即日でお金借りることはできる?

お気に入りに追加
カリナビ
即日でお金借りたい

急にお金が必要なときに役立つ、即日お金を借りる方法

今すぐお金が必要な状況というのは誰にでも訪れます。その理由は色々ですが、誰もが「即日でお金を借りることができたなら」と思うはず。

例えば病気や怪我で入院が必要になったとき、遠く離れて暮らす身内の冠婚葬祭があったとき、予想以上の費用がかかり次の給料日までの生活費が足りなくなるという場合も考えられます。

今はまだそんな状況ではない、という方も「万が一」「いざ」というときのために、即日ですぐにお金を借りる方法を知っておくと、そのときになって慌てることがありません。この記事では、即日お金を借りる方法を詳しく解説していきます。

次の給料日までの生活費を借りたいなら消費者金融

お金を借りる金額によってお勧めの方法は色々あります。例えば次の給料日まで生活費が足りないという場合、それほど大きな金額が必要ではない場合が多いです。

即日お金を借りることができて、尚且つ小額でOK、という場合にオススメなのは無利息期間を設けている消費者金融です。生活費であればそれほど沢山のお金を借りなくて済むでしょうから、次の給料で返済できると考えたとき、無利息期間内であれば借りた分だけ返済すればいいので大変お得です。

多くの消費者金融が、契約して初めてお金を借りてから30日間は無利息というサービスを提供しています。5万円以下の借り入れなら無利息期間が長くなる消費者金融もあります。

給料日までの生活費という理由なら、以下の2つを重視して借りる会社を選びましょう。
・即日融資可能
・無利息期間がある
この2つに着目して申し込む業者を選べば、すぐにお金が借りれて無駄な利息も発生しません。しかしこの「即日融資可能」という言葉、本当に信じても良いのでしょうか?即日融資がどういうものかについて次章で説明します。

即日融資可能なカードローンの謳い文句は信じて大丈夫?

カードローンの広告で見かける「即日お金を借りることができる」というもの、これは全員が必ずそうできるものとは限りません。その日のうちにお金が必要な人には重要な情報なので、本章では即日融資の可能性を紹介します。

実は、申し込むタイミングによって即日お金を手にすることはできません。例えば申し込んだ時間が16時ごろだとします。しかし、営業時間が15時までだった場合、申し込んだ翌日融資になる可能性があるのです。

タイムリミットは14時前後と言われており、朝一でカードローンを申し込むのがベスト。審査が滞りなく進み、全ての手続きが午前中に終わった場合はほぼ間違いなく当日お金を借りることができます。

しかし申し込んだ金融会社によっては、営業時間内に申し込んだはずなのに即日融資にならない場合もあるので注意が必要です。

即日融資と宣伝していても、「必ず即日融資する」と言っているわけではありません。金融機関の対応の早さ、審査のスムーズさがカギを握っています。

即日お金を借りることができそうな金融機関を探すためには、以下の2点をよく確認しましょう。


・有名企業であること
・できるだけ早い時間に申し込むこと

この2つを守ることが大事です。インターネット申込みを活用して深夜または早朝に申し込んでおくこともオススメ。そうすれば金融機関の営業開始直後に審査などの手続きが始まります。

即日融資が「必ず」ではない可能性があることを覚えておきましょう。

次章では、夜遅くにお金が必要になった人に向けて必要な情報をまとめていきます。

夜遅くても融資可能な方法を知りたい

夜遅くにお金を借りたい時、有効な方法が2つあります。本章ではその方法をカンタンに紹介していきます。

夜遅くてもお金借りられる2つの方法

1.消費者金融の振込サービスを活用する
2.クレジットカードのキャッシング機能を使う

それぞれの方法がどういうことか解説していきます。

1.消費者金融の振込サービスを活用する

一部の消費者金融には、振込でお金を借りることができるサービスがあります。例えばプロミスでは「瞬フリ」というサービス名で提供しています。これは事前に申込みを済ませておく必要がありますが、インターネットから振込を依頼すれば24時間365日、最短10秒で振込融資してくれるというもの。

即振込に対応している金融機関は「三井住友銀行・ジャパンネット銀行・三菱UFJ銀行・ゆうちょ銀行」に限られていますが、これらの金融機関に口座を持っていれば利用が可能。

