかを確認しておきましょう。三井住友銀行ではこの範囲内で、審査によって正式な金利が決定します。しかし、上限金利で借りることを想定してシミュレーションしておけば、実際お金を借りた時に金利が安くなれば余裕を持った返済が可能です。そういう意味でも、借入額に対する金利は事前にチェックしておく事が重要なのです。

ちなみに、限度額は最高で800万円まで借りることができます。借入希望額は10万円単位で申込することが可能です。

次章では、自分が一体いくら借りられるのかの参考になる、総量規制との関係について紹介します。

気になる三井住友銀行カードローンの総量規制について

自分が借りられる金額に大きな影響を与えるのが、「総量規制」というもの。
総量規制とは国が定めた賃金業法のひとつで、年収の1/3以上はお金を貸さないという法律です。これは消費者金融業界の場合に規制対象となりますが、銀行は総量規制対象外となります。
つまり、三井住友は銀行なのでお金を借りる際の総量規制対象外となります。つまり、収入に関係なくお金を借りることができるのです。

総量規制対象外の銀行でも自主規制がある

だからといって、収入に見合わない借り入れができるとは限りません。三井住友銀行にも独自の審査基準というものがありますので、その審査によって限度額が決まります。一般的には最大で年収の半分程度と言われています。審査は年々厳しくなっているので、お金を借りる際は返済のことも頭に入れて考えましょう。どのぐらい借りれば返済に苦労せずに生活が成り立つかを考えて、借入額を見定ることが大事です。

申込方法や必要書類を事前に知りたい

三井住友銀行カードローンの申込み方法は3つ。自分にとって一番簡単で楽なものを選ぶと良いでしょう。ここでは3つの申込み方法を紹介していきます。


1.PC・スマートフォンから

最も便利でオススメなのが、PCやスマートフォンを使ったネット申し込みです。後述する必要書類はWEBにアップロードすれば提出が完了します。すでに三井住友銀行に口座を持っていれば、審査通過後はいつものキャッシュカードでお金を借りることが可能。手軽さとスピード感のバランスがとれた方法です。

2.ローン契約機

全国の三井住友銀行の支店内に、ローン契約機というものが設置されています。無人の自動契約機で、画面の指示に従って必要書類を提出します。ローンカードがその場で発行されるので、その日は一旦受け取って帰宅します。
翌営業日以降に審査結果が電話またはメールでお知らせされるので、無事に審査通過していた場合は受け取ったローンカードでお金を借りることができます。

3.電話

PC・スマホやローン契約機の操作方法がわからないという人のために、電話での申込みも用意されています。オペレーターの指示に従って申込み手続きや必要書類を提出し、審査結果を待ちます。無事に審査通過したらローン契約機または郵送でローンカードを受け取り、お金を借りることが可能になります。


以上が3つの申込み方法です。提出しなければいけない書類にはどんなものがあるのか、必要書類を確認しておきましょう。

必要書類について

カードローン申込みに必要になる書類として、以下のものが挙げられます。

・本人確認のための書類、運転免許証、健康保険証、パスポートなど
・年収を確認出来る書類、源泉徴収票や給与明細など

これらを事前に用意してから申し込みましょう。年収が確認できる書類に関しては、申込みが50万円を超える場合に必要となります。
ちなみに申し込み条件として以下の3点が定められているので、条件を満たしていることが前提です。

1.安定した収入がある方
2.申し込み時点で満20歳以上、満65歳以下の方
3.三井住友銀行が指定する保証会社の保証を受けることができる方

上記3つを満たしていないと申込みをしても審査が通過することはないので気をつけましょう。→必要になる書類についてさらに詳しく

三井住友銀行カードローンの審査基準は?

金利や限度額、利用条件が分かったところで気になるのが審査基準です。審査に通らなければどんなに魅力的なカードローンでも利用することができません。三井住友銀行カードローンの審査はどうなのでしょうか?

審査に通過するためのカギは以下の4つです。

1.年収
2.勤務先や勤続年数
3.他社借入状況
4.個人信用情報機関の情報

これらを踏まえて、三井住友銀行カードローンは契約の際にどんな審査を行っているのか確認していきましょう。


審査は甘い?厳しい?