アコムにも同様のサービスがあり、こちらは楽天銀行のみ対応しています。最短1分で振込してくれるのが特徴。どちらも、すでに消費者金融と契約していることが条件です。

2.クレジットカードのキャッシング機能を使う

もし消費者金融と契約していないけど即日お金を借りたいという人は、クレジットカードのキャッシングを活用しましょう。事前に機能を付帯させておけば、数万円程度ならコンビニで今すぐ借りることが可能です。

機能を付帯させていることが条件ですが、近所のコンビニでお金が借りれるのでオススメです。

ここまでの説明で、どちらの方法も「事前に契約していることが条件」ということがわかりました。忙しくて時間がなく申し込みすらできないと諦めていませんか?

実は、時間を気にせず申込みができる方法が「ネット申込」です。ネット申し込みは24時間受け付けているので、何時でも申し込みがOK。

例えば今日、仕事を終えてから夜遅くにネット申し込みをしたとします。すると即日融資が可能な場合は、日付が変わった翌日にはお金を準備することができます。日付が変わったばかりの深夜に申し込んだ場合は、その日の申し込みになるので即日融資が可能、というわけです。

ネット申し込みを受け付けているところは有名企業が多い傾向にあります。テレビCMなどでよく見かけるようなところは、公式ウェブサイト上から申し込みが可能です。便利な機能を利用して、即日融資を受けてみましょう。

次章では、学生や未成年が即日お金を借りる方法について紹介していきます。

学生や未成年でも即日お金を借りられる

お金がなくて大変な状況になるのは社会人も学生も同じです。学生であれば学費のことや学生同士の付き合いでお金が必要になることもあるでしょう。アルバイトをしていたとしても、次の給料まで日があるなんてことも珍しくありません。

学生で、尚且つ未成年でも即日融資は可能。本章ではその条件を詳しく紹介していきます。

実は、日本には学生ローンというものがあります。融資が対象になるのは18歳以上の学生です。18歳以上となっていますが、高校生や予備校生はNG。アルバイトで毎月安定した収入があれば融資を受けることができます。

そして気になるは「即日」が可能かどうかという点です。すべての金融機関がOKというわけではありませんが、以下の2つの条件を満たせば可能性があります。
・18際以上(高校生・予備校生を除く)
・安定した収入がある
これが認められれば即日融資が可能な金融会社も存在します。どうしてもその日のうちにお金を用意したいという場合は、できるだけ早い時間帯に申し込みを済ませておきましょう。

ちなみに申し込みに必要な書類は、以下の3点です。
・学生証
・健康保険証
・運転免許証
これらをしっかり用意できれば、原則保証人は必要ないようです。

学生や未成年となると消費者金融や銀行が利用できない分、融資に対するハードルは上がります。それでも学生ローンを活用して、しっかりアルバイトで収入があることをアピールできれば諦めることはありません。

次章では、派遣やパートの人が即日融資可能かどうかを紹介していきます。

派遣やパートでも即日融資の申し込みは可能

正社員はもちろん、学生や未成年でも即日お金を借りることができるというのは前章までの説明でわかりました。それではパートや派遣の人はどうでしょうか?本章ではその辺りの情報をまとめていきます。

結論を先に紹介すると、派遣やパートの人でも即日融資は可能。カードローンの審査は「安定した収入があるかどうか」という点が重視されます。

つまり正社員に限られていないということ。毎月給料が振り込まれている人であれば問題なく今すぐお金を借りることができるのです。

しかし派遣やパートの人で審査に通らないケースが「単発の仕事をしている」場合。毎回現場が変わる等の場合は安定した収入とは認められません。そのため審査に落ちる可能性が高くなるのです。

見極めは「一定した期間、同じ職場で働いていること」これがカギになりそうです。そのため、単発や短期の場合は融資が不可能になる可能性が大きいです。

次章では、いよいよ仕事をしていない「無職」の人がどうなのかを紹介していきます。

無職でも即日お金を借りられる

仕事をしていないのに即日融資でお金を借りることなんて無理、そう思い込んでいませんか?

もちろん、多くの金融会社や銀行は融資の条件として「安定した収入があること」を条件にあげています。そのため「無職は融資を受けられない」と思うのですが、実は配偶者に安定した収入があると認められれば融資を受けることができるのです。

ネット申し込みを受け付けているところなら来店不要ですし、即日融資も可能です。インターネット申し込みのメリットは24時間365日受付中なので、いつでもどのタイミングでも申し込める点なので、急ぎでどうしてもお金が必要になったという場合は是非ネット申込みを活用しましょう。

しかし紹介したとおり、無職でも即日お金を借りることができるのは「配偶者に安定した収入がある場合」のみ。配偶者がいなくて無職、という場合は残念ですが審査に通らないと判断していいようです。

このように、職業や立場によって即日融資の可否が変わります。大半のケースで今日中にお金を借りることができるということがわかりました。次章からは、「即日融資可能かどうか」ではなく、「どこなら即日融資に対応しているか」という点を紹介していきます。

銀行系のカードローンは即日お金を借りられる?

お金を借りるとき、やっぱり銀行系が一番安心できるという声は結構多いようです。すぐにお金を借りたいけれど、どうしても銀行系に拘りたいというのであれば、どのような条件が整えば融資が可能なのかを紹介していきます。

銀行系のカードローンの中には、即日融資が可能なところもいくつか存在します。それぞれ条件はあるようですが、全てに共通していることが「営業時間内に申し込む」こと。

手続きに時間がかかることを考慮して、遅くともその日の14時までに申し込むのが良いでしょう。銀行の多くが、平日の14時までにネット契約が完了していること、平日の14時までに書類を確認できること、を条件にしています。

より確実性を求めるのであれば、インターネットから申し込んでおき朝一で手続きがスタートできる状態にしておきましょう。銀行は消費者金融より審査が厳しいので時間がかかります。そうした点を考慮して早めに申し込むことがポイントです。

他にも申し込みから契約完了までスムーズに進められるよう、必要書類を予め忘れないように準備しておくなど心得ておくといいでしょう。

賢く選ぼう、即日借りれるキャッシング

ここまでの情報をまとめると、即日融資を実現するためにはいくつか条件があることがわかりました。特に大事な条件を3つ紹介しておきましょう。

即日融資を可能にする3つの条件
1.午前中にには申込みを完了させておく
2.書類を用意しておく
3.お金が必要になる前に契約を済ませておく
おさらいのためにもこの3つの条件をカンタンに振り返りましょう。

1.午前中にには申込みを完了させておく

お金を借りるためにはいくつもの手続きが必要です。審査が早いと言われる消費者金融でも最低30分程度はかかります。銀行なら1時間以上かかることも珍しくありません。そのためインターネット申し込みを活用して金融機関の営業開始前に申込みを済ませておきましょう。

2.書類を用意しておく

審査をスムーズに進めるためにも、必要な書類は事前に用意しておきましょう。最低でも本人確認書類は必要で、額によっては収入証明書も必要となります。必要書類が公式ホームページで紹介されている金融機関を利用するのがオススメです。

3.お金が必要になる前に契約を済ませておく

時間ギリギリに申し込んでしまったおかげで、すでに銀行間の取引が終わっている場合、振り込みは翌日になってしまう可能性があります。土日がはさめば月曜にになってしまうのです。

土日にお金を借りる方法はこちら

即日振込み可能なキャッシングを選ぶときは、申し込みや手続きがスムーズに行われること、必要書類などの説明がウェブサイト上でしっかり行われていることなどをチェックしておきましょう。手続きから完了までの流れが説明しているところも安心です。

ここまでの説明で、どんな金融機関ならいいのかと考える人は少なくありません。そこで次章では、即日融資を可能としている金融機関をまとめていきます。ぜひ業者選びの参考にしてください。

低金利でオススメのカードローン

お金を借りるということは、当たり前ですが月々返済していかなければいけません。やはり返済のこともしっかり考え、低金利のカードローンを利用したいところです。

「即日振込みが可能」、「金利が安い」、これを踏まえて考えると以下2つのカードローンがオススメ。
・三菱UFJ銀行カードローン
50万円以下なら実質金利14.6%
・オリックス銀行カードローン
1.7%〜17.8%
このふたつではないでしょうか。

もちろんどちらも即日利用が可能です。カードローンは一度申し込めば、また必要なときにいつでも借入ができるというメリットがあります。賢く利用すれば、これまで以上に生活が便利になるでしょう。そういう意味でも低金利に拘ることはメリットが大きいといえます。