銀行系のカードローンは審査が厳しいという声が多いようですが、実際に利用している方の口コミによると、それほど審査が厳しいわけではないようです。

審査に関して、実は厳しいや甘いといった評価はありません。各金融業者が提示している条件を満たしているかどうかだけの話なのです。その指標として、上記に挙げた4つのポイントがあるのです。

年収と勤続年数について

年収は多い方が審査で有利ですが、それだけではありません。「安定した収入があることと」の方が重要と言われており、「毎月1回以上給与の振り込みがされている」という状態がベストなのです。つまり、金額の大小ではなく毎月給料をもらっているかどうかが焦点となります。それに加えて、勤続年数が長かったり、年収が多かったりすれば、さらに審査にとっては有利となるというイメージです。

他社借入状況

他にも、他社借入状況も審査では必ずチェックされます。他社からいくら借りているかという情報は、

お金は借りる時のことだけではなく、返済のことも事前にチェックしましょう。返済方法が不便だと、思わぬミスが起こることがあります。例えば返済日を忘れたりすると、金融事故が起きてしまう可能性があるのです。ここでは三井住友銀行カードローンの返済方法をまとめています。

三井住友銀行カードローンの返済方法は以下の3種類です。

  • 1.ATMでの返済
  • 2.振り込みでの返済
  • 3.口座振替での返済

この中でも、ATMでの返済が最も手軽で便利です。これはローン専用カードで返済する方法ですが、ATMを設置しているのは以下のコンビニなどです。

  • 三井住友銀行本店、支店のATM
  • ローソンなどに設置してあるローソンATM
  • セブンイレブンなどに設置してあるセブン銀行ATM
  • ファミリーマートなどに設置してあるイーネットATM
  • ゆうちょ銀行のATM

返済はこれらのATMを使う事が可能。主要なコンビニは全て対応している点がポイントです。ゆうちょ銀行ATM以外は普通預金キャッシュカードで返済することも可能です。これらのATMであれば、全て利用手数料が0円です。


振込での返済は、インターネットバンキング(SMBCダイレクト)を利用します。カードローンの返済口座があるので、毎月返済日に振り込みます。この方法では、振込手数料がかかってしまうので注意しましょう。

口座振替による返済方法は、毎月決まった返済日に指定した口座から自動で引き落としされる方法です。

職場の人はもちろん、家族にだってお金を借りる事をバレたくない人は多いはず。お金を借りることをだれにも知られたくない場合、在籍確認がポイントになります。

在籍確認というのは、申込をした本人が本当にその職場で働いているかどうか確認することです。職場へ電話連絡をするのですが、このとき三井住友銀行のカードローンを申込みしていることが職場にバレるのでは?、と心配になる方も居るようです。

ご安心ください。三井住友銀行が在籍確認を行う場合、個人名と銀行名のどちらで電話をかけてほしいのかを選ぶことができます。通常であれば銀行から職場に電話がかかってきても、ローンや保険などの営業でかかってきたのだろうと受け取る場合がほとんどです。しかし、それでは都合が悪い人には個人名を名乗っての在籍確認を行ってくれます。これなら、自分にとって都合のいい方を選択できるから安心ですよね。
そのため、カードローンを申し込んだということがバレる心配はありません。

次に心配なのは、郵送物で家族にバレる可能性です。ローンカードや書類が自宅に送られて来たら、お金を借りた事が家族にバレてしまう可能性があります。そんな時にはローン契約機を活用しましょう。全国の三井住友銀行の支店内やプロミスの店舗に設置されている無人契約機を使えば、その場でローンカードを受け取ることができます。
これなら自宅に郵送物が届く心配はありませんし、カード受け取り後すぐにお金を借りる事ができるので便利です。

最後に銀行の口座から引き落としをする支払い方法ですが、もしもその通帳が夫婦共有のもの、夫も妻も知っている口座の場合、引き落としされたことが通帳記入でバレてしまう可能性が捨て切れません。
この場合、支払い方法は銀行口座からの引き落としではなく、ATMによる支払いを選択したほうがいいかもしれません。

こうした対策を講じることで、誰にもバレずにお金を借りることができます。次章では、限度額を途中で増やす方法を紹介していきます。

利用途中で限度額を増やすことは可能?