金利が低いということは、当然その分審査が厳しくなるので注意しましょう。一時的にお金が必要で、すぐに返せる予定がある場合は消費者金融の無利息期間を活用するのもいいかもしれません。次章では、無利息期間を設けているカードローンを紹介します。

無利息期間を設けているカードローン

お金を借りる人の中には「給料が入ればすぐに返せる」という人もいるでしょう。そんな時は消費者金融の無利息期間を活用するのがオススメ。

30日以内に全額返済すれば利息が0円で済むというもので、多くの消費者金融が同じようなサービスを提供しています。無利息期間を設けているカードローンの中でもオススメは以下の2つ。


・SMBCコンシューマーファイナンス「プロミス」
・新生フィナンシャル「レイクALSA」

どちらも新規契約時に限り30日間無利息の期間を設けています。レイクALSAに関しては、はじめての借り入れのうち5万円までは180日間無利息というサービスも行っています。

どちらも保証人は必要なく、もちろん当日振込みが可能。申し込む時間帯によって翌日になってしまうこともあるので、営業開始すぐに申し込めるように、必要書類などを事前に準備しておくといいでしょう。

次章では、スマホでカンタンに申し込めるオススメの業者を紹介します。

スマホ申込可能で当日振込み可能なカードローン

即日融資のカギが「早めに申し込むこと」というのはここまでの説明で何度かしてきました。そこで便利なのが「スマホ申込み」です。スマホを使って申込みをしておくことで、すぐに審査をしてもらうことが可能。この便利な機能を用意している金融機関を紹介します。

ケータイやスマホを使ってweb申し込みが可能な業者の中で特に人気があるのは以下の3社です。
・アイフル
・アコム
・楽天銀行カードローン
これらが人気のある金融機関でオススメです。

例えばアイフルならパートやアルバイトの方も申込可能ですし、アコムは初めての利用の場合、最大で30日間金利0円で利用が可能。楽天銀行カードローンは、低金利カードローンとして注目を集めています。

このように、それぞれメリットをピックアップしていけば、今の自分にとってどこが使い勝手のいい業者なのかがわかります。公式ホームページではお得な情報や便利な情報を紹介していることが多いので、一度目を通すことをオススメします。

「審査に通るか不安」という人は、次章で紹介するお試し審査ができる金融機関を利用しましょう。

お試し審査ができる当日振込み可能なカードローン

どんなに便利でお得なサービスを提供していても、審査に通らないことには意味がありません。即日融資が可能と聞いて申し込んだ場合などは特にショックも大きいものです。

そんなときに役立つのが「お試し審査」です。直接審査を申し込む前に、ほんの数分間、項目を選んだり必要事項を入力することで、審査が通るかどうか試せる機能なのです。

ちなみにお試し審査を実施中の業者で人気が高いのは「SMBCモビット」と「アコム」です。

SMBCモビット

審査シミュレーションを使ってお試し審査ができるのが特徴。22個の入力事項を必要とする。お試し審査というくくりではありますが、個人信用情報に記録が残る場合があるそうです。→SMBCモビットの詳細はこちら

アコム

他社から借入があるかどうか、性別や生年月、既婚か未婚かなどを選択、入力することでお試し審査を利用できます。ほんの数秒で利用できるため簡単で評判も良いです。

どちらも当日振込み可能な業者です。
即日融資以外の方法も知りたい方はこちら

まとめ

即日お金を借りるための方法はいくつもあることがここまでの説明でわかりました。最後に重要なポイントを確認しておきましょう。


・即日融資を可能にするためには午前中には申込みをしておく
・消費者金融の方が審査は早く銀行は遅いことがある
・正社員に限らず、学生やパート、派遣の人でも即日融資は可能
・審査時間を短縮するため、必要書類は揃えておく
・各社の金利や条件を比較して選ぶことが大事


急にお金が必要になるシーンは珍しくありません。その時はすぐにネット申し込みを使って申込みをして、早めに審査をしてもらいましょう。午前中から遅くとも14時までに手続きが終われば、すぐにお金を借りることができます。

とはいえ、審査を待っている人数やタイミングによっては即日融資ができない可能性もあるので、万が一に備えてカードローンを契約しておくことをオススメします。使わなければお金を取られることはないので、カードローンを1つ契約しておけば当日お金が必要になっても安心です。