三井住友銀行のカードローンは限度額を増やすことが可能です。電話もしくはローン契約機を利用して限度額増額の申込をすることができます。
限度額の800万円までなら増額が可能ですが、カードローンを申し込んだときと同様の審査があります。そのため、残念ながら限度額を増やすことができないケースもありますので、「必ず増額できる」という保証はないことをあらかじめ知っておきましょう。
増額を可能にするための秘訣として、当たり前のことですが「月々の返済は遅れることなくしっかり支払うこと」、これは最低条件となります。半年〜1年程度しっかりとした返済実績があれば、審査の際に通りやすくなると言われています。増額のポイントは「借りたお金をしっかり返す人」という印象を持たせることです。毎月返済期日に遅れ気味だったり、滞納していると増額の審査は間違いなく落ちます。
限度額が50万円を超える増額申請の場合は収入証明が必要になりますので、増額を申し込むのであればあらかじめ準備しておくことも大切です。

利用者の口コミや評判をチェック

三井住友銀行のカードローンの仕組みについて知っていくと、そろそろ利用者の評判が気になってくるころではないでしょうか。ここで、実際に三井住友銀行のカードローンを利用している方々の口コミをチェックしてみましょう。

やはり、多くの方が「銀行系」ということで安心感があるという口コミを投稿しています。銀行側の対応も大変親切で丁寧なことから、知りたいことや教えて欲しいことなどを気軽に相談できると評判です。

さらに金利が低いことも月々の返済がラクで助かるという声もあります。コンビニなどのATMを利用できるのも便利で助かっているという方もたくさんいます。24時間好きな時間帯に利用できるのは、様々なライフスタイルの方にあっていると好評を得ています。

全体的に好意的な口コミが多く、それだけ安心して利用されているカードローンである事が分かります。カードローンを選ポイントは安心感と利便性の高さと言われています。その部分を高く評価されている三井住友銀行のカードローンは、それだけ安心して利用できると言っていいでしょう。

メリットとデメリットの両方を知っておきたい

三井住友銀行のカードローンについて紹介してきましたが、最後に利用するメリットとデメリットをご紹介します。メリットとデメリットをあらかじめ知っておけば、自分のライフスタイルに合ったものなのか、毎月しっかり返済できるのか、便利に利用することはできるのかの判断ができます。

メリット

三井住友銀行のカードローンに対するメリットについてですが、やはりCMでもアピールされている「口座がなくてもお金を借りられる点」でしょう。三井住友銀行に普通口座を開設する必要もありませんし、返済のための引き落とし口座はどこの銀行を指定してもいいというのは大きなメリットです。他にも、低金利というのも魅力です。銀行系のカードローンは全体的に低金利なので、月々の返済をラクにしたい場合にはメリットが大きいと感じるはずです。

そして

この記事では、三井住友銀行カードローンについて知っておきたいことを紹介してきました。この記事の大事なポイントは以下の5つです。

・カードローンの限度額は最大800万円、金利は年4.0%〜14.5%
・口座がなくても契約可能なのが最大のメリット
・申込みは安定した収入があればパートやアルバイトでも可能
・審査の基準はあまり厳しくないが、決して甘いわけではない
・返済方法は3つ、返済日も4つから選べて便利

三井住友銀行カードローンは、銀行系の中でも利便性が高いことが特徴。口座開設を必須にしている銀行が多い中、三井住友銀行はそれを必須条件にしていません。返済の引き落とし口座もどこの銀行でもいいので、自分が普段使っている銀行口座を指定することが可能。
返済日も4つから選べるので非常に便利です。審査に関しては、かつて即日融資が可能でしたが、今では最短で翌営業日以降となっています。これは昔に比べて審査が厳しくなっていることを意味しますが、安定した収入があればそう難しいものではありません。
この記事に書いてあることを参考にして、確実に一発で審査に通過できるように準備しておきましょう